伊達市議会 > 2006-09-07 >
09月07日-01号

ツイート シェア
  1. 伊達市議会 2006-09-07
    09月07日-01号


    取得元: 伊達市議会公式サイト
    最終取得日: 2023-06-13
    平成18年  9月 定例会(第3回) 平成18年第3回伊達市議会定例会議事日程(第1号)                         平成18年9月7日(木)午前10時開会日程第 1 会議録署名議員の指名について                                   (議長指名第1号)日程第 2 会期の決定について                                   (議長提出第1号)日程第 3 例月出納検査の結果について                                      (監査報告)日程第 4 教育委員会委員の任命について                                 (市長提出議案第1号)日程第 5 北海道による財政手法等の点検結果の公表について                               (市長提出行政報告第1号)日程第 6 工事請負契約の締結について(にれの木団地10号棟建設工事建築主体))                                 (市長提出議案第2号)日程第 7 西いぶり廃棄物処理広域連合を組織する地方公共団体の数の増加及び西いぶり廃棄物      処理広域連合規約の変更について                                 (市長提出議案第3号)日程第 8 伊達市霊園管理基金条例                                 (市長提出議案第4号)日程第 9 伊達市市民研修センター条例                                 (市長提出議案第5号)日程第10 公益法人等への伊達市職員の派遣等に関する条例の一部を改正する条例                                 (市長提出議案第6号)日程第11 伊達市墓地条例の一部を改正する条例                                 (市長提出議案第7号)日程第12 伊達市コミュニティセンター条例の一部を改正する条例                                 (市長提出議案第8号)日程第13 伊達市乳幼児医療費の助成に関する条例並びに伊達市重度心身障がい者及びひとり親      家庭等医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例                                 (市長提出議案第9号)日程第14 伊達市老人医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例                                (市長提出議案第10号)日程第15 伊達市国民健康保険条例の一部を改正する条例                                (市長提出議案第11号)日程第16 伊達市水道事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例                                (市長提出議案第12号)日程第17 平成18年度伊達市一般会計補正予算(第4号)                                (市長提出議案第13号)日程第18 平成18年度伊達市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)                                (市長提出議案第14号)日程第19 平成18年度伊達市老人保健特別会計補正予算(第2号)                                (市長提出議案第15号)日程第20 平成18年度伊達市下水道特別会計補正予算(第2号)                                (市長提出議案第16号)日程第21 平成18年度伊達市介護保険特別会計補正予算(第1号)                                (市長提出議案第17号)日程第22 平成18年度伊達市霊園特別会計補正予算(第1号)                                (市長提出議案第18号)日程第23 平成18年度伊達市水道事業会計補正予算(第2号)                                (市長提出議案第19号)日程第24 平成17年度伊達市水道事業決算                                (市長提出認定第1号)          開 会 (午前10時00分) △開会の宣告 ○議長(滝谷昇) ただいまから平成18年第3回伊達市議会定例会を開会いたします。 △開議の宣告 ○議長(滝谷昇) 直ちに本日の会議を開きます。 19番、菊池議員から欠席する旨の連絡がありましたので、出席議員数は29名であります。 △諸般の報告 ○議長(滝谷昇) 議事日程に入る前に、事務局長から諸般の報告をいたします。 ◎事務局長(陰山登) 諸般の報告をいたします。 (報告の詳細については以下のとおりである。) 1 地方自治法第121条及び伊達市議会委員会条例第21条の規定による今会期中の説明員は次の  とおりである。   〇説明員    (市長部局)     市     長  菊 谷 秀 吉   助     役  大 坪 鐵 雄     助     役  阿 部 正 宏   企 画 財政部長  小 畑 次 男     総 務 部 長  疋 田   洋   市 民 福祉部長  宮 崎 和 彦     経 済 環境部長  中 川 哲 夫   建 設 水道部長  及 川 秀 男     建設水道部理事  田 上 清太郎   建設水道部参与  三 浦   倉     地 域 振興部長  佐々木   剛   市民福祉部次長  永 井 孝 治     (大滝総合支所長)     企 画 財 政 部  的 場 重 一   企 画 財 政 部  赤 木   肇     企 画 課 長            財 政 課 長     企 画 財 政 部  三戸部 春 信   企 画 財 政 部  西 村   護     住んでみたいまちづくり課長      情報政策課長     総務部総務課長  菅 原 健 一   総務部職員課長  武 川 哲 也     総  務  部  青 沼   隆   総務部課税課長  氏 家 幹 男     生 活 振興課長                             総務部納税課長  笈 口 良 則   市 民 福 祉 部  佐 藤 伸 一                        社 会 福祉課長     市 民 福 祉 部  森 田 克 博   市 民 福 祉 部  大 森 深 雪     児 童 家庭課長            児童家庭課参事                        (少子化対策担当)     市 民 福 祉 部  中 川 佳 惠   市 民 福 祉 部  村 田   修     高 齢 福祉課長            高齢福祉課参事                        (潮香園担当)     市 民 福 祉 部  横 田   孝   市 民 福 祉 部  佐々木 可 仁     市 民 課 長            保健センター所長     経 済 環 境 部  田 上 奎 治   経 済 環 境 部  山 崎 博 司     農 務 課 長            商工観光水産課長     経 済 環 境 部  竹 内 典 之   経 済 環 境 部  長 沼 留 雄     商工観光水産課参事          環 境 衛生課長     (TMO担当)     経 済 環 境 部  大和田   正   建 設 水 道 部  森 口 正 章     環境衛生課参事            建 設 課 長     (清掃・リサイクル担当)     建 設 水 道 部  大 内 壽 幸   建 設 水 道 部  佐々木 雅 宣     都 市 整備課長            都市整備課参事                         (都市計画担当)     建 設 水 道 部  山 本 喜久雄   建 設 水 道 部  高 梨 善 昭     建 築 課 長            下 水 道 課 長     建 設 水 道 部  金 丸   進   建 設 