伊達市議会 > 2010-09-09 >
09月09日-03号

ツイート シェア
  1. 伊達市議会 2010-09-09
    09月09日-03号


    取得元: 伊達市議会公式サイト
    最終取得日: 2023-06-13
    平成22年  9月 定例会(第3回)          平成22年第3回伊達市議会定例会議事日程(第3号)                         平成22年9月9日(木)午前10時開議日程第 1 一般質問          開 議 (午前10時00分) △開議の宣告 ○議長(大光巌) ただいまから本日の会議を開きます。 17番、嶋崎議員、19番、小泉議員から遅刻する旨の連絡がありましたので、出席議員数は20名であります。 △会議日程 ○議長(大光巌) 本日の議事日程はお配りしたとおりであります。 △一般質問 ○議長(大光巌) それでは、日程第1、一般質問を行います。 一般質問の通告は7名であります。通告順に従い、順次発言を許可いたします。 なお、議事の都合により、質問者の発言時間は、会議規則第57条第1項の規定により30分以内に制限をいたします。したがって、質問については簡潔に要領よくお願いいたします。なお、制限時間になりましたらブザーでお知らせをいたしますので、あらかじめご了承願います。 それでは、通告順に従い、6番、山田議員の質問を許可いたします。 6番、山田議員。          〔6番 山田 勇登壇〕 ◆6番(山田勇) 私は、平成22年第3回伊達市議会定例会一般質問に当たり、通告に従いまして、質問をさせていただきます。 1つ目は、再生資源物の回収についてであります。本市においては、平成9年より再生資源物の缶類、カレット瓶ペットボトル分別収集方式によって資源の再利用及びごみの減量化が図られています。また、市民は収集日と排出方法の周知を受け、再生資源物の分別収集が速やかに行われております。しかし、大滝区を除く伊達市内では、月1回の収集日程になっており、アパート住まいなど物置のないご家庭では再生資源物がごみとして台所に1カ月間置き去りになっているのが現状であります。よって、同市内の家庭の衛生向上のため、月1回の回収を月2回にする考えはないか伺います。 2つ目は、教育行政についてであります。学校適正配置実施計画についてでありますが、小さく1つ目は、平成21年度末で有珠中学校長和中学校が閉校となり、今年度光陵中学校に統合されてから1学期が終了しております。中学校の適正配置の基本的な考え方として、充実した集団活動の展開や指導体制を確立する必要があるため、学校の集約化を図るとありますが、今回の光陵中への統合による効果について伺います。 小さく2つ目は、小中学校の適正配置の進め方のうち、児童生徒数の推移を見定めて統廃合を進める学校については各期の最終年度に検討とありますが、第1期、平成21年度での検討状況を伺います。 以上の2点につきまして質問させていただきます。 ○議長(大光巌) 市長。          〔市長 菊谷秀吉登壇〕 ◎市長(菊谷秀吉) 山田議員再生資源物の回収についてのご質問からお答えをいたします。 再生資源物回収は、平成9年度の取り組み開始以来、伊達地区は月1回の収集となっております。収集量については、重量的には横ばいの傾向にありますが、容積的には相当ふえており、このことから資源回収ステーションにおける排出状況や家庭での保管に支障が出ているものと思われます。アパート住まいの家庭などでの長期間の保管は、衛生的にも好ましくないことや再生資源物の排出機会がふえることについてはごみの減量にもつながるものと考えますので、来年度から収集回数をふやす方向で検討してまいります。 以上、答弁といたします。 ○議長(大光巌) 教育長。          〔教育長 有田 勉登壇〕 ◎教育長(有田勉) 山田議員学校適正配置実施計画についてのうち、1点目のご質問からお答えいたします。 小中学校の適正配置につきましては、平成19年度に基本方針及び実施計画を立て、早期に統廃合を進める学校として過小規模校で校区が1小、1中となっている有珠中、長和中をことし4月に光陵中に統合し、新生光陵中学校としてスタートしたところであります。学校の適正配置を進める最も大きな理由は少子化への対応であり、特に中学校では統合により団体競技や部活動への対応、教科担任の確保などが図られます。光陵中学校は、生徒数が59名ふえ、部活動が活発となったことから中体連でよい成績を上げることができ、また学習面においても統合によって生徒が互いによい刺激になり、切磋琢磨していると伺っておりますので、期待以上の効果があったものと考えております。 次に、2点目でありますが、基本方針では統廃合の対象を小学校は5学級以下、中学校は3学級以下の過小規模校とし、該当校について今後の児童生徒数を見定めて統廃合を検討することとしております。ただし、小学校については児童数が16人未満になると教頭が配置されないなどの教育活動の制約が、また中学校についても60人未満になると集団活動に支障が生じることから、これが恒常化する場合は統廃合を進めることとしております。この方針に基づき平成21年度末に第1期目の検討を行ったところであります。この基準に該当する学校として、黄金小学校関内小学校達南中学校がありますが、現在3校とも16人以上あるいは60人以上となっていることから、当面このままとし、今後の児童生徒数の推移を見守ることとしたところであります。 なお、これはあくまで基本方針に沿った考えであり、地域等から統廃合についてのご意見などがあれば十分検討してまいりたいと考えております。 以上、答弁といたします。 ○議長(大光巌) 6番、山田議員。 ◆6番(山田勇) それでは、再質問をさせていただきます。 初めに、再生資源物についてであります。ただいま市長の答弁の中で、再生資源物の収集量が重量的には横ばいになっているという、少し下がっていると私も思います。これ見ましたら、確かに下がっておりますけれども、容量が違うのです。市長が答弁されたように、重量と容量、我々はいつも重量がほとんどプラス、全部と思ったのですけれども、違うのです。容量なのです。容量がふえているということを私このたびちょっと勉強させていただきまして、なるほどなと思いました。それで、どうしてそのようになったのかなということで、さまざまな方々からちょっとお聞きしましたら、今までは要するに瓶、カレット瓶というらしいですね、それは。カレット瓶を使っていたのですけれども、その容器が今ペットボトルになってきていると。また、私の好きなビールとか、それからお酒です。お酒は今何とか紙パック、これはもう完全にそれは廃品回収というのですか、そういう方向に持っていきますけれども、要するにほとんどペットボトル化されてきていると。それで、容量がふえてきたと。それで、私これはすごいなと思いまして、それはなぜ勉強させていただいたかというと、隣の男性の方、1人で住んでおります。その方が燃えないごみにビールの缶、それが約半分ぐらい入っているのです。燃えないごみの中にです。どうしたのと言ったら、なかなか月1回集めるのちょっと緩くないよと。要するにうちから約50メートルのところに回収のステーションがあります。ですから、すぐなのですけれども、どうしても家に置くというのが大変だと。それで、先月30代の女性の方からちょっと間接的に、これが要するに再生資源物は月1回ではなく、ごみのように1週間に1回でもできたら、案外楽に分別できるような方向があるねとちらっと聞いたのです。それで、お話を聞きましたら、やはりアパート住まいの方でございました。その奥さんは、ご主人と2人のアパート住まいでございます。それで、そうかと。それで、調査しましたら、要するに重量は横ばいに、ちょっと下がっているのですけれども、そうではないのです。ペットボトルがただ先月収集多分来たなと思って見に行きましたら、こんなになっているのです、トラックが。山積みになっているのです。これは、何か今のあるのですよね。自動車法だか何だかあるのです。それで、違反しないのかなと思いましたら、別に何でもないですよというお話でありました。それで、すごい容量でございました。それで、私は今市長が来年度から収集回数をふやす、これは本当にきめ細やかな、市長が常日ごろ市民市民生活イコール家庭生活をやはり円滑に進めていくために、それはそれこそ本当の福祉だと思います。 それで、回収をふやす。この回収をふやす中で、部長にお聞きします。今現在ステーション方式、それから拠点方式とあります。これは、今ステーション方式は約一千何ぼぐらいのそういう回収場所があります。また、拠点方式は西浜町に1つとか、大体十何カ所です。ほとんどもう近くの方しか使わないです、拠点地区というのは。そして、そのかわりたくさんあります。その近くの方だけです。それで、ステーション方式拠点方式のやつ、その2点の中でどのような回収をふやしていくか、ちょっとお聞きしてみたいと思います。 ○議長(大光巌) 経済環境部長。 ◎経済環境部長(的場重一) お答えを申し上げます。 ただいま市長のほうからご答弁申し上げましたように、月2回の回収ということになりますと、いわゆる拠点回収にしている部分については案外必要がなくなるのではないのかと、そんなふうに今の段階では考えているところございます。 ○議長(大光巌) 6番、山田議員。 ◆6番(山田勇) 私もそう思います。確かに隣接の方が利用するだけであって、ステーション方式は約千何ぼありますので、約3万何ぼにしましてもやはり30人とか40人の方々がお使いになれると。拠点方式は十何カ所、月1回としてもちょっとこれは無意味な方向にあるのではないかなと思います。 それで、私今市長から大変すばらしいご回答いただきまして、それできめ細やかな、ちょっとこっちは話はずれますけれども、私この前雨水排水の問題で市の職員の方と住民の方の中に入りましてお話聞きました。その中にお話終わりましてから、その職員が、うちの西浜町というのはウミネコが結構死んでいるのです。その方がすぐに関係部署に電話して、これこそが今市長が収集回数をふやしていくぞと。それから、今その職員がそのようなもうすぐに市民生活の中でサービスをしてくれたというのは、これはすごく市長の力だかわかりませんけれども、職員一体となったまちづくりが私の目に飛び込んできましたので、今ふやすというお答えでございましたので、次にその考え方を市長がまた何か力強いお話がありましたら、またこれからやっていくぞ、まだまだやっていくぞというお話をちょっとお伺いしたいのですが、答えられればどうぞよろしくお願いします。 ○議長(大光巌) 市長。 ◎市長(菊谷秀吉) これ税金もらってやっているわけですから、サービスするのは当然だというふうに、これは伊達市だけではなくて今公務員は大体そういう傾向にありますので、皆さんの期待にこたえるように頑張っていきたいと思います。
    ○議長(大光巌) 6番、山田議員。 ◆6番(山田勇) どうぞあと来年の3月まで何とか頑張っていただきたいと思います。 続きまして、教育問題につきまして入ります。今教育長のお話の中で、効果が期待以上にあったと。私もこの調査に入りました。これが一番私が思ったことは、うちの近くの中学3年生の女生徒です。その方におい、お姉ちゃん、どうだいとお話をしました、その方の家で。目を丸くして、今までそのようなことなかったです。お母さんと私とその子供と話したら、目を丸くしたのです。すごくよかったよ、いいよと。やっぱり何か学校がいいのではないかと。それがやっぱり部活動、今ここに書いてありますよね。要するに団体競技や部活動の対応、教科担任の確保などが図られた。これは、どうしてよとよく聞きましたら、部活動の対応が、要するに成績がすごく伸びたというのです。要するに何か中体連の優勝をされたとか、もうすごく誇りに思われているのです。すごいなと思いまして、学校長にお会いしましたら、学校長も相当喜んでおりました。それから、旧有珠中、それから長和中の保護者の方々も相当なご協力をいただいて、今まで旧光陵中学校の保護者の方々がなかなか脱皮できないような、やっぱり各校、それから光陵中学校、何となく思ったのですけれども、その中ですごく刺激が与えられたのです。ただ、私はこの学校の統廃合、要するに地域が施設とか学校が廃校とか廃園になるということは、ちょっと私の中で苦い経験があるのです。それは、昭和60年であります。昭和60年に西浜町の西浜季節保育所が廃園になったときであります。そのときに、これは地域のエゴでもあります。また、保護者のエゴでもあるからなのですけれども、私たちは反対運動をしました。しかし、それは意に沿わず、廃園になりました。ただ一人だけ、あと末の娘でございます。3番目の末娘があと1年後に就学がありました。私は、どこの保育所、幼稚園も申し込みをしませんでした。それは、家内とも話ししました。これが大変苦い思いでございました。やはり地域とか、その変わるということ、ついていけないのです。これが本当の地域性のエゴであるし、また私たち当事者のエゴであります。これは、本当に私は娘に悪いことしたなと今も思っております。それが地域の方々、有珠中学校長和中学校が廃校になった。その方々のお気持ちというのは、中途半端な問題ではなかったのではないかなと思います。でも、今子供たちがこのように、うちの近くの中学3年生の女生徒が本当に目を丸くして喜んでおりました。これは、やはり私たちは良好な刺激を常に与えてあげるということだと思います。良好な刺激、これをもって子供たちは、私たちも成長していく。 ここに私こういうことをちょっと目にしたものであります。人間の成長は、社会的な環境、自然的な環境、そして生得的な遺伝子ですか、そしてそれに現代の欲望を加えたもので私たち人間は形成されていくというものにちょっと触れたことがありました。それには、やっぱり社会的な環境を常に新しいのではなくて、良好な刺激を与えていく。それを私はこのごろ本当に、ここ議員になる前からちょっとありました。子供たちには刺激を与えなければだめだ。良好な刺激を与えて、そして子供たちが社会に出ていくとき、社会というのは地域でもあるし、ナショナル的な地域でもあります。この地域に出ていくとき、やはり自分の家庭、そして自分の地域を愛していきます。それがやっぱり学校の教育に求められているものであると思います。私は、それでこれは大成功だと思います。ただ、廃校になった地域の方々の無念さは私には伝わっております。それでさらに、教育長はこの次の、平成21年度終わりました、第1期。これは、今数字で求めております。でも、今現在その地域の統廃合の問題ではなく、常に子供のことを考えたある程度新しい生き方、地域の生き方を話し合う考えをこれから持たれていくのか。また、このように別に統廃合を進めるというわけではないですけれども、ある程度新しいすばらしい刺激を子供たちに与えるということが私には考えられるのですけれども、教育長のそのお考えをいただきたいと思います。 ○議長(大光巌) 教育長。 ◎教育長(有田勉) お答えを申し上げたいと思いますが、確かに今回の統廃合に当たりまして有珠中、それから長和中の関係者の方々、そのご心痛は察するところに余りあるものがあろうかと思います。ただ、やはり子供たちの教育という観点からすれば、ただいま議員がおっしゃったとおりよりよい教育環境づくりを求めていくのだと。そういう視点で今回この統合を進めてきたわけでございまして、その結果としてまだ半年程度でございますが、子供たちが生き生きと活動しているということを学校側からも伺っておりますし、大変よかったなと、このように思っているところでございます。現実的にも子供たちの数が約60名ふえまして、それに伴いまして部活動も活発になっておりますし、教員の数も実質的には特別支援学級もございますので、数字的には4名ふえているという実態もございます。これによりまして教科担任の数もふえたと、こういったメリット、そういうものが一体となって光陵中学校の学習面に生かされているのかなというふうに思っております。先ほど今後の統廃合ということで、これ3年を1期として各期の最終年度に検討するということで基本方針の中で定めておりますので、それに基づいて検討した結果ということで先ほど申し上げた内容でございます。確かにこれは、基準として1つには数字的なものを置かざるを得ないという、どうしてもそういうものがございます。ただ、私どもとしましても本当に少人数学校のメリットは確かにあろうかと思います。子供が少ないだけに行き届いた教育、一人一人の個性、特性に応じた教育ができるだろうというような、確かにメリットはあろうかと思いますが、先ほど来の集団活動、これは体育、音楽の部分もそうですし、そういった集団活動での部分、それから序列的な問題、競争意識の欠如、こういったいろんなデメリットといいますか、少人数学校でのデメリットもあろうかと思います。こうした状況を考えたときに、数字、基準はこうでありますけれども、やはり一度私どもとして少人数学級、先ほど申し上げました学校に対しまして、子供たちあるいは保護者の皆さんに現状についてどう考えていらっしゃるのか、その辺の意向調査といいますか、そういったこともしていく必要があるだろうと。その上で、やはり今後の方向性について判断していく必要があるだろうと。基準は基準といたしまして、そういった取り組みを今後していかなければいけないだろうなと、このように考えているところであります。 ○議長(大光巌) 6番、山田議員。 ◆6番(山田勇) 要するに教育は百年の計であります。要するに私たちは常にこれから欲望があります。現代の欲望もあります。しかし、その中で大切なのはやはり教育でございます。その良好な刺激を常に与えてあげて、これは私たちの願望であると思います。 以上をもちまして質問とさせていただきます。 ○議長(大光巌) 次に、8番、寺島議員の質問を許可いたします。 8番、寺島議員。          〔8番 寺島 徹登壇〕 ◆8番(寺島徹) 私は、平成22年第3回定例会の通告に従い、質問をさせていただきます。 大きな1番目、第六次伊達市総合計画の第2期実施計画が作成されております。そこで、次の点につきお伺いいたします。 1つ、第六次伊達市総合計画策定において行政評価への取り組みが位置づけられております。第2期の実施計画策定に際し、事業評価がどのように行われたのか、またその内容を公表することはあるのか伺います。 2つ、スポーツ、レクリエーション活動振興の施策につき、クロスカントリーコースの整備が挙げられております。ノルディックウォーキングコースとの併用なのか、またコース整備に当たり私有地の調整はどのようになっているのかをお伺いいたします。 次に、大きな2点目ですが、新学習指導要領の実施につき、次の点について伺います。1つ、21年度、22年度で先行実施されていることは何かをお伺いいたします。 2つ、小学校が23年度から、中学校が24年度から本格的な実施となりますが、現在の本格的な施行に向けた準備状況を伺います。 以上、大きく2点につき前向きなご答弁を期待して、質問といたします。 ○議長(大光巌) 市長。          〔市長 菊谷秀吉登壇〕 ◎市長(菊谷秀吉) 寺島議員の第六次伊達市総合計画第2期実施計画についてのうち、1点目のご質問からお答えをいたします。 第六次伊達市総合計画では、食、教育、生きがい、環境の4つの重点政策を構成する事業を効果的、効率的に推進し、質の高い行政サービスの提供と行政の経営能力の向上を目指して、行政評価を導入することと決めたところであります。行政評価については、行政活動を一定の基準や視点で評価して、その結果を改善へと結びつけ、事務事業の進行管理や効果的、効率的な行政の推進のほか、市民への説明責任、職員の意識改革などを目的としております。本市においては初めての取り組みになることから、当面は試行として総合計画の4つの重点政策に位置づけられる事務事業を評価対象とし、内部評価により前年度に実施した事務事業の結果に基づく事後評価をもって実施してまいりたいと考えております。 なお、昨年12月、第1期実施計画重点政策を構成する42事業について、評価手法や評価シート様式の改善など今後の評価のあり方を検討し、あわせて平成22年度の予算編成資料とすることを目的として、各所管課による事務事業評価を事前試行したところであります。現在本評価についての作業を進めており、対象事務事業の所管課を主体として実施する1次評価と全庁的な観点から評価を実施する2次評価による内部評価を行い、平成23年度の予算に反映させてまいります。評価結果につきましては、総合計画の進行管理にも活用するほか、市民へも公表してまいりたいと考えております。 以上、答弁といたします。 ○議長(大光巌) 教育長。          〔教育長 有田 勉登壇〕 ◎教育長(有田勉) 寺島議員クロスカントリーコースの整備についてのご質問からお答えいたします。 クロスカントリーコースにつきましては、健康志向の高まりから利用者の増加が見込まれる既存のノルディックウォーキングコースを併用し、利用環境の一層の充実を図るために整備するものであります。また、現在当該コースにつきましては土地所有者と覚書を交わし、無償により使用させていただいているところもありますが、今後は恒久的な施設としての管理運営を図るため、コース内私有地の取得を進めてまいりたいと考えております。 次に、新学習指導要領の実施についてのうち、1点目のご質問からお答えいたします。文部科学省では、平成20年3月に学習指導要領の改訂を行い、これの全面的な実施は小学校が平成23年度から、中学校が平成24年度からとしておりますが、平成21年度から移行措置としてその一部を先行実施しております。この先行実施の内容でありますが、算数、数学及び理科については科学技術の土台である理数教育の充実を図った新教育課程に円滑に移行できるよう新しい内容を加え、授業時数をふやしており、小学校では総授業時数を各学年で週1こま増加しております。