運営者 Bitlet 姉妹サービス
887件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-09-12 四街道市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月12日−07号 ご質問の箇所の流末である第3排水路については、道路冠水を軽減するため、平成26年度に緑ケ丘第9幼児公園地下に約420トンの雨水地下貯留施設を整備し、平成28、29年度の2カ年で四街道西中学校グラウンド地下に約3,000トンの雨水地下貯留施設を整備いたしました。 もっと読む
2018-09-10 成田市議会 平成30年  9月 新市場整備・輸出拠点化等調査特別委員会-09月10日−01号 調整池は、現地盤から下へ掘り込み式で築造し、調整池からの排水としては、放流を推進工事で施工し、既設の水路に接続する工事となります。主な工種としては、掘削や盛り土を行う土工、法面を保護するブロック積み工、推進工事による放流工などでございます。  続きまして、24ページの断面図をごらんください。   もっと読む
2018-09-03 松戸市議会 松戸市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月03日−02号 今後も引き続き、災害に強いまちづくりを目指すため、耐震対策のほか、将来計画断面の早期整備及び赤圦樋の整備、さらには老朽化施設の改築など、江戸川沿線の自治体とともに江戸川改修促進期成同盟を通しまして、引き続き国に要望してまいります。  次に、質問要旨(3)下水道の不明水対策でございます。   もっと読む
2018-09-01 横芝光町議会 平成30年9月定例会 ①排水は西日本豪雨のような規模にも対応できるのかでありますが、現在成田空港に降っ てきた雨水は、一旦調整池にためられ、取香川とあわせて一部高谷川へ排水されております。 今後、第3滑走路が建設されれば、約1,000ヘクタールの土地がコンクリートになるため、 その排水はさらに膨大なものになると考えられます。 もっと読む
2018-06-26 市原市議会 平成30年  6月 建設常任委員会-06月26日−01号 ◎三森上下水道部長 本計画は、生活環境の改善、公共用水域の水質保全、浸水の防除を目的として、長期的な人口動向を勘案し、適切な下水道整備、管理が実施できるよう、下水道計画区域、計画人口及び汚水量などの諸元をもとに、渠、ポンプ場及び処理場等の根幹施設が一連のシステムとして機能するように、汚水・雨水施設等の計画を策定するものであります。  詳細につきましては、下水道計画課長より説明いたします。 もっと読む
2018-06-22 四街道市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月22日−08号 第3排水路の現状ですが、道路冠水を軽減するため、平成26年度に緑ケ丘第9幼児公園地下に約420トンの雨水地下貯留施設を整備し、平成28、29年度の2カ年度で四街道西中学校グラウンド下に約3,000トンの雨水地下貯留施設を整備いたしました。 もっと読む
2018-06-22 四街道市議会 平成30年  教育民生常任委員会-06月22日−05号 ◆森本次郎委員 確認なのですけれども、これちょっと聞いてしまって恐縮なのですけれども、3億5,900万ということで四街道としては大きな工事なのですけれども、この大松建設のことしの入札状況を見ると、千葉県の豊住工業団地の給水施設工事だとか、あと成田の橋梁工事だとか船橋の排水工事だとか、あと八街の公共下水道雨水の工事、それから4月には成田市の小学校の増築防音工事、結構請負が多いので、余計なお世話なのですけれども もっと読む
2018-06-20 市原市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月20日−02号 あえて説明させていただきますが、都市型水害とは、都市部では地表がアスファルトやコンクリートで舗装されていることから、雨水が地表に浸透・吸収することができにくくなっており、浸水が起きた場合や河川が増水した場合には下水雨水の処理能力を超えてしまい、ポンプなどで河川に流すこともできず、あふれて洪水状態となる状況のことであります。   もっと読む
2018-06-11 成田市議会 平成30年  6月 建設水道常任委員会-06月11日−01号 ドッグランの北側が根木名川河川敷、西側が雨水調整池、南側が鉄道の軌道と平行した成田市道になります。道路の上に、北千葉道路建設事務所作業ヤードとありますが、これは、北千葉道路本体及び施工上必要な部分を示しておりまして、現在、北千葉道路の整備が国及び県において進められておりますが、本公園におきまして、市道と平行して公園の上を高架により整備されることとなっております。 もっと読む
2018-06-06 袖ケ浦市議会 平成30年 第2回 定例会(6月招集)-06月06日−議案説明−01号 次に、第4項は特定都市河川浸水被害対策法に規定する雨水貯留浸透施設を対象とするものであり、地方税法で示す特例割合の範囲が見直されたものでございます。本市の特例割合でございますが、市内には特定都市河川流域に指定されている流域はなく、施設設置に当たり参酌基準より促進または抑制させる特段の事情がないことから、見直し後の参酌基準である4分の3とするものでございます。   もっと読む