水 道 部  清 野   裕     水 道 課 長            カルチャーセンター参事     会 計 課 長  寺 島   進   地 域 振 興 部  宍 戸 敏 克                        まちおこし課長     地 域 振 興 部  藤 田 隆 明   地 域 振 興 部  金 子 三 也     まちおこし課参事           みどり自然課長     地 域 振 興 部  安 藤   明   大 滝 総合支所  鈴 木 喜代志     みどり自然課参事           総 務 課 長     大 滝 総合支所  千 葉 静 男   大 滝 総合支所  高 村 誠 司     総 務 課 参 事            住民サービス課長     大 滝 総合支所  岩 渕 泰 人   大 滝 総合支所  菊 地 洋 文     住民サービス課参事          経 済 環境課長     大 滝 総合支所  石 野 良 一   大 滝 総合支所  鹿 原 秀 雄     経済環境課参事            建 設 水道課長     大 滝 総合支所  安 食   恵     建設水道課参事                                              (教育委員会)     教  育  長  有 田   勉   教 育 部 長  三 浦   倉                           噴火湾文化研究所長  大 島 直 行   教  育  部  新 海 良 光                        学 校 教育課長          教  育  部  篠 原 弘 明   教  育  部  清 野   裕     学校教育課参事            生涯学習推進課長     (学校適正配置担当)     大滝教育事務所長 今 井   良  噴火湾文化研究所  加 藤   篤                        文 化 課 長     図 書 館 長  伊 東 克 己   さ く ら幼稚園長 仲 島 輝 夫    (監査委員)     代 表 監査委員  橘   秀 伍   事 務 局 長  長 橋 敏 和        (選挙管理委員会)     委  員  長  川 岸 洋 一   事 務 局 長  渡 邊 正 義     (農業委員会)     会     長  齋 藤 孝 一   事 務 局 長  重 山 俊 幸  2 本会議の事務に従事する職員は次のとおりである。     事 務 局 長  陰 山   登   庶 務 課 長  菊 地 文 雄     庶 務 課 参 事  及 川   茂   議 事 係 長  松 下 清 昭     庶  務  係  佐 藤 圭 美   議  事  係  成 田 秀 樹                                           3 平成18年6月定例会以降の議会の行事、会議及び議長会等関係については次のとおりである。  ┌────────┬──────────────────────────────────┐  │  年・月・日  │        行事及び会議等                    │  ├────────┼──────────────────────────────────┤   │18・ 6・27│ 平成18年度胆振地方消防訓練大会慰労会市内ホテルで開催され議長  │  │         │ 出席                                │  ├────────┼──────────────────────────────────┤   │18・ 6・30│ 北海道羽幌町議会議員視察来庁(議長挨拶)              │  ├────────┼──────────────────────────────────┤   │18・ 7・ 2│ 有珠海水浴場安全祈願祭及び第25回有珠磯まつり開会式が行われ議長  │  │        │ 出席                                │  └────────┴──────────────────────────────────┘  ┌────────┬──────────────────────────────────┐  │  年・月・日  │        行事及び会議等                    │  ├────────┼──────────────────────────────────┤   │18・ 7・ 3│ 会派(21世紀クラブ)による行政視察調査(京都府京丹後市・京都市  │  │     ~   │ ・滋賀県長浜市)                          │  ├────────┼──────────────────────────────────┤   │18・ 7・ 6│                                   │  ├────────┼──────────────────────────────────┤   │18・ 7・ 3│ 会派(政友クラブ創政クラブ)による行政視察調査(宮城県仙台市・  │  │     ~   │ 長野県上田市・新潟県上越市)                    │  │18・ 7・ 6│                                   │  ├────────┼──────────────────────────────────┤   │18・ 7・ 5│ 長野県東御市議会議員視察来庁(産業建設常任委員長挨拶)       │  │        │ 静岡県沼津市議会議員視察来市(地域生活支援センター)        │  ├────────┼──────────────────────────────────┤   │18・ 7・ 6│ 埼玉県川口市議会議員視察来庁(総務企画常任委員長挨拶)      │  ├────────┼──────────────────────────────────┤   │18・ 7・ 9│ ふれあい広場2006だてがだて歴史の杜公園で開催され議長出席    │  ├────────┼──────────────────────────────────┤   │18・ 7・10│ 長野県大町市議会議員視察来庁(総務企画常任委員長挨拶)      │  ├────────┼──────────────────────────────────┤   │18・ 7・11│ 静岡県長泉町議会議員視察来庁(総務企画常任委員長挨拶)      │  │        │ 大阪府枚方市商業連盟との懇談会市内ホテルで行われ議長出席     │  ├────────┼──────────────────────────────────┤   │18・ 7・11│ 会派(新政クラブ)による行政視察調査(徳島県鳴門市・愛媛県西条市  │  │     ~   │ ・香川県善通寺市)                         │  │18・ 7・14│                                   │  ├────────┼──────────────────────────────────┤   │18・ 7・12│ 茨城県ひたちなか市議会議員視察来庁(総務企画常任委員長挨拶)    │  │        │ 平成18年度大滝区敬老会が湯元名水亭で開催され議長出席       │  │        │ 平成18年度潮香園ニコニコ運動会が潮香園グラウンドで開催され文教  │  │        │ 厚生常任委員長代理出席                       │  ├────────┼──────────────────────────────────┤   │18・ 7・18│ 広報特別委員会開催                         │  │        │ 会派代表者会議開催                         │  │        │ 議会運営委員会開催                         │  ├────────┼──────────────────────────────────┤   │18・ 7・19│ 平成18年第3回臨時会開催                     │  │        │ 神奈川県秦野市議会議員視察来庁(総務企画常任委員長挨拶)     │  │        │ 群馬県前橋市議会議員視察来市(地域生活支援センター)        │  ├────────┼──────────────────────────────────┤   │18・ 