恵庭市議会 > 2016-04-28 >
平成28年  第2回 臨時会-04月28日−議案説明、質疑、討論、採決−01号

ツイート シェア
  1. 恵庭市議会 2016-04-28
    平成28年  第2回 臨時会-04月28日−議案説明、質疑、討論、採決−01号


    取得元: 恵庭市議会公式サイト
    最終取得日: 2019-09-06
    DiscussNetPremium 平成28年  第2回 臨時会 − 04月28日−議案説明、質疑、討論、採決−01号 平成28年  第2回 臨時会 − 04月28日−議案説明、質疑、討論、採決−01号 平成28年  第2回 臨時会           平成28年第2回臨時会         恵 庭 市 議 会 会 議 録         第1日目(平成28年4月28日)  (午後 1時00分 開議) △機構改革・人事異動の報告 ○伊藤雅暢議長 開会に先立ちまして、4月1日付で行われました組織・機構体制の報告、及び職員人事異動の発令に伴います、次長職以上の紹介の申し出がありますので、これを御了承願います。  北越副市長。 ◎北越副市長 それでは、4月1日付組織・機構の見直し及び人事異動について、その概要を御説明いたします。  平成28年度は、今年度からスタートする総合計画、また総合戦略の推進等に対応するため、庁内会議等での検討を進めながら、組織・機構の見直しを図り、市の重点施策を効率よく推進することのできる体制づくりを目指しました。  平成27年度においては、定年退職23名、早期退職2名、自己都合等退職9名の計34名の退職があり、一部中途採用をしながら補充して参りましたが、平成28年度当初時点における正職員数は519名であり、北海道からの派遣職員を含め、523名の体制となっております。  組織全体では、部の分離や課の新設、事務移管並びに行政委員会事務局の改変を行うとともに、特定課題に対する専任管理職の配置等を図り、効率的・機能的な人事配置に努めました。
     次に各部について、個別に御説明いたします。  総務部では、選挙事務の効率的な運営を図るため、総務部次長選挙管理委員会事務局長の併任としました。  また、全庁的な事務事業の効率的推進、組織マネジメントの強化等を図るため、次長職の再任用管理職の事務管理担当参与を配置し、そのラインに新たに情報事務管理課を設置しました。  さらには、契約課に検査業務の強化を図るため、新たに課長級の主幹を配置しました。  加えて地域防災のさらなる推進のため、一種非常勤職員次長級の危機管理参与を配置しました。  企画振興部では、移住・定住施策のさらなる推進をするため、まちづくり推進課に課長級の主幹を配置しました。  生活環境部では、島松支所長として正職員次長職を配置し、恵み野出張所に課長級の再任用管理職の所長を配置しました。  また、地域担当制の推進のため、市民活動推進課に再任用管理職の課長及び地域担当主幹を配置しました。  保健福祉部では、スポーツ関係の事務教育委員会から市長部局に移管されたことに伴い、健康スポーツを一体的に推進するため、専任の次長級のセンター長を配置するとともに、新たに健康スポーツ課を設置しました。  また子ども未来室を保健福祉部から分離し、子ども未来部として、子ども・子育て制度のさらなる充実を図るとともに、子ども発達支援センターには、正職員課長級のセンター長を配置しました。  経済部では、次長職を農政担当と商工業担当の2名体制としました。  それとあわせて、事務事業の効率化を図るため、農政担当次長と農政課長がそれぞれ農業委員会事務局長及び事務局次長を併任することとしました。  また、産業振興課と商業労政課を統合して、新たに商工労働課として、あわせて課長級の主幹を配置しました。  建設部では、新たに管理課に課長級の主幹を配置して、土木施設等の管理体制を強化するとともに、建築指導業務、公共施設の修繕・改修等の計画策定等のため、建築相談課を設置し、課長級の再任用管理職の主幹を配置しました。  水道部では、下水終末処理場長として次長級の再任用管理職を配置しました。  教育部では、学校教育の推進を強化するため、教育総務課と施設課を統合して、新たに教育総務課、学校教育課、教育支援課の3課体制としました。  また、社会教育課に新たに柏地区生涯学習施設の管理・運営を担当する再任用課長級の主幹を配置しました。  なお、スポーツ課を廃止して、事務事業については市長部局に移管しました。  農業委員会事務局では、事務局長を経済次長、農政担当の併任、事務局次長を農政課長の併任としました。  選挙管理委員会では、事務局長を総務部次長の併任とし、事務局次長には課長級の再任用管理職を配置しました。  以上が組織・機構の見直しの概要であります。ここで、部長職、次長職が整列いたしますので、少々お待ちください。  〔異動者入場〕  〔自己紹介〕  以上で平成28年度組織・機構の見直し、及び人事異動の報告といたします。  今後とも市政発展のために全力を尽くして参りますので、よろしく御指導をお願い申し上げます。  