なお、中学校では選択教科等と調整しておりますので、総授業時数の変更はございません。また、小学校における外国語活動については、積極的にコミュニケーションを図る態度を育成し、言語、文化に対する理解を深めるため、第5、6学年に導入し、総合的な学習の時間の授業時数を充てて先行実施しており、教育委員会といたしましても各小学校に英語指導助手を派遣し、授業の充実に努めております。 次に、2点目でありますが、新しい教育課程では国際社会で活躍する日本人を育成するため各教科等において我が国や郷土の伝統や文化を受けとめ、それを継承、発展させるための教育の充実をうたっており、具体的には国語科での古典、社会科での歴史学習、音楽科での唱歌、和楽器、美術科での我が国の美術文化、保健体育科での武道などの指導の充実が求められております。これらに必要な教材等の中で特に経費を要する武道につきましては、市内の中学校では既に教科の中で柔道を実施し、これを継続する学校もありますし、武道を実施していない学校では柔道あるいは剣道を実施したいとの意向を示していることから、今後改めて意向を確認し、必要な畳や用具などの準備を進めてまいりたいと考えております。 以上、答弁といたします。 ○議長(大光巌) 8番、寺島議員。 ◆8番(寺島徹) ありがとうございます。 まず、総合計画の関係ですが、事業要件につきましては第六次総合計画の策定の時点でマネジメントサイクルを活用してやるということでの、これは決めております。今の答弁で、22年度の予算編成資料とすることを目的として事務事業評価を事前試行したということでございますが、評価の手法と手順といいますか、どういう形でどんな事業をしたのか、具体的に教えてください。 ○議長(大光巌) 企画財政部長。 ◎企画財政部長(小畑次男) お答えを申し上げたいと思います。 手法ということでありますけれども、手法についてはこの評価という部分において第1次評価は4つの観点別評価をしております。1点目は、目的の妥当性と。それから、効率性、それから有効性、これは有効性2種類を持っております。成果は向上しているのかというのが1点目、2点目はさらにその成果を向上させることができるのかという部分、4点目については公平性と、こういうような角度から事前試行をしたところであります。そのような形になっております。申しわけありません。先ほども市長が答弁しておりますけれども、この事前の試行の部分については4つの重点政策というところで、42事業を選択いたしました。 ○議長(大光巌) 8番、寺島議員。 ◆8番(寺島徹) 後でまた出てくると思うので、シートの関係でいったときに、どんなシートを今使われているか、ちょっと手元にありませんので、何とも言えないのですけれども、目的、効率性、有効性、それから公平性ですか、行政が行うものというのはどうしてもこういう評価基準なのです。これは、指定管理者を例えば評価してやるときも大体この。妥当なようで、何となくわけがわからない、幅が広過ぎる部分というのがあるような気がするのです。そこら辺が例えば指定管理者の評価をするときに85点と70点があったり、非常に難しい部分があるし、もともと事務事業評価についてはその辺が難しい面があるものですから、我々も先進地の視察等でいろんなところへ行って大体この評価については調べてきているのですけれども、それぞれ試行錯誤しながらシートをいろいろ変えて、去年行ったところのは確かシートをお渡しをしていると思うのですけれども、改良を加えてきている部分がそれぞれあります。伊達の場合は、まだ緒についたばかりですから、これからまた試行錯誤しながら持っていくのだろうと思うのですけれども、そういう面で例えばこれを公表するということになっていますので、公表したときに目的はほぼわかると思うのですけれども、有効性、それから公平性であるとか、そういうちょっといわゆる漠然とし過ぎている項目というのはなかなか1次評価、例えば部内での1次評価についても、それから部長まで入るのですか、2次評価は。そういう評価、それから経営会議にも出るのでしょうけれども、その時点でも余りわからない部分というのは、そうすると原課が評価したのがそのまま行ってしまう可能性というのがどうしてもあるだろうなという気がするのですけれども、その辺についてはいかがですか。 ○議長(大光巌) 企画財政部長。 ◎企画財政部長(小畑次男) 評価というのは、内部評価を行っている段階ではやはりそういった不安があることは否めないと思います。私どもが考えているのは、やはりそれだけではどうなのかということから、2次評価については原課から出てくる観点別評価の再評価を行う一般的なやり方をいたしますが、さらにいわゆる事業ランク評価というようなものも加えて評価をしたいと。この事業ランクの評価というのは、総合計画上の視点から見たときにどうなのかと。あるいは、事業の必要性の視点から見たときにはどうなのかと。それから、事業効果の検証の視点から見たときどうなのかと、こういったことを加えて総合的な判定をしていこうというところで考えているところであります。 ○議長(大光巌) 8番、寺島議員。 ◆8番(寺島徹) なかなか難しいし、A、B、C、D、Eくらいまでの5段階評価をしてやっているところもありますし、これから難しいと思うのですが、ところで今度出ました第2期計画なのですけれども、この中で例えばトマト「藤五郎」販売促進強化事業ですか、これは21年度で終わっていますよね。これも食の部分で重点の中に入っている。重点事業には入っていないのか、重点政策の中、食の部分でだと思うのですけれども、これなんかは例えば選別の機械については既に終わったわけですけれども、ブランド化の確立であるとか、そういったことについてはまだの部分だろうというふうに実は思っています。しかし、今回の2期計画には事業実施としては上がっておりませんけれども、その辺はいわゆる今回の評価なりの中での結果を受けてのことなのか、それとも既にこの事業については終わったよという感覚での2期計画にのってきていないのか、その辺についてはいかがですか。 ○議長(大光巌) 企画財政部長。 ◎企画財政部長(小畑次男) ちょっと私の今持っている資料の中で、第1期の計画、この中でトマトの藤五郎の部分については入っていなかったというふうに理解をしております。ですから、今回の評価の部分についてもこれは対象にはなっていないというふうにとらえております。 ○議長(大光巌) 8番、寺島議員。 ◆8番(寺島徹) そうすると、トマト藤五郎のこれは第1期のここに15万で金額出ていて、事業年度22年度から24年までは何もなしということになっているのですけれども、これは事業としては終結ということで考えているわけですか。 ○議長(大光巌) 経済環境部長。 ◎経済環境部長(的場重一) お答えを申し上げます。 その事業につきましては、事業主体が農協でございまして、新商品という格好で販路拡大、販売促進を行うがためのPR経費について行政側に補助の要望があった項目でございます。したがいまして、補助した当該年度について事業メニューとして挙げたところでありますけれども、1年の補助ということでございましたので、その以降具体的な事業メニューからは落としたという内容でございます。 ○議長(大光巌) 8番、寺島議員。 ◆8番(寺島徹) わかりました。そうすると、市の事業でないということですね。これは、農協さんが動かなければとりあえずは動かないということですね。それについては、また別な観点でやらなければならないかなというふうに思いますけれども、わかりました。 それから、堆肥センターの施設整備事業で、2期計画で22年度は出ています。22年と24年度で一応これはたしか増設の絡みがあったと思うのですけれども、7億くらいですか、見ていますね。23年度については、これは出ていないのですけれども、この辺についてはこれ一般質問で堆肥センターのことについては何度かさせていただいて、設備の拡充、それから大滝のいわゆる堆肥センターとの統合の問題でさせてもらったのですが、23年度は手つかずでいくということで、それは21年度の事業終わった時点での流れを受けてのこういう計画になっているのでしょうか、それとも特殊な事情で抜けているのか、その辺がこれだけ見てもわからないものですから、評価と絡めた形でどうなっているのかなというのをちょっと教えていただきたい。 ○議長(大光巌) 企画財政部長。 ◎企画財政部長(小畑次男) 事業として23年度に当初の計画の中にのっかって来ていたのは事実であります。実際に23年度の第2期の事業計画という部分でのっかってまいりましたけれども、やはり全体的な市の財政というものを考えなければいけないと。ご承知のとおり23年度、22年度も含むのでありますけれども、22年度から24年度、25年度まではかなり大型事業が入ってまいります。そこで、そういったことを踏まえて、本来この時点でやるのが望ましいけれども、財政的にどうなのかと、耐え得るのかと、こういう検討の中から、これについてはやはり繰り延べをせざるを得ないだろうという判断をしたところであります。 ○議長(大光巌) 8番、寺島議員。 ◆8番(寺島徹) わかりました。 行政評価自体がまだ言ってみればよちよち歩きの部分だろうと思うのです。手探りで今進めていると。ただ、公表もするということになると、まだ手探りだからという状況で発表するわけにはいかないですよね。今42事業については試験的にやったということ、これは公表されないだろうと思うのですけれども、今後の流れとして、例えば今9月ですから、再来月には23年度予算が始まりますよね。ヒアリングが12月ぐらいですか、1月ぐらいまで入る。ということは、22年度事業の評価を1次評価なり、2次評価までいくかどうかは別としても、まずやらないと、23年度予算のほうに進んでいけないと思うのですけれども、そうするとその辺が評価をやる時期というのが部内なり1次なり2次というのがどういうことで、どの段階でどういうふうに進んでいくか。決算については、21年度決算が今月出ますけれども、あくまで21年度ですから、来年度予算については本年度の実施の部分の評価をどうしたかによって修正も出てくる可能性がありますよね。そうなると、その時期の問題が非常に難しいのではないかなと。21年度の決算自体が今度出るわけですから、もう22年度始まってしまって半分終わっているわけですから、そこら辺が非常に難しいところだと思うのですけれども、その辺をどう克服してうまく次につなげていくつもりなのかということをちょっとお話しください。 ○議長(大光巌) 企画財政部長。 ◎企画財政部長(小畑次男) 確かにおっしゃるとおり、いろいろな面で難しさはあると思っております。スケジュールとして考えているのは、議員もおっしゃるとおり23年度の予算に反映させなければならないということから、この実質的な評価の作業ができるような形で今順次作業を進めているところであります。本格的には、この議会を終えてから1次評価の提出を願い、その後2次評価、これ21年度の事業でありますけれども、2次評価を行って、10月の末までには成果を得たいというふうに考えております。その段階で確かに21年度だけでいいのかという問題があります。あわせて22年度の事業の進行の経過、期中でありますけれども、そういったヒアリングを行いながら、これは23年度につなげていきたいなというふうな形で作業を考えているところであります。 ○議長(大光巌) 8番、寺島議員。 ◆8番(寺島徹) それで、大体流れとしてはわかるのですけれども、2期計画自体が24年度までの実施計画になっていますよね。予算も概算にしてもほぼ決まってきていると。もちろん修正はきくのでしょうけれども、ほぼ予算が決まってきているという中で、例えば22年度の評価をする。そして、23年度に持っていく。23年度の評価をして24年度に持っていくという、その6次のいわゆる総合計画では毎年度評価をしながら、翌年度事業に反映させていくという仕組みになっていましたよね。3年ごとのパターンでの評価ではなく、毎年やっていくということになっていましたよね。そうすると、毎年やっていくということになると、例えば22年度というと23、24年、今回出た第2期計画の23年度、24年度の中でまた修正が結構出てくるのかなと。そうすると、出てこないほうが多いのかどうかわからないのですけれども、余りに3年分の事業費を2期計画の中でこれだけばっちりと出しておくのが果たしてどうなのかなと。これは、継続していくということが前提になっていますよね、この予算づけにしても。評価の中でどういうふうに変わってくるかということが当然あるわけですし、公表してパブリックコメントをもらうかどうかはわかりませんけれども、その中で修正がいろんなのが出てきたときにこの数字というのがまた結構変わってくるのかどうか、その辺がちょっとこれが前提にありきで評価をやってもほとんど意味がなくなってしまうものですから、その辺の考え方がどうなのかなという。要するに評価というのを形だけ評価をしてやっていくものなのか、本当に例えばもうこれは切ってしまうよというような英断まで含めた評価をきちっとやるのか、それは一体どこで、どの段階でやるのか、そういうことがよそへ行ってやりますと、例えば170ぐらい事業の評価やって30から40はもう切ってしまったというところも見てきていますけれども、かなりの英断でやっている部分はありますけれども、こういうふうに2期計画で3年分の予算が出てしまったときに、そこら辺が果たして1次評価、2次評価でその辺ができるのかどうかなという、非常に危惧といいますか、正当な評価をして持ってくるのか、それとも修正まで持ってくるのか、3年はこういうふうに3年間計画が出ているからこれでいこうやというのが頭にあって、それで一応評価はやっておこうやというふうになるのかという、そういうふうに流れていってしまったらまた意味がない部分ですから、そこら辺をどう考えているかということをお願いします。 ○議長(大光巌) 企画財政部長。 ◎企画財政部長(小畑次男) 確かに最初に取り組みをしようというところで、未熟な部分もあったと思います。ただ、ローリングをしていこうという考え方は、やはり固めてしまっては対応がタイムリーでなくなるのではないかというようなこともあって、毎年ローリングをしていくというようなことに決めたわけであります。事業費という部分でいいますと、一定の目安というものを持たなければならないというのもこれ現実なものですから、固まったものというとらえ方はしておりませんけれども、これを誤解なく市民の皆様にご理解をいただけるような工夫は必要だなとは思いますけれども、当面やはりこういった考え方のもとに作業を進めていきたいと。実際に行政評価そのものは、全国的に見てもかなりの導入ではあります。しかし、議員おっしゃるとおりそれぞれがいろんな工夫をしながら、毎年修正を加えていると、こういう実態もあるようです。これは、なかなか難しい取り組みであろうというふうに考えておりますので、この辺については柔軟に、我々の考え方も柔軟な形で進めていきたいし、しかしやはり市民に対する説明責任というものも同時に果たしていきたいと。そういう中で工夫といいますか、部分的に修繕が必要なもの、こういったものは随時議会にもお話を申し上げながら、よりよいものにしていきたいなというふうに考えております。 ○議長(大光巌) 8番、寺島議員。 ◆8番(寺島徹) それでは、これについては最後に市長に。最終的には経営会議で出てくる。2次評価終わったものは経営会議に出てきて、最終的には市長部局のほうでの判断ということになるだろうと思うのですけれども、行政評価につきましての導入です。導入はすることにはなっていますし、今やりつつありますけれども、今後の評価をするに当たっての、職員もいろいろ苦労はするのですけれども、経過の中等で市長、どういうふうにこれをうまく回転させるつもりか、その辺の心構えといいますか、その辺を市長のほうから一言お願いします。 ○議長(大光巌) 市長。 ◎市長(菊谷秀吉) 事務事業評価というのは、私は職員の資質向上にもすごくつながると思うのです。今までのように要望されたからやるのだという視点から、将来の伊達市のためにこれはしなければいけないとか、もうこれはやめるべきだというものが出てこようかと思います。ですから、それによって職員の質が向上するということが大いに期待できるのではないかと。しかし、一方では、中に入ってみて感じるのは職員はこれはもう実はやめたいなと思いつつも、外部の力が大き過ぎてやめられないという事例もございます。こういうこともやはりオープンにしていって、住民の判断も仰ぐということもまた一方では必要かなと思います。それから、もう一つは、今評価の関係で私が考えていたのは、やっぱり私も議員の皆さんも選挙というものを通して住民のニーズを聞いて出てきているわけでございます。そうすると、評価には出てこないものというのがございます。例えば将来的に、戦略的にこれは必要なのだということは、さきの観点別評価ではあらわれてこない要素がございます。特に最初のリスクをだれが負うかという部分では、どうしても今民間の力が弱くなっていますから、行政が負うべきかどうかを含めて、そういうときにはやはりこれは政治判断で、それに対して住民があなたは市長としてふさわしい、ふさわしくないという判断を仰ぐということもまた一方では必要だと思いますので、最終的に大きな問題についてはそういった政治判断も求められてくるのではないかなと思いますので、いずれにしてもこの評価ということをめぐってお互いに質が向上してくるのではないかと思いますので、これやっていく中でいろんな難しさも体験しながら、伊達市の行政の質を上げていくいい機会かなと、このように考えております。 ○議長(大光巌) 8番、寺島議員。 ◆8番(寺島徹) ありがとうございます。大事なことですし、ぜひしっかりしたものにしてもらいたいな、そんなふうに思いますので、よろしくお願いします。 それでは次に、同じく実施計画の2期計画の中で、クロスカントリーコースの整備なのですが、民有地ということでございます。地権者の数とこのコースでの面積はどのくらいになっていますか。教えてください。 ○議長(大光巌) 大滝総合支所長。 ◎大滝総合支所長(今井良) 私のほうからお答えしたいと思います。 地権者につきましては、3件でございまして、合計8筆、総面積10万3,000ほどでございます。さらに、1法人ございまして、これにつきましては3筆、15万平米ということになっております。 ○議長(大光巌) 8番、寺島議員。 ◆8番(寺島徹) かなりの広さ、山ですから広いことになります。私もノルディックウォーキングには参加して、教育長、教育部長も参加して歩いていますけれども、答弁では併用というようなことなのですが、今のノルディックウォーキングのあれをそのまま使うということなのでしょうか。前に市長のほうで高橋尚子さんの助言もいただきながらという、あれは報道ですか、何かそういうのもあったと思うのですけれども、その辺についてはどういう、まだ余り細かく決まっていないのかどうか、その辺はどうなのですか。 ○議長(大光巌) 大滝総合支所長。 ◎大滝総合支所長(今井良) 現在このコースにつきましては、整備している最中でございまして、いずれにしましても最大およそ5キロの周回コースということで考えておりますけれども、ノルディックウォーキング、さらにクロスカントリーにつきましても内容につきましては若干スピードが違う、そして使用器具が違うということでございますから、併用して進めていきたいというふうに思っております。 ○議長(大光巌) 8番、寺島議員。 ◆8番(寺島徹) そうすると、5キロということになると、今3キロ、6キロ、10キロですか。というと、6キロのコースが若干変わるというような感じですね、感覚的には。3キロのコースをふやすのかどうか、その辺あれですけれども、去年ですか、全部ではないですけれども、たしかウッドチップを敷いて整備をされましたよね。ことしも歩いてみて、一部といいますか、5分の2くらいはまだ敷いていないところ、ちょっと危険な滑るところもあるのですけれども、その辺も含めて整備をするのかどうなのか、その辺はどうなのですか。 ○議長(大光巌) 大滝総合支所長。 ◎大滝総合支所長(今井良) 確かにちょっと滑りそうな場所ですとかがけ地、そういったものもありますし、石が露出しているようなところもございます。それもあわせて今回整備をしてまいります。がけ地につきましては滑り落ちないような方策、そしてウッドチップにつきましても雨が降ったらどうしても流れる部分はありますけれども、そういったものも考えながら、できるだけ長く使えるようなコース整備というふうに考えております。 ○議長(大光巌) 8番、寺島議員。 ◆8番(寺島徹) それで、今借りているわけですね。無償で使わせてもらっているということですが、今はこれはどういう形で使わせてもらっているという状況になっているのですか。それぞれの地権者にお願いをして、当然覚書というのは答弁にありましたけれども、どんなような覚書を交わしているのですか。 ○議長(大光巌) 大滝総合支所長。 ◎大滝総合支所長(今井良) このコースができ始めた時点から、自動更新ということで無償を条件に大滝村時代、そして地権者と友好的な関係で現在まで進めております、覚書ということで。 ○議長(大光巌) 8番、寺島議員。 ◆8番(寺島徹) ちょっと小耳に挟んだところでは、ノルディックウォーキングよりも歩くスキーのときに覚書を交わしたと聞いているのですけれども、そうなると冬場だけの覚書になっているのではないかなという気がするのです。その辺はいかがですか。 ○議長(大光巌) 大滝総合支所長。 ◎大滝総合支所長(今井良) 私もこの覚書を見た限り、確かに冬場というふうにはうたわれておりますけれども、その中でやはりスキーコースを整備するに当たって相当ササを刈ったり、木を切ったりというようなこともございますから、当初からこういった状況でお借りするということはお話ししているというふうには聞いております。 ○議長(大光巌) 8番、寺島議員。 ◆8番(寺島徹) 答弁で将来的に購入という方向が出ておりますから、それが出るかどうか私もわからなかったものですから、購入したらどうかと言おうと思っていたのですが、先に購入の話が出てきましたけれども、それで非常に大きい面積ですし、恐らく覚書を交わしたときから権利者がかわっているところ、歩くスキーができて覚書交わしたのは恐らくかなり前のはずですから、そうするとその時点で覚書を交わした方はもう既に亡くなっているところもあると思うのです。そうすると、その辺が言ってみれば現状は無断で使っているという、法的にいきますとそういう形になってくるのですけれども、これは例えば今回の2期計画の中にも購入の計画はのっていないですよね、整備は出ていますけれども。答弁では購入をするような方向というのですけれども、24年度まではまず今のっていないと。いつごろをめどにして購入するのかということはどうなのでしょうか。 ○議長(大光巌) 大滝総合支所長。 ◎大滝総合支所長(今井良) 確かに代がかわったりしたというような地主さんもおられます。現にスキーコース上で、これは常設コースではないのですけれども、スキーコースのところに植樹をされて、その木がどんどん、どんどん大きくなってきてそのコースが通れなくなったという状況がありましたから、その現場は変えまして別コースを設定したということもございます。それで、今回こういう今後代がわりですとか、そういったものも十分考えられるということから、当初はライン上で買おうと思ったのですけれども、そうすると非常に測量費だけでも数百万という状況でございますから、相手があることですからすぐ売るという回答がいただけるかどうかはこれからの接触になりますけれども、早急に相手とまず1度はコンタクトをとりまして、状況をお聞きしたいなというふうに思っております。 ○議長(大光巌) 8番、寺島議員。 ◆8番(寺島徹) 実は、なぜこれを取り上げたかといいますと、高橋尚子さんの存在です。ことし9月26日からですか、収穫祭、それも高橋尚子さん絡んでジョギングの関係ありますけれども、いつまでいてくれるのかどうかわからないですけれども、少なくても高橋尚子さんにアドバイスをもらったコースということになりますと、ある意味道内でもいいコースになってくるだろうと。これが伊達の観光、いわゆる滞在型であるとか、それから体験型観光というののある意味目玉になるものだと思うのです。それが使っている場所が民有地で、少し権利関係あやふやだよということになりますと、いつ第三者の手に渡って使えなくなるかわからないという、そういう危惧もあるわけですよね、将来的に向かって。だから、そういう意味でせっかく伊達の観光の一つの目玉にするものであるならば、そういうことを先にやはりきちっとした形に、現在は大滝村でやったそのままを引き継いでいるだけですから、そういう意味では正直言って覚書自体がなかなか有効かどうかまでなりますから、第三者に渡ったときに果たしてどうなるかということが当然出てきますので、その辺を非常に危惧しますので、早急にこの辺につきましては購入なり、きちっとした借り上げなり、その辺を手を打っておくべきだと思うのですが、その辺市長、いかがでしょうか。 ○議長(大光巌) 市長。 ◎市長(菊谷秀吉) 今までお答えをしましたように、正直実は私どももこれ借りているのだということもよく知りませんでした。ご指摘のように、高橋尚子さんが来られていろんな話聞く中で、クロスカントリーで5キロコースってめったにないという話で、しかも平面クロスでほかの道路とクロスしないということになればこれは最高だと。また、条件もすばらしいということがございまして、それではということで始めたら、こういうことが出てまいりました。それで、ご指摘のように息長く大滝の観光資源としてやっていくためには、いつまでも借りているという状況は脱しなければいけないと。こういうことから、支所長答弁しましたように折り合いがつけば速やかに購入ということで決断をしていきたいなと、このように考えております。 ○議長(大光巌) 8番、寺島議員。 ◆8番(寺島徹) ありがとうございます。いつになるか、相手があることですから、ただ覚書だけは地権者がはっきりしましたら、購入までの間はやはりきちっと伊達市と地権者とのそういう契約に覚書の取り交わしを再度やっておくべきだろうというふうに思いますので、簡単に第三者に譲渡できないような形で何とかそういうものをつくっておいて、その間に財政的なものだとかの主導で購入するという、そういう流れにぜひ持っていっていただきたいなというふうに思いますので、よろしくお願いします。 続きまして、新学習指導要領の関係ですが、先行実施しているのは今答弁いただきました。これ文科省では先行実施する、21年度から絶対しなさいよというのに道徳教育も入っていますね。道徳と総合的な学習の時間と特別活動というのは、21年度からは先行実施しなさいとなっているのですけれども、伊達市の場合は先行実施はこれはされているのでしょうか、どうでしょうか。 ○議長(大光巌) 教育長。 ◎教育長(有田勉) 移行措置に伴う先行実施ということであろうと思いますが、20年の6月に文科省で告示をしておりまして、一定の教科について先行実施するようにと。ご質問の道徳につきましては、実は心のノートというのを従来使っておりまして、今も使っているのですが、これが平成20年に改訂をされました。それを21年度から使うようになったということと、あと副読本ということで今2種類の副読本が配付されております。それに基づいて新しい学習指導要領に沿ってやっているということでございます。 ○議長(大光巌) 8番、寺島議員。 ◆8番(寺島徹) それで、道徳教育推進につきましては、各学校に道徳教育推進教師というのを位置づけるというのが、これは恐らく半分以上義務づけだと思うのですけれども、その辺の対応については教育委員会のほうとしては各学校に対してそういう指導はされているのでしょうか。それで、現実に各学校でそういうのをいわゆる位置づけされて、きちっと先行実施の中でされているのかどうか、その辺はいかがですか。 ○議長(大光巌) 教育長。 ◎教育長(有田勉) 移行措置の内容につきましては、文科省、道教委通じて流れてきておりまして、それは各学校に通知をしております。道徳教育の推進員の配置の時期について、ちょっと私も今調べておりませんので、頭に入っておりません。これが小学校については完全実施が来年度からでございますので、来年度からそういう委員を置くのでないかというふうに理解しております。現在そういう形で配置をしているかどうか、それについては恐縮でございますが、承知しておりません。 ○議長(大光巌) 8番、寺島議員。 ◆8番(寺島徹) 実は、先行実施ですけれども、道徳教育についてはこれは21年度から自動的に先行実施ということになっていて、なぜかというと取り組みやすいからということが1つにあります。ですから、これは23年度から、中学校24年度からの実施になりますけれども、道徳と、それから総合的な学習と特別活動については、もう21年度から新学習指導要領でも動いているというとらえ方になると思うのです。そうなると、23年度から推進教員を置かなければならないということではなく、もう21年度の時点で道徳教育の全体計画であるとか指導計画をつくっていなくてはならないと思うのです。だから、そこら辺が教育委員会が各学校に対してどんなふうな指導しているかということがわからないものですから、その辺が的確にされているのかどうかということはどんなものなのですか。 ○議長(大光巌) 教育長。 ◎教育長(有田勉) この移行措置に伴うものにつきましては、各学校に対して通知をしていると。私申し上げましたのは、道徳指導教員、どなたかに位置づけをするわけですが、その時期が21年度なのか、23年度なのか、その辺がちょっと承知をしていないために今のようなご答弁になって、大変恐縮でございます。いずれにしましても、これ道徳も、ほかにも理数科の授業時数の増加だとか、そういうものも含めまして市内の各学校では実施をしているということでご理解いただきたい。ただ、道徳教諭としての位置づけを、あなたが道徳教諭だよということを現時点でしているかどうかについては、大変恐縮ですが、押さえていないということでございます。 ○議長(大光巌) 8番、寺島議員。 ◆8番(寺島徹) それで、23年、24年度から完全実施になりますけれども、いわゆる授業時数の増加は完全実施以降小学校、中学校でどんなような形になるか、その辺はいかがでしょうか。 ○議長(大光巌) 教育長。 ◎教育長(有田勉) 今回の新学習指導要領で、前回の改訂が平成14年ですが、そのときに比べますと小学校は6年間で278時間ですか、そして中学校では105時間の増ということになります。今回の移行措置、例えば小学校でいえば平成21年度の段階で278時間のうちの209時間時数をふやしております。ですから、大体これも週1こまぐらいですか。先ほど申しましたけれども、1こまぐらいふえているという状況です。これが21年度、22年度ふやしまして、23年度、来年度からはさらに69時間ふやして、トータル的に278時数をふやすということになります。中学校の105時間につきましては、総合的な学習の時間と調整をしまして理数等の時数をふやすということで、実質的な増は平成24年度の完全実施のときに105時間ふやすと、こういう流れで進めているということです。 ○議長(大光巌) 8番、寺島議員。 ◆8番(寺島徹) 今度の改正でこま数がふえてくるものですから、そうなるとその中で特別活動をしなければならない。宿泊体験であるとか、文科省が言っているのは極めて厳しい状況だと思うのです。体育の時間もふやさなければならないと。そうなると、子供たちのいわゆる学校帰ってからの時間帯というのがどうしても今度はおそくなるということ。そうすると、校外活動の減少という面が出てきますよね。そうすると、例えばスポーツ少年団の活動であるとか、そういったものにも影響してくる可能性があるわけです。その辺は別な問題になるのでしょうけれども、それで伊達市教育委員会としては、各小学校、中学校に対して新指導要領の実施に向けての留意点であるとか、どういうふうに変更になってどうだとか、それから留意点がどうで、ではそれに従って学校長が全体計画つくりなさいとかという指導をすると思うのですけれども、そういったもののいわゆる一覧といいますか、きちっとした体系的な、そういうものは各学校にどういう形で出しているのか、その辺はいかがですか。 ○議長(大光巌) 教育長。 ◎教育長(有田勉) この学習指導要領の改訂は、文科省が実施するということでございまして、文科省のほうからそういった資料が流れてきて、またそれに基づいた学校の関係者に対する説明会、これは道教委が実質的に行っております。したがって、伊達市として独自のもの、そういうものをつくってそれを流すということにはならない。特に出しておりません。 ○議長(大光巌) 8番、寺島議員。 ◆8番(寺島徹) 例えば函館市であるとか留萌市であるとか、道内の各市などでもきちっとしたいわゆるプリントといいましょうか、どういう変更があってどうだと割とわかりやすく各学校に対して流しているのです。その辺をうまくやらないと、学校が混乱、現場が混乱してしまうと。もちろん胆振教育局もいろいろ流してはいますけれども、やはり伊達の市教委がきちっと全体像をとらえて、それで流してやらないと、学校現場が困ってくるだろうと。なぜかといいますと、今回の指導要領の中で学校評価の問題が取り上げられております。学校評価についても若干変わってきております。そうすると、学校評価、先ほどの行政評価と同じですけれども、やはりその評価をすることによってもちろん教師の質も上がるでしょうし、学校経営の質も上がってくる部分もありますので、学校評価について当然やらなくてはならないわけですから、これが教育委員会としては大事な使命になってくると思うのです。ですから、その辺で今後各小中学校に完全実施に向けてのそういったものをきちっとした指導体制をとっていただきたいなと、そんなふうに思いますので、その辺で考えがあればお答えいただいて、終わります。 ○議長(大光巌) 教育長。 ◎教育長(有田勉) 小学校については、あと半年後に完全実施ということになります。各小学校でそれに向けて今取り組んでおりますし、移行措置に伴うきちんとした体制で進めておりますので、私どもとしては順調に進められるだろうというふうには理解しております。ただ、そういった心配もございますので、その辺については少しく校長会とも話をしながら、必要なもの、そういうものを準備していきたいと、このように思っております。いずれにしましても、円滑に完全実施が進められるよう万全を期していきたいと思います。 ○議長(大光巌) 暫時休憩をいたします。          休 憩 (午前11時25分)                                                    開 議 (午後 1時00分) ○議長(大光巌) ただいまより会議を再開いたします。 午前中に引き続き一般質問を行います。 3番、国本議員の質問を許可いたします。 3番、国本議員。          〔3番 国本一夫登壇〕 ◆3番(国本一夫) 通告に従いまして、一般質問を行います。市の理事者並びに幹部職員のご親切なご答弁をいただきたいと思っております。 大きな1つ目は、観光行政全般について伺います。行政運営に当たり重要な位置づけとして観光行政が重要視されているが、伊達市としてどのように考えているか伺います。 2番目に、伊達市は福祉のまちづくり構想を行っているが、観光行政をどのようにとらえているか伺う。 3つ目は、まちづくりに当たってウェルシーランド構想や市の道路などライフライン等を踏まえ、観光行政をどのように考えているか伺います。 以上、よろしくお願いします。 ○議長(大光巌) 市長。          〔市長 菊谷秀吉登壇
    ◎市長(菊谷秀吉) 国本議員の観光行政全般についてのうち、1点目のご質問からお答えをいたします。 観光につきましては、本市の交流人口を増加させ、経済の活性化を図る上で重要な施策と考えております。現在本市の観光振興策の指針となる観光振興ビジョンの策定を進めているところであり、具体的な施策についてもその中で検討してまいりたいと考えております。 次に、2点目でありますが、日本経済新聞社が行った北海道のイメージ調査によりますと、回答者のうち北海道の魅力はいやしと答えた方が91%と報告されております。この要因については、北海道の雄大な自然景観という絶対的な価値もありますが、地元の人との触れ合い、つまりもてなしの心も重要であると考えられます。本市が福祉のまちと言われている要因には、障がい者や高齢者の方々を含め、市民が人との触れ合いを大事にしている点にあるものと考えており、この思いやりの心が観光に生かされていくものと期待しているところであります。 次に、3点目でありますが、本市では市民が住みやすいまちづくりを進めるためにウェルシーランド構想に基づく各施策を展開するとともに、歩道の段差解消などインフラの整備も進めてきているところであります。市民にとって住みやすい環境を整備することが移住者や長期滞在者、ひいては観光客の誘致にもつながるものと考えているところであります。 以上、答弁といたします。 ○議長(大光巌) 3番、国本議員。 ◆3番(国本一夫) 再質問をするに当たって、大変私も苦慮いたしました。どういう方向性でどういうふうに表現していいものかなかなかわからなく、恐らく再質問でも聞き方がまずくてお答えがしにくい部分もあるかと思いますが、皆さんの聡明な頭でご理解の上、ご答弁をいただきたいと思っております。 今答弁をされた中の文面で、本当に100点満点かなという答えが返ってきております。例えばいやしだとか、地元の人との触れ合い、もてなしの心、福祉のまちと言われる伊達、これは私落選する前6年間議員やらせていただいて、いろんなまちに、文教におりましたので、視察をしに行くこともあります。その中で伊達市ぐらいともに共生して生きている、福祉とともに生きているというまちを見たことがないです。そういう意味では、この本文に書かれているように人の触れ合いだとか、そういうふうに大事にする思いやりの心がある、それが観光につながるという大前提がここに担保されているということが書かれているのだなと感心して読ませていただきました。また、ウェルシーランド構想云々、そういうことに対しても前向きなまちづくりを伊達市はやっていると。結局人に優しい、住民が本当に住みやすいというものができているからこそ、観光行政につながっていくのだろうと。そういう意味において、二、三私が心に浮かんだことを皆さんにちょっとお聞かせをし、その上で基礎的に観光行政というものがどうあるべきか、どうすれば観光行政につながっていくのだろうかということを各部長さん方にご質問をいたしますので、観光行政といいますから、学校教育から大滝まで全部の部長さんにお聞きしなければいけないことなのかなと。これは、日常業務の中、必ず生まれてくることである。そういう意味では、1回目の再質問多々お聞きしますが、市長、副市長はご答弁をなさらなくて結構でございますので、その点部長さんはいろいろなことを申しますので、皆さんの頭の中で整理しながら、私が言わんとすることを想像してお答えをいただきたいと、そう思っております。 観光行政に対する認識についてということです。いろいろ考えてみましたが、これはもう日本全国観光、観光と言っていて、いわゆる商工業者でいう経済活動ができづらい状態になっている。そこの中で、ではそのまちが生きていくためにはどうするのだというと、観光による経済活動をするのだということで、日本全国で皆さんが言われています。その中で観光といえば、観光のイメージといいますか、夢とか希望とか、そういうものがあるのだが、観光というのは基本的には商売なのだというような感性でいかなければいけないのではないかと。または、現在観光流入数だとか、地域力を図っているとか、そういうことをやっているのだけれども、結局もうからなければ何の観光の意味もなさないよということを考えています。伊達市においておもてなしという段階になって、ではただ喜んでもらえばいいということではなくて、それが経済につながらなければいけないと、そういう考えを私も持っております。また、外から来た人がお金を落としているという、そういう観点の地域力を高める。では、今何が必要かということを考えなければいけないのだろうと思います。では、今までの観光、伊達市を題材にして考えますと、黎明観の売り上げだとか、今回合併しました北湯沢、そういうところの入湯税だとか、観光業者の売り上げだとか、また有珠から北黄金貝塚までいろいろな観光施設があります。それが本当に潤っているのだろうかということを検証しなければいけないのではないか。もしかすると、大型の旅行会社だとか、そういうものがもうけていて、実際は伊達市には潤いがない、そういうことが考えられるのではないかなというふうに思っております。では、どのようなおもてなしをしたらいいのかということなのです、伊達市にして。では、伊達市は夏まつりもあれば物産展もあれば何もあると、そういうようなイベント事業もやられています。個々の産業もそれなりの活動をしているのだろうと思います。だが、外から来た人が伊達市に対して何を求めているか、需要と供給という乖離があるのではないかと、こういうことも検証しなければいけないのではないか、私はそう思います。では、これからの観光についてはどうなのかと。チャンスを物にするのはどうしたらいいのか。きのうもきょうも高橋さんのことありました。あの方の知名度によって伊達市をどうやって生かしていくかということも本当に考えなければいけないのだろうと。だから、官と民が一体になって全国的にどういうふうに広げていってどうやるかということを本当に字面でなくて実務的に伊達市に潤いが当たるようなことを考えるべきでないのかなと思います。また、これ小さなことですが、私たち議会のことですから天につばするようなことなのですが、議会事務局にもう日本全国から視察に来ているわけです。そうすると、1階の会議室でいろんな説明をして2時間程度、1時間程度ご接待を申し上げて帰す。これが観光行政かという思いがあるのです、私には。もしかしたら、私たちに視察してくれるところに、民間業者にコーディネートしてくれといったら、視察に来るにはお金がかかるよでもいいではないですか。そして、伊達市の例えばウェルシーランド構想であればそういうものを見せていって、最後には有珠に行ってメロン買って帰ってくださいと、そういうことも積極的にやるということが観光行政につながるし、我々株式会社伊達市としてやはりそのぐらいの意気込みがあってはいいのではないかなというふうに思っております。 それから、観光財源の掘り出しということについて、どのようにお金を落としていただくかということなのです。だから、そこら辺大変難しいようなことなのですが、歩かせれば腹が減るだろうと。腹が減ったら御飯を食わせるのだろうという、そういう短絡的なことから始める。伊達市には、釣りをやったり、農業体験をやったり、漁業体験をやったり、例えば藍染めにしてもそうです。残念なことに藍染めというのは日本で有数な量をとれるのですが、藍染めという名前で伊達市がそれほど全国的に売れているかというと、売れていないのです。僕は、ここには問題があると思います。正直言って文化だとか、そういうの、習い事というのは、例えば伊達市だとか、民間でもいいです。