224件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

印西市議会 2022-09-07 09月07日-05号

だからこそ農家支援をしていただき、離農者を増やさず、耕作放棄地遊休農地と呼ばれる荒廃農地を増やさないことを考えていくべきと思います。ということから、さらに伺いたいと思います。  再質問です。具体的な検討はどのような調査に基づいて検討がなされているのでしょうか、伺いたいと思います。 ○議長中澤俊介) 岩井環境経済部長。 ◎環境経済部長岩井大治) お答えいたします。  

印西市議会 2022-09-05 09月05日-03号

現在物価高騰により、農業関係者燃料費肥料代等で大変に苦しんでいる状況で、離農を考えている方も多数いる状況です。  (1)、市として現状をどのように把握されているのか伺います。  (2)、今後どのような負担軽減の対応を考えているのか伺います。  大きい3番、新型コロナ感染症第7波の対策について。行動制限なしの下、県によるPCR検査無料事業が終了しました。

富津市議会 2021-09-01 令和 3年 9月定例会−09月01日-02号

近年における我が市における離農者の推移と離農原因等を把握されておりますか、伺います。 ○議長渡辺務君) 建設経済部長茂木雅宏君。 ◎建設経済部長茂木雅宏君) お答えします。  本市農業従事者数農林業センサスによりますと平成27年は2,209名、令和2年は1,505名となっており、5年間で704名の減少となっております。

木更津市議会 2021-03-17 令和3年予算審査特別委員会 本文 2021-03-17

518 ◯委員永原利浩君) そうすると、受診抑制とかそういうのじゃなくて、入っている人数がそのまま減ってきているということであれば、もう1問だけお聞きしたいのは、本年度とそれからその前かな、令和年度に比べて加入者減少右肩下がりというかな、その割合を想定すると、令和3年は4億円分減額しても大丈夫だよと。

佐倉市議会 2020-12-14 令和 2年11月定例会−12月14日-06号

2000年4月にスタートした介護保険制度は、介護社会化を目的に公的保険としてきましたが、度重なる法改正が続き、給付抑制負担の強化が進んでいます。総合事業への移行は、地域における住民主体介護予防活動育成支援を行う、費用の効率化住民主体サービス利用の拡充などをうたっていますが、公的支援ボランティアで進めていこうとしています。確かにボランティアを主体的に担ってくださる市民の方もいます。

茂原市議会 2020-12-03 第3号 令和2年12月3日

離農する農家も後を絶ちません。 日本経済現状は、文字どおり、放置すればコロナ恐慌を引き起こしかねない、戦後最悪の 状況です。休業支援金家賃支援金など、政府は直接支援の継続などには後ろ向きで、減税や 中小業者農業生産者への納税免除は受け入れません。自助、共助、公助、まずは自分でやっ てみることが強調されるばかりであります。

長生村議会 2020-12-03 令和2年定例会12月会議(第3日) 本文

後継者、あるいは新規就農者確保するための対策を打てないものか、離農者の農地に、工場誘致のように新規就農者を誘致するというようなことができないかどうか。  3点目は、長生農業独立支援センターについてであります。同センターは、新規就農者確保を図るため、昨年度、設立されたものでありますが、現状と実績はどのようになっているのか伺います。  

佐倉市議会 2020-09-09 令和 2年 8月定例会決算審査特別委員会-09月09日-01号

あと、宅急便の利用が増加して、段ボール等排出も増加が見込まれておりまして、これらを含めまして排出抑制分別について啓発してまいるといったところでございます。  以上でございます。 ○委員長石渡康郎) 鍋田委員。 ◆委員鍋田達子) 分かりました、ありがとうございます。  

君津市議会 2020-09-04 09月04日-02号

次に、来年度予算編成でございますが、新型コロナウイルス感染症については、いまだに収束の見通しがつかず、経済不況長期化が予想されることから、個人及び法人市民税減収や企業の設備投資抑制から生じる固定資産税減収など、大きな影響が表れるものと考えております。予算編成にあたっては、市内の経済状況や国や県の動向など様々な情報収集に努めてまいります。 以上でございます。

長生村議会 2020-09-02 令和2年定例会9月会議(第2日) 本文

3点目、ジャンボタニシによる被害抑制するために、一般的に農家が行っている防除対策はどんなものかについてお聞きします。  4点目、ジャンボタニシ被害を抑えるための今後の対策について、まず、ここでお聞きします。さらに、使用農薬等への補助金制度農家への助成制度はどのようなものが考えられているのかについてお聞きします。  2項目めでありますが、農業分野持続化給付金の活用についてであります。

木更津市議会 2020-09-01 令和2年9月定例会(第3号) 本文

一方で、本来利用することができない一部の心ない方の不適切な利用抑制する効果も期待できるものでございます。  次に、千葉県の取り組み状況についてでございますが、県内で実施している団体はございません。本市では、パーキング・パーミット制度の導入につきまして、平成26年11月に、知事市町村長との意見交換会の場において、直接、市長から森田知事に広域的での実施に向け要望を行っております。

袖ケ浦市議会 2020-06-12 06月12日-04号

また、後期アクションプランにおける担い手確保育成への取組につきましては、今後も農家高齢化に伴う後継者不足が進んでいくことや、自然災害による被害を契機に離農することなどが考えられることから、持続可能な農業経営推進を図るため、担い手確保育成に向けた支援及び農業基盤整備推進に取り組むこととしております。

成田市議会 2020-03-19 03月19日-06号

成田の農業を支えてきた農家離農を加速させる施策であることを指摘し、本案に反対します。 議案第4号 一般職職員の給与に関する条例の一部を改正するについて。 本案には、任期付職員の給料の改善が含まれるものの市職員住居手当の改定により、住宅手当が減額される職員が出ることになります。よって、本案に反対します。 

東金市議会 2020-03-06 03月06日-05号

先日、宮沢議員質問で、離農する農家は1件とお聞きしましたが、今回の被害がきっかけになって、ハウスでの栽培をやめられた農業者もおられます。離農を考えた方もおられると思います。説明会を開いた旭市、そしてハウスの組立ての研修会を行った木更津市、ほかにもあると思いますが、本当に農業者に寄り添った支援、これからもお願いいたします。