貴重なお時間をいただき、誠にありがとうございました。(拍手) △開会宣告・開議宣告 ○伊藤雅暢議長 ただいまの出席議員20名で、定足数に達しております。  ただいまから、平成28年恵庭市議会第2回臨時会を開会します。  これより本日の会議を開きます。 △会議録署名議員の指名について ○伊藤雅暢議長 日程第1 会議録署名議員の指名を行います。  会議録署名議員は、会議規則第88条の規定により、議長において、14番佐山美惠子議員、15番榎本敦尚議員の両議員を指名します。 △会期の決定について ○伊藤雅暢議長 日程第2 会期の決定についてを議題とします。  お諮りいたします。  今臨時会会期は、本日1日とすることに御異議ございませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○伊藤雅暢議長 御異議なしと認めます。  したがって、会期は、本日1日と決定しました。 △諸般の報告 ○伊藤雅暢議長 日程第3 諸般の報告を事務局長より報告させます。  吉川事務局長。 ◎吉川事務局長 では、私のほうから諸般の報告を行いたいと思います。  議会運営委員会委員の選任について報告いたします。  笹松京次郎委員が、4月4日付で、議長宛てに議会運営委員会委員の辞任願を提出し、これを議長許可しております。  このことにより、新たに小橋薫議員を、委員会条例第7条第1項の規定により、議長が4月5日付で指名し、選任いたしましたので報告いたします。  以上でございます。 △報告第1号 ○伊藤雅暢議長 日程第4 報告第1号、恵庭市税条例等の一部改正について(専決処分)を議題とします。  提案者の説明を願います。  中川総務部長。 ◎中川総務部長 −登壇−  ただいま上程されました報告第1号、恵庭市税条例等の一部改正について御説明申し上げます。  議案書の1ページをご覧いただきたいと存じます。  このたびの条例改正は、平成28年度の税制改正により、地方税法の一部を改正する法律が3月31日に交付されたことに伴い、所要の改正を行ったものでございます。  本来であれば、議案として御審議いただくところでございますが、この改正事項の一部が平成28年4月1日施行となっており、固定資産税及び都市計画税の納税通知書の発布日が4月8日となっておりましたことから、地方自治法第179条第1項の規定により、専決処分をしましたので、同条第3項の規定により議会に報告をし、承認を得るものでございます。  それでは、改正された個別の条文について御説明を申し上げます。  初めに参考資料7ページの新旧対照表をご覧ください。  第63条は、独立行政法人労働者健康福祉機構の、独立行政法人労働者健康安全機構への改組に伴い地方税法が改正されたことによるものであり、第66条も同様に改正されたことによるものであります。  次に、附則第8条の2は、省エネ改修工事に関する固定資産税の減免申請において、国または地方公共団体から受ける補助金を控除するよう地方税法が改正されたことによるものでございます。  続きまして、11ページの改正条例第2条につきましては、恵庭市税条例の一部を改正する条例平成27年条例第22号の附則第6条中の文言等を改正するものであります。  ここで6ページの本文に戻っていただきたいと存じます。  本文附則第1条は、この条例施行日は平成28年4月1日とするものであります。  次に附則第2条は、この条例による固定資産税の改正後の規定は、平成28年度以降から適用し、平成27年度分までのものについては、なお従前の例によるものとした規定であります。  以上、簡単に御説明申し上げましたが、よろしく御審議の上、原案のとおり御承認を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。  以上です。 ○伊藤雅暢議長 ただいまから、質疑に入ります。  〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○伊藤雅暢議長 質疑がなければ、これをもちまして質疑を終了します。  お諮りいたします。  本案には、討論の通告がありませんので、討論を省略して、原案のとおり承認することに、御異議ございませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○伊藤雅暢議長 御異議なしと認めます。  したがって、報告第1号は、原案のとおり承認されました。 △報告第2号 ○伊藤雅暢議長 日程第5 報告第2号、恵庭市都市計画税条例の一部改正について(専決処分)を議題とします。  提案者の説明を願います。  中川総務部長。 ◎中川総務部長 −登壇−  ただいま上程されました報告第2号、恵庭市都市計画税条例の一部改正について御説明申し上げます。  議案書の17ページをご覧いただきたいと存じます。  このたびの条例改正は、平成28年度の税制改正により、地方税法の一部を改正する法律が3月31日に交付されたことに伴い、所要の改正を行ったものであります。  