基本的に著名な藍染め作家を呼んできて勉強会をやるだとか、講習会をやるだとか、そういうことをやる必要性というのが今度問われてくると思うのです。そういう意味においてやっぱりそういうことを行政としても考え、民間を中に入れて両方でやっていくという、そういう考え方があるのではないかということなのです。大枠で言いますと、今伊達市の中で観光業者というのは二、三あるわけなのですが、現実に観光業者は伊達から表に出ていく方に対しての収益というのはあるのですが、外から内に入れてくるよという収益がないのです。だから、そこら辺のところをやっぱり官民一体で考える必要があると。そうしないと、やはり伊達を主にしたお金の落ちる方法論というのがなかなか見つからないのだろうと。そこら辺も幹部職員で考え、我々も考え、つくっていく方法なのだろうと思います。 多々いろいろ言いましたが、まずおもてなしという言葉があるのです。おもてなしって何なのかなということで、漠然としてどこでも使われているのです、もてなせ、もてなせと。基本的に観光というのは1日や2日でできるわけではなくて、長い年月を継続的にやることから観光というものは育っていくのだろうと、そういうふうに思います。また、もう一つ思えるということは、そこに住んでいる住民が楽しかったり、明るかったり、元気がよかったり、例えば文化的な素養があったりなんなりということが平均的な土壌にあったらこそ、観光というものができる。そういう意味において多々いろいろな観点からお尋ねを申し上げたいと思いますが、まず教育部長にお尋ねをしたいと思います。ということはどういうことかというと、おもてなしってどういうことなのだと。おもてなしの一番先は何なのだということです。いらっしゃいませ、おはようございます、ありがとうございます、あいさつから始まるのです。それで、観光行政というのは長く続くということであれば、恐らく次世代につながる子供たちが我々の発想したものを積み上げていって、そのとき使うのだろうと。そういう意味において元気にあいさつでき、明るい子供をつくるという意味で、学校教育に今までも取り入れられたということは私も聞き及んでおりますが、再度そういう考え方があるのかないのか、ちょっとお聞かせをお願いしたいと思います。 ○議長(大光巌) 教育部長。 ◎教育部長(三浦倉) 午前中もちょっと学習指導要領のことで議論ありましたけれども、今回の道徳の中にも議員ご指摘のあいさつ等、いわゆる人、心の問題といいますか、取り入れられて、時間数は同じでございますけれども、いろんな教科の中でも当然そういうことを基本にやるということにはなっておりますので、十分教育されるということだと思います。それと、おもてなしという言葉で私がちょっとお話をお聞きしながら感じたのが観光で大事なのはせっかく来ていただいた第一印象といいますか、物を食べたり、見たりというのはあるのですけれども、やはり人と人との触れ合いといいますか、それが一番大事だと思うのです。ですから、今のあいさつを含めて、やっぱり子供たちに相手に対する思いやりといいますか、せっかく来てくれたお客さんは何を今考えている、どういう思いでいるのか、そういうことが想像できるような、自分がそうなった場合どうしてほしいのか、そんなことで教育できればいいのかなというふうに思っております。 ○議長(大光巌) 3番、国本議員。 ◆3番(国本一夫) ついでと言っては大変失礼なのですが、教育長にお尋ねを申し上げますが、今教育部長がそういう方向性で前向きにやるよという答弁をいただきましたので、校長会とか、または教育委員会とか、そういう場面で伊達市の経済を担う、そういうもととなる今の子供たちを育てていくと。元気である、そういうことであるというようなメッセージを発信してはいただけないかなと私思うのですが、いかがですか。 ○議長(大光巌) 教育長。 ◎教育長(有田勉) 市内の各学校では、公開研究会などもやりまして、こういう道徳の授業についても研究、協議を進めております。そういう場の中でも新しい学習指導要領に向けて取り組んでおりますので、そういった状況を見ながら、教育委員会としても各学校に対し、道徳教育の必要性については今後とも指導してまいりたいと、このように思っております。 ○議長(大光巌) 3番、国本議員。 ◆3番(国本一夫) それでは、ドクター大島にお尋ねをいたします。 実は、伊達市には縄文文化、こういうことがあって、北黄金貝塚にあんなすばらしいものができたと。その背景ということです。私がちょうど議員になりたてのときに大島先生が伊達市に入られて、いろんな活動をされた上で北黄金貝塚ができた。そういうことは、学というか、学業的な文化というのと私たちこういう行政に携わると観光的な文化、そういうものが創造されるわけです。そういう意味では、文化というのは人がつくっているのだなという思いでいるのです。では、我々のプロパーの市の職員だけだったら、あれだけのものができたのかなと想像するのです。賛否両論はあると思います。私別に大島先生褒めているわけではないです。現実にあれができたというのは、大島先生の力もあるなと、そういうふうに評価しているのです。そういう意味において今北黄金貝塚、本当に入場数もどんどん微増ではございますが、ふえている。でも、そこの中で1つ何かちょっと違うよな、もっと生かせるのではないかな、そういう考え方あるのです。だから、私は大島先生にもし広域観光、例えば縄文文化も反映させる、伊達市の宝として育てるという、そういう考え方があるのであれば、ではコーディネートをして来る人を待つのではなくて攻めてとってくると。そういうことを伊達の業者と逐一話をして、いろんな学校に行って、このバスで来てこうやって黄金貝塚で貝を掘ったり、勉強をして、その後大滝に寄っておふろに入って札幌に帰っていただくとか、そういうコーディネートをやっぱり今後は考えるべきではないか。積極的に経済を伊達市もつくっているよということをやっぱり市民にも訴えていく必要があるのではないかと。そういう意味で大島先生にお考えがあれば、お聞かせを願いたいと思います。 ○議長(大光巌) 噴火湾文化研究所長。 ◎噴火湾文化研究所長(大島直行) 平成13年に北黄金貝塚の公園がオープンした当時、私自身もあれを観光資源として生かそうという気持ちはそれほどございませんでしたし、市の考え方としても整備委員会を立ち上げる際に基本的にはあれは教育施設であると。ですから、市内の子供のために整備しようという考え方が大きかったと思います。ただ、だんだん15年ぐらい前から、恐らく日本の観光の事情なんかも随分変わってきたのだと思います。特に縄文文化なんかは、観光資源として注目を浴びたのはもちろん青森県ですとか、それから富山県の小矢部市の遺跡ですとか、鹿児島県の上野原遺跡ですとか、ああいう話題性のある遺跡が出てきてから、逆にさらにこちらのほうにも飛び火した感もあるわけです。そういう15年間の経過の中で、今もう明らかに縄文遺跡というのは観光資源の一つだというふうに私は考えておりますし、たまたまことし1月から全国紙も含めてちょっと新聞に書かせていただく機会がありましたものですから、その中で書かせていただいたのは、観光資源なのだけれども、ただの観光資源ではないのだと。知的観光資源という言葉を使わせていただいて、3紙にも書かせていただきました。それは、荒唐無稽な考え方でも何でもなくて、従来そういった縄文の資源ですとか歴史資源なんかというのは、なかなか観光資源になりにくかったけれども、こういった社会情勢の中ではこういったものがこれから新しい観光資源として生きてくるのではないかという思いもあって書かせていただいたわけです。きのうの市長の答弁の中にもありましたけれども、伊達では北黄金貝塚だけではなくて開拓記念館も46年という年月を経て、いよいよもう改築の段階に来たのだと思います。財政当局のほうと何とか調整していただいて、記念館も中に入っているものはもう本当に全国に誇れるものですから、そういったものもここへきて生かせる時期に来たのかなと思います。もう一つ、私たちにとってそうした歴史あるいは文化を観光資源にする上で重要な節目となるのは、来年の4月のオープンを待っている善光寺だと思います。幸いに重要文化財に指定され、そうしたものが善光寺さんの理解でもって宝物館が新しくなりました。ですから、伊達市にとっては何となく観光資源なのかなと思っていたものがうまいタイミングでもって大きく売り出せる時期に来たのだと思います。先ほどの市長の答弁の中にありました観光ビジョンの話です。そういう中で私たちには限界があると思います。教育委員会の中で、特に研究所なんかがそういった歴史資産を扱うのは保護に力を入れるということが主目的ですから、それを生かすということになるとなかなか私たちだけではできません。ですから、今回まさにタイミングよく観光ビジョンをこれからつくっていくわけですから、そうした中で北黄金貝塚あるいは開拓記念館、それから善光寺、こういった歴史資産だとか文化資産を生かしていくようなうまいプログラムをやっぱりつくっていく必要があるかなというふうに思っています。 ○議長(大光巌) 3番、国本議員。 ◆3番(国本一夫) 今頭でドクター大島と言ったということは、縄文に特化して聞きたかったからそれを言ったので、もう一つお尋ねしたいというのは噴火湾文化研究所長ということです。そうしたら、もう一つお聞きしたいのは、伊達市にとってこれから、今まで絵だとか音楽だとか高名な先生も多々おいでになられて、伊達市も市長を初めいろんな芸大の先生だとかのお友達おつくりになっている、そういうことも私たち周りから見ております。そういう意味で伊達市にとってのこれからの文化、そういう縄文文化ではなくて現代文化とか近代文化ということで、今後伊達市としてどのように進んでいくべきなのか、お考えがあればお聞かせください。 ○議長(大光巌) 噴火湾文化研究所長。 ◎噴火湾文化研究所長(大島直行) 私は、ある意味では縄文文化しか知らないわけで、伊達市の中で力を発揮できるのはそこだけだったはずなのですけれども、今噴火湾文化研究所という施設の長をやらせていただいているのは、もちろん菊谷市長が高い見識に立ってこの施設をつくられたからだと思います。市長は、かねがね文化観光という言葉を使われています。新聞にも何度か書かれたと思います。私は、まさにあすを先取りする一つの考え方ではないかと、観光に対する考え方ではなかったかというふうに思っています。今でも思っています。ですから、そういう意味でも単に縄文遺跡だけではなくて、そういった歴史遺産、開拓記念館だとか善光寺も含めて、さらにそれだけではなくて市長がかねがね考えていた一つの現代の文化です。今研究所でアトリエを開いて絵画教室をやっているとか、ピアノのマスタークラスをやっているとか、そういったものを含めて、そういったものが恐らくまちのステータスをぐっと上げていくのだと思います。それによって恐らく市長が考えているように、まさに最初に言った交流人口をふやすという意味の大きな起爆剤になってくるのだと思います。黙っていても人は来ないけれども、そういった豊かな文化に対する豊かな気持ちが市民の中に醸成されているということが恐らく人を呼んでくる一つの大きな力になってくるのだと思います。そういう意味でも噴火湾文化研究所というのは、あと6カ月で私は退職を迎えますけれども、長く続けていっていただきたい施設だというふうに思いますので、改めて市長にはお願いいたします。 ○議長(大光巌) 3番、国本議員。 ◆3番(国本一夫) 大体前お三人の方のご意見、大したものだなと。常々市長が言われていることをよくご理解して業務に専念されている、そういうような思いが伝わってまいります。 そこで、ちょっと視点を変えて総務部長にお尋ねをしたいのですが、伊達市は安全、安心、そういうことを担保する、総まとめのような場所が総務課だと私は思っております。実際に10年前に有珠山が噴火いたしまして、皆さん大変ご苦労された。市長を初め本当に40日間寝ないで市民や隣村の方、隣町の方をお世話していた、そういうことがあるのです。だから、やはり安全、安心が第一なのだということの考え方でいくと、有珠山が噴火したり、ことしはゲリラ豪雨、水が出たり、大変なことになっているわけです。私も残念ながらというか、めでたくというか、62歳になりまして、老人の仲間入りをしたのです。そういう意味では、私の父親は90歳で、ある意味では老老介護の仲間入りをしたのかなと、そんな思いのあるところで、いつも不安に思うというのはうちの父親というのは体重が68キロあるので、私持ち上げられぬのです。そういう意味において、では災害当時に災害ボランティアの活用計画、こういうものが出されているわけですよね。字面では読んでなるほどなと思うのですが、機能していないのです、現実に。そういう意味にやはり安心、安全を担保するためには、これを機能するような施策を早急に進めていかないと、有珠山噴火過ぎて10年たったらのうのうともう冷え切って考えられないということではなくて、これが実現的に機能できるような、どこそこの独居老人はだれが助けるのだということがわかるようなシステムを早急にやっぱりやるべきだと。これは、お金のかからない、頭を使って組織をつくる。かからないと言ったら語弊ありますけれども、コンクリートの上で物をつくるということでなくて人間をつくるということですから、安心、安全が担保されればまた観光行政に対しても大きく寄与されることなので、総務部長、どうですか。ちょっとお聞かせ願いたいと思います。 ○議長(大光巌) 総務部長。 ◎総務部長(疋田洋) 一番今ネックになっている部分だと思います。伊達市もことしいわゆる避難支援プランというものを全体計画をつくりまして、これから具体的に要援護者、こういったものをリストアップをしながら、この人たちが本当に避難できるのかできないのか、こういったところをこれから地域の民生委員さんですとか、あるいは自治会の皆さんですとか、詰めていかなくてはならないなというふうに思ってございます。ただ、個人情報の問題でいろいろどこまで出せるかという問題もございますから、基本的には支援、要援護者の同意というものを必要とするわけでございますけれども、いずれにしてもやっぱり年内にそういったリスト的なものを市のほうでつくって、具体のいわゆる地域の意見を聞いていくということについてはまだ少し年明けてからになるかと思いますけれども、それぞれ防災、福祉部門、こういったところ連携しながら、作成に向けて強力に進めてまいりたいなというふうに思ってございます。 ○議長(大光巌) 3番、国本議員。 ◆3番(国本一夫) 今個人情報保護法のお話がありましたが、福祉部長、実は私の家内が民生委員をやっていたときに個人情報保護法という権益にあって、だれが独居でいるのかわからないのです。それから、生活保護でも肢体不自由者の生活保護の方もおられるのですが、だれが肢体不自由者だかということが確認がとれないわけなのです。確かに民生委員というのは道管轄ですから、伊達市には関係ないといいながらも、伊達市民のために働いているのに、まして守秘義務の発生している人たちに個人情報が伝わらない。これは、役所の中でいろんなことを聞くと、議員、個人情報保護法に抵触するおそれがあると言ってやれないのです。僕は、それは市の怠慢ではないかなと。市民を助けるために全力でやっているということを皆さんが理解してわかっていただければ、その障壁は越えれるのではないかなと、そう思うのですが、どうお考えでしょうか。 ○議長(大光巌) 福祉部長。 ◎福祉部長(菅原健一) 独居老人ですとか障がい者の関係、この関係民生委員の方々には日ごろからそういった方の援護といいますか、そういう活動をしていただいております。情報の関係でございますけれども、独居老人につきましては2年くらい前からですか、実はこちらのほうでもやはり把握しておかなければならないなということで、民生委員さんを通して独居老人の住基で拾ったリストを一応出しております。その中で民生委員さんが独自にそのリストを見てそれぞれの家庭に行って、実際に独居なのか、困っていることはないのか、そういったような取り組みをここ2年ほど前からやっておりますので、今は恐らく民生委員さんの方については独居でも健康な方ですとか、本当に援護が必要な方ですとか、あと高齢者についても2人暮らしの高齢者、75歳以上ということで限定してやっているのですが、その方も一応調査しておりますので、今はそういう意味では民生委員さん方にはそういった情報は流しております。というのも民生委員さんは守秘義務がかかっておりますので、そういうことを情報流しても心配ないというふうに認識しておりますので、そういうことでやっております。 ○議長(大光巌) 3番、国本議員。 ◆3番(国本一夫) 福祉部長、行政も変わったのだなという認識、私が6年間落選している間にこんなに変わったのかなという思いでちょっと聞かせていただきましたが、総務部長ともども消防署もかかわることなので、そこら辺のところはよろしくお願いしたいと思います。 それで、市民部長、何を聞きたいかということです。私は、医療、福祉に対してのことを聞きたいのです。今伊達市は、大変な思いで医療関係に対しては頭の痛い部分もあります。しかし、常々市長が言われている定住させるよといった方、伊達市に来ていただける方は割かし高齢な方が来られてきて、どんどん、どんどん老齢化が進んでいく。そういうことになりますと、医療というのは欠かせない。福祉も欠かせない。だから、全国平均の福祉ではなくて、伊達市に対しては高齢な方の福祉が本当に必要になるのだと、そういうことです。やはり伊達市なりの福祉政策というのが必要だと。まして医療関係に対しては、大変うちらでは問題を抱えていますので、ただ抱えているからといってサービスが低下されるのでは困る。そういう意味において、なおかつ私準公的なという、前回ですか、市長に言ったら、あれは公だと言ったのです。あれは公なのですから、ぜひ胸を張って市民のために適切なサービスができるような形態を、何日赤というのだかわかりませんが、そういうことをやはり主導して、伊達市民のための健康を留意するというか、担保していただきたいと思いますが、ご意見ありませんか。 ○議長(大光巌) 市民部長。 ◎市民部長(山崎博司) 今ご質問のありました何日赤というところの話でございますけれども、私どものほうにも担当レベルとしていろいろと市民からも意見、要望、苦情等参ってございます。その都度速やかに病院のほうにはお話をしまして、改善については申し入れているというようなところでございます。観光と、それから医療、健康の話につきましては、1次答弁で市長のほうからもお話し申し上げましたけれども、いやしというような視点もございますので、伊達市には温泉であるとか、あるいは午前中も質問ございましたノルディックウォーキングと、こんなような健康の資源なんかもいろいろございますので、そんなものを活用しながら、病院にかからなくてもいいような健康状態を保っていくと、こんなことも政策として必要なのかなというようなことも考えてございます。 以上でございます。 ○議長(大光巌) 3番、国本議員。 ◆3番(国本一夫) 元気でころりと、こういうことで行政は進めていただきたいと思います。 それで、水道部長にお尋ねしますが、このごろゲリラ豪雨ありまして、市民のライフラインというか、ある意味ではガスだとか電気だとかというのは民間業者がやっているのですが、市でやっている業務として、下水道ということですね。やっぱりこれは、安心、安全で皆さん担保できるような、ゲリラ豪雨で水が噴き出しているような状況も今後ありますけれども、そういうことも踏まえて、ことし1年で終わればいいのですが、毎年続くようなおそれもあると思うのです。そういう意味で下水道の計画だとか云々だとかということに対して考え直すというか、参考に入れる考えがあるかないかをお聞かせを願いたいと思います。 ○議長(大光巌) 水道部長。 ◎水道部長(赤木肇) 先月の中、12、13ですか、ゲリラ豪雨がありまして、市内も一時水浸しになっている状況もあります。それと、一部下水というか、トイレが流れにくくなっている状況も報告されております。ですので、今は全体的に黄金だとか、そちらのほうに拡大して整備を進めておりますけれども、既に整備された場所でもそういう場所がありますので、そういったことも今後見直しながら進んでまいりたいというふうに考えています。 ○議長(大光巌) 3番、国本議員。 ◆3番(国本一夫) 建設部長にご答弁をお願いしたいと思います。 ウェルシーランド構想に基づいて歩道の段差がないライフラインを進めていきますよと、大変よくわかりやすい答弁ではあったなと思います。ただ、加えて伊達市では土地を分譲したり、新たに流入するような施設もつくっているわけです。そういう意味では、新しく入ってくる方に伊達らしいというか、北海道らしい建物をつくっていただく。景観のトータルバランスとしてやはり観光行政に合う人に優しいということですか、そういう意味においてご努力をいただきたいというのと、地材地消という言葉があります。この地材地消というのは、北海道で出しているのですが、北海道の木材をつくりながら、家をつくってくださいねと、そういうことなのです。これは、やっぱり経済をローリングさせるというか、回すというか、そういう意味において地材地消のことは大切なことなのだなと。これがやはり伊達市の観光行政を支える一つの土台になるだろうと。目に見える建築物です。これは、民間ですから強要はできないのですけれども、例えば家で使えないのなら、塀を回すときにはラクヨウの木を回してくださいとかなんとかというような、そういうようなプロセスもやはり必要なのではないかなと私は思うのですが、建設部長、どういうふうに思いますか。 ○議長(大光巌) 建設部長。 ◎建設部長(森口正章) 基本的にまちづくりの原点というのは、住民が主役にならないとだめだと思います。