1200件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

流山市議会 2022-06-28 06月28日-05号

                                           ( 兼 保険                                           年金課長)                                           コミュニティ  樋  口  洋  徳      防 災 危機   大  津  真  規      課   長                   

柏市議会 2021-12-11 12月11日-06号

それは、本来水が浸透しないように、底打ちされるべき雨水ますが、底打ちされていませんでした、このように。これでは水が隣家に流れる懸念が生じます。雨どいを伝わっておりてきた雨水は、底打ちされた雨水ますからこのを通って雨水浸透ますに流れ、側溝から雨水へと流れていきます。このような雨水処理施設工事のミスはどうしたら防ぐことができるでしょうか。対策を講じてください。

四街道市議会 2020-12-12 12月12日-08号

初めに、1点目の排水路の問題、整備状況のうち、第3排水路につきましては、上流部に2カ所の地下貯留施設整備を行い、溢水対策を講じたところでございますが、10月25日には長時間にわたり強い雨が降ったことから、排水路沿線では一部道路冠水が生じました。このことから、引き続き第3排水路下流宇那谷号排水路整備を推進してまいりたいと考えております。  

流山市議会 2020-09-11 09月11日-03号

                                           ( 兼 保険                                           年金課長)                                           コミュニティ  樋  口  洋  徳      防 災 危機   大  津  真  規      課   長                   

四街道市議会 2020-09-05 09月05日-03号

初めに、ゲリラ豪雨対策への取り組み状況につきましては、第3排水路上流部となります西中学校グラウンド及び緑ケ丘第9幼児公園内に合わせて約3,400トンの地下貯留施設整備を行い、対策を講じたところでございます。  また、今後の対応方針につきましては、勝田川上流宇那谷号排水路整備状況を考慮しつつ、上流部への効果を検証してまいりたいと考えております。  

船橋市議会 2020-03-11 令和 2年 3月11日予算決算委員会建設分科会−03月11日-01号

この飯山満流域雨水対策としての整備というのは、本当に優先的に取り組んでいただきたいというふうに思う事業である。前回の議会では、千葉県において、二級河川海老川水系河川整備計画が、令和元年11月1日に策定されたことによって、海老川の支流である飯山満流域雨水貯留浸透施設設置社会資本整備総合交付金事業の対象になる、こういうふうに伺った。  

大網白里市議会 2020-02-28 02月28日-03号

次に、3点目になりますが、雨水利用推進法の活用について、質問させていただきます。 雨水を貴重な資源として、有効利用することを促し、近年の気候変動によりまして、集中豪雨が頻発をしているわけであります下水道河川の洪水を抑えることを目指す雨水利用推進法、これが平成26年の3月27日に成立をいたしまして、5月1日から施行になりました。

茂原市議会 2020-02-27 第3号 令和2年2月27日

ここに30センチメートルの雨水貯留すると仮定した場合、貯留容量は366万立方メートルと 計算され、70万立方メートルの貯留能力を持ちます現在の墨田第二調節池5.2杯相当となりま す。 では、上流域の長南町、長柄町で田んぼダムとなり得る水田についての試算結果を伺います。 ○議長ますだよしお君) 経済環境部長 大橋一夫君。

富里市議会 2020-02-25 02月25日-02号

次に、富里市公共下水道事業雨水計画についてでございますが、進捗状況につきましては、全体計画面積1,092.1ヘクタールのうち、現在のところ、整備済み面積は79.2ヘクタールで、整備率は7.3パーセントでございます。 次に、根木名川第五排水区の計画につきましては、七栄獅子穴地区99.2ヘクタールの流域面積対応する雨水幹線等渠及び調整池整備するものであります。 

船橋市議会 2020-02-14 令和 2年第1回定例会−02月14日-01号

台風や豪雨等による水害への備えにつきましては、雨水貯留浸透施設整備準用河川駒込川の改修を引き続き実施するとともに、河川氾濫等を防ぐ排水機場のポンプの更新を行います。  また、山手地区において、雨水令和2年度から4年度にかけて整備ます。  災害発生時の対策につきましては、災害医療体制のあり方を見直し、災害時の応急救護所設置場所市内で二次救急医療を担っている病院前に移行します

千葉市議会 2019-12-16 令和元年第4回定例会(第9日目) 本文 開催日: 2019-12-16

こてはし台雨水貯留流域では、何年間苦しまれたのかについてですが、この地域においては、過去に床上浸水など生活に深刻な影響を与える被害が数回にわたり起きていることから、貯留が完成するまでの間、浸水に対する不安などがあったと認識しております。  次に、災害についてのうち、所管についてお答えいたします。