本来であれば、議案として御審議いただくところでございますが、この改正事項の一部が平成28年4月1日施行となっており、固定資産税及び都市計画税の納税通知書の発布日が4月8日となっておりましたことから、地方自治法第179条第1項の規定により、専決処分をしましたので、同条第3項の規定により議会に報告をし、承認を得るものでございます。  それでは、改正されました個別の条文について御説明申し上げます。  参考資料の23ページの新旧対照表をご覧ください。  初めに、第2条第2項について、地方税法の改正により参照する項番号の変更と追加による改正でございます。  次に、附則第3項から第8項までは、地方税法の改正により参照する項番号の変更による改正であります。
     次に、参考資料27ページをご覧ください。  附則第12条は、地方税法の改正により、参照する項番号の変更によるものであります。  ここで、21ページの本文に戻っていただきたいと存じます。  本文附則第1条は、この条例施行日を平成28年4月1日とするものでございます。  次に、附則第2条は改正後の新条例は、平成28年度以後から適用し、平成27年度分までのものについては、なお従前の例によるものとした規定であります。  以上、簡単に御説明申し上げましたが、よろしく御審議の上、原案のとおり御承認を賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。  以上です。 ○伊藤雅暢議長 ただいまから、質疑に入ります。  〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○伊藤雅暢議長 質疑がなければ、これをもちまして質疑を終了します。  お諮りいたします。  本案には、討論の通告がありませんので、討論を省略して、原案のとおり承認することに、御異議ございませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○伊藤雅暢議長 御異議なしと認めます。  したがって、報告第2号は、原案のとおり承認されました。 △報告第3号 ○伊藤雅暢議長 日程第6 報告第3号、恵庭市固定資産評価審査委員会条例等の一部改正について(専決処分)を議題とします。  提案者の説明を願います。  中川総務部長。 ◎中川総務部長 −登壇−  ただいま上程されました報告第3号、恵庭市固定資産評価審査委員会条例等の一部改正について御説明申し上げます。  議案書の29ページをご覧いただきたいと存じます。  改正の主な事項は、恵庭市固定資産審査委員会条例の一部改正及び、先に議決された恵庭市固定資産評価審査委員会条例の一部を改正する条例の一部を改正するものでございます。  本来であれば、議案として御審議いただくところでございますが、施行期日平成28年4月1日であることから、地方自治法第179条第1項の規定により、専決処分をしましたので、同条第3項の規定により議会に報告し、承認を得るものでございます。  それでは、個別の条文について御説明申し上げます。  参考資料35ページの新旧対照表をご覧ください。  初めに、第1条関係による改正であります。第11条第1項中、前3条を第7条から第9条までに改めるものであります。  次に、36ページの第2条関係による改正であります。附則の適用区分第2項中の一部を改正するものであります。  ここで、33ページの本文に戻っていただきたいと存じます。  附則で、この条例施行日は平成28年4月1日とするものであります。  以上、簡単に御説明申し上げましたが、よろしく御審議の上、原案のとおり御承認賜りますよう、よろしくお願い申し上げます。  以上です。 ○伊藤雅暢議長 ただいまから、質疑に入ります。  〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○伊藤雅暢議長 質疑がなければ、これをもちまして質疑を終了します。  お諮りいたします。  本案には、討論の通告がありませんので、討論を省略して、原案のとおり承認することに、御異議ございませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○伊藤雅暢議長 御異議なしと認めます。  したがって、報告第3号は、原案のとおり承認されました。 △報告第4号 ○伊藤雅暢議長 日程第7 報告第4号、専決処分の報告についてを議題とします。  提案者の説明を願います。  中川総務部長。 ◎中川総務部長 −登壇−  ただいま上程されました報告第4号、専決処分の報告について御説明申し上げます。  議案書の37ページをご覧いただきたいと存じます。  本案件は、1件50万円以下の和解及び損害賠償額の決定につきまして、地方自治法第180条第1項の規定により、専決処分を行いましたので、同条第2項の規定により報告するものでございます。  事故の概要でございますが、平成28年3月11日午後6時ごろに発生した市道南27号線の穴により自動車のタイヤを損傷させたものであります。  