それで、現在モデル的な地区といいましょうか、プライム・ヘルシータウン地区、南地区もあわせてですけれども、あの地区において地区計画というものを定めております。その地区計画というのは、都市計画法に基づいた制度でございまして、地区の方々とともに自分たちのまちをどうするかという、要するにまちづくりのベースといいましょうか、そういうような動きの中で、皆様方が例えば壁面後退なりだとか、塀の高さをどうする、要するにブロック塀はやめましょう、生け垣にしましょうだとか、さらには景観に配慮しただとか、そういうようなことを条件といいましょうか、法的な縛りの中で位置づけしたまちになっております。今後当然こういうような住民参加を大いに支援していくといいましょうか、官民が一体となったまちづくりをやっていくような、そういうような環境づくりをもっとしていきたいなというふうに考えております。 ○議長(大光巌) 3番、国本議員。 ◆3番(国本一夫) 大滝支所、皆さんからいろんなことを聞いて私も承知しますので、今回は質問いたしません。 実は、もっともっと大きな視点で観光云々ということもお聞きしたいなと思っていたのです。航空関係、それから高速道路、それから新幹線問題等々も聞きたかったのですが、それはきょう道議も見えていますので、道議のほうに任せますが、市長、初めてお尋ねいたしますが、文化、環境による観光行政を行いたいと常々言われておりますので、何度か聞いておるのですが、今全職員、部長さん初め皆さんのご意見を聞いて、本当に伊達市の観光行政をやるのだなということを市長も後ろの耳でお聞きになったと思いますので、それを踏まえて、では市長は文化と環境ということに対してどういう観光行政をやられるか、そういうことをお聞かせ願いたいと思います。 ○議長(大光巌) 市長。 ◎市長(菊谷秀吉) いつも言っていることでございますけれども、まず1つ、観光地と言われたところ、函館、小樽、それから富良野もそうでしょうけれども、ほとんどが人口減ってきている。これは、なぜ減ったのかというと、減ったから観光地になれたのかもしれません、考え方変えますと。しかし、知名度は抜群で、これは札幌は別格ですけれども、そういうところに我々が伍して勝つということはまず困難であると。それから、近隣でいくと登別温泉とか洞爺湖温泉のように、特に登別温泉はお湯ですごく有名だということで、ここにも伍して勝つということは難しいと。我々が伍して勝てるというのは何だということを考えていかなければいけない、これがいわゆる戦略の始まりだと思います。そのときに考えたのは、我々のある資産というのは気候がいいとか、先ほど質問あった福祉がいいとか、ここはやっぱり資産だと思うのです。それいかに生かせるかということ。それから、1人定住していただくと365人観光客と思えばいいと。ですから、1,000人来ると36万5,000人と。今の日本の観光構造でいくと、宿泊45万人といったって実際にどれほどの経済効果あるかということは、現の今までのいわゆる団体観光というのは疑問があったのではないかと。それをもろもろ考えてくると、我々何をするかということになると人のやらぬことをやるしかないだろうと。それから、今まで観光だと思う発想を変えようと。私が市長になったころよく質問されたのが有珠の海水浴場の話質問されました。道路から後ろのインフラ整備すると、とんでもない金かかってしまうと。それよりももうちょっとお金のかけ方を変えようということで今までやってきました。ただ、まだまだ不十分です。ですから、これはいろんな時間もかかるということと、やっぱりいいものをつくるためにはいい作品もそうですけれども、短期間ではできないということなのです。今国本議員からいろいろご質問あったように、その根幹をなすものはまさしく人なのです。ですから、そういう面では食材も含めていい人材をつくっていくということが将来の観光につながるまず基本だと思います。それを我々がこのある地域資源を、いいものを見つけるということも我々の仕事ではないかと。それを生かすということにつながってくると思います。したがって、今後観光ビジョンの策定の中でそういったものをある程度整理をして、しかしなかなかビジョンで整理したからすべて解決ということはいきません。先ほどから申し上げているように、人とか、いろんなものが媒介として必要になってまいりますので、そこら辺のところは議会も含めて十分皆さんで議論しながら、方向づけをしていけばいいのかなと、このように考えております。 ○議長(大光巌) 3番、国本議員。 ◆3番(国本一夫) 昨日も観光に対しての思い、いろいろなご意見があって、なるほどなという思いで聞いておったのです。それで、きのう観光圏構想の問題が出まして、登別で出したのだが、はねられた。そういう意味においては、私なりの解釈というか、在来型の観光云々ということを何とかしようということでは、なかなか国も認めづらいということになっているのだなというように感じているのです。答えが何かわからないです。私が勝手に考えているわけでございます。ただ、できなくてよかったなという考え方もあるのです。なぜか。泊まるのは洞爺温泉で御飯食べてくださいと。体験学習は伊達でやりましょうと。伊達市は、文化をつくるのだということなのです。本当には、もともと武家文化といったって140年ぐらいしかない。本当にこれはもう伊達藩の、亘理の方に言ったら失礼なのだけれども、逃げてきたような文化であったかもしれない。かもしれないですよ、私見たことないからわからないのだけれども。ただ、そういう文化の希薄なところであって、では伊達市は何で文化を売るのだということです。そういう意味においては、絵画のデッサンをやらせたり、高名な先生のピアノのレッスンをしていると。そういうことは、伊達市に行けば文化を教えてもらえる、習えるのだと。到底今我々のようにレッスンをしてくれる人が東京に行ってやるといっても、だれも受け入れてくれないです。伊達だからこそ、習うことができたり、勉強することができる。そういう意味では、文化の総体的な底上げをするということはナンセンスだと思うのです。局地的でもいい。だから、私は文化人と言われる先生方を誘致するということにやはり最大限の力を使ったらいいのではないかと、そう思うのです。そして、観光圏構想と言われれば、洞爺温泉で皆さんお食事をしておふろ入ってくださいと。体験学習は伊達でしますよと。そして、札幌に行かれるのなら大滝に泊まって帰ったらいかがですかとか、洞爺温泉に次泊まったらいいではないですか。2泊3日の構想というのは、こうやってできていくのではないかなと私は想像するのです。また、もう一つ言いたいということは、こういうことを考えているのですが、伊達市の中で文化だとか伝承だとかという言葉を使う中で、ではだれがいるのだろうと。伊達市民の中にだれがいたのだろうかなというと、約1名、渡辺刀匠だけなのです。伊達市が生んだというか。そういう意味においては、やはりその人の持てる力を最大限に発揮して、伊達市の観光財源にしていく。財源と言ったら大変失礼な話なのだが、人こそ財源だと私思っていますので、やはり彼の処遇だとか、今回建て替えられて、また刀かじ工房云々ということがまたリニューアルされると思います。そういうためには、やはり地域の人たちも生かせる、まして伊達市に来て文化が習える、芸事ができる、何ができる。例えば先ほども言いましたけれども、藍染めでも高名な先生をお迎えして勉強会をするとか、昨日も話題になりましたが、有珠町で学校がああなったよといったときにあそこの学校を生かしながら、美術の学生の合宿所にするとか、いろいろ攻めるものはあると思うのです。そういう意味で私は、伊達市は文化をつくるまちなのだという認識というか、それでしかなかなか発揮できないのではないかなと。箱物をつくってどうするということではなくて、人間を育てることによって観光行政に立ち向かっていくというか、つくり上げていくということが必要だと思いますが、唐突な意見ですけれども、市長、いかがでございましょうか。 ○議長(大光巌) 市長。 ◎市長(菊谷秀吉) これ人材育成に関して、実は私民間企業にいたときに聞いた話なのですけれども、人を、例えば10人自分の部下がいたと。10人を一人でもいいから優秀な人をつくっていけば、自分ももちろん楽になるし、企業もよくなると。その場合にどうするかというと、平均点が上がればいいわけです。どういうふうに平均点を上げるかという方法論の問題でいくと、普通我々考えるのは点数の低い人。点数の低い人を補習とか、いろいろやって点数上げたらいいのだろうと、こう普通思うのです。これではだめだというのです。平均点を上げるためには、点数の高い人をどんどん伸ばすような環境をつくらなかったらだめだというのです。なぜかというと、下のほうにばかりみんな注目してしまうと、今度は上がやる気なくなってだんだん全体として沈没するのだと。これは、経験者の話です。それと同じように、まちづくりもちょっと似ているところあるかなという気がするのは、例えば文化を振興させようと思って、B級文化とかA級とか、いろいろあるかもしれませんけれども、ある程度高いところを目指さないと、事業仕分けで1番、2番の話もありますけれども、そういう意味とはちょっと違いますけれども、やっぱり本物もないとなかなか全体にはレベル上がらない。そのためには、実は時間すごくかかるのです。だって私も、全く文化、芸術とか知らない男が絵画を見た、音楽を聞いてわかるわけないのです。でも、それは時間がある程度必要なのであって、その時間が経過する過程の中でまちというのは変わっていける。そして、人材もつくっていける。それから、方向も見えてくる。その中で今度波及効果として、例えば食文化を含めていろんなものがまた花開いてくるのではないかと。ですから、一足飛びに即効性のあるものはないと思いますので、これは時間をかけながら戦略的にやっていくべきではないかなと、このように考えておりますので、やっぱり上質なものを求めていくということは基本としてあるべきではないかなと、このように考えております。 ○議長(大光巌) 次に、2番、小久保議員の質問を許可いたします。 2番、小久保議員。          〔2番 小久保重孝登壇〕 ◆2番(小久保重孝) 私は、さきの通告に従って質問させていただきます。今回は3点でございます。 1、子育て環境の充実について。(1)、国の子ども手当が始まりました。本市の対象児童数と支給状況についてお伺いをいたします。 (2)、子ども手当の支給によって、保育料の滞納は解決したのかお伺いをいたします。 (3)、子ども手当による効果をどうとらえ、子ども手当の継続を前提とした今後の本市の子育て支援策についてどのように考えているのかお伺いをいたします。 (4)、子育て環境の充実を図るために、放課後児童クラブの役割は大きいと考えておりますが、次の点についてお伺いをいたします。各施設の利用状況と利用者数の前年度との比較についてお伺いをいたします。 ②、利用料設定の根拠と収納状況についてお伺いをいたします。 ③、同施設に対する市民要望と今後のサービス向上に関するお考えについてお伺いをいたします。 大きく2点目でございます。新しい公共とボランティア活動についてであります。(1)、国が示している新しい公共の考え方を伊達市としてはどのようにとらえているのかお伺いをいたします。 (2)、かねてより市民との協働の必要性を訴えてきていますが、国の新しい公共の考え方とあわせて本市の具体的な取り組みはどうあるべきと考えているかお伺いをいたします。 (3)、自治会活動や指定管理者制度、さらにはボランティア活動と新しい公共との整合性をどう考えているのかお伺いをいたします。 (4)、市の事業にかかわるボランティア活動への市民参加数と過去5年間の増減についてお伺いをいたします。 大きく3点目、伊達市一般廃棄物処理基本計画と第5期伊達市分別収集計画について。(1)、伊達市一般廃棄物処理基本計画には、ごみ処理の課題となっている項目があります。この課題の克服はどう進んでいるのかお伺いをいたします。 (2)、第5期分別収集計画の容器包装廃棄物排出抑制のための方策に関する事項の各項目は、どう進んでいるのかお伺いをいたします。特に市民への啓発に関して具体的にどう取り組み、どう効果が出ているのかお伺いをいたします。 (3)、容器包装廃棄物排出量は、想定している範囲内で推移しているのかお伺いをいたします。 (4)、ことし予定されていた西いぶり広域連合での収集一元化がなされなかったことによる影響についてどのように考えているのかお伺いをいたします。どうぞよろしくお願いいたします。 ○議長(大光巌) 市長。          〔市長 菊谷秀吉登壇〕 ◎市長(菊谷秀吉) 小久保議員の子育て環境の充実についてのうち、1点目のご質問からお答えをいたします。 伊達市における子ども手当の対象児童数は、平成22年4月1日で4,387人、支給対象世帯は2,727世帯であります。6月の定期支給状況は2,209世帯であり、支給児童数は3,547人となっております。対象数と支給数の相違は、伊達市が支給する対象とならない公務員であると思われます。 次に、2点目でありますが、保育料の滞納者に対し、6月の定期支給時に子ども手当の趣旨を保護者へ通知したことにより、子ども手当から納付されたと思われる保護者は35人で、納付額は現年度分、過年度分合わせて70万8,840円となりましたが、全体額から見るとまだ解決に至っていない状況であります。 次に、3点目でありますが、子ども手当の趣旨は次代の社会を担う子供の健やかな育ちを支援することであり、子ども手当を受給した保護者がどのように使用するかは受給者の考えによります。また、第1回目の支給から期間が短いため、効果の判断は難しいものと考えております。今後の子育て支援策でありますが、来年度以降の子ども手当の制度の内容が明らかになっていないため、当面伊達市次世代育成支援行動計画に基づく支援策を引き続き行う考えであります。 次に、4点目の1番でありますが、児童クラブ9施設全体での登録者数は平成22年8月末時点では226人で、昨年同期の216人と比較して10人の増加となっております。 次に、2番目でありますが、児童クラブの運営経費から道補助金を除いた額を市と利用者が負担するということで、負担金を条例で設定しております。負担金の21年度現年度分は、収入額が1,437万3,000円で、収入未済額が4万5,000円であり、滞納繰り越し分は収入額が12万3,000円で、収入未済額は25万9,000円となっております。 次に、3番目でありますが、昨年2月に伊達市次世代育成支援行動計画策定のため小学生を持つ親を対象に行ったアンケート調査で、小学校6年生まで利用したいという回答がありましたが、児童クラブは原則小学3年生まで対象となっておりますが、まれふ、ながわ、おおたき児童クラブについては校区の小学校が小規模校であり、利用人数も少なく、施設にも余裕があることから、小学校4年生まで対象を拡大しております。他の児童クラブについては、施設の拡大や指導員の確保が難しいことから、対象学年を拡大するまでには至っていない状況にあります。 次に、新しい公共とボランティア活動についての1点目からお答えをいたします。国の「新しい公共」円卓会議による提案である「新しい公共」宣言では、支え合いと活気のある社会をつくるための当事者たちの協働の場が新しい公共であり、市民団体の地域組織、企業、行政などが一定ルールとそれぞれの役割を持って当事者として参加、協働し、それぞれができることをすることが新しい公共の基本であるとうたっております。理念としてはよく理解できますが、一方新しい公共を実現するためには、法整備はもとより公共への行政のかかわり方、行政と市民の関係のあり方など大変大きな課題があると思っております。 次に、2点でありますが、まちの活性化と持続的な発展のためには、市民を初めさまざまな地域づくりの担い手と行政が本市の目指すべき方向性とさまざまな情報を共有し、役割分担をしながら協働によるまちづくりを行っていくことが必要であります。このことから、多様な主体が新しい公共に参画できる社会制度の整備や新しい公共の担い手の自立性を高めていけるような支援策などが必要と考えますが、具体的な取り組みについては国の動向を見ながら検討してまいりたいと考えております。 次に、3点目でありますが、新しい公共はそもそも全く新規の概念ではなく、本市においても自治会や各種ボランティア団体ではさまざまな分野で行政との連携や自主的な活動により行政を補完する公共的サービスを提供しており、また指定管理者制度においても民間の手法を用いて効率的で柔軟性のある施設運営が可能となり、市民サービスの向上、経費縮減が期待できるものであり、公共の担い手として大きな役割を果たしているところであります。 次に、4点目でありますが、市事業にかかわるボランティア活動には、教育、文化、福祉、環境などさまざまな団体にご協力をいただいております。参加者数については、平成17年度において27団体、延べ3,681人に対し、平成21年度においては38団体、延べ5,976人の参加となっており、11団体、2,295人、参加者数で62%の増加となっております。増加の理由としては、Vライン花いっぱい協議会や星の丘小中学校の学習活動支援、宮尾登美子文学記念館解説ボランティアの増などによるものであります。なお、いずれの年度も教育関係が最も多く、全体の約9割を占めているところであります。 次に、伊達市一般廃棄物処理基本計画と第5期伊達市分別収集計画についてのうち1点目でありますが、一般ごみについては事業系ごみの減量化が課題でありましたが、幸いにも平成20年度以降減少に転じておりますが、紙類回収を含め再生資源物の回収に関しては依然として不適正排出の状況は改善されておらず、今後とも機会をとらえ繰り返し啓発を行ってまいります。また、新聞、雑誌等の集団回収についても取り組み団体の減少が続いている状況にあります。 次に、2点目でありますが、教育、啓発活動については広報、パンフレット、「家庭ごみの分け方と出し方」等を活用し、繰り返し啓発を重ねてまいりました。特に昨年度から広報紙に廃棄物に関する特集枠を設けたほか、子どもエコクラブなど小学生を対象にした出前講座を昨年度は2回行っており、今年度も学校側と調整中であります。過剰包装の抑制や買い物袋持参運動の取り組みについては、昨年度から市内大型店の協力を得て買い物袋持参運動が実践されており、再生品の積極的な利用の促進については毎年伊達市消費者協会と連携し、フリーマーケットを開催するなどの取り組みを進めております。その効果についてでありますが、さきの答弁でも申し上げましたように再生資源物の排出量がふえておりますが、これらの取り組みはごみとして排出されるのではなく、再生資源として利用しようとの意識改革としては成果があったものと考えております。 次に、3点目でありますが、容器包装廃棄物のうち、市が回収する再生資源物の排出量については平成21年度は見込み量の8割程度となっており、おおむね計画の範囲内で推移しております。 次に、4点目でありますが、西いぶり広域連合への収集一元化については、その可否について検討し、可能ならば今年度からを目標に作業を進めてきました。検討の結果、一部自治体では廃プラや生ごみの分別収集をしていること、また収集回数が違うこと、さらにはごみ袋を統一して作成するには不都合が生じることなどから、収集一元化は得策ではないとの結論になったものであり、これによる本市としての影響はないと考えております。 以上、答弁といたします。 ○議長(大光巌) 2番、小久保議員。 ◆2番(小久保重孝) それでは、順に再質問させていただきます。 まず、子育て環境の充実について、子ども手当のことを聞かせていただきました。内容としては、今のご説明でわかりましたが、そもそも滞納の問題はほかの自治体で問題になりましたので、そのことを目的にということで質問したものではなくて、あくまで自治体としてどうなのかなということでお聞きをしたところです。全体を改善するものではないけれども、ある程度そのことを踏まえて納めていただいている方もおるということでわかりました。 それで、ポイントを児童クラブのほうに焦点を当てていきたいと思いますが、この子ども手当との整合性でいうとこの質問に対する答えではとりあえず次世代育成支援行動計画に基づく支援策をとっていくということでありますけれども、子ども手当のよしあしといいますか、効果というのは今判断できないのですが、どちらにしても少子化を食いとめることとか、また出産や育児というものを支援していくという姿勢というのは、これは国に言われなくてもやっぱり地方として当然図っていかなければならないことなのかなと。そうしますと、やっぱり子供をいかにしてよりよい環境で子育てできるかということを地方自治体もどこまでやれるかという点で今回質問させていただいたところです。放課後児童クラブについては、先日私も実際のところ見てまいりましたし、市長も行かれたということも聞いております。市長から改めて放課後児童クラブに対する思いというのをまずお聞かせいただいてから次に移りたいと思いますが、いかがでしょうか。 ○議長(大光巌) 市長。 ◎市長(菊谷秀吉) これは、前に議会で答弁しましたように、実際に行ってみるとこんなにいい施設だったのかなという思いがございます。あそこの先生方の力にもよっていろいろ動きもあるかもしれませんが、たまたま私行ったときに小学校1年生の子供たちが宿題やっていたのです。これいいなと。やっぱり家に帰ってしまうとすぐ遊びたいし、まずきちっとして宿題をやるというしつけもそこでできます。特にもう20年前ぐらいから言われていますが、子供のしつけがなっていないというのもそういう面で必要な部分なのかなという意味で、1つ大事だなと思いました。そういうことを踏まえて、我々としても児童クラブについてはもう一回見直しをかけて、これは前向きという意味でです、取り組む必要があるのかなと、そんなような思いです。