7・21│ 神奈川県藤沢市議会議員視察来庁(総務企画常任委員長挨拶)      │  │        │ 伊達市総合体育館建設促進体育協会納涼会市内ホテルで開催され議  │  │        │ 長出席                               │  └────────┴──────────────────────────────────┘  ┌────────┬──────────────────────────────────┐  │  年・月・日  │        行事及び会議等                    │  ├────────┼──────────────────────────────────┤   │18・ 7・22│ おおたきアウトドアフェスティバル2006が大滝総合運動公園で開催  │  │        │ され議長出席                            │  │        │ 高橋はるみ知事を激励する集いが室蘭文化センターで開催され副議長出  │  │        │ 席                                 │  ├────────┼──────────────────────────────────┤   │18・ 7・23│ 第7回おおたき国際ノルディックウォーキング大会開会式大滝総合運  │  │        │ 動公園で行われ議長出席                       │  ├────────┼──────────────────────────────────┤   │18・ 7・24│ いぶり会「胆振地域政策懇談会」が苫小牧市で開催され議長出席     │  ├────────┼──────────────────────────────────┤   │18・ 7・25│ 福島県会津若松市議会議員視察来庁(局長挨拶)            │  ├────────┼──────────────────────────────────┤   │18・ 7・27│ 福島県喜多方市議会議員視察来庁(総務企画常任委員長挨拶)      │  ├────────┼──────────────────────────────────┤   │18・ 7・31│ 会派(日本共産党)による行政視察調査(茨城県水戸市・東京都狛江市  │  │     ~   │ ・東京都板橋区・埼玉県さいたま市)                 │  │18・ 8・ 2│                                   │  ├────────┼──────────────────────────────────┤   │18・ 8・ 1│ 秋田県小坂町議会議員視察来庁(産業建設常任委員長挨拶)       │  ├────────┼──────────────────────────────────┤   │18・ 8・ 6│ 第32回伊達武者まつり伊達騎馬総陣立・凱旋の儀」がだて歴史の杜  │  │        │目的広場で開催され議長出席                    │  ├────────┼──────────────────────────────────┤   │18・ 8・ 7│ 「自由民主党政経セミナー」が室蘭市で開催され議長出席        │  ├────────┼──────────────────────────────────┤   │18・ 8・ 9│ 全員協議会開催                           │  │        │ 広島県三原市議会議員視察来庁(産業建設常任委員長挨拶)       │  │        │ 「新しい支庁の姿」及び市町村合併に関する地域説明会が室蘭市で開催  │  │        │ され議長出席                            │  ├────────┼──────────────────────────────────┤   │18・ 8・10│ 総務企画常任委員会開催所管事務調査)               │  ├────────┼──────────────────────────────────┤   │18・ 8・11│ 三市議会正副議長懇談会が室蘭市で開催され正副議長出席事務局長随  │  │        │ 行)                                │  ├────────┼──────────────────────────────────┤   │18・ 8・15│ 伊達市戦没者追悼式カルチャーセンターで開催され議長出席      │  ├────────┼──────────────────────────────────┤   │18・ 8・22│ 北海道市議会議長会定例事務局長会議が名寄市で開催され事務局長出席  │  ├────────┼──────────────────────────────────┤   │18・ 8・22│ 会派(公明党・民政クラブ)による行政視察調査(熊本県菊池市・福岡  │  │     ~   │ 県久留米市・長崎県小値賀町)                    │  │18・ 8・25│                                   │  ├────────┼──────────────────────────────────┤   │18・ 8・23│ 平成18年度伊達市表彰式、祝賀会が市内ホテルで開催され正副議長出  │  │        │ 席                                 │  └────────┴──────────────────────────────────┘  ┌────────┬──────────────────────────────────┐  │  年・月・日  │        行事及び会議等                    │  ├────────┼──────────────────────────────────┤   │18・ 8・26│ 第45回昭和新山火まつりが壮瞥町で開催され議長出席         │  ├────────┼──────────────────────────────────┤   │18・ 9・ 1│ 大阪府枚方市との交流都市宣言セレモニーが大阪府枚方市で行われ議長  │  │     ~   │ 出席                                │  │18・ 9・ 2│                                   │  ├────────┼──────────────────────────────────┤   │18・ 9・ 3│ 平成18年度西胆振消防組合伊達消防団訓練大会が伊達小学校グラウン  │  │        │ ドで開催され議長出席                        │  ├────────┼──────────────────────────────────┤   │18・ 9・ 5│ 山梨県議会議員視察来市(地域生活支援センター)           │  ├────────┼──────────────────────────────────┤   │18・ 9・ 6│ 平成18年度潮香園敬老祭が同園で開催され議長出席          │  └────────┴──────────────────────────────────┘ △会議日程 ○議長(滝谷昇) 本日の議事日程はお配りしたとおりであります。 △会議録署名議員の指名 ○議長(滝谷昇) それでは、日程第1、会議録署名議員の指名を行います。 本定例会会議録署名議員は、会議規則第81条の規定により、5番、小久保議員、20番、嶋崎議員の両名を指名いたします。 △会期の決定 ○議長(滝谷昇) 次に、日程第2、会期の決定についてを議題といたします。 お諮りいたします。議会運営委員会において会期について検討した結果、本日から9月22日までの16日間とすることになりましたが、これにご異議ありませんか。          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(滝谷昇) 異議ないものと認め、そのように決定いたしました。 なお、会期日程表については、お配りしたとおりであります。 △例月出納検査の結果について ○議長(滝谷昇) 次に、日程第3、監査報告例月出納検査の結果についてを議題といたします。 例月出納検査の結果については、監査委員より平成18年7月26日及び平成18年8月25日付で一般会計、特別会計の平成18年度6月分及び7月分並びに水道事業会計の平成18年6月分及び7月分について報告書の提出があり、同日付で受理いたしましたので、報告いたします。 △市長提出議案第1号、市長提出行政報告第1号、市長提出議案第2号~市長提出議案第19号、市長提出認定第1号の上程、説明、報告 ○議長(滝谷昇) 次に、日程第4、議案第1号 教育委員会委員の任命についてから日程第24、認定第1号 平成17年度伊達市水道事業決算までの以上21案件を一括議題といたします。 提案理由の説明及び報告を求めます。 市長。          〔市長 菊谷秀吉登壇〕 ◎市長(菊谷秀吉) 議案第1号 教育委員会委員の任命についてご説明いたします。 本市の教育委員会委員であります守谷保夫氏は、本年9月30日付をもって任期満了となりますが、引き続き同氏を教育委員会委員に任命いたしたく、本案件を提案するものであります。 守谷氏は、平成6年10月以来、教育委員会委員として3期12年間、また平成17年4月からは教育委員会委員長として本市の教育行政の推進に尽力されてまいりました。 同氏は、豊富な経験と知識を持たれた方であり、また教育行政に対する深い理解を示され、そのすぐれた判断力と実践力は高く評価されているところでありますことから、人格、識見ともにすぐれ、高潔な同氏を再度本市教育委員会委員として任命いたしたく、地方教育行政の組織及び運営に関する法律第4条第1項の規定により議会の同意を求めるものであります。 次に、行政報告をいたします。北海道による財務手法等の点検結果において、不適切な会計処理が行われているとされ、公表されたことについて行政報告をいたします。夕張市の財政破綻に関連し、さきに北海道が行った一時借入金等の実態調査において、一般会計と特別会計間で年度をまたがる貸し付け、償還が行われていることが結果的に赤字隠しと見られかねない不適切な会計処理とされ、本市を含む道内8市町がそのような会計処理をしていたことから、北海道から改善が必要であるとの助言があったところであります。 本市の国民健康保険特別会計においては、これまで赤字決算となった場合は繰り上げ充用により対応してきておりましたが、17年度予算からは一般会計からの貸付金としたところであります。国保会計においては、平成15、16年度が赤字決算となったことから、赤字解消に向けた取り組みが求められておりましたが、合併を目前に控え、税率改正が難しく、恒常的な赤字が見込まれていたため、収入不足額を一般会計から貸し付けする方が赤字額を明確にすることができると判断したものであります。また、国民健康保険法第75条においても貸し付けできるとされていることから、適正な会計処理であると判断し、大滝村との合併後の税率改定までの経過的措置として行ったところであります。このようなことから、本市の会計処理は今回の調査の目的である一時借入金による赤字隠しとは別次元のものととらえております。 また、国保会計の財務状況については、議会においてもその内容を明らかにし、ご理解をいただきながら運営しているところであり、赤字隠しをしているような報道に怒りを感じており、北海道に対しても適切な指導を求めるところであります。結果的に今回の報道は、市民の皆さんに誤解と不安を与えるとともに、議員各位にご迷惑をかけることになりましたことはまことに不本意でございます。しかし、北海道からの財務手法等が不適切であり、改善の必要がある旨の助言があったことから、今年度からより適切な方法に改めなければならないと考えております。また、赤字解消に向けた取り組みは喫緊の課題であり、平成20年度の税率改正に向け、来年度から協議を進めてまいります。 以上、行政報告といたします。
    ○議長(滝谷昇) 大坪助役。          〔助役 大坪鐵雄登壇〕 ◎助役(大坪鐵雄) 提案理由の説明を申し上げます。 議案第2号 工事請負契約の締結についてご説明いたします。本案件は、地方自治法第96条第1項第5号並びに議会の議決に付すべき契約及び財産の取得又は処分に関する条例第2条の規定に基づき、予定価格が1億5,000万円以上の工事請負契約の締結について議会の議決を求めるものでございます。 本工事は、にれの木団地10号棟建設工事における建築主体部分でございまして、入札につきましては地元の特別共同企業体3社、地元以外の企業4社を指名し、8月10日、指名競争入札を行いました結果、地元の小松建設・松本特別共同企業体が落札し、8月15日付で仮契約を締結いたしたところであります。 施設の概要及び施設位置図等につきましては、議案説明資料に示したとおりであり、工期は平成19年9月15日までといたしております。 なお、関連工事の入札につきましては、本日配付しました補足資料に示したとおり、附属棟建設工事は9社、電気設備工事は3特別共同企業体、衛生設備工事は5特別共同企業体、換気設備工事は10社を指名し、9月5日に指名競争入札を行ったところであります。 次に、議案第3号 西いぶり廃棄物処理広域連合を組織する地方公共団体の数の増加及び西いぶり廃棄物処理広域連合規約の変更についてご説明いたします。本案件は、広域連合の事務に共同電算の事務を加え、広域連合の組織に登別市が加入することによる規約の変更について、地方自治法第291条の11の規定に基づき、議会の議決を求めるものであります。 変更の内容につきましては、広域連合の名称を西いぶり広域連合に変更し、共同電算の事務を追加、登別市の追加、議員定数並びに副広域連合長の数の変更を行うものであります。 また、共同電算の事務に係る負担金の割合などにつきましては、議案説明資料にお示ししているとおりであります。 なお、本規約の施行期日につきましては、平成18年11月1日から施行するものであります。 次に、議案第4号 伊達市霊園管理基金条例についてご説明いたします。本案件は、議案第7号として上程しています伊達市墓地条例の一部を改正する条例により、伊達市霊園の第3期造成墓地の使用につきまして、使用料とは区分して新たに管理料を徴収することに伴い、その管理料の適正な運用を図るため、伊達市霊園管理基金を設置するための条例の制定であります。 条例の内容につきましては、議案及び議案説明資料にお示ししたとおりであります。 また、施行期日につきましては、伊達市墓地条例の一部を改正する条例の施行期日と同日の本年10月1日とするものであります。 次に、議案第5号 伊達市市民研修センター条例についてご説明いたします。本案件は、市民研修センターの管理を効率的かつ効果的に行うため、指定管理者制度を導入し、指定管理者により管理運営を行わせることができるように条例の全部を改正するものであります。 本条例では、指定管理者制度を導入するに当たり、これらに係る市民研修センターの管理運営について定めているところであります。 なお、条例の概要につきましては、議案説明資料にお示ししたとおりでございます。 次に、議案第6号 公益法人等への伊達市職員の派遣等に関する条例の一部を改正する条例についてご説明いたします。本案件は、会社法並びに会社法の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律の施行に伴い、有限会社法が廃止になったことにより条例を改正するものであります。 改正の内容といたしましては、有限会社法の廃止に伴い、第10条中の有限会社の字句を削るものであります。 条例の施行日については、会社法の施行に伴う関係法律の整備等に関する法律が本年5月1日に施行されていることから、公布の日から施行するものであります。 次に、議案第7号 伊達市墓地条例の一部を改正する条例についてご説明いたします。本案件は、伊達市霊園におきまして平成3年度の第1期並びに平成7年度の第2期に供用を開始した合計331区画の墓地がすべて使用されていることに伴い、第3期分として382区画を本年10月1日から供用を開始し、それに伴う使用料、使用料減免額及び管理料を定めるために条例を改正するものであります。 改正の内容につきましては、第3期造成事業費を根拠に算出した使用料並びに使用料減免額を定め、また従来使用料に含まれていた管理料を今回から使用料と区分し、新たに料金を定めるものであります。 なお、これらの料金の適用についてでありますが、使用料及び使用料減免額につきましては今回の第3期造成墓地の使用について適用し、既存の霊園の区画につきましては従前の料金を適用するものであります。管理料につきましては、今回の第3期造成墓地の使用から適用するものであります。 次に、議案第8号 伊達市コミュニティセンター条例の一部を改正する条例についてご説明いたします。本案件は、平成19年4月1日に供用を開始する長和地区コミュニティセンターを追加するための条例の改正でございます。 改正の内容につきましては、第2条の表に名称及び位置を加えるものでございます。 