和解の相手方につきましては、議案書記載の個人であります。相手方及び損害保険会社と協議を終え、市は道路管理上の瑕疵による過失割合を5割と認め、和解を行うこと及びその損害賠償額を1万1,622円とすることについて、平成28年3月18日に専決処分を行い、それに基づき相手方と示談いたしました。なお、損害賠償額については全て保険で賄われます。  以上、御報告いたしますので、よろしくお願いいたします。  以上です。 ○伊藤雅暢議長 ただいまから、質疑に入ります。  〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○伊藤雅暢議長 質疑がなければ、これをもちまして質疑を終了します。  したがって、報告第4号は、これをもちまして終了いたします。 △議案第1号 ○伊藤雅暢議長 日程第8 議案第1号、恵庭市固定資産評価員の選任同意についてを議題とします。  提案者の説明を願います。  原田市長。 ◎原田市長 −登壇−  ただいま上程されました議案第1号、恵庭市固定資産評価員の選任同意につきまして、御説明申し上げます。  本議案につきましては、地方税法第404条第2項の規定により、当市の固定資産評価員を選任していただくものであります。  当市におきましては、税務を担当しております総務部長をもって固定資産評価員に当てていることから、御案内のとおり、本年4月1日付人事異動により、現在その職にあります中川淳一氏を選任いたしたく、御提案申し上げる次第であります。  中川氏の略歴につきましては、議案に添付しております参考資料をご覧いただきたいと存じます。長年にわたるその行政経験からも、最も適任と認められる方と存じますので、中川氏を評価員として選任するべく、御賛同を賜りますようよろしくお願いを申し上げます。  以上でございます。 ○伊藤雅暢議長 ただいまから質疑に入ります。  〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○伊藤雅暢議長 質疑がなければ、これをもちまして質疑を終了します。  お諮りいたします。  本案には、討論の通告がありませんので、討論を省略して原案のとおり同意することに御異議ございませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○伊藤雅暢議長 御異議なしと認めます。  したがって、議案第1号は、原案のとおり同意されました。 △議案第2号 ○伊藤雅暢議長 日程第9 議案第2号、財産の取得についてを議題とします。  提案者の説明を願います。  浅香建設部長。 ◎浅香建設部長 −登壇−  ただいま上程されました議案第2号、財産の取得について、御説明申し上げます。  議案書の43ページをご覧いただきたいと存じます。  本案件は、恵庭市の道路台帳システムの導入に係る財産の取得案件であり、議会議決に付すべき契約、及び財産の取得、または処分に関する条例第3条の規定により議決をいただくものであります。  事業の概要でございますが、道路法の規定に基づき、恵庭市が調整及び保管しております道路台帳を一元的に管理するシステムを導入し、業務の効率化、図面精度の改善、道路に関する問い合わせへの迅速な対応、総合型GISシステムとの連携による地理情報共有化などを図るものであります。  それでは取得の内容について、御説明申し上げます。  財産の種類は備品であります。物件の表示は道路台帳システム一式であります。内容につきましては45ページに記載のとおりであります。  ページを戻っていただき、契約金額は3,213万円であります。  契約の相手方は札幌市中央区北四条西6丁目、北海道市町村備荒資金組合組合長棚野孝夫であり、取得の目的道路台帳システムの導入であります。  契約の方法は随意契約でありますが、北海道市町村備荒資金組合がそのシステムを購入し、その上で、当市に有償譲渡する事業を利用して取得するものであり、株式会社GIS北海道のシステムを採用しようとするものであります。  以上、簡単に御説明申し上げましたが、原案のとおり御承認賜りますようよろしくお願い申し上げます。 ○伊藤雅暢議長 ただいまから質疑に入ります。  〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○伊藤雅暢議長 質疑がなければ、これをもちまして質疑を終了します。