2018-06-06 成田市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月06日−03号 また、維束植物や大型菌類など、合計1,800種を超える植物が確認され、このうちイトハコベやタチスミレなどの80種以上が絶滅危惧種等に指定されている重要な種であることが示されています。  しかし、滑走路の新設や延長に伴う生息地の消失、または縮小の影響が大きく、多くの重要な種の生息、生育環境が保全されないと準備書には書かれています。   もっと読む
2018-03-15 四街道市議会 平成30年  3月 定例会(第1回)-03月15日−04号 第3排水路関係の整備状況ですが、四街道西中学校グラウンド地下に設置する雨水地下貯留施設につきましては、四街道駅周辺地区都市再生整備計画による交付金を活用して、平成28年度は、流入流出施設及び計画貯留量約3,000トンのうち約1,000トンの雨水地下貯留施設を整備し供用しております。 もっと読む
2018-03-14 佐倉市議会 平成30年 2月定例会予算審査特別委員会-03月14日-01号 それで、予算書の286ページの調整池改修事業の中で施設改修工事と、あと雨水貯留浸透施設の設置工事、これはどちらの場所になるか教えください。 ○委員長(押尾豊幸) 治水課長。 ◎治水課長(櫻井高明) まず、調整池の改修工事、工事費ですが、谷津堀調整池といいまして、白銀の中にある調整池と、それからもう一個、同じく白銀にあるのですが、白銀調整池のフェンスの改修工事です。 もっと読む
2018-03-14 船橋市議会 平成30年 3月14日建設分科会−03月14日-01号 ◎住宅政策課長 委員がご指摘されてる二和の団地というのは、恐らく古いほうの二和東第2のほうを指されているのかなと、それについてお答えさせていただくが、30年度ではないが、31年度以降に排水更生工事を二和東第2については行っていきたいと考えている。   もっと読む
2018-03-12 成田市議会 平成30年  3月 予算特別委員会-03月12日−01号 雨水貯留施設設置費補助事業、予算額80万円でございます。本事業は、雨水貯留施設の普及を促進することにより、家庭における雨水の生活排水としての利用、雨水の集中的な流出の抑制及び水質汚濁の防止を図るため、雨水貯留施設を新たに設置された方に対し、設置費の一部を助成するものでございます。  次に、62ページをお開きください。  八富成田斎場管理運営事業、予算額2億263万7,000円でございます。 もっと読む
2018-03-07 成田市議会 平成30年  3月 経済環境常任委員会-03月07日−01号 〔「なし」と呼ぶ者あり〕 ○委員長(荒木博君) 次に、雨水貯留施設設置費補助金交付規則の制定について、報告願います。  石井環境部長。 ◎環境部長(石井益実君) それでは続きまして、所管事務調査の4番目、雨水貯留施設設置費補助金交付規則の制定についてご説明させていただきます。  雨水貯留施設とは、いわゆる雨水タンクのことでありまして、屋根に降った雨水をためて、必要なときに利用するという設備です。 もっと読む
2018-03-07 千葉市議会 2018.03.07 平成30年都市建設委員会 本文 (3)の内訳ですが、まず渠布設費の事業名、浸水対策、内容は雨水浸透施設の設置、補正額が4,080万円で、その主な財源内訳は、国庫補助金1,360万円、企業債2,700万円となります。  次に、ポンプ場建設費の事業名、改築更新、内容は遠方監視設備の改築、補正額3億8,000万円で、その財源内訳は、国庫補助金1億1,500万円、企業債2億6,500万円となります。   もっと読む
2018-02-28 千葉市議会 2018.02.28 平成30年第1回定例会(第3日目) 本文 下水道事業の健全経営のために、老朽の効率的なリニューアル、地震対策について、お尋ねをいたします。  下水道の処理施設には膨大なエネルギーを消費するわけです。エコ化、下水での発電など、効率的な運営について、お尋ねをいたします。  次に、消防行政について。  直下地震対策についてであります。  いつ起きてもおかしくない地震対策についてです。 もっと読む
2017-12-14 四街道市議会 平成29年 12月 定例会(第4回)-12月14日−08号 老朽化対策につきましては、四街道市公共下水道渠長寿命化計画に基づき、老朽化対策の推進を図っており、本年度につきましては、旭ケ丘地区内において延長約320メートルの布設がえを実施しています。 もっと読む
2017-12-13 四街道市議会 平成29年 12月 定例会(第4回)-12月13日−07号 2項目め、四街道雨水幹線について伺います。さきの台風による被害状況の発表の中に、道路冠水による通行どめとの情報がありました。四街道雨水幹線沿いの道路と思いますが、その上流となる文化センターに地下貯留槽を整備しましたが、その効果はいかがだったでしょうか。また、平成28年9月の答弁では、「東関東自動車道の南側の萱橋及び内黒田地先に調整池を設け、栗山新町から電電栗山までの市道にバイパスの設置を進める。 もっと読む