次に、議案第9号 伊達市乳幼児医療費の助成に関する条例並びに伊達市重度心身障がい者及びひとり親家庭等医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例についてご説明いたします。本案件は、両条例において公的負担の対象である措置医療を受けている者を助成対象者から外すこととしておりましたが、公的医療について新たに利用契約制度が導入されることにより、その制度を利用する者を助成対象とし、措置制度を受けている乳幼児は助成対象外とする改正をするため、また健康保険法等の一部を改正する法律に伴う所要の改正をするため、条例の改正を行うものであります。 改正の内容につきましては、助成の対象から除いている児童福祉施設に入所している者を措置制度により里親に委託され、または児童福祉施設に入所している者とし、健康保険法から引用している標準負担額を食事療養標準負担額とし、伊達市重度心身障がい者及びひとり親家庭等医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例に限り、助成の範囲から生活療養標準負担額を控除する規定を加える改正をするものでございます。 次に、議案第10号 伊達市老人医療費の助成に関する条例の一部を改正する条例についてご説明いたします。本案件は、健康保険法等の一部を改正する法律の施行に伴う所要の改正を行うための条例の改正であります。 改正の内容につきましては、第2条第7号及び第7条第1項において標準負担額とあるのを食事療養標準負担額と改めるものでございます。 次に、議案第11号 伊達市国民健康保険条例の一部を改正する条例についてご説明いたします。本案件は、少子化対策の一環として医療費制度改革により出産育児一時金が見直されたことに伴い、条例を改正するものであります。 改正の内容につきましては、出産育児一時金の額について、現行の30万円を35万円に改正し、本年10月1日より施行するものであります。 次に、議案第12号 伊達市水道事業の設置等に関する条例の一部を改正する条例についてご説明いたします。本案件は、本市の水道事業の給水区域外において、近年硝酸性窒素等により地下水汚染が進行し、水質規準値を超えた飲用井戸も確認されており、また旧農業センター跡地において優良田園住宅の建設事業が実施されることに伴い、これらの区域に安全な水を安定的に供給する必要があることから、給水区域を拡大するために条例の一部を改正するものであります。 改正の内容につきましては、現在館山下町の一部の地域が給水区域になっていますが、それを全域に拡大し、清住町、松ケ枝町、萩原町の一部の地域をさらに拡大し、また西関内町、東関内町、乾町の一部の地域を新たに給水区域に編入するものであり、給水人口を3万6,700人と改めるものであります。 なお、本条例の施行日につきましては、北海道知事の許可のあった日からとするものであります。 次に、議案第13号についてご説明いたします。議案13―1ページでございます。議案第13号は、平成18年度伊達市一般会計補正予算(第4号)についてでございます。歳入歳出予算の補正につきましては、歳入歳出予算の総額からそれぞれ5,862万9,000円を減額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ171億2,249万1,000円とし、款項の区分及び当該区分ごとの金額等は「第1表歳入歳出予算補正」のとおりとするものでございます。 補正予算の内容につきましては、議案説明資料及び予算説明調書に記載してございますが、主な事業は地域生活支援事業費、健康づくり推進事業、農業振興施設整備事業補助金、商店街近代化整備事業助成金、錦川沿線整備事業、学校施設耐震化推進計画等策定支援事業などでございます。 地方債の補正につきましては、「第2表地方債補正」のとおりでございまして、発行額の決定した減税補てん債と臨時財政対策債の限度額を変更するものでございます。 次に、議案第14号についてご説明いたします。議案14―1ページでございます。議案第14号は、平成18年度伊達市国民健康保険特別会計補正予算(第2号)についてでございます。歳入歳出予算の補正につきましては、歳入歳出予算の総額にそれぞれ1億776万8,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ49億5,281万2,000円とし、款項の区分及び当該区分ごとの金額等は「第1表歳入歳出予算補正」のとおりとするものでございます。 補正予算の内容につきましては、議案説明資料及び予算説明調書に記載してございますが、出産育児一時金支給経費、高額医療費拠出金の増額や保険財政共同安定化事業拠出金に係るものなどでございます。 次に、議案第15号についてご説明いたします。議案15―1ページでございます。議案第15号は、平成18年度伊達市老人保健特別会計補正予算(第2号)についてでございます。歳入歳出予算の補正につきましては、歳入歳出予算の総額からそれぞれ33万3,000円を減額し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ56億9,652万4,000円とし、款項の区分及び当該区分ごとの金額等は「第1表歳入歳出予算補正」のとおりとするものでございます。 補正予算の内容につきましては、予算説明調書に記載してございますが、平成17年度決算に伴う繰り上げ充用金の減額でございます。 次に、議案第16号についてご説明いたします。議案16―1ページでございます。議案第16号は、平成18年度伊達市下水道特別会計補正予算(第2号)についてでございます。歳入歳出予算の補正につきましては、歳入歳出予算の総額にそれぞれ628万4,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ25億3,071万6,000円とし、款項の区分及び当該区分ごとの金額等は「第1表歳入歳出予算補正」のとおりとするものでございます。 補正予算の内容につきましては、予算説明調書に記載してございますが、平成17年度確定申告分及び平成18年度中間申告分に係る消費税等納付金でございます。 次に、議案第17号についてご説明いたします。議案17―1ページでございます。議案第17号は、平成18年度伊達市介護保険特別会計補正予算(第1号)についてでございます。歳入歳出予算の補正につきましては、歳入歳出予算の総額にそれぞれ5,665万9,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ26億7,105万8,000円とし、款項の区分及び当該区分ごとの金額等は「第1表歳入歳出予算補正」のとおりとするものでございます。 補正予算の内容につきましては、予算説明調書に記載してございますが、成年後見制度利用支援事業並びに平成17年度決算に伴う国、道及び支払基金に対する返還金などでございます。 次に、議案第18号についてご説明いたします。議案18―1ページでございます。議案第18号は、平成18年度伊達市霊園特別会計補正予算(第1号)についてでございます。歳入歳出予算の補正につきましては、歳入歳出予算の総額にそれぞれ2,177万5,000円を追加し、歳入歳出予算の総額をそれぞれ8,863万9,000円とし、款項の区分及び当該区分ごとの金額等は「第1表歳入歳出予算補正」のとおりとするものでございます。 補正予算の内容につきましては、予算説明調書に記載してございますが、伊達市霊園第3期造成に伴う霊園維持管理費及び長期債償還に係る減債基金積立金などでございます。 次に、議案第19号についてご説明いたします。議案19―1ページでございます。議案第19号は、平成18年度伊達市水道事業会計補正予算(第2号)でございます。補正の内容は、4月1日付の人事異動に伴う人件費の増額でございます。当初予算に対しまして職員1名の増などから、給与費及び手当等の増額が見込まれるものでございます。 まず、第2条は、収益的収入及び支出の補正でございます。支出の第1款水道事業費用につきましては1,718万円を増額し、5億1,854万8,000円に、第1項営業費用につきましても同額を増額し、4億7,764万9,000円に補正するものでございます。 これに伴いまして、補正予算第3条の予算第7条に定める予定支出の各項の経費の金額の流用につきましても第1号営業費用を1,718万円増額し、さらに補正予算第4条の予算第8条に定める議会の議決を経なければ流用することができない経費につきましても第1号職員給与費を同額増額し、1億2,068万1,000円とするものでございます。 次に、認定第1号についてご説明いたします。別冊の平成17年度伊達市水道事業決算書をごらんいただきたいと存じます。表紙の次のページでございます。認定第1号は、平成17年度伊達市水道事業決算についてでございます。