780件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

船橋市議会 2019-09-24 令和 元年 9月24日予算決算委員会建設分科会−09月24日-01号

それから、雨水貯留浸透施設が、各学校とか公園なんかに整備されて、水害対策に大変有効だと思っているが、これまで何カ所の整備が終わって、これから何カ所ぐらい整備していくのかという計画はあるのか。 ◎下水道河川計画課長 小中学校に今までやった実績だが、39カ所実施している。

佐倉市議会 2019-03-14 平成31年 2月定例会建設常任委員会−03月14日-01号

5目河川費、3の調整池改修事業につきましては、南志津地下貯留施設の操作盤の修繕に要する経費及び雨水浸透貯留施設の設置に対する補助金でございます。  下段の6目橋梁維持費、1の橋梁維持事業につきましては、大篠塚地先の東関東自動車道の上にかかる新林橋の補修工事委託料で、同自動車道の管理者であります東日本高速道路株式会社工事委託するものでございます。  予算書287ページをお願いいたします。

富津市議会 2019-03-13 平成31年度予算審査特別委員会−03月13日-02号

平成31年度お願いいたしますのは、トラックスケールの更新ですとか、電気計装設備のPLC入出力カードの更新、また、受入貯留施設の投入ポンプ2台、それから破砕機2台、水処理施設の冷却水ポンプ2台、熱交換汚泥ポンプ2台、返送汚泥ポンプ2台、それから放流設備放流ポンプ2台、あと脱臭設備としての高濃度臭気ファン、また中濃度臭気ファン等でございます。  

千葉市議会 2019-03-04 平成31年第1回定例会(第4日目) 本文 開催日: 2019-03-04

また、都川と支川都川の合流地点の上流部には、河川の増水した水を一時的に貯留する都川多目的遊水地が計画され、約14万トンの水量を貯留する施設整備が最終形ではありませんが、平成26年度に完成したと聞いております。  都川水の里公園は、千葉県が整備するこの多目的遊水地の上部を活用した総合親水公園で、面積が約43.8ヘクタールと広大な公園の計画であります。

船橋市議会 2019-02-26 平成31年第1回定例会−02月26日-03号

例えば、学校では、休憩時間にトイレ、洗面所の使用が集中する場合が多いため、排水径は太目にして曲がりを少なくし、立てはできるだけオフセットをなくすように設計することなど、具体的な指摘があります。  今回、学校トイレの改修について、教育委員会のほうで、それを加速化させる調査検討がなされたということですが、その概要を示してください。      

船橋市議会 2019-02-19 平成31年第1回定例会−02月19日-02号

雨水対策につきましては、自然環境に配慮した準用河川駒込川の改修や、習志野台7丁目で雨水貯留浸透施設の整備を引き続き行います。  なお、例年実施している総合防災訓練につきましては、平成31年度は、本市を中央会場とする九都県市合同防災訓練として実施します。  2番目は「安心して暮らせるまち」です。  

八街市議会 2018-12-13 平成30年 12月定例会 第2号 平成30年12月13日

この法案では、主に市町村が経営する水道事業の基 盤を強化し、計画的な水道の更新や耐震化を推進することが盛り込まれております。本市 の水道事業も水道施設耐震性、経年の更新など、多くの課題を抱えております。 そこで、質問要旨の(1)は、水道路整備の状況についてお伺いします。 ○市長(北村新司君) 答弁いたします。

松戸市議会 2018-12-11 松戸市議会 会議録 平成30年 12月 定例会-12月11日−04号

〔宇田川玉行建設部長登壇〕 ◎建設部長 質問事項4.貯留池について答弁申し上げます。  雨水貯留池は、降雨時に雨水をため、下流域への負荷を軽減させる流出抑制施設で、本市で管理する雨水貯留池のうち、貯留池内をグラウンドなどに利用している施設は、議員御案内の市立第六中学校のテニスコートを含め5か所ございます。  

松戸市議会 2018-09-20 松戸市議会 会議録 平成30年 決算審査特別委員会-09月20日−03号

さらに、ポリエチレンの被害も本体の破損が235件あるというところからすると、ポリエチレン地震のこういった大きな揺れに少し弱いのかなというところで、こういった結果を踏まえまして体制に問題があると感じますので、このままステンレスの給水使用を継続していく考えでございます。 ◆(山中啓之委員)   よくわかりました。4.3%と0.7%進捗したわけですね。

松戸市議会 2018-09-03 松戸市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月03日−02号

今後も引き続き、災害に強いまちづくりを目指すため、耐震対策のほか、将来計画断面の早期整備及び赤圦樋の整備、さらには老朽化施設の改築など、江戸川沿線の自治体とともに江戸川改修促進期成同盟を通しまして、引き続き国に要望してまいります。  次に、質問要旨(3)下水道の不明水対策でございます。  

船橋市議会 2018-08-27 平成30年 8月27日建設委員会−08月27日-01号

次に、資料4ページをめくっていただき、雨水の流出を抑える取り組みとして、雨水貯留浸透施設の説明資料となっている。  古和釜小学校の校舎中庭部の1号地下貯留槽では、学校敷地内の校舎中庭周辺に降った雨水は、左の写真の下の図の@流入を通り、A貯留浸透施設と書かれている青く塗られているところに貯留させるとともに、地下に浸透させる。

市原市議会 2018-06-26 平成30年  6月 建設常任委員会-06月26日−01号

◎三森上下水道部長 本計画は、生活環境の改善、公共水域の水質保全、浸水の防除を目的として、長期的な人口動向を勘案し、適切な下水道整備、管理が実施できるよう、下水道計画区域、計画人口及び汚水量などの諸元をもとに、渠、ポンプ場及び処理場等の根幹施設が一連のシステムとして機能するように、汚水・雨水施設等の計画を策定するものであります。  詳細につきましては、下水道計画課長より説明いたします。

四街道市議会 2018-06-22 平成30年  教育民生常任委員会-06月22日−05号

◆森本次郎委員 確認なのですけれども、これちょっと聞いてしまって恐縮なのですけれども、3億5,900万ということで四街道としては大きな工事なのですけれども、この大松建設のことしの入札状況を見ると、千葉県の豊住工業団地の給水施設工事だとか、あと成田の橋梁工事だとか船橋の排水工事だとか、あと八街の公共下水道雨水工事、それから4月には成田市小学校の増築防音工事、結構請負が多いので、余計なお世話なのですけれども

市原市議会 2018-06-20 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月20日−02号

あえて説明させていただきますが、都市水害とは、都市部では地表がアスファルトやコンクリート舗装されていることから、雨水が地表に浸透・吸収することができにくくなっており、浸水が起きた場合や河川が増水した場合には下水雨水の処理能力を超えてしまい、ポンプなどで河川に流すこともできず、あふれて洪水状態となる状況のことであります。