と申しますのは、少子化対策という視点よりもむしろ人材育成という視点のほうがいいのかなと。少子化対策だったら、今非婚のほうがちょっとウエート高いかなという気がしますので、せっかく生まれた子供がもう最近の話でいうとハーバードにも日本人がいなくなったとか、そういう悲しい話ばかりなので、伊達の子供は元気で世界に羽ばたいてほしいなという思いも含めて、児童クラブを含めて考えていく必要があるのかなという思いでございます。 ○議長(大光巌) 2番、小久保議員。 ◆2番(小久保重孝) わかりました。市長から前にもお話をお伺いをしておりましたし、市長もそういう思いなのだなというふうに感じておりました。 それで、ポイントはまず今市長から出てきた宿題をしていたというところで、私もプログラムなど見させていただきました。基本的には自習ということになっております。これは、全国で調べますと自習の形にしているところが大体75%、25%が学習の指導をしているというところで、これ古いデータかもしれませんが、聞いております。その学習をするということの部分で、指導をするというところでハードルがあるのかどうか、これは担当部長のほうでお聞きをしたいと思いますが、児童クラブをつくる上での何か障害というのはあるのでしょうか。 ○議長(大光巌) 福祉部長。 ◎福祉部長(菅原健一) 児童クラブをつくるときに学習をすることに対する障害があるのかということでございますけれども、とりわけ私どもとしては指導員に対して学習を援助しろというようなお話は特にしておりません。自主的に自習の時間を設けていて、小学校の低学年なものですから、それぞれの指導員さんすばらしい方ばかりなもので、子供がわからないところは多分教えているものだというふうに思っております。そういう意味では、市長も先ほど言いましたように子供のしつけといいますか、学習も含めてそういうことをやるということも大変いいことではないかなというふうに考えております。 ○議長(大光巌) 2番、小久保議員。 ◆2番(小久保重孝) 厚労省のガイドラインでは、特にその部分で言及はされておりませんので、ですからやろうと思えばできるということで、要するに私は恐らく市長もそうだと思うのですが、もう少し一歩踏み込んで、宿題を自主的にやらせるだけではなくて、もっと学習をする場として活用して、今学力低下ということが北海道は言われているわけでありますから、1年生から3年生という非常に大事な時期、もちろん遊びも大事ですけれども、やっぱり勉強するということの習慣をそんなに高度なものをやるのではなくて、やることが望まれているのではないかなというふうに思っております。実際に私も行ってみて、子供たちが大変に生き生きとしていることも感じましたし、それを考えたときにこの際縦割りではなくて、やっぱり教育行政も一緒になってこの支援をしていくということが大事なのかなというふうに思うのですが、この点はまず教育長、お伺いをしたいと思いますが、今放課後児童クラブ、1年生から3年生、保育ということで入っておりますけれども、教育のほうで何か支援をするということが可能なのかどうか、そのことについてどうお考えになるかお聞かせください。 ○議長(大光巌) 教育長。 ◎教育長(有田勉) 学童保育の関係でございますが、確かに家に帰れないということで今学童保育をしているわけでございます。一番大事なことは、午前中もご質問の中でお答えしましたが、新しい学習指導要領の中で問われているのは、今議員からもお話ありましたとおり学力の低下、これを何とか向上させようと。したがいまして、今度の学習指導要領の中では繰り返し練習と申しますか、学習が大きな目玉にもなっているところでございます。そういう意味では、家庭でできないものをそういう学童保育の中でできるということになれば非常に効果も出てくるのかなと思います。ただ、学童保育の実態といいますか、状況を私ども承知しておりませんので、その辺について教育委員会としてご支援できる部分があるのかどうか、それについては今後少し事務的に詰めさせていただければと、このように思っております。 ○議長(大光巌) 2番、小久保議員。 ◆2番(小久保重孝) わかりました。 もう一つ、これ教育委員会のほうで文科省の放課後クラブというのがありますね。あれと今の児童クラブと連携をするということはされているのか、そういうことはないのか、そこら辺についての事実関係をちょっと確認させてください。 ○議長(大光巌) 教育部長。 ◎教育部長(三浦倉) 放課後クラブは、月1回生涯学習推進課がやっておりますけれども、特に詳しいことは聞いておりませんけれども、恐らく放課後児童クラブとは協議はしていないのだと思っております。 ○議長(大光巌) 2番、小久保議員。 ◆2番(小久保重孝) 実際これ連携していないというか、目的が違うということもあるのでしょう。対象児童のこともあると思います。ただ、厚労省のガイドラインの中では、みずからやっぱり縦割りではなくて文科省との協力というもの、地域での連携というものを促している一文もあります。それを考えれば、やっぱりそちらで、要するに生涯学習のほうでの講師の方を児童クラブのほうに派遣して、ある時間からは昆虫の話を聞かせてもらえるとか、いろんなプログラムは組めるのかなというふうに感じました。ですから、そういったところの連携があれば、もう少し今の保育から一歩進んで学習ということにつながるのかなということでの押さえもできるのかなと思っております。これ以上のことを申し上げませんが、教育のほうでもそういう協力を今教育長もご答弁いただきましたので、ちょっと事務的に整理していただいて、その辺の可能性をぜひ図っていただきたい、そのように思っております。 また、あわせてそれこそ現状の部分でできるところでは、これはだからこの間も読み聞かせを子供たちでやっていました。子供たちでやって、子供たちの読み聞かせというのはそれなりに効果があると思ったのですが、読み聞かせということもボランティアなどが入ってやるということもできるのかなと。やっぱり現場で聞きましたら、子供たちが集まってくる時間というのが確定しないので、外からのゲストを時間を決めてというのがなかなか難しいのだというお話もありました。ただ、やっぱり今おられる方々、お世話している方々の能力は非常に高いと思うのですが、もう少し外部からの応援が必要ではないかなと思うので、そのこともあわせて、これは当然お金がかかってくる話なのかもしれませんが、今お聞きしたところでは年間1,500万円ぐらいの、要するにこれは参加費といいますか、クラブの使用料といいますか、それが一応入っているということでありますし、滞納も思ったよりも少ないということでありますし、そのことを考えれば私はもう少し下げてもいいのかなという気もしているのですが、そういったことでいえば全体のお金までにはなっていないのでしょうけれども、もう少しサービスの充実が必要なのではないかなと、そのように思っておりますので、もし今申し上げたような外部の人に何か役割を持って参加をさせるということのプログラムが可能なのかどうか、検討できないかという点、いかがでしょうか。 ○議長(大光巌) 福祉部長。 ◎福祉部長(菅原健一) 今小久保議員のほうからそういった提案がありました。実際それは可能かどうか、現場のほうと話してみないことには、例えば確かに来る時間帯もみんなさまざまですし、帰る時間帯もちょっと違っております。おやつの時間あたりが一番ピークなのかなと思いますけれども、そういった時間帯に例えば30分でも1時間でもそういったことができないものか、またそれに対する講師の謝礼を含めて可能かどうか、その辺はもう少し検討させていただきたいと思います。 ○議長(大光巌) 2番、小久保議員。 ◆2番(小久保重孝) おやつの時間の後が一番そろうようでありますし、おやつを食べて、3年生ぐらいから外へ出てしまうということも聞いております。ちょっと状況を聞きながらでも結構ですし、せっかくあれだけたくさんの子たちが、場所にもよるのですが、そろってやっぱり本当に目をきらきらさせておりますので、もう少しプログラムを充実させる必要あるのかなというふうに思っておりますので、それはソフト的な部分でお願いをしておきます。 それと、ハード的な部分では、これは担当課のほうでよく承知をされて、私も見てまいりましたが、第2うめのこ、第3うめのこ、それからNTTのほしのこですか、あとまれふ。うめのこなどは旧職員住宅を使っておりまして、大変にちょっと。普通の家ですから、トイレは1つ。17人の子供たちが一斉にそろっておやつを食べてトイレが1つというのは、これ大変なことでありまして、そういったことがある。また、この夏扇風機もなくて非常に暑かったということもございます。また、これ普通のうちですから、ちょうど部屋と部屋の間に仕切りがあって、押し入れがあるのです。そのことによって2つ居場所ができるのですが、管理側としてはなかなか見ていられないところもあって、やっぱりそういう危険性もあると。そうすると、トイレ、それから今言った仕切り、それからあと物入れなどの設備を改善するということの必要性が出てきております。その点について予算をつけてそれを直していくのか、または全く別の方法を考えることはできないのかという点は、今どのように対応を考えているのかお聞かせください。 ○議長(大光巌) 福祉部長。 ◎福祉部長(菅原健一) 今おっしゃるように、特にうめのこについてはトイレが1つということで、これは6月の議会でも永井議員からそういった指摘がございました。私どもも実は最初は17人も入らないだろうという想定でございました。多分2つに分かれるので、10名くらいずつかなと。一般の教員住宅の転用ですから、なるべくお金をかけないで児童クラブを開設したいという思いもありましたものですから、対応できるというふうに踏んでいたのですが、実際はふたをあければ1年生はやはりかなり数が来ております。トイレが1個ということで、ちょっとこれはやはり見直しをしなければだめだなというふうにも考えております。ただ、場所的にほかにトイレということになりますと、トイレの隣におふろ場があるのですが、そこを改修してできないかとか、あるいは先ほど言いました間仕切りの関係で、押し入れがあるものですから、壁になっていて部屋自体が1個1個が狭いと。そこの間仕切りを外せばかなり12畳とか広いスペースもとれて、職員も目も届きやすいとか、そういった問題もありますので、今担当のほうでそういった部分が可能なのかどうなのか、新しく建てるのが一番いいのですが、今すぐというのは財源的にはちょっと難しいと思いますので、とりあえずはそういった部分の補修で対応が可能かどうか今検討している最中ですので、一応考え方まとまれば財政当局のほうと相談して対応を決めたいなというふうに考えております。 ○議長(大光巌) 2番、小久保議員。 ◆2番(小久保重孝) あともう一点、もう一つの案ということでは、学校の使用というのは可能なのか不可能なのかなのです。難しいということで聞いているのですが、今部長からご答弁あったように検討するということは結果的にはお金がかかってくる。これは、だから本当に切りのないことでありまして、もちろんそれを改善することで少しでも今の現状をよくしていくということはあるのですが、将来的にやっぱり冬は体育館みたいな遊び場が必要だということもあります。トイレとか水場が当然必要。そうすると、やっぱり一番身近なところでは学校施設でもう少し吸収できないのかなというふうに考えているのです。ただ、その部分はやっぱり縦割りということもあったり、学校側の管理体制の問題点もあったり、難しいのかなと。ただ、その辺をうまくあわせていかなければこういったことは進めていけないのではないかというふうに思うので、最後にこの点については学校使用に関して、これは教育長がいいのか、市長がよろしいのか、ちょっとわかりませんが、検討できないのかどうかお答えいただきたいと思いますが、いかがでしょうか。 ○議長(大光巌) 教育長。 ◎教育長(有田勉) 学校施設の利用ということで申し上げますと、今現在は長和小が学校施設を活用してやっております。今度長和中を長和小にするわけですが、引き続き学校施設の中で対応しようということでやっております。したがって、学校施設が必ずしもだめということでは考えておりません。問題は、いわゆる空き教室、余裕教室が確保できるかどうかということであろうと思っております。その辺については、恐らく検討した結果、今のような方向に進んでいるのだろうと思いますので、改めて可能性については検討してまいりたいなというふうに思っております。ただ、今のお話を聞いている限りにおいて、私詳しく承知しておりませんが、厳しいという状況の中でこうした対応をしているのだろうというふうには理解しております。 ○議長(大光巌) 2番、小久保議員。 ◆2番(小久保重孝) 長和小はそうですね、そういうことで。この場合申し上げているのは、やまびこはよかったです、とても。やっぱりうめのことほしのこなのかなというふうに思っておりますので、まずそこの部分で対応ができないのかなということでございますので、西小、伊達小になるのでしょうか、ちょっとそういうことも考えながら、またあわせて担当のほうでほかの学年についてはもちろん当然お金がかかってくることですから難しいとは思うのですが、4年生以上の対応についてもあわせて考えていくのも1つなのかなと。それは、また全く違う仕切りかもしれませんけれども、もちろんやれば切りがないかもしれません。ただ、やっぱり子育て支援というものをどうあるべきかということを常に考えていくことが必要なのかな、そのように思っておりますので、よろしくお願いいたします。 続いて、新しい公共のほうに移ります。新しい公共の考え方については、今まとまっていない中で、国の出方を見るということでお聞きをしておりました。また、新しい公共の動きが6月以来ございませんでした。そして、今9月7日の日に新しい公共の円卓会議が国で菅総理も出席をされて行われたようであります。インターネットで中継をされておりましたので、そこでは8月までの概算要求が新しい公共枠ということで、特別枠と非特別枠で3,000億を超えているということで、ある面新しいキーワードとして中央省庁はとらえていて、実際の理解というものは実は余りないのではないかというような議論がインターネット上では出ておりました。それで、改めて市長にお伺いをしたいのは、まず3月議会で私が市民との協働のお話をさせていただいたときに、最後のご答弁で障がい者の団体の全国大会の運営方法などを出されて、それこそボランティアのNPOを支援をする、それを条例化することを検討する必要があるというふうに述べて締めくくられております。これについて少し作業が進んだかどうか、まずお伺いをしたいと思いますが、いかがでしょうか。 ○議長(大光巌) 市長。 ◎市長(菊谷秀吉) まだ実際には具体的には進んでおりません。と申しますのも、これは市だけでは当然できる話にはなりませんし、実際にボランティア活動をやっているボラ連という組織もございますので、これは基本的には社会福祉協議会を中心にご検討いただいて、市のほうに提案していただくということが望ましいのではないかと。どうしても市がやってやるという姿勢ではなくて、住民は、特にこういうボランティアとかという組織は、こういうことをやっているということに対してやっぱり要望してくることがやりやすいのではないかと。ということは、我々考えるとどうしてもそこに我々が思っていることと実際にやっている人方の現場感覚の違いもありますので、そういうことでできれば社協を中心に検討していただいて、要望していただいて、それを受けて我々も具体的に進めていくということが望ましいのではないかと、このように考えております。 ○議長(大光巌) 2番、小久保議員。 ◆2番(小久保重孝) 同僚議員からも社協と今ボランティアに関しての調整も内々で進められているというお話も聞いておりますので、その辺も待っているのも1つなのかもしれません。ただ、きょう話題にさせていただいておりますのは、新しい公共との兼ね合い、また自治会や、それこそ指定管理者制度、それからボランティアと幅広いものがございます。国の出方がどうであれ、また補助がどうであれ、これからの地方自治体の運営にはやっぱりボランティアという、市民参加というか、市民との協働が不可欠だという点で改めて話題にしているところであります。それで、新しい公共の今先ほどちょっとお話をした9月7日の議論の中では、居場所と出番づくりだと。都心では、どうも若い人をNPOの中に吸収をして成長させるというような育成の部分が結構含まれていて、企業はそれを期待をしているというようなお話がありましたが、地方においては若者の居場所というよりも、それこそ市民みんなの居場所や出番づくりというのが非常に大事なのだなと。そうすると、そのことは国もそういう押さえでおりますから、市も今までの経験から考えてもこの点でもっと何か政策を考えていけないのかなというふうなことになります。 それで、1点まず確認であります。ボランティアのお話になりますが、ボランティアたくさんありますので、1つ先ほど教育関係が9割というようなお答えもございました。それで、文化財ボランティアが伊達市では大変活躍をしております。北黄金貝塚のボランティアのお話でありますけれども、私の知り合いの方も参加をして、協力をして、大変貢献をしていただいておりますが、文化財ボランティアに関する今の状況というのをお聞かせいただきたいと思いますが、これは大島所長でよろしいでしょうか。いかがでしょうか。 ○議長(大光巌) 噴火湾文化研究所長。 ◎噴火湾文化研究所長(大島直行) 先ほどの市長答弁の中で5年間の活動、参加数の答弁ございましたけれども、その中に含まれている数だと思います。今文化財ボランティアは、文化課が所管している文化財ボランティアさんの団体というのは5つございます。済みません。文化財以外で宮尾登美子の文学記念館にも朗読ボランティアさんがおりますから、それは除いて5団体で活動しております。一番古いのは、平成11年に設立した、北黄金貝塚の公園のオープンする前にもう立ち上がりましたけれども、縄文スクスク森づくりの会という史跡の中に縄文の森をつくろうという活動です。これが一番古くて、次に平成14年に解説ボランティアさんの団体でオコンシベの会というのができました。それを倣うような形で、では開拓記念館でも同じような活動をやろうかということで、ガイドさんの団体のくわの会と、それから庭園を昔の庭園に戻したいという市民の皆さんの意見もあって、それでびおとーぷクラブというのをつくりました。基本がその4団体で、それで平成17年に研究所ができたときに研究所の支援組織ということでかけはしの会というのをつくりまして、5団体あります。全部で326人の方がそこに登録なさっております。活動の基本は、出番制度とか、そういうのとっておりませんので、かなりフリーな形で活動していただいておりますけれども、先ほどの数で言わせていただきますと、平成17年、5年前ですけれども、延べで1,531人の方が活動なさっております。去年で1,162人ですから、かなりアクティブに市民の皆さんが文化財にかかわっていただいているということが言えるかと思います。 ○議長(大光巌) 2番、小久保議員。 ◆2番(小久保重孝) その活動の状況はわかりましたので、その方々皆さんやっぱり無償ですか、有償でしょうか。 ○議長(大光巌) 噴火湾文化研究所長。 ◎噴火湾文化研究所長(大島直行) 5団体ともすべて無償のボランティアさんです。ただし、北黄金貝塚の毎日のガイド活動なさっている方々の団体については、保険だけを市のほうで掛けさせていただいておりますけれども、それだけで、あとはもう完全に無償でございます。 ○議長(大光巌) 2番、小久保議員。 ◆2番(小久保重孝) 私の知り合いの方ももう80に近いのだと思うのですが、最初車を持っていて、車で黄金まで行っていたと。最近車を手放してバスで通っていたり、ちょっと大変な思いして行かれている方もいるのです。最初のうちは思いもあって続けていくのですが、だんだん、だんだんやっぱり疲れてきてしまうのです。やっていることに対しては、特に黄金貝塚については頭を使うといいますか、自分のためにもなるということで大変に有意義なのですが、そういった基本的な、議会の言葉で言えば費用弁償みたいなことがないものですから、そういうことの考え方のない中で続けるとすると、やっぱり資力が続く限りと。お金が続く限りみたいな形になってしまう。これは、やっぱり今申し上げたような新しい公共とは言わずとも、それこそ市民との協働をしていく中では非常に不都合ではないかなと。要するに継続できないのではないかなというふうにちょっと危機感を持ったのです。ですから、先ほど社協との中で今調整をしてというお話がありますが、まず有償、無償という考え方をやっぱりしっかり市の中で設けるべきではないかなと、そのように思ったのです。そのことの考え方がある中で各団体がどう取り組むかは、それはもう各団体にお任せするしかないと思うのですが、まずそのことの仕切りがないと、各団体それぞれで考えてもらうというのも難しい話かなと思いますし、市がお願いするような仕事に当たるものであれば、やっぱり有償という考え方の中でそういった設定をして、支出の覚悟もするということが大事なのかなと思うのですが、その辺についてはどのように考えるかなのですが、これは市長がよろしいでしょうか。いかがでしょうか。 ○議長(大光巌) 市長。 ◎市長(菊谷秀吉) 実は、これ一見今の話聞いていると私もそのとおりだなと思いながら聞くのですが、現実に我々が対応していく段階で、これちょっと言いにくいのですが、迷惑なボランティアもあったりして、そういう苦情も絶えないのです。そうなると、先ほど社協の話ししたのは、市が決めてしまうという、なかなかこれまた難しい、これは本音で言いますと。