平成17年度の決算を地方公営企業法第30条第4項の規定に基づきまして、監査委員の決算審査意見書を別冊のとおり添え、議会の認定をいただきたく提案いたした次第でございます。まず、1ページと2ページの(1)、収益的収入及び支出でございますが、水道事業収益の決算額6億8,558万7,136円に対しまして、水道事業費用の決算額は4億6,901万9,796円となっており、収入総額から支出総額を差し引きいたしますと、消費税込みで2億1,656万7,340円の利益が生じたわけでございます。この利益が生じた主な要因につきましては、大口事業所の使用水量の増加により給水収益が増収したことなどが挙げられているところでございます。 次に、3ページと4ページの(2)、資本的収入及び支出でございますが、資本的収入の決算額4,216万4,800円に対しまして、資本的支出の決算額は4億2,908万5,970円となっており、資本的収入が資本的支出に対して不足する額は3億8,692万1,170円となっております。この不足する額の補てん措置といたしましては、下の表の枠外に記載しているとおりでございます。 なお、資本的支出の事業内容につきましても決算附属書類の14ページから17ページに記載しておりますので、後ほどごらんいただきたいと存じます。 次に、5ページから10ページにわたりまして財務諸表が消費税抜きで載っております。そのうち8ページの平成17年度伊達市水道事業剰余金処分計算書(案)でございますが、これは剰余金処分案として議決事項であると同時に、決算認定事項であるという二面性を有しているものでございます。当年度未処分利益剰余金2億133万9,795円のうち、地方公営企業法第32条第1項に基づく法定積立金として減債積立金に1,100万円、同2項による任意積立金として建設改良積立金に1億9,000万円の合わせて2億100万円を積立金として処分しようとするものでございます。 以上が平成17年度伊達市水道事業決算の概要でございます。今後とも事業実施に当たりましては、地方公営企業法に定める経営基本原則を常に念頭に置き、諸経費の節減に努め、経営の安定と住民福祉の増進に努めてまいる所存でございます。 以上で提案理由の説明を終了させていただきます。よろしくご審議を賜りますようお願い申し上げます。 ○議長(滝谷昇) 以上で提案理由の説明及び報告は終わりました。 △市長提出行政報告第1号の質疑 ○議長(滝谷昇) 次に、先ほど市長から行政報告をされたことについての質疑を行います。 ご案内のとおり、行政報告に対する質疑はいわゆる通常の議案質疑の日、今定例会でいうと12日に予定されておりますけれども、通常はその日に行政報告について質疑を行っていたところでありますけれども、本件についてはご案内のとおりマスコミ等に報道をされて、私自身も一部マスコミに誤解をされた上の報道があるというような思いから、市長部局との相談の中で当然議員の皆さん方においても、あるいは市民の皆さん方についてもこの件については関心事であるということから、通常のやり方から5日ほど前倒しして、つまりタイムリーさに考慮して本日行政報告日に、議会の初日に質疑を行うということにいたしましたので、ご了承を願います。 それでは、行政報告第1号 北海道における財政手法等の点検結果の公表についての質疑を願います。 8番、乗久議員。 ◆8番(乗久敏彦) 行政報告第1号に質疑をいたします。 この国保に対する貸付金制度というのは、平成17年と18年度に行っておりまして、それを議会でも議決しています。そういう経過がありますだけに、議会としての責任はあると思っています。したがって、その責任を感じつつ、お尋ねしたいと思います。 一番問題点は、またがっているという点、そして赤字隠しであるということが大きな問題、争点かなと、こう思うのですが、このまたがっているという点については貸付金ですから、国保会計から国保会計にやるのならまたがらないかもわかりませんけれども、一般会計なり他会計からいく場合は必ずまたがると思うのです。またがることが赤字隠しになっているかという点になりますと、例えば18年度でいきますと一般会計で4億2,854万、他会計貸付金、国民健康保険会計になっています。そして、国保会計でも明らかに一般会計借入金4億2,854万となっています。したがって、私たちはそれを議決してきた経過があります。これは当初予算ですから、数字は別として。一般会計で貸し付けし、国保で借り入れしているという金額は明々白々だと思っています。それを私たち議決した経過あるから、それが赤字隠しあるいはまたがっているという指摘をされて釈然としない気持ち、率直に言って私たちだって間違ったことをやっているとは思っていないできましただけに、繰り上げ充用だってやってきています。しかし、明確な貸付金で明確にするということは間違った手法をとってきたとは思えない。その点、どうとも釈然としない。その点についてお答えをいただきたいと思うのと、例えば貸付金でないとすれば国庫補助金ぐらいしかないと思うのです。そうしたら、この貸付金というのは当初ですよ。1年度間、このくらいの赤字になるなと。したがって、4億2,800万なら4億2,800万、計算しています、当初に。正確ではありませんか。繰り上げ充用でしたら決算です。そうしたら、1年度間例えば国庫補助金でいくならば、非常に国庫補助金こそ金額が明らかではないではありませんか。基礎がないです。実態のない数字になります。それよりも僕は、貸付金の方が精度が濃いと思っています。中身を見ても決して僕は、当初予算の貸付金は精度の濃いものだと、こう思っています。しかし、それが赤字隠しという議論につながるだろうかと。どうしても理解できないので、道の見解なりを教えていただきたいなと思います。 それから、大滝、伊達、合併協議会の議決項目がございます。この議決項目は、これは変わりありませんね。変わりないかどうかお尋ねします。 それから、この貸付金制度というものは地方財政法あるいは地方自治法、国民健康保険法に照らしてどうであったのかということが、根拠法が正しいのか正しくないのか、適用が正しいのか正しくないのかということだと思うのです。したがって、道はこの解釈がおかしいと。指摘かもわからないけれども、地方財政法、地方自治法、国民健康保険法に照らしてこの貸付制度というのは間違っているのか、赤字隠しなのか、明確でないのか、その点どう正確に調べられましたか。 それから、この8自治体、小樽とかむかわとか伊達を含めて、例えば勘ぐりですけれども、小樽の場合は赤字決算をやっている市でもあります。したがって、小樽と伊達の差はあるのではないのかなと思います。そこで、小樽の状況や他市の状況を詳細に調べて、伊達と他市の違いというものは掌握されているかどうかお尋ねします。 それから最後ですが、地方分権に照らしても道の言うがままが地方自治体のあり方だろうかと。やっぱり毅然とした解釈といいましょうか、正論は主張すべきものは主張すべきが今の地方分権下における自治体のあるべき姿ではないのかなと、こう思うのですが、その点はどういう解釈をお持ちかお尋ねします。 ○議長(滝谷昇) 市長。 ◎市長(菊谷秀吉) 詳しくは担当部長からお答えをさせていただきますが、まず基本的な話を私の方から申し上げさせていただきたいと思います。 まず、私はこの問題の一番の問題点であったのは、やっぱり国がこの会計制度に対して整理をしていないということが最大の問題でございます。特に私は繰り上げ充用という制度が、これは解釈を読めばおわかりのとおり、そもそも公会計において赤字ということは前提にしていないと、こういうことからスタートするわけです。私も昭和58年に市議会議員になったときに、特別会計の決算の際に繰り上げ充用という言葉が出てまいりました。これは、民間から来た人間にとって繰り上げ充用という言葉は非常にわかりづらいのです。なぜわかりづらいかというと、当時の説明によると、例えば平成17年度で赤字になった額は18年度歳入を先取りすると。これは、民間では考えられません。それで、それはおかしいのではないかと私は質問をした経緯もございます。ですから、繰り上げ充用という言葉自体が果たして適切なのかどうかということ、それから先ほど申し上げたように制度の前提として赤字というのは前提としていないということ自体がそれこそ時代錯誤だということでございます。したがって、今回北海道の見解は、これはマスコミの報道にもありましたけれども、違法ではないと。そして、しからば我々が不適切だということは、適切とは一体どういうことなのだと、適切な処理というのは。それに対する答えはございません。我々は、要するに繰り上げ充用すればいい。要するに問題にしないよと、こういうことなので、あえて上級官庁とけんかしても得策ではないので、それ以上はやめましたけれども、適切な会計処理について、赤字についてどう処理するのかということをやっぱり国や北海道は我々に明確に示すべきであるにもかかわらず、いまだに示しておりません。