ツイート シェア
  1. 青森県議会 2009-12-02
    平成22年度予算の年内編成を求める意見書 開催日: 2009-12-02


    取得元: 青森県議会公式サイト
    最終取得日: 2023-01-04
    ↓ 最初のヒットへ(全 0 ヒット) 1 (可決)         平成22年度予算年内編成を求める意見書  政府は新政権発足に伴い、従来の予算編成税制改正作業を大胆に見直し、予算編成の組み換えを明言しています。  特に、行政刷新会議による事業仕分けでは、これまで国が行っていた事業をいくつも地方に移管する方針を示し、地方交付税についても「抜本的見直し」との方針を示しました。同会議結論通り平成22年度予算が編成されるのであれば、来年度の地方自治体予算編成にも大きな影響を与えることとなります。  しかしながら、行政刷新会議予算編成に対していかなる権限を持っているのか法的根拠もありません。閣僚からも仕分け作業に対する異論もあり、事業仕分けの内容が来年度予算にどのように反映されるのかは、全く不透明です。  地方自治体は新政権予算編成を受け、年明けより速やかに平成22年度予算編成作業に着手し、国民生活地域経済影響を与えないよう適切な執行をしなければなりません。しかし、現状では、政府平成22年度予算編成に対する基本的な考えが明確ではなく、地方自治体では来年度予算編成に向けて不安や戸惑いが広がっています。  よって、政府におかれては、地方自治体が速やかに予算編成作業に着手できるよう、平成22年予算年内に着実に編成することを強く求めます。  以上、地方自治法第99条の規定により、意見書を提出します。 平成21年12月2日                            青 森 県 議 会 (第260回定例会・発議第2号・山内和夫外30名提出) Copyright © Aomori Prefecture, All rights reserved. ↑ ページの先頭へ...