したがって、これは社協という意味だけではなくて、今大島所長からもお話ありましたように福祉以外のボランティアもあるので、そこら辺は何か一回機会つくって、要するに市がコントロールするのではなくて、そういう組織でコントロールするようにしていかないと、我々としては非常につらいのは一生懸命やっている人に今言ったような迷惑だみたいなこと当然言えるわけありません。ただ、一方では、すべて行政に苦情も来ますので、そういう話も来るということで、そこがやっぱり自己管理というのか、そういう団体間で管理していただかないと、せっかくの厚意を無にしてしまうケースもあるかもしれませんので、ここら辺は慎重に対応せざるを得ないのではないか。ただ、基本的には小久保議員がおっしゃる意味はよくわかります。私も余りすべてが無償というのはよくないのではないかと。今の話もありましたように、やっぱり有償化するべきものはする必要があると。そうなると、何を有償化するかという議論、またこれ果てしない議論になるかもしれませんけれども、そこのところだからコントロールを自分たちでしたほうが結果はうまくいくのかなという気がしておりますので、これは余り時間もかけるわけにもいきませんので、市のほうが積極的に働きかける必要がありますので、これを機会にできるだけ早くやるように、これは市がやるという意味ではなくて働きかけをして早くやっていただく。それに対して市が財政支援を含めて検討していくと、こういう手順でいきたいなと、このように考えております。 ○議長(大光巌) 2番、小久保議員。 ◆2番(小久保重孝) 市長が言うのもわかります。確かにおそれというものもあるのでしょう。事業ごとにその考え方を決めていくというのも1つかなと思いますし、その辺はある面お任せをするしかないのかなというふうに思っておりますが、まず市がそういった支出というものについて出す考えはある、または出す、ある程度財政は確保するということの前提の中で各団体も決めていくというようなことでしょうから、その辺の考え方が決まっていれば、今市長はそういうふうにおっしゃったのだと思いますから、それ以上特に間違いがなければご答弁は結構ですが、市としては市のいろいろな、きょう先ほども観光の話もありましたけれども、保護する側と観光としてどんどん活用していく側では役割はやっぱりそれぞれありますよね。ですから、市民にやっぱり力をかりるというところでは、本当に市の仕事をしていただいているということであれば、そのことをではどう公としてコストを見るかということですから、その辺の考え方を決めておくことがまず肝要なのかなと思います。ですから、今私が申し上げたのは、必ずしも有償、無償を全部条例か何かにして決めなさいということではなくて、ある程度の一定の考え方を持たなければその先進まないのではないかということなので、そのことは市長もよくわかっていると思いますので、そのことをお願いをしておきたいというふうに思います。 それで、有償、無償の関係はそういう押さえで結構なのですが、新しい公共の関係では1つ紹介をさせていただきますと、先日会派で国土交通省、東京に行ってまいりました。以前は、たしか自民党政権で新たな公というのでやっておられて、事業化があったので、その事業結果を踏まえて国土交通省に聞きに行ったのです。そのときに国のほうの考え方を少し確認する意味で聞いたのですが、例えば市長や市が行おうとしている政策以外のボランティア活動というものも新たな公共とか新たな公というものに当たるのかということをお聞きしたところ、それも当たると。要するに市長の政策とは全く真逆の活動も、これも一つの人の行動だということのお話もありました。この考え方には賛否あると思うのですが、ただそういう考え方も含む中で恐らく次年度以降なんかはいろんは補助メニューが出てきたり、基金が出てきたりするようでありますので、そういったことも踏まえた中で今申し上げたようなボランティアに対する考え方というものを明確にやっぱり持っていく必要があるのかなというふうに思いますので、そのことをお願いをしておきたいというふうに思います。 それから、あと時間が7分なので、最後のごみの問題です。いかせていただきます。一般廃棄物処理基本計画と第5期伊達市分別収集計画ということのくくりで、前段で大変に難しいような質問させていただきました。この件は、きょう午前中同僚議員がリサイクルの部分ではもう一定の方向性を市長のほうから示されておりまして、特に私も聞いておりますが、月1回を月2回ということでありますから、それは私からもぜひお願いをしたいなと思います。また、その根拠としては、きょうお話がありましたように容器がすごく大きくなっているということ、重量よりも容器の問題で大変に収集に当たって場所が道路まではみ出しているようなケースもあったり、また運ばれる事業者のトラックを見ますとそれこそもう落ちてしまうのではないかというぐらい積載していかないと進まなかったり、ちょっと効率が悪くなっているなというふうに思いますので、そのことは改めてお願いをしておきたいなというふうに思います。 そして、まず2回を前提にちょっとお伺いをしたいのですが、きょう先ほど2回を前提、その方向で進めたいということでありますけれども、全地域2回ということのくくりで進める考えなのか、地域的には多いところと少ないところがあると思いますので、その辺の整理というものはどう考えるのかお伺いをいたします。 ○議長(大光巌) 経済環境部長。 ◎経済環境部長(的場重一) お答えを申し上げます。 2回にしたいという原因については、先ほど来申し上げているところでございますが、やはり地域によって絶対量、人口が少ないところは1回の排出量が少なくなるわけでありますが、それぞれの家庭での保管の事情を考えますと、全体量が少ないので、月1回でいいかという状況ではなさそうであります。いろいろお話を聞いておりますと、各家庭市街地ばかりではなく、それぞれのところ、やはりアパートというようなところでは保管スペースが足りないという状況は同じなようでございますので、今のところは全域で月2回ということを検討したいというふうに考えております。 ○議長(大光巌) 2番、小久保議員。 ◆2番(小久保重孝) わかりました。まず、制度を変えた中で様子を見ていくということが大事でしょうから、そういうことで進めていくのかなと思っております。 それで、先ほど同僚議員とのやりとりの中で拠点回収の部分は見直しをするようなお話がございましたが、これについては例えばこれも制度を変えていく中で、まず様子を見て進めていくというのが肝要ではないかというふうに思うのですが、少しずつその辺の状況を見ながら、不用であれば変えていくというような考え方で考え方としてできないのかなと思ったのですが、それについてはいかがでしょうか。 ○議長(大光巌) 経済環境部長
    経済環境部長(的場重一) 収集の現況との判断ということになるかと思うのですが、用意しております拠点回収というのも、実はそれぞれの地域月1回であります。ですから、拠点回収の地域の方に近いところであれば、自分のところの収集箇所と合わせて現況でいうと月2回というふうになっている状況もあるかとも思われます。ただ、どうしても移動するときに距離によっては車ということにもなりましょうから、すべてのステーションのところが月2回ということであれば、排出されないのではないかというふうに思うのであります。その辺のところは、今後具体的に収集事業者、あるいは地域の自治会長さん等ともお話を伺いながら、最終的な判断をしたい、そのように考えております。 ○議長(大光巌) 2番、小久保議員。 ◆2番(小久保重孝) わかりました。地域と相談しながら進めていただきたいというふうに思います。 そして、リサイクルの回収の関係で、今リサイクル推進運動に補助をつけて子ども会などに回っていただいているけれども、だんだん、だんだん子ども会の活動が低調になってきているという実態があります。この辺に対する対策というものはどのように考えているのかお伺いをいたします。 ○議長(大光巌) 経済環境部長。 ◎経済環境部長(的場重一) お答えを申し上げます。 ここのデータでちょっと申し上げますと、平成18年でいわゆるリサイクルを集団回収をしていただいている団体が98ございました。平成21年になりますと93団体であります。ここで5団体減っているわけでありますが、ここの多くは子ども会であります。いろいろ事情を聞いてみますと、実は子供の数か減っているという視点もありますが、子供が忙しいのだというところのようであります。もう一つ、やめようといいますか、活動を中止したという背景には、いわゆる有価物ではあるのですが、その価格が非常に下がっているということも取りやめたというところの要因のようであります。市のほうといたしましては、ここでいう有価物を相当量集めて資源として回収する形ができておりますから、これがごみに回ってくるということになりますと、またいろんなところでの経費負担ということも出てまいりますので、何とかこの形を維持していっていただきたい。その必要性というようなことについて、啓発をしながら進めていきたい、そんなふうに考えておるところでございます。 ○議長(大光巌) 2番、小久保議員。 ◆2番(小久保重孝) わかりました。うちの自治会も子供の数が少なくて、役員が毎回出ているというような形でありますし、自治会が中心になっているところが多いのかなというふうに思っております。ただ、こういった活動を通してそれこそ啓発をしていくということも大事でありますし、そのことも例えば今3円で引き取っているところを少し上げてみるとかということの考え方もあるのかなと思っておりました。もちろん報酬がふえたから、そのことによって参加数がふえるかどうかはちょっと見きわめなければならないかもしれませんが、そういったところで少しリサイクルの意識を持ってもらうのも1つなのかなと思っておりました。 それで、あわせてこれは7月の環境基本計画実践懇話会の中で、環境美化推進委員というものを設置してはどうかというような意見が出て、そういうお話があったようであります。懇話会は、自治会長さんなんかが結構入っていて、地域の方々の中で決められた結論といいますか、何とか不法投棄とか、ごみステーションをきれいにするとかという点では、こういう役割を持った人がそれに近いものは今あるのですけれども、統一して設けるべきではないかというふうなお話があるのですが、この点については部長、どのようにお考えになりますか。 ○議長(大光巌) 経済環境部長。 ◎経済環境部長(的場重一) まず、実践懇話会の経過について少し申し上げたいと思うのでありますが、昨年度第2次環境基本計画というのを策定をいたしました。その策定過程の中で、この計画の政策が具体的に展開をするということを検討したい。計画を策定する際に携わっていただいた市民の方等々から発案がありまして、環境基本計画実践懇話会というような組織が立ち上がっております。検討していただいている内容については、ただいま議員おっしゃったとおりでございます。その分別あるいは美化という点について、市民の中での組織といいますと、今のところやはり自治会の中にそれぞれ清掃部長という役職であったり、あるいは環境部長であったりというところがございます。私ども実際にごみの分別あるいはごみステーションの対応といったようなことにつきましては、会長さんもそうでありますけれども、そのような役員の方とも意見交換をさせてもらっております。新たにそういう形のものとは違ってもう一歩踏み込んだような役割を担った方というようなご指摘かというふうに思って伺いましたが、1つには状況といいましょうか、実践懇話会のほうの動きももう少し見させていただいて、あるいは機会があればそれぞれの役所においでになったときの自治会長さんあるいは担当の部長さん等々、もう一つは減量等推進審議会という組織もございますから、少しく意見を伺わせていただきたいというふうに思います。 ○議長(大光巌) 2番、小久保議員。 ◆2番(小久保重孝) 先ほどの新しい公共との絡みでいえば、出番づくりというのも大事だというお話もありますし、部長はかねてより今の体制といいますか、リサイクルとかごみの問題は市民の意識は非常に高いという認識でいるというふうに聞いております。ただ、それを継続していくことと、さらにもっともっと磨きをかけていくという点では、こういう懇話会での結論を踏まえて、こういった委員もある面任命をしておいて、それこそそれぞれが意識を持っていただくということが大事なのかなと思っております。そのことも改めて検討してほしいなと思います。 あと幾つか、紙類回収庫です。紙類回収庫の状況で、これもその計画の中で非常に大きな役割を果たして、設置してよかったなと思っておりますけれども、マナーの悪いところがあると。マナーの悪いところは、どうも市役所の紙類回収庫だというふうに聞いております。非常に事業者の方も出しやすいのか、ごみも一緒にそこに置いていくようなケースも結構あるようであります。それに対する対策というか、対応はどのように考えておられるのかお伺いをいたします。 ○議長(大光巌) 経済環境部長。 ◎経済環境部長(的場重一) 私どもがごみ問題に取り組んでおりまして一番難事だといいますか、課題になるところがルールを守っていただきたいという思いでございます。いろんな要望がありまして、政策展開をするわけでありますが、すべての市民がルールを守ってということは現実には難しい。そのことは承知なのでありますが、もう少しその思いをいたしてといいますか、気をつけていただくと、経費の面でも、あるいは行政の手間というところでも大きく変わるなというふうに常々思います。ご指摘のあった役所前の紙回収庫、どうも事業者の話を聞いてみると、市内に5カ所あるわけですが、一番行儀が悪いというふうに聞きます。役所のほうもその都度回収庫のところへ張り紙をするなり、あるいはこういう不心得はやめてくださいというような写真も張りまして、警告といいますか、啓発といいますか、そういうようなことをやるのでありますが、出た廃棄物の中で排出者が特定できればその都度特定をした方に声をかけて協力をお願いをするということをやっております。ただ、なかなか特定できるというケースが少ないものですから、今のような格好で掲示物で協力をお願いをするという対応をしているところでございます。 ○議長(大光巌) 2番、小久保議員。 ◆2番(小久保重孝) 警告というのがいいかどうかわかりませんが、突きとめられるところは突きとめて確認をしていく作業をしているというふうに聞いておりますし、また事業者のマナーの部分でいえば、事業者に対する啓発というものを重点的に訪問していくということも1つなのかなと思っております。あと、もう一つ、今環境パトロールやっております。ある面効果を上げているというふうにも聞いておりますけれども、これも市の職員が回って、それを継続していくのはこれだけ市の職員が少なくなっていく中で本当に大丈夫なのかなという思いもあります。これそろそろやめてはどうかという考え方もあるのですが、先ほど2回、それこそ収集がふえたということもありますから、そういった事業者が今回っている中で、ごみ収集の中で啓発の音楽なども流しておりますから、環境パトロールというものをそういうものにかえていくという考え方はないかどうかお聞かせください。 ○議長(大光巌) 経済環境部長。 ◎経済環境部長(的場重一) お答えを申し上げます。 結論から申し上げますと、当分続けていきたいというふうに思っております。環境パトロールは、毎年6月は実は環境月間でございまして、この月に当たり週に2回パトロールをしております。それ以外は月に1回、およそ1時間半、2時間程度かけてそれぞれの地区を決めながら啓発をするわけでありますけれども、内容はいわゆる野焼きをやめてください、禁止なのでありますということ、あるいは不法投棄について、それから特に町の中でいいますと犬を放して飼うことはいけませんと、あるいはふんの始末には十分ご協力くださいというような啓発をしながら、一方不法投棄という視点でのパトロールというようなことをやっております。それは、結果として不法投棄が発見され、それを解決にというようなケースもございますし、当面やっぱり状況をわかりながら、デスクワークにも効果があるということもありますので、当分の間は今のような状況を続けたいというふうに思っております。 ○議長(大光巌) 2番、小久保議員。 ◆2番(小久保重孝) わかりました。状況を見てということで。 最後に、アダプトプログラム。ちょっと進んでいないのではないかと思うのですが、草刈り機なども一緒にあわせて貸して推進を図るというのはいかがでしょうか。 ○議長(大光巌) 経済環境部長。 ◎経済環境部長(的場重一) お答えをいたします。 アダプトプログラムについては、今のところ簡単な消耗品といいましょうか、軍手、ほうき、ちり取りといったようなものを手当てをするので、専ら清掃をお願いをしますというような内容になっております。ご指摘のような実際に草刈りをするともっときれいになるので、そうさせてくださいというようなことが実はどの程度あるのかということ、ごめんなさい。自分は承知しておらないところでございまして、昨年度このボランティアグループの方々と意見交換をしております。その中では、もう少し例えば花の苗といったようなことの要望もございました。今年度実は10月の時期にもう少し突っ込んでお話し合いをしてみようと思うのであります。その結果、例えば今ご提案のような草刈り機というようなことがあったときに、今までできてこなかった問題はどこにあるのだろうかと。1つは、聞き及んでいるところでは、いわゆるけがをしたときの補償の問題ですとか、責任の問題ですとかということも聞いております。その辺のところがどんな格好で解決ができるのか、その結果、ねらいとする美化サポートというところへもう少し形があるものが示せるということなのかどうなのか。もう少し団体のほうとも意見交換をしながら、あるいは庁内の関係部署とも意見交換をしながら、少しく研究をさせていただきたい、そんな思いでございます。 ○議長(大光巌) 暫時休憩をいたします。          休 憩 (午後 2時56分)                                                    開 議 (午後 3時10分) ○議長(大光巌) ただいまより会議を再開いたします。 引き続き一般質問を行います。 次に、7番、菊地議員の質問を許可いたします。 7番、菊地議員。          〔7番 菊地清一郎登壇〕 ◆7番(菊地清一郎) 私は、通告に従い、平成22年第3回定例議会において一般質問をいたします。 防災対策について。(1)、シャミチセ川において、土砂だまりや柳などの河川木に覆われ、本来の川幅がわからない状態になっております。大雨時洪水、土砂災害につながるおそれが危惧されますが、安全対策としてどのように対応するのか伺います。 (2)、津波、高波を防ぐ消波堤(防波堤)の機能確認と管理、連携状況について伺います。 (3)、津波ハザードマップ作成の進捗状況とマップの中に消波堤(防波堤)の問題をどのように生かすのか伺います。 以上3点、よろしくどうぞお願いいたします。 ○議長(大光巌) 市長。          〔市長 菊谷秀吉登壇〕 ◎市長(菊谷秀吉) 菊地議員の防災対策についてのうち、1点目のご質問からお答えをいたします。 2級河川シャミチセ川は、河口から2,300メートルの区間が改修済みとなっております。土砂堆積については、河口付近及び市道竹並通り線にかかる竹並橋付近に一部あり、柳などの河川木は国道37号より上流側に繁殖している状況です。河川を管理する北海道では、堆積土砂、立木の現地調査をし、支障となるような状況であれば除去等を検討したいとのことでございました。市としては、市街地を流れる河川であり、住民の安全対策のためにより徹底した管理を要望してまいります。 次に、2点目でありますが、海岸については北海道の管理であり、国土交通省所管である建設海岸、農林水産省所管である農地海岸、漁港海岸の区分によりそれぞれの部署で消波堤の開口部についても管理しております。開口部にあるゲートは、漁業者の船の上げ下げのために設置されており、ゲートの開閉は利用者にゆだねられております。北海道では、消波堤を含め護岸の巡回を定期的に行っており、開口部に関しては市も協力しながら利用実態把握に努め、北海道と協議の上、対応可能な箇所から順次閉鎖や開口部を狭くするなどの処置を行っているところであります。今後も北海道へ適切な管理を要望してまいります。 次に、3点目でありますが、津波ハザードマップは国の社会資本整備総合交付金を活用し、作成するものでありますが、印刷データの作成まで200万円程度かかる予定で国に対し要望しておりましたが、今年度につきましては100万円がついたことから、浸水予想地区7地区のうち4地区を対象としてデータを作成するものです。進捗状況は、8月31日に入札が行われ、11月19日が完成予定です。なお、残りの3地区につきましては、社会資本整備総合交付金の関係もありますが、平成23年度に作成したいと考えております。消波堤につきましては、ゲート等の位置をハザードマップ上に記載することは可能ですが、縮尺の度合いにもよりますので、検討してまいります。 以上、答弁といたします。 ○議長(大光巌) 7番、菊地議員。 ◆7番(菊地清一郎) ありがとうございます。 それでは、議論に入る前に、実は私個人で河川木の調査をした資料をつくりました。それで、ちょっと一、二分お時間をいただきまして、共通の認識で議論がスムーズにできるようにという意味でご説明をさせていただいて、それから議論に入りたいと思いますので、市長さん、副市長さん、そしてご答弁の方々には事前に配付させていただきました。また、各議員さんの一部の議員さんに配付させていただきましたので、大変恐縮ですが、回し読み等々で見ていただければ幸いでございます。 