ツイート シェア
  1. 北海道議会 2013-07-04
    平成25年第10回総務委員会会議録−07月04日-01号


    取得元: 北海道議会公式サイト
    最終取得日: 2019-10-11
    平成25年第10回総務委員会会議録−07月04日-01号平成25年第10回総務委員会会議録 平成25年7月4日(木曜日) 於 第10委員会室 出席委員  委員長   千葉英守  副委員長   中山智康  委員   沖田清志   野原 薫   包國嘉介   冨原 亮   勝部賢志   高橋 亨   村田憲俊   滝口信喜   竹内英順   神戸典臣
    出席説明員   総務部    総務部長      的井宏樹    総務部次長     坂本和彦    兼行政改革局長    人事局長      佐藤嘉大    財政局長      赤石剛司    総務課長      飯田孝二    財政課長      宮本貴章    税務課長      松村博宣   出納局    会計管理者     村井 悟    兼出納局長    出納局次長     荒谷俊尚    総務課長      野原 滿    財務指導課長    原田隆之   監査委員    事務局長      川城邦彦    総括監査課長    阿部格也   人事委員会    事務局長      谷藤雅人    総務審査課長    池野淳司   公安委員会    総務部長      奥泉忠則    総務部参事官    磯部哲志    兼総務課長    総務部参事官    元吉尚登    兼会計課長 議会事務局職員出席者    議事課主査     三上健治 △会議事件 1.付託議案審査の件 1.平成26年度国の施策及び予算に関する提案・要望の概要説明聴取の件 1.平成26年度国の施策及び予算に関する中央折衝実施の件 1.閉会中における所管事務継続調査申し出の件  午前11時7分開議 △開議 ○(千葉委員長) 開議を宣し、会議録署名委員に勝部賢志委員、包國嘉介委員を指名し、本日の議事は、  1.付託議案審査の件  1.平成26年度国の施策及び予算に関する提案・要望の    概要説明聴取の件  1.平成26年度国の施策及び予算に関する中央折衝実施の件  1.閉会中における所管事務継続調査申し出の件 である旨を述べ、まず付託議案審査の件に関し、本委員会に付託された案件は議案第4号、議案第5号、議案第11号及び報告第2号の4件であることを告げ、本件に関し理事者から説明を求めることとし、的井総務部長を指名。 ◎(的井総務部長) 今定例会における、総務部所管の付託議案について、お手元の資料により、御説明申し上げます。  まず、資料1ページから13ページでありますが、「議案第4号 北海道条例の一部を改正する条例案」は、地方税法の改正に伴い、個人の道民税等について所要の改正を行うこととし、あわせて規定の整備を行うため、この条例を制定しようとするものであります。  次に、資料14ページから15ページでありますが、「議案第5号 特定地域等における道税の課税の特例に関する条例の一部を改正する条例案」は、過疎地域自立促進特別措置法及び離島振興法の改正に鑑み、過疎地域及び離島振興対策実施地域における事業税等の課税免除の適用期間の延長等の措置を講ずることとし、あわせて規定の整備を行うため、この条例を制定しようとするものであります。  最後に、資料18ページから20ページでありますが、「報告第2号 専決処分報告につき承認を求める件」は、地方税法の一部を改正する法律が、平成25年3月30日に公布されたことに伴い、北海道条例について、同日、専決処分により改正させていただいたものについて、地方自治法の規定に基づき、議会に御報告し、御承認いただこうとするものでございます。総務部関連は、以上でございます。よろしくお願い申し上げます。 ○(千葉委員長) 会計管理者兼出納局長村井悟君。 ◎(村井会計管理者兼出納局長) 今定例会における出納局所管の付託議案について、御説明いたします。資料16ページから17ページにございます「議案第11号 北海道税外諸収入金の徴収に関する条例の一部を改正する条例案」は、金利が低い水準で推移している状況を踏まえ、本年3月末に、地方税法の一部が改正され、地方税に係る延滞金の割合が変更されたことから、道税以外の収入金に係る延滞金の割合についても同様に改正することとし、この条例を制定しようとするものであります。以上でございます。よろしくお願い申し上げます。 ○(千葉委員長) 本件に関し、質疑等を求めたが特になく、議案第4号、議案第5号、議案第11号及び報告第2号について原案どおり決することを諮り、異議なく決定。  なお、付託議案の審査経過及び結果に関する委員長報告文については、委員長に一任願う旨を諮り、異議なく決定。  次に、平成26年度国の施策及び予算に関する提案・要望の概要説明聴取の件に関し、理事者から説明を求めることとし、的井総務部長を指名。 ◎(的井総務部長) 平成26年度国の施策及び予算に関する提案・要望のうち、総務部所管分について、お手元の資料により、その概要を御説明申し上げます。  資料の1ページをごらんください。