これは、非常に私はマスコミの報道に対しても不愉快だということは、そういうことを前提として申し上げているわけであります。したがいまして、今回のことに関しまして国あるいは北海道が我々を指導するのかと、指導なのかと。いや、指導ではないと。助言であると、アドバイスと。アドバイスとは一体何なのだと、それは。しかし、先ほど申し上げたように我々は弱い市町村がけんかしたって得ではないので、繰り上げ充用という言葉さえ使えば問題なしというので、それ以上はやめましたけれども、私は非常にそうした今の公会計制度が過渡期にもかかわらず、いまだにそういう整理がされていないということが大きな課題ではないかと思います。 ちなみに、先ほど助役から議案説明をしました例えば水道会計、これも民間の人が見たらだれもわかりません。例えば借り入れ資本という言葉があるのです。これは、貸借対照表では左側に資産が来て右側に負債と、それから資本があると。その資産を何によって賄っているかと、資産を形成する過程で。これを明らかにするのです。その際に、例えば企業の流動性、資金の流動性を図るために流動比率という言葉がございます。その際の流動比率を計算する根拠というのは、流動資産割る流動負債です。例えば一般の企業であれば、1年以内に返す借入金、長期借入金にしても1年以内の分については流動負債で計上するのです。それで流動比率を出すのです。ところが、この企業会計において、借り入れ資本ですから、流動比率に計算する、これは固定比率もそうなのですが、実態を非常にわかりづらくしている。借り入れ資本と聞いて、わかる人なんていないと思うのです。ですから、我々はむしろ逆なのであって、やっぱり市民の皆さんに、赤字隠しではないのです。赤字を明らかにするために、言葉として繰り上げ充用という言葉がわかるのか、一時借入金の方がわかるのか、これはだれが考えたってわかるわけです。借金しているのだから、これは赤字だから借金しているのであって。例えば繰り上げ充用という言葉を使うとすれば、有珠山噴火の際に徴収猶予をしたと。例えば半年猶予して、会計間がまたがってしまった場合に使うとかいうのであれば、これは赤字を前提としないという根拠に私は成り立つと思うのです。ですから、そもそもこの制度の欠陥をこういうことにして、私はそれに対する是正措置をやっぱり国や北海道が自治体に対して、赤字隠ししたのは、我々はしていないですけれども、実態はあるわけですよね。それに対して国はどういう指導をするのか。いまだに会計制度上の問題については何もやっていない。これが非常にむしろ私は問題であると、このように認識をしております。 ちょっと興奮していますけれども、最初は本当に驚きまして、一体何なのだと、これは。そして、いろいろ見解を求めたのです。でも、なかなか我々の意図するところに対するお答えはございませんでした。これ以上私は申し上げませんけれども、けんかしても得はないので、やめます。それで、助言に従ってやるという結論に達したと、こういうことでございます。 ○議長(滝谷昇) 市民福祉部長。 ◎市民福祉部長(宮崎和彦) 大滝との合併の関係でのことに変わりはないかということにつきましては、その関係につきましては協定書どおりの予定でございます。 あと、それと国民健康保険法上またはその辺の法律の関係上、貸し付けというのが違法なのかということにつきましては、先ほど助役の方からお話あったとおり国民健康保険法75条で貸し付けすることができるということなものですから、適切と考えてございます。 あと、他市の状況でございますけれども、これにつきましてはちょっとまだうちの方で把握していない部分もございまして、正確に述べれないというところでございますので、今の中では正確にちょっとお話しすることはできません。 以上でございます。 ○議長(滝谷昇) 乗久議員。 ◆8番(乗久敏彦) 市長の興奮しているというお答えをいただきましたが、わかります。僕も少し理路が整然としていないだけに、まじめに議決しただけに、それが間違っている、赤字隠しだと言われると、根拠は何よと言いたくなる。根拠法を言ってくれよと。そして、議員がおっちょこちょいだったからかと言いたくなる。貸付金制度をまじめに論議、説明を受けて審議して議決しました。それがことしだってやっているのが赤字隠しで、助言もらうというのは、だから地方財政法なのか、地方自治法なのか、国民健康保険法に違反するのかいと聞きたくなります。したがって、ただ単にやっぱり地方分権だってあるわけだから、対等だろうと、こうなるし、やれと言うから、はいと。理解しないけれども、やりますということだけではやっぱり釈然としない。それから、これが地方自治法にとっていいのかなと思います。晴れ晴れというのですか。間違っていたら、明らかにああ、そうかと、ここが間違っていたかと、こう思いますけれども。 それから、追い詰める気持ちはないけれども、またがっているという点について、一般会計と特別会計またがるのは当たり前であって、貸付金制度は。それが間違っていると言うのだったら、僕は何をか言わんやと思っています。だから、またがらない貸付金、またがらないというのは繰り上げ充用しかないわけです。繰り上げ充用でやれば、先ほど言ったとおり国庫補助金か何かでやるしかないのです、膨らますしか。4億何ぼであろうと、1億何ぼであろうと、かえってその方が不明朗ではありませんかと僕は言いたいのだけれども、市長、やっぱりこれ岩見沢市と比べるということが果たして正しいかどうかという問題もありますけれども、議会もやむなくこれは渋々と了解せざるを得ないのですけれども、やっぱりもう少し小樽とか伊達とかを調べて、後日で結構です。中身がどう違うのか、そして会計制度の不備が各自治体どうとらえているのか、もう少し調べて後日議会にでも報告もらいたいと思って、ふんまんやる方なしで私の質疑を終わります。 ○議長(滝谷昇) 11番、吉野議員。 ◆11番(吉野英雄) 乗久議員に対するご回答で大体方向性はわかったのですけれども、平成17年度の当初予算からこれが導入されまして、私もそのときに質疑をした一人でございます。当時の説明としても市長は、この方がむしろ国保の中でどういうような赤字が出ていてということが市民に決算上、会計上明確になるということでご説明があったというふうに私も記憶をしております。議会の側も先ほど乗久議員おっしゃったように、そういった質疑を経てこの予算案を可決してきたという経過があります。 それで、昨日も私どもの方の集まり、私ども身内の方ですが、集まりがありまして、新聞報道でいろいろ出ておりますので、一体議員としてどういう質疑をしてきたのかというようなことがありまして、私どももるるむしろこの方が赤字額が国保の中でどういうふうに出ているのかということで明確になるのだというふうに判断をして議決に賛成をしてきた経過があるということでお話をしました。なかなか会計の処理上のことですので、新聞報道が先行しますし、いわゆる赤字隠し問題が夕張などを中心にして問題になっているだけに、やはり市の立場、こういうことで処理をしてきて、法的な問題はこうこうこうなのだというようなことを市民にわかるようにしていかなければいけないなというふうに思います。いろいろな自治体をめぐる不祥事がさまざま出ておりまして、これが伊達市においても同じようなことをやっているのかというようなことが不信につながってまいりますので、特にこういった点についてはきちっとやっぱり市民に説明、わかりやすくといっても会計処理上のことですので、なかなか難しいかもしれませんが、それらはきちんとやっていく必要があるなというふうに思いますので、この辺についてはどのようにお考えでしょうか。 ○議長(滝谷昇) 市長。 ◎市長(菊谷秀吉) 吉野議員さんおっしゃるとおりでございます。我々は、やっぱり役所用語という言葉が非常に見えなくしてしまうのです。さっき申し上げた借り入れ資本とか、実態に合わないような言葉を使ったり、今回の意図したところはいわゆる赤字を、これを実は表現する方法はございません。だから、私が一番問題にしているのは例えば夕張のようなケース、あと今回8市町の中に相当額の特別会計なり三セクなりで赤字を抱えているところも実はございます。これを赤字なのかどうかということを明らかにする会計制度上の整理をしないといけないと思うのです。そうしないと、やっぱり見えないのです。繰り上げ充用なんて言葉を知っている人なんて、議会の議員さんにでもならない限りわかりませんよね。何かどこかからあてがってくれるのだろうぐらいにしか私の当時の実感としてはありませんでした。したがって、そういう点は別に住民に隠そうという気持ちもありませんし、むしろ実態を明らかにしたいがゆえにこういうより市民レベルに近い言葉を使ったといういきさつでございます。それで、市の方としてはこういうてんまつにつきまして、あるいは私どもの主張について広報の10月号で特集をしてお知らせをしていきたいと。そして、国保の赤字についてもやっぱり包み隠さず住民に知らしめていくべきであると思います。 