それでは、早速ですが、シャミチセ川における土砂だまり河川木の調査ということで、これは調査日、平成22年9月1日の防災の日、1日から2日間、私個人で調査させていただきました。調査風景というのがまず出ていまして、これ竹並橋での調査風景でございます。写真撮影はうちの家内にお願いしました。一応鉄筋棒を用意しまして、その鉄筋棒を護岸に水平に設置し、そこから水面までの垂直距離を測定いたしました。 次に、主な調査ポイントということで、赤丸で3カ所明記されております。上流側、右側が上流側です。こちらのほうから竹並橋、堺橋、青柳橋ということで3カ所調査しました。本当はこのほかに4カ所あるのですが、調査ができませんでした、危険なため。長靴を持っていったのですが、ずぶずぶ入りまして、鉄筋棒を入れますと1メーターほど一気にぐっといくような場所でして、これはちょっと危険だなということで、私ができる範囲の中ではございますが、その3カ所については実測をしてまいりました。その実測が……失礼、その前に2枚目ですけれども、これは土工定規図ということで、土木現業所さんから入手いたしました。打ち合わせをしてきていただきました。それで、この土工定規図をちょっとご説明いたしますが、その前に一番下のAという寸法、設計の水深と書いているのですが、大変申しわけございません。これ川底からの護岸高という文字に直していただきたいと思います。大変申しわけございません。Aというこの寸法が要するに今回私がポイントとしてきた寸法でございます。この寸法は、断面図がございますが、基本的にこれは橋の断面図ということで今4カ所載っております。下のほうからですが、要するに上流のほうからいきますと竹並橋が①というふうに記入させていただきました。ここでA寸法というのが80センチです。要するに道の設計の川底からの護岸高、これが80センチという、そういう意味でありまして、ハイウオーターラインというのがさらに40センチ、これが予備の安全寸法というふうに申しておりました。ですので、0.8プラス0.4メーター、1.2メーターというのがこの部分における安全寸法というふうに申しておりました。②は、堺橋と青柳橋、これも同じく0.8メータープラス0.4メーター。③に関しては、舟岡橋と青柳橋の大体真ん中ぐらいの付近の断面図を示しておりますというふうにおっしゃっておりまして、こちらのハイウオーターラインは0.9メータープラス0.4メーター、合計1.3メーター、要するにこれを超えると危険ですよというような意味になります。最後の4つ目は、④は舟岡橋から下流すべての橋の断面、共通寸法ということで、こちらはA寸法が1.2メーター、そして0.7が、合計の1.9がハイウオーターラインというようなご説明であります。これが現状のシャミチセ川の断面と、それから護岸高、要するに当初の安全寸法というふうに解釈しております。 引き続きまして、次のページ、3ページですけれども、こちらから私が実測をさせていただきました。というのは、なぜ実測をしたかといいますと、実は1日の防災の日に土現さんに行きまして、そういう堆積物がちょっと多いのではないかというお話をさせていただいた中で、土現さんからの回答がいやいや、菊地さん、せいぜい10センチか20センチですと。全然心配ない。安全ですからというようなお話がございまして、これはちょっと違うだろうということで、私は次の日の2日の日に実際にシャミチセに参りまして測定をしてきました。それの結果でございます。まず、上流の竹並橋、こちらは先ほどの護岸寸法が0.8メーター、これに対しまして実測が橋の真下ではかりました。これが45センチ。そして、その橋の上流側のすぐ横ですが、これが43センチ、橋の下流側のすぐ横が何とこれが19センチということで、私はちょっとびっくりしたのですが、80センチを想定している部分が19センチしかなかったと。要するに75%が土砂だまりになっておりますということが実測の結果わかったわけです。それから次に、堺橋、これに関しましても護岸寸法80センチに関しまして、橋の直下で44センチ、橋の上流側の横で46センチです。橋の下流側の横で40センチということで、こちらも護岸寸法に対しましてほぼ半分が土砂でたまっているだとか、あと草だとか立木等々で堆積しているというような状況です。同様に青柳橋、こちらも橋の直下で76センチ、橋の上流側の横で45センチ、橋の下流側、こちらはちょっと危険を伴う感じでありまして、残念ながら測定できませんでした。以上、あと舟岡橋、舟岡2号橋、伊達橋、旭橋、こちらも危険を伴うため、測定ができませんでした。 次に、4ページ目です。これは、橋の現況写真ということで、私撮らさせていただきました。4ページの1)は、これ竹並橋です。これが先ほど19センチと申しましたが、右側の上から3つ目の写真のところがそうです。このように土砂がたまっておりまして、土現さんが言うような10センチ、せいぜい20センチですというような、そういう状況では全くないというのが現状でした。そして、その横の左側の写真は、これは橋の直下の写真でございまして、これもごらんのとおり土砂だまりがかなりたまっておりまして、そういう状況がわかると思います。また、河川の中央には3メーターから4メーターの高さの柳の木が繁殖しているという状況の写真も下に出ております。 次に、5ページですが、こちらはまず堺橋が上2枚でございます。こちらも同じような感じです。 青柳橋、これが3)、青柳橋。こちらも同様な状況になっておりまして、どこが川でどこが護岸から敷地、ほかの道路なのかというようなことがほとんどわからない状況になっています。 次に、6ページですが、こちらは皆さんご存じの舟岡橋、国道37号線から撮影しました写真であります。ここからの河川木が非常にひどい状況だなというふうに皆さんも実感しているとは思いますが、今改めてこのように現況写真を見て、これは本当に川がどこからどこまでなのか全くわからない状況だというふうに感じたと思います。右側の一番下に白い棒のようなものがありまして、3つほどちょんちょんとなっていますが、これは量水標といいまして、洪水時の水位の上がりぐあいを確認するためのもので、標高差、海抜ゼロメーターからの高さを示しておりまして、洪水時に海抜から何メーターの水位が上がったと、そういうことでここに設置してあります。今3カ所見えておりますが、一番下がこれ11メーターのラインを示しています。真ん中が12メーター、そして一番上が13メーターです。一番下の11メーターのラインを示したところから下は、本当に河川木と草で覆われて、全然その下がわからない状況というふうになっています。 それから、次7ページですが、5)番、舟岡2号橋、こちらが舟岡2号橋の現状でございます。本当に何か日本庭園のような趣を感じる部分もありますけれども、やはり草で覆われて、真ん中に川幅が三、四十センチあって流れているというような状況でございます。 6)、その下が伊達橋です。これも同じでございます。 次に、8ページですが、これは7)、旭橋。こちらは私が行ったときにはカモが11羽おりまして、浮かんでおりました。本当に自然豊かな部分があるなというふうにも思って、複雑な気持ちで帰ってきたところであります。しかし、カモがいたところの隣は、右側の写真のように非常に草と河川木とで覆われた状態というふうになっています。 最後に、8)の旭橋から下流方向、要するに海側を撮った写真でございまして、この手前にある橋はこれJRの電車が走る橋でございます。その向こう、最後の向こうの橋が直接海につながっている。そのすぐ下は海になっているというような感じの写真であります。以上が、この8ページまでがシャミチセ川に関してです。 最後の9ページに関しましては、伊達の海岸横引きゲート、消波堤の調査ということで、2カ所ほどの消波堤の部分を現状どのような感じなのかなという参考ということで写真を撮影させていただきました。上から2つ目までが1カ所、上から3段、4段目、この4枚が2カ所目の写真でありまして、ゲートを引こうと思っても漁師さんの網とか浮き輪がそこに散乱している状態で、これはちょっと災害時の緊急のときにはどういうふうになるのかなという危惧をして帰ってまいりました。 以上、本当に雑駁で大変恐縮ですが、簡単な調査ということで、こういうものが現状だというご認識の中でこれから本題に入らせていただきたいなというふうに考えますので、よろしくお願いいたします。 それでは、今ご回答がございました。時間もありませんので、もう率直な話からしていきたいなというふうに思います。確かにこのシャミチセ川というのは道の管轄でありまして、私もそれは重々承知で今回この質問をさせていただいておりますというのがまず1点ありますので、その中で要するに土現さんというか、正式名称は胆振総合振興局室蘭建設管理部洞爺出張所というような長い名前がついていますが、こちらのほうが管理者と、北海道ということになります。ですので、市としては道に物申すということ、勝手にやるということは不可能だということは私も思います。そういう中で、まず少なくても実測値からいきますと、竹並橋、旭橋、青柳橋、この3点が実測をする中で一番ひどい部分であって、やはり防災上の安全という視点から見たときには私は問題があるのではないかというふうに感じております。それで、今たまたまこの3カ所の橋の周辺には福祉施設が点在しております、ご存じのとおり。プライム・ヘルシータウン湘南、こちらは常時100名の入所があって、デイサービスも100名ほど、通常平均で150名から160名がいらっしゃいます。ひまわりさんには、80名から85名が常時いらっしゃいます。ケアハウス、プライムさんには50名が入居なされています。これ要するに常時福祉施設関係の方々合計しますと大体280名から300名弱の方がすぐこの川のわきに暮らしているというか、入所なされている方にとっては暮らしているということになります。また、そのほかグループホームさんもあれば、住宅の団地が形成されています。市長さんのおうちもすぐ近くにあって、これはぜひ市長のためにもやらなければいけないなというふうに思いまして、本当に150戸ぐらい青柳橋から下流にあるのではないでしょうか。市長さんのほうまで入れると、その倍近い戸数はあるのではないでしょうか。要するに一大人口集積地、そういう位置づけの中での河川木または土砂に関しまして、私は道のお仕事とはいえ、市の行政としましては人の命、財産が最優先ということを考えたときに、これはやはりそれなりの何らかの要望なり、きちんと言うべきところに言うということが大切かなというふうに思いましたので、その辺を再度というか、お考えをお聞きすると同時に、この調査に関しまして現状のご認識をどう思われましたかということでお聞きしたいと思いますが、これはいかがでしょうか。 ○議長(大光巌) 市長。 ◎市長(菊谷秀吉) さすがよく調査して、私も実はこの上流側そのものに住んでいまして、いつも通るたびに菊地議員と同じような思いでおりまして、これだけ調査していただきましたので、これをもとに、言えないわけではありません。住民を守るという立場ですから、大いに言えます。ただ、実際に私も会社も、かつていたところもこのまた川沿いにあった会社だったので、よく見ておりまして、ただ雨が100ミリ降ってもあそこ余り水が出ないのです、実際には。だから、実際どうなのかなというのは正直疑問もございます。ただ、私の今住んでいる裏側、今度工事入るそうなのですが、これやらないと上流側に何かもし開発行為とかやる場合にできないということもあって、私個人的にはやってほしくないのですけれども、しないともし上で何か例えば民間の農業関係でやるといってもやれないということもあったので、これはやむを得ないなと思って進めようと思いますが、ただ菊地議員ご指摘の点についてはまさしくそのとおりなので、私近々今言った胆振総合振興局建設管理部、何か忘れましたけれども、そこに行って直接取り扱いについて早急に結論を求めていきたいなと、このように考えております。 ○議長(大光巌) 7番、菊地議員。 ◆7番(菊地清一郎) ありがとうございます。 実は、1日にそこの旧名称でいくと土木現業所、ちょっと土現さんというふうに今言わさせていただきますが、簡単に。土現さんに参ったときに所長さんに伊達市さんからきちんとした形で要望なり上がれば、それなりの対応をさせていただきますというふうにおっしゃっていただいています。河川木とか草木の管理費は年間200万円しかないそうです、土現として。しかし、例えばこういうような大きなお金がかかる場合は、北海道にお伺いを立てなければいけないと。しかし、その過程でそういう行政からきちんとした形で来られれば、それなりの対応をせざるを得ないのでということを申しておりましたので、ぜひこの実態をご報告していただきまして、それなりの安全対応をしていただきたいなというふうに思います。 それで、今新聞、テレビで皆さんもご存じのように、いつ雨が降って、地球温暖化という異常な気象の中でそういうことが起きているだろうという学者の話のようですが、思ってもいない小さな河川がはんらんをしてしまうと。また、先日伊達市でも8月の11、12の集中豪雨、ゲリラ災害と先ほども同僚議員から言葉がございましたとおりにありました。その中で実は、これちょっと関連質問ということでさっとお伺いしたいと思っております。というのは、あす同僚議員が同じようなご質問をなされますので、深くは質問はできませんけれども、一応同僚議員の了解を得ておりますので。ということで、お伺いしますが、8月11、12日の集中豪雨に関しまして、伊達市の被害状況、それがあったかなかったのか、あればどのような地域で何カ所ほど、どういう状況の被害があったのか。そしてまた、あったのであればそれに対して今行政としてどういうような動きがあって、住民の方に対してどういうような動きをなされているのか、ちょっとお伺いしたいと思いますが、いかがでしょうか。これは、建設部長さんでしょうか。 ○議長(大光巌) 建設部長。 ◎建設部長(森口正章) ことしの夏に関しましては、7月末から8月にかけて3回ですか、ゲリラ豪雨的な、今まで経験したことのないような降雨を経験したかと思います。それで、今議員から8月11日のときの状況はというご質問ですので、11日のときの災害といいましょうか、被害を受けた地区は上長和、さらには関内、乾、稀府、黄金というような山ろく地帯といいましょうか、そういうところの砂利道の部分です。そこに大雨が降ったことによりまして、砂利が流されてしまいましたよと。さらには、その流れた砂利が側溝をふさぎ、そして路面が川のようになって流れていったというところで、そういう状況でございます。その箇所数が8月11日から12日にかけての大雨のときには、道路関係では100カ所そういうような道路が洗掘を受けたりだとか、そういう箇所がありました。それで、その修復に当たっては、現況が砂利道なものですから、要するに掘られたところに砂利を埋め、グレーダーで路面整正をすると。さらには、側溝等は土砂上げをし、横断パイプは管内を清掃して、現在ほとんどもう復旧作業は終わっているというような状況になっております。 ○議長(大光巌) 7番、菊地議員。 ◆7番(菊地清一郎) なるほど。そういう現状がおくればせながら私も今わかった次第であります。ただ、ちょっと話聞いているところですと、北黄金の方のおうちの前が何かえぐられまして、その前の車庫に車が入れないとか、そういう状況があるということを伺ったものですから、やはり生活に支障を来しているということで、そういう部分に関しましては至急、急いで何らかの対応策を速やかにお願いできればなというふうに思っております。また、そのほかの方々の状況もいま一度確認をしていただきまして、もう1カ月になりますので、その後どうなっているのかという、そういう意味では優しい、きめの細かい対応策をぜひとっていただければいいのではないでしょうかというふうに思いますので、よろしくお願いいたします。 それでは、続きまして時間がなくなりましたが、消波堤の件でございます。こちらも伊達市の直接の管理ではないと。国だとか道だとか、これも私重々承知の上でのご質問です。これは、たまたまことしの3月の定例議会の折にちょっと質問させていただきました。その中で市長さんもかぎの問題も含めまして、それはそのとおりだということでご賛同いただいているという認識を持っております。それで、こちらのほうも河川と同様に、要するに伊達市の市民の安全、そして財産を守るという視点から私は申し上げているのですが、消波堤ゲートの管理状況、その辺だれが管理なさっているのか、そのかぎはどういうふうに保管されているのかだとか、そういう細かい部分に関しまして管理者、これも道の土現さんの管理になるわけですけれども、そちらのほう、そしてまた防災センターのある消防のほう、そしてまた伊達市の総務課にある防災のご担当、やはりこれらの方々の意識を意思統一というのが1つ大事な部分がありますし、また連携をして今後どのようにしていくかというようなことも大切かと思いますが、その辺のお考えは総務部長さんはいかがでしょうか。 ○議長(大光巌) 総務部長。 ◎総務部長(疋田洋) その辺に関しましては、3月の菊地さんの質問の後、早速それぞれ所轄が分かれておりますから、全体でもって全部整理をさせていただいて、自治防災のほうで取りまとめをさせていただきました。それで、それぞれの管理者を含めてすべて明示をする資料をつくりまして、もう既に消防も含めて資料を渡してございます。したがいまして、そこのところが閉まっていないとか、いろんなだれが管理者なのかというところの問い合わせについては即座に対応できるような方法でもって作成をいたしましたので、何かあったときにはすぐ今後は対応できるということで考えております。 ○議長(大光巌) 7番、菊地議員。 ◆7番(菊地清一郎) どうもありがとうございます。やはり人命と財産を守るということ、視点からいって本当に大事な部分だなというふうに思いまして、そういう対応をしていただいているのだなということを今ここでまたはっきりきちんとお話をいただきまして、ありがとうございます。 それで、次ですけれども、ちょっと1点確認をしたいことがあります。シャミチセの水防危険区域における管理する方々の状況、状態というのは、伊達市としてわかっているのでしょうか。例えば年間スケジュールに何月のいつごろ、シャミチセ川、そういう部分を調査するだとか、何かそういうことというのはあるのでしょうか。 ○議長(大光巌) 総務部長。 ◎総務部長(疋田洋) そういう危険地域につきましては、消防のほうで定期的に回っているのだと思いますけれども、具体的にいつの時期ですとか、年間を通じてやっているのかということについては、私のほうでちょっと申しわけありませんけれども、掌握をしてございません。 ○議長(大光巌) 7番、菊地議員。 ◆7番(菊地清一郎) そうですか。わかりました。その辺も私が感じたことは、やはり連携という中で、例えば年に何回か一緒にそういう危険箇所を回りまして、自分たちの目で、実際にじかにチェックをするということが必要ではないかなというふうに私感じました。ですので、その辺今後ぜひご検討していただきまして、人の仕事の分野だからということではなくて、もちろんそうとは思ってはおりませんが、少なくても防災という観点から、そういう意味での連携を消波堤も含めましてお願いしたいなというふうに思います。 それと、最後になりますが、ハザードマップの件ですが、当初予算では200万ということで入っていまして、それが100万ですか、半分になったということで、4地区をまずデータを作成すると。ハザードマップの中に縮尺の度合い、都合にもよるので、検討しているということですが、大変この辺も口では簡単に言うけれども、いざ図面でどうせいというと難しい部分があるだろうなというふうに私も認識しておりますので、ただ一つのハザードマップを開いたときに、そういう危険箇所、危険な場所が自治体の方もその周辺の人も自分たちの住んでいるところ、こういうところがあるのだなというふうにわかるようなものが、やっぱり一つにまとまったほうが便利かなというふうに思いますので、ぜひその辺はハザードマップ上に記入できるような形をご検討していただいて、それをお願いしたいというふうに感じます。 それから、先日2日の日に土現さんに行ってお話を伺ったときに、今問題なのがプレジャーボート係留問題があるというお話がございました。だれが持ち主で、どこの地域の方なのかはわからないということで、要するになるほどなというふうに感じて帰ってきたのですが、そういう問題も含めまして、やはり調査するということは結構時間もかかることだし、大変なことだとは思いますけれども、しかし本来の目的、趣旨であるゲートを閉めることができないということはこれ本当に大変なことでありますので、その辺のこれは警察署になるのでしょうか、そういう意味でまた連携していただきながら、こちらのほうの対応もこれから順次していっていただきたいというふうに思うわけです。 ちょうど時間になりましたので、以上で終わりますけれども、ひとつどうぞよろしく。連携ということで、防災上伊達市の市民と財産を守るということでひとつよろしく、くどいようですが、お願いいたします。 以上で終わります。 △延会について ○議長(大光巌) お諮りいたします。 一般質問がまだ残っておりますが、本日はこの程度として延会にしたいと思いますが、これにご異議ございませんか。          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(大光巌) 異議ないものと認め、そのように決定をいたしました。 △次会日程の報告 ○議長(大光巌) あすは午前10時から本会議を開きます。 △延会の宣告 ○議長(大光巌) 本日はこれをもって延会といたします。 大変ご苦労さまでございました。          延 会 (午後 3時49分)...