157件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

柏市議会 2021-06-16 06月16日-06号

この計画では、議員から御紹介いただきましたシステム標準化共通化のほか、マイナンバーカード普及促進行政手続オンライン化AIRPA利用促進など6点の重点取組項目が挙げられています。本市行政手続オンライン化の現状についてでございますが、千葉県内自治体共同利用している電子申請システムでは健診やイベントへの申込み、アンケートやパブリックコメントへの応募などに活用しています。

柏市議会 2021-06-10 06月10日-02号

具体的には、自治体情報システム標準化共通化マイナンバーカード普及促進行政手続オンライン化AIRPA利用促進など6点を重点事項に挙げております。市民サービス向上や持続可能な行政経営のためには、自治体DXは不可欠であり、オンライン化電子決裁テレワーク推進など着実に進めていく必要があると考えます。

富津市議会 2021-06-10 令和 3年 6月定例会−06月10日-03号

◆8番(三木千明君) 国の目指す行政デジタル化地方公共団体デジタル化、それらを項目で列挙しても地方公共団体行政手続オンライン化推進地方公共団体における情報システム等共同利用推進地方公共団体におけるAIRPA等による業務効率化推進地方公共団体におけるオープンデータ推進地方公共団体ガバナンス強化人材確保育成地方公共団体のデジタルガバメントの構築に向けた地方公共団体の官民データ

習志野市議会 2021-03-24 03月24日-08号

具体的な取組を6点申し上げますと、1つ目として職員が行う定型的な業務システムに行わせるRPA導入、2点目としてキャッシュレス決済導入、3点目としてオンラインによる庁外との会議打合せ相談実施、4点目として人工知能、いわゆるAI活用した会議録作成システム導入及び自動質問応答システムであるAIチャットボット実施、5点目としてペーパーレス会議導入、6点目として職員自宅業務を行うテレワーク

習志野市議会 2021-03-23 03月23日-07号

具体的な取組を6点申し上げますと、1点目、職員が行う定型的な業務システムに行わせるRPA導入。2点目、キャッシュレス決済導入。3点目、オンラインによる庁外との会議打合せ相談実施。4点目、人工知能AI活用した会議録作成システム導入及び自動質問応答システムであるAIチャットボット実施5つ目として、ペーパーレス会議導入

習志野市議会 2021-03-19 03月19日-06号

項目の3点目は、RPA--ロボティック・プロセス・オートメーション、このRPA活用しました行政業務効率化について、これまでの取組と成果についてお伺いをいたします。 以上、1回目の質問とさせていただきます。よろしくお願いします。     〔7番 市角雄幸君 降壇〕 ○議長(田中真太郎君) ただいまの質問に対する当局の答弁を求めます。 

柏市議会 2021-03-05 03月05日-03号

では、内容の中で、そして重点取組事項としては、一番下の段に出ておりますが、自治体情報システム標準化、また共通化マイナンバーカード普及促進行政手続オンライン化AIRPA利用推進テレワーク推進セキュリティー対策の徹底というのが主な取組事項として掲げられているところであります。このDXに対して柏市はどのように進めていくのか、お尋ねをいたします。ありがとうございました。

君津市議会 2021-03-05 03月05日-03号

本市の具体的な取組内容は、今後、DX推進計画として示してまいりますが、令和3年度は、保育士事務効率化を図るとともに、園児の健やかな成長を見守ることができるよう、保護者保育士が緊密に連絡を取り合える環境を構築するため、保育園の登園管理等ICTシステム導入や、公共施設予約システム導入準備を行い、市民利便性向上を図るほか、データ入力等定型業務を自動化するRPA活用した業務効率化などに

四街道市議会 2021-03-04 03月04日-03号

①、AIRPA導入検討について伺う。  ②、一概デジタル化といっても、基幹系から個別業務と、範囲の限定は厳しく、また検討をする際にもどのように実施するかは難しいと考える。そのような中、経営企画部としてどのように庁内でデジタル化推進を図っていく予定か伺う。  6、市内公共交通について。  ①、交通不便、空白地域への対応と全体の許容財政ボリュームを伺う。  

君津市議会 2021-02-26 02月26日-02号

業務環境改善事業は、RPA導入に係る契約差金並びにAIチャットボット及び会議録システム導入について検証を重ねた結果、執行方法を見直したことから530万4,000円を、地方創生広域連携事業は、新型コロナウイルス感染症感染拡大に伴う若手捕獲従事者育成に係る事業の中止及びサイクルツーリズムの事業内容の見直しにより434万円を、高速バス通学支援事業は、新型コロナウイルス感染症感染拡大に伴い、大学等

我孫子市議会 2021-02-24 02月24日-01号

RPAAI-OCRにつきましては、本年度の実証実験の結果、効果が見られたことから本格導入いたします。令和3年度は、実験の結果が良好であった総務課事業から導入し、順次、他の事業へ展開をしていきます。 デジタル・ガバメントの推進では、国が令和2年12月に策定した自治体デジタル・トランスフォーメーション推進計画に基づき、自治体が重点的に取り組むべき事項内容について、積極的な推進を継続していきます。

市原市議会 2021-02-17 02月17日-01号

また、デジタルワークスタイル事業として、RPAAIにより定型業務を自動化することで生産性向上を図るとともに、ペーパーレス化オンライン化により仕事の効率化を進めてまいります。 次に、特別・企業会計につきましては、水道事業会計では、人口減少に伴う水需要減少施設老朽化などの課題に対応するため、公民連携による経営改善市民サービス向上に取り組んでまいります。 

君津市議会 2021-02-10 02月17日-01号

令和3年度は、キャッシュレス決済拡充電子申請サービス促進施設予約システム導入に向けた準備など、市民サービス利便性向上を図るとともに、AI人工知能)・RPA(ロボティック・プロセス・オートメーション)の積極的な活用などによる生産性向上公共施設への無線LAN導入推進などデジタル化を加速し、行政サービス向上行政運営効率化を強力に進めてまいります。 

船橋市議会 2021-01-20 令和 3年 1月20日総務委員会-01月20日-01号

また、コンピューター上の作業をソフトウエアロボットに行わせて自動化するツールであるRPA活用による入札業務等効率化についても検証していく。  続いて9ページ、②だが、いわゆる「内部管理事務」の効率化とか、あと、11ページ以降になるが、先ほど申し上げたRPAとか、手書きの文字をテキストデータに変換するツールであるAI-OCRも活用し、定型的、反復業務効率化を図っていく。  

勝浦市議会 2020-12-11 3月定例会

あるいはRPAとか、自治体運営AIの時代とか、 87 自治体デジタルトランスフォーメーションなどという言葉も、コマーシャルなんかで聞くように なりましたけれども、この流れというのはデジタル化、いわゆる効率化といった部分、またコロ ナ禍という中で、例えば市役所の職員も実際に今年度、そういうことがあったというふうにも伺 っておりますけれども、自宅テレワークというような形も今後、想定されるというようなこと