     お諮りいたします。  本案には、討論の通告がありませんので、討論を省略して原案のとおり決定することに御異議ございませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○伊藤雅暢議長 御異議なしと認めます。  したがって、議案第2号は、原案のとおり可決されました。 △議案第3号 ○伊藤雅暢議長 日程第10 議案第3号、平成28年度恵庭市一般会計補正予算(第1号)を議題とします。  提案者の説明を願います。  中川総務部長。 ◎中川総務部長 −登壇−  ただいま上程されました議案第3号、平成28年度恵庭市一般会計補正予算(第1号)について、御説明を申し上げます。  議案末尾となります54ページの説明資料をご覧いただきたいと存じます。  最初に、総務費の地域連携移住促進事業費でありますが、移住・定住・交流推進支援事業に係る経費について、170万円を補正するものであります。  次に、衛生費の焼却施設整備事業費でありますが、国庫補助の増額に伴い、6,604万2,000円を補正するものであります。  次に、教育費の和光小学校校舎防音機能復旧事業費でありますが、国庫補助の採択により、4,637万2,000円を補正するものであります。  歳入歳出予算の補正の財源内訳といたしまして、国庫支出金6,808万7,000円、地方債3,890万円、その他財源として、諸収入170万円、一般財源として、542万7,000円を計上しております。  ここで47ページに戻っていただきたいと存じます。  これらの補正案件の合計、1億1,411万4,000円を増額をし、歳入歳出予算の総額をそれぞれ261億1,211万4,000円とするものであります。  次に、49ページの地方債補正について御説明申し上げます。  最初に、一般廃棄物処理事業債でありますが、先ほど御説明申し上げました焼却施設整備事業費の補正に伴い、限度額を3,080万円を増額をし、4億6,550万円に変更するものであります。  次に、学校教育施設整備事業債でありますが、先ほど御説明申し上げました和光小学校校舎防音機能復旧事業費の補正に伴い、限度額を810万円増額をし、1億4,710万円に変更するものであります。  以上、簡単に御説明申し上げましたが、よろしく御審議いただき、原案どおり御承認くださいますようお願い申し上げます。  以上です。 ○伊藤雅暢議長 ただいまから質疑に入ります。  猪口議員。 ◆21番(猪口信幸議員) ただいまの補正のうち、焼却施設整備事業につきまして、質疑をしたいと思います。  まず、その補正に至る経緯と当該する事業の、どの分がどのように該当してくるのかという、その概要についてお伺いします。  加えて、この補助金交付の内示日それから本申請の予定日、さらに補助金交付決定通知の見込み日、入札公告の予定日、そして入札予定日についてお伺いいたします。 ○伊藤雅暢議長 答弁願います。  林生活環境部長。 ◎林生活環境部長 ただいま御質問いただきました、まず補正予算の概要でございますが、防衛局に対しましては、常日ごろ、このごみ焼却場整備につきましては、環境保全上、あるいは最終処分場の延命のために、日ごろ補助の採択をお願いしてきたところでございますが、今回市のほうの事業の出来高が確保できる範囲内で増額が認められたことから、早期事業費確保のために補正を行うものでございます。  なお、この後提案させていただく予定の産廃会計については、これに付随する、連動するものでございます。  スケジュールでございますが、補助の交付申請でございますけれども、この連休明け5月上旬にも予定してございます。その後、交付決定、大体予想では5月下旬ぐらいかなと思っておりますが、それを受けて入札の公告となります。その後、提案図書の作成等、入札参加希望のある業者は、その作成等にかかりますし、その審査も我々のほうございますんで、入札執行は恐らく9月の上旬ぐらいかなというふうに考えております。議会議決をいただいた後、本契約ということになります。  以上でございます。 ○伊藤雅暢議長 答弁もれないですか。 ◎林生活環境部長 はい。 ○伊藤雅暢議長 猪口議員。 ◆21番(猪口信幸議員) 今の御答弁で、これは焼却施設ということでよろしいんですよね。最終処分場じゃないんですよね。焼却施設ということでございます。  それで、補助金交付の内示が示されて、そして入札・契約へと進んでいくということで、そのごみ焼却場の整備事業が本番に入ってきたというところでございます。  そこで競争性を高めるために、どのような改善方法や工夫をしてきたのかということを確認したいと思います。  議会では、性能基準や具体的な仕様を示した発注仕様書の作成など入札条件の整理を進め、より多くの業者が入札に参加できるような手法の検討をして競争性を確保したいという御答弁をいただいてございます。  これは一般論として当然至極のことでございますが、それでは具体的にどのような手法の検討をしたのか、そして、競争性を確保できたとする根拠は何か、この2点について伺います。 ○伊藤雅暢議長 答弁願います。  林生活環境部長。 ◎林生活環境部長 まず、先ほどの答弁の中で答弁もれがございました。国庫補助の内示はいつかという御質問ございましたけども、4月の8日でございました。  御質問でございますが、競争性の確保をどうやってやってきたのかという御質問でございますけども、これまでも本会議等の一般質問の質疑応答でも申し上げてきましたとおり、審議会あるいはその部会、さらには市の内部検討組織であります検討委員会等を通じまして、最初はストーカ炉ということで決めていったわけですが、さらにそれを種類ごとに検討していって全都清というシンクタンクの意見も取り入れながら絞っていったわけでありますが、ただ、そういった中におきましてもある程度絞られた中におきましても、これを扱える業者の数というのは10社程度ございますので、そういった部分で競争性は確保されていると考えてございます。  