もう一つ問題は、少子高齢化社会の中で特に国保会計というのは、今の制度上で一般会計からの繰り出し、いわゆる法定分以外はだめだという国の指導も私は問題があるのではないかと、こう思っています。したがって、ここら辺もあわせて、これは10月号の広報でやるということではありませんが、やっぱりそういう考え方も主張していかないと、これ以上限度額の引き上げとかということは、私は相当困難な時代になってきているのではないかと。つまり新たに国保に加入した人自体のやっぱり支払い能力自体にも限界が来ている。ですから、我々は一般会計で企業努力して、一部をそういう面であてがっていくということも私は自治体、伊達市という立場で主張していく時代なのかなということで、この赤字の処理についてもそういうふうに検討するように国あるいは関係団体の指導がどうなっているのか、今整理をするように言っているところでございます。 ○議長(滝谷昇) 24番、石橋議員。 ◆24番(石橋收) 乗久議員、吉野議員さんの方からも質疑ありましたこの問題等について、十分理解した上での確認と今後の問題等も市長の方にお話をしておきたいと思っております。 まず、一つは、我々も議会で議決した問題でもあります。したがって、我々も大きな顔をして行政と論議あるいは問題、課題どうだと、こういう議論にはならぬかと思いますけれども、市長は今の報道機関あるいは道の指導の問題、これが特定の自治体だけ、それ以外の自治体が先ほど市長の方から説明ありましたように、当然財源というのはかなり確保するのに難しい会計なだけに、ほかのところはみんなどうやっているのだろうというのが不思議でならないと。その辺がどうも会計運営法上だけの問題なのかどうか。いわゆる地方自治体独自で、いろいろと取り扱いを知恵を絞れば何かあったのでないのかと、あるいはあるのでないのかと、こんな思いもするのですけれども、その辺で他の自治体のそういった情報など、聞き取りをやっておられているのかどうかというのがまず一つです。 それから、先ほど市長の方からもお話がありましたように、被保険者はもう税関係については目いっぱい、僕は厳しい今の現状と環境にあるだろうと。なぜそう言うかといえば、税制改正で所得税の税改正、それから地方税の改正でこの所得割が全部国保と介護保険、その他全部関連で波及するわけです。その波及の影響が相当多くなるだろうということが予測される現状からして、ここに書いてあります19年、国保の協議会に諮りたいと、さらに20年から税制の改正をしたいと、こういうふうにここに明確になっています。そこで、この新聞を見ますと、65歳以上の地方住民税が6月から上がった、それから保険料額も負担になった、いわゆるもうこれ以上上げないでほしいと、こういうことの記述がありますので、ぜひ先ほど市長が言ったようにやはり被保険者に対する十分な配慮あるいは減免措置の問題等も含めて十分検討していただきたいというふうに思いますけれども、その辺等の考え方も含めてお尋ねしたいというふうに思います。 ○議長(滝谷昇) 市長。 ◎市長(菊谷秀吉) 国保につきましては、かねがね厚労省はいわゆる目的外流用、要するに一般会計から法定繰り入れ分以外は入れてはいけないという、そういう指導をしてきました。今私は先ほど答弁したように、それがどの程度ペナルティーがあるのか、それから今ご質問ありましたように例えば一般会計から繰り出しする場合に別な方法はないのかと、目的を何か考えて繰り出しする方法がないのかということをこれから検討をしていきたい。これは、20年の税率改正ということがございますので、今ご質問にありましたようにやっぱり所得の低い層は配慮しないと相当困難になってきているのではないかと私は思っています。したがって、今回の赤字隠しと言われたのは、むしろこれだけ苦しいのですよということも一つと、やっぱりこれに対して今後抑えるものは抑えて必要なものに回すという、そういう地味によりわかりやすくやっていく。その中で、住民がどういうふうに判断するのかということは、やっぱり私はもっとわかりやすくしないといけないと、こういうふうには思っています。それで、20年の改正に向けて、今ご指摘のあったとおりに市民全体のやっぱり福祉の向上というのが我々の大きな使命でございますから、そういう点にあった中で財源をどう振り向けていくか等を検討していきたいなと、このように考えているところでございます。 ○議長(滝谷昇) 石橋議員。 ◆24番(石橋收) 17年については一般会計借入金と、こういうことでこれが初年度で新設と、こういう助役の説明があって、我々も議決したのが1億4,000万ですね。18年については、相当大きな金額から、現在補正で減額しておりますので、残高が3億1,800万になろうかと思います。したがって、20年から実施計画をされているのが、こういったものが積み上げになって20年と、こういうことになるわけですから、これは相当な負担になるのでないかというふうに予測されます。したがって、それら等についての経過措置あるいは丸々それらも含めて長期的に何十年かのスパンで計画されるのかどうか、その辺もし考え方があるとすればお示しを願いたいと。 ○議長(滝谷昇) 市長。 ◎市長(菊谷秀吉) これは、例えば先ほど申し上げたようにペナルティーという問題が一方ではあるのです、一般会計からの目的外の繰り出しをする場合に。だから、そういったことに関してもう一回整理をするということが一つと、それから国保会計の事業の中で一般会計で見れるものがあるのかないのかというのを洗い出しをする。できれば私は、今ご質問にあったように赤字額をできるだけ膨らませないように税率改正以前から、つまり19年度からもし措置が可能なものがあれば前倒ししてでもやっぱりやっていきたいなと思っています。おかげさまで今期の決算なんかもまあまあ予想以上に好成績だったので、これにおごることなく引き締めるところは引き締めて、しかし一方においては市民生活に影響を与えないように頑張っていかなければいけないなと、そういう意味でめり張りをつけていきたいなと、こう考えております。 ○議長(滝谷昇) 石橋議員。 ◆24番(石橋收) 財源確保にはそれぞれ努めておられる、いわゆる保険料というのがあります。実は、これ12年からのを調べてみましたら、12年で3億9,500万ぐらいの滞納がありまして、その成果、努力は15、16と一生懸命努力されまして、現在3億2,000万ぐらいのいわゆる滞繰があるわけです。先日担当の方ともいろいろお話をさせていただきましたけれども、最善の努力をもって今対応していると、こういうお話でもございました。問題は対住民、市民、我々は理解しても住民にこれら等については十分理解をしてほしいと努力はしている、頑張っていると、こういうようなことで、我々も説明しますけれども、なかなかそういう納税意識の低下ということと、もう一つは納税をひとしく努力されて納めておられる方にも相当影響も、今後そういった税の改正のときに影響が出てくるのでなかろうかと、こんな予測もされます。もう一つは、滞繰もそうですけれども、不納欠損処分の問題がやっぱり指摘の事項に、いわゆる案件になってくると。こういうことをトータル的に住民の側に立った、やはり総合的にどうあるべきかということ等の国保会計をしっかりと確立あるいは長期に展望してつくることが一番市民にひとしく公平に訴えるにいいのでないのかと、こう思いますけれども、市長の考え方を聞いて終わります。 ○議長(滝谷昇) 市長。 ◎市長(菊谷秀吉) 全くそのとおりだと思って、できるだけ持続可能な国保会計制度を維持できるように仕組みを考えていきたいと思いますし、また先ほど来答弁しておりますように高齢化社会の中において負担できない人も相当ふえているということの現実を踏まえながら制度設計に当たる、つまり税率改正する際にもそういう点を十分配慮しながら判断していきたいと、このように考えております。 ○議長(滝谷昇) ほかにありませんか。          〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(滝谷昇) ないものと認め、質疑を終わります。 なお、行政報告第1号については、報告として受理することといたします。 △次会日程の報告 ○議長(滝谷昇) 以上で本日の日程は終わりました。 お諮りいたします。明日から9月11日までは議案調査等のため休会にしたいと思いますが、これにご異議ありませんか。          〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○議長(滝谷昇) 異議ないものと認め、明日から9月11日までは会議を休会とすることに決定いたしました。 9月12日は午前10時から会議を開きます。 △散会の宣告 ○議長(滝谷昇) 本日はこれをもって散会いたします。 ご苦労さまでした。          散 会 (午前11時08分)...