「原子力発電所安全対策及び原子力防災対策の徹底した充実強化」についてでありますが、福島第一原子力発電所事故の教訓を踏まえ、原子力発電所安全確保に万全の対策を講じるとともに、原子力防災対策を充実・強化するため、原子力発電所の徹底した充実強化など、2項目を要望するものであります。  次に資料の3ページの「大規模・広域・複合災害等への対応の充実強化」についてでありますが、東日本大震災の教訓を踏まえ、大規模災害などを想定した災害対策法制などの見直しや、北海道周辺の地震津波対策の強化のほか、消防救急無線のデジタル化への財政支援や、大規模な海上油流出事故における油回収体制の強化など、7項目を要望するものであります。  次に資料の5ページの「地方財政の安定的な運営の確保・充実」についてでありますが、地域格差が顕著となっている今日、北海道を初めとする地方公共団体が安定的な行財政運営を行えるよう、地方税財源の確保、充実など、4項目を要望するものであります。  次に資料の7ページの「再生医療技術を用いた脳梗塞治療等の早期実用化」についてでありますが、札幌医科大学で治験実施中である再生医療技術を用いた脳梗塞治療などの早期実用化に向け、継続的な財政支援と薬事法に基づく承認手続の迅速化を要望するものであります。  次に資料の9ページの「北方領土の早期返還」についてであります。これは、北方領土対策特別委員会所管の事項でありますが、北方領土の早期返還を実現するため、国民世論の結集などに努めながら、より強力外交交渉を行うとともに、北方領土隣接地域の振興対策などを一層推進していくため、「対露外交交渉強力な推進」など、4項目を要望するものであります。以上、国の施策及び予算に関する提案・要望について御説明させていただきました。千葉委員長、中山副委員長を初め、委員の皆様には御指導のほど、よろしくお願い申し上げます。 ○(千葉委員長) 道警察本部総務部長奥泉忠則君。 ◎(奥泉道警察本部総務部長) 平成26年度国の施策及び予算に関する提案・要望のうち、公安委員会所管分につきまして、お手元の資料により、その概要を御説明申し上げます。資料をごらんください。提案・要望の重点項目は、「災害犯罪から道民を守るための警察機能の充実強化」であり、具体的には、「北海道警察官の増員」ほか、3点の事項について、国に対して提案・要望していくことといたしました。  まず、一つ目は、「北海道警察官の増員」でありますが、これは、広大な管轄面積と主要都市が分散しているという本道の地理的特性により、警察力の分散配置を余儀なくされているなど、本道特有の業務負担があることから、これを軽減するため、さらなる増員を要望するものであります。  二つ目は、「大規模災害及びテロ発生時等緊急事態に要する特殊装備品や特殊車両の整備」であります。  これは、東北地方を襲った東日本大震災に見られるように、本道においても、過去には地震津波により大きな被害が発生していることや、また、米国ボストンにおいてはイベントを狙った爆弾テロが発生するなど、世界的にもテロ発生の脅威がいまだに払拭されない情勢にあることなどを踏まえ、これらの緊急事態に的確に対処するため、特殊装備品や特殊車両の整備を要望するものであります。  三つ目は、「自動車ナンバー自動読取システムなど重要犯罪組織犯罪等の対策推進のための資機材の整備及び財政措置の拡充」であります。  これは、広大な面積を有し、都市間距離が長いという本道の実情を踏まえると、組織犯罪対象者の動向把握など、犯罪捜査においては自動車ナンバー自動読み取りシステムなどの機材が極めて有効であることから、その整備と運用経費の財政措置拡充を要望するものであります。  四つ目は、「捜査・取締用車両、交番・駐在所用車両等の4WD化及び増強整備」であります。これは、冬期の積雪寒冷等の厳しい気象条件の中で、機動力の維持・強化を図るため、捜査・取り締まり用車両、交番・駐在所用車両等の四輪駆動化や、さらなる増強整備を要望するものであります。千葉委員長、中山副委員長を初め、委員の皆様方の御指導御支援を賜りますようよろしくお願い申し上げます。以上でございます。 ○(千葉委員長) 本件に関し、質疑等を求めたが特になく、本件はこの程度にとどめる旨を諮り、異議なく決定。  次に、平成26年度国の施策及び予算に関する中央折衝実施の件に関し、ただいま説明のあった提案・要望に基づき、中央折衝を実施することを諮り、異議なく決定。  なお、実施時期及び派遣委員等については、委員長に一任願う旨を述べ了承。  次に、閉会中における所管事務継続調査申し出の件に関し、本委員会において調査中の  1.道行財政対策に関する件  1.道行政の総合調整に関する件  1.公安行政に関する件 について、議長に対し閉会中継続調査の申し出をすることを諮り、異議なく決定。  本日の予定議事は以上であるが、他に発言を求めたが特になく、本日の議事はこの程度にとどめる旨を諮り、異議なく決定。  次回委員会の開催については、理事会に諮り決定したいので委員長に一任願う旨を述べ、現在のところ、平成25年8月6日火曜日午後1時を予定している旨を告げ、散会を宣した。   午前11時27分散会...