以上でございます。 ○伊藤雅暢議長 猪口議員。 ◆21番(猪口信幸議員) 今の御答弁、これまでの従前の議会での答弁と同じなんでございますけども、それからさらに高めていくんだという御答弁いただいてきたわけであります。なおかつ、それは今の御答弁の中では、それは一歩も進んでないということだと思います。  競争性・公平性につきましては、私ども何度も確認してきたところでございます。競争性を高める努力というのは、どういうことなのか、大変疑問が残る御答弁ではないかというふうに思います。  この定例会の中でも、ごみ焼却能力が1トン当たり1億円というのは、3社からの見積もりの結果だとの答弁がございました。  さらに、今後の予定価格については、プラントメーカーに見積もりをお願いしているということでございます。  これは、国が指摘しているメーカー主導の見積価格引き上げの構図そのものではないかというふうに見えます。だから私たち心配して、さまざまな確認をしてきたということでございます。  そこで、環境省の積算手法も含めながら金額を精査する予定という答弁いただいてございますが、いつどのように精査したのか、そして、その積算金額はどう変わってきたのかお伺いいたします。 ○伊藤雅暢議長 答弁願います。  林生活環境部長。 ◎林生活環境部長 過去の質疑応答におきまして、そういったやりとりもあったというふうに聞いてございますが、ただいまもう指名選考委員会も終了しておりまして、入札に向けた段階に入ってございますので、ちょっと回答は控えさせていただきたいと思います。 ○伊藤雅暢議長 ほかに質疑がございますか。  〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○伊藤雅暢議長 質疑がなければ、これをもちまして質疑を終了します。  お諮りいたします。  本案には、討論の通告がありませんので、討論を省略して起立採決することにしたいと思います。これに御異議ございませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○伊藤雅暢議長 御異議なしと認め、これより起立採決に入ります。  本案を、原案のとおり決定することに、賛成の議員の起立を求めます。  〔賛成者起立〕 ○伊藤雅暢議長 御着席ください。  起立多数であります。  したがって、議案第3号は、原案のとおり可決されました。 △議案第4号 ○伊藤雅暢議長 日程第11 議案第4号、平成28年度恵庭市産業廃棄物理事特別会計補正予算(第1号)を議題とします。  提案者の説明を願います。  林生活環境部長。 ◎林生活環境部長 −登壇−  ただいま上程されました議案第4号、平成28年度恵庭市産業廃棄物理事特別会計補正予算(第1号)について、御説明を申し上げます。  議案末尾の60ページの説明資料をご覧いただきたいと存じます。  廃棄物処理事業費の焼却施設整備事業でございますが、国庫補助の増額に伴い2,320万4,000円を補正するものであります。この補正に伴う財源といたしましては、市債2,320万円、繰入金4,000円を計上しております。  ここで本文の55ページに戻っていただきたいと存じます。  この補正に伴い2,320万4,000円を増額し、歳入歳出予算の総額を4億5,101万4,000円とするものであります。  次に、57ページ目の第二表地方債補正について御説明申し上げます。  産業廃棄物理事業債でありますが、このたびの補正に伴い、限度額を2,320万円増額し、3億6,810万円に変更するものであります。  以上、簡単に御説明申し上げましたが、よろしく御審議いただき、原案どおり御承認賜りますようお願い申し上げます。 ○伊藤雅暢議長 ただいまから質疑に入ります。  〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○伊藤雅暢議長 質疑がなければ、これをもちまして質疑を終了します。  お諮りいたします。  本案には、討論の通告がありませんので、討論を省略して起立採決することにしたいと思います。これに御異議ございませんか。  〔「異議なし」と呼ぶ者あり〕 ○伊藤雅暢議長 御異議なしと認め、これより起立採決に入ります。  本案を、原案のとおり決定することに、賛成の議員の起立を求めます。  〔賛成者起立〕 ○伊藤雅暢議長 御着席ください。  起立多数であります。  したがって、議案第4号は、原案のとおり可決されました。 △閉会宣告
    ○伊藤雅暢議長 以上で、本日の日程は終了いたしました。  平成28年恵庭市議会第2回臨時会は、これをもちまして、閉会いたします。  お疲れさまでした。        (午後 1時45分 閉会)...