226件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

栄町議会 2019-12-12 令和元年第4回定例会(第3日12月12日)

しかし、問題は、やはり民生委員でも地域が広い地域もありますし、1軒から1軒までかなりの距離のある部落もありますので、これが本当に基本的には民生委員が中核となるということは、どこの自治体でも当然ですけれども、それに加えて本当にそういう災害があったときに、まず命の危険財産も大事ですけれども、命を守るということを第一の目的に置いたときに、この対策を町が今後どのように立てていくか、その問題が一つです。  

南房総市議会 2019-12-04 令和元年第4回定例会(第2号) 本文 2019-12-04

家庭周辺の樹木の枝打ちなど、部落で定期的に実施し、道路の管理をしておる状態でありましたが、近年の高齢化により個人での作業や集落での作業ができないという状況でございます。  その中でも、昨年でございます。三芳地区の山名区、丸山地区の大井区、富浦地区の丹生地区などが、地域の共同作業として市道の枝打ちを行いたいという旨の相談がございました。

大多喜町議会 2019-03-01 平成31年第1回議会定例会3月会議

これは、 当初は無償でということであれだったんですけれども、今その辺で、各部落とも維持管理に 非常にちょっと支障を来して、何かいろんな考え方が出てきて、どこかに委託しているとこ ろもあるやと聞いているんですよ、自分のところでできなくて。その辺のところも考慮して いただけるという考えでよろしいですか。 ○議長(野村賢一君) 産業振興課長

木更津市議会 2018-09-19 平成30年決算審査特別委員会 本文 2018-09-19

864 ◯委員(石井徳亮君) 実際問題、2ヘクタールを超える農地を持つ方というのは、小さい部落の方においてはあまりいらっしゃらないような形になってくるので、そういった面では、その枠組みを超えたそういう話し合いとか調整区域の中の農業振興地域の除外申請についても、緩和できるような形で後押しをしていただきたいと思いますが、よろしくお願いします。

大多喜町議会 2018-09-01 平成30年第1回議会定例会9月会議

中には既に自費で工事を行ったというところもあ りますけれども、特に小さい部落、戸数の少ない部落においては、なかなか思うようにいか ないというのが実情であると思います。 よって、トイレの洋式化、バリアフリー化の整備、当然高齢者の方々が集会所に上がるに は、手すり、スロープ等も必要になるでしょう。エアコンの設置も必要になります。

木更津市議会 2018-03-06 平成30年予算審査特別委員会 本文 2018-03-06

ができるような、中継ができて集まってくれれば最高だと思うんですけれども、その訓練で一発でここの本局まで飛ばす実験を本当にされたのかどうか、ちょっとわからないんですけど、1つ、東日本大震災なんかとか、大きな発災のときに、さっきちょろっと話したんですけど、アマチュア無線をやられている方たちが、行政防災無線とか、そういう通信がぐちゃぐちゃになっていたときに、いろいろここで何か物資が足りないよ、あそこで困っている部落

睦沢町議会 2018-03-02 平成30年第1回定例会会議録 3月2日

そうすると、私は町全体が、今、私もインターネットで調べているんだけれども、7,000 人位の大きな町のところでも、部落としてまちづくりをやっているところがあるわけです。 そういう意味でいくと、私は、睦沢の魅力を発信すると、これは町長も、魅力は余りないよ という話をちょっと言われたんですけれども、ただ、大きな魅力をこれから発信するのはま ず無理だと。時間がかかりますよと。

旭市議会 2018-03-01 平成30年第1回定例会会議録 定例会委員会会議録 3月1日

そしてまた、 地域の蛇園の皆さん方も部落内を走るということの交通危険度からいっても、この道路が ぜひ必要だというような要望もあります。 -185- そういった中で、費用対効果、そういった部分、きちっとしたものがありませんけれども、 今、広域農道から鹿島のほうへ抜ける道路のためには、一番利用率の高い道路ではないかな と、そのように思っているところであります。

大多喜町議会 2017-12-05 平成29年第1回議会定例会12

大多喜町の市街地、あと農村部に行って、私も 前々回の一般質問の中で、人口が、今、老川地区は何人いて、子供がどのくらいいてとかと、 いろいろな調査をさせていただくために、老川地区の小さな部落、1軒1軒歩きました。本 当に子供たちがもう、30 年、40 年、中には 50 年もういないと、このままでは5年、6年 たったらどうなっちゃうんだろうと。

千葉市議会 2017-09-11 平成29年総務委員会 名簿 開催日: 2017-09-11

23 ◯委員(布施貴良君) 私も実家のほうは、ちょうど二、三十メートルの崖の下に部落がありますので、私のうちも、古いうちのほうは、そういう状態でありまして、何度も崖崩れに遭っているんですよ。東総地域のほうは、そういうところを、びゃくをくむというんですよ。ひしゃくをくむというような意味合いかもわかりませんけれどもね。

大多喜町議会 2017-06-01 平成29年第1回議会定例会6月会議

建設課長(野村一夫君) 今現在、例えば区長さんから、常温合材を分けてくれれば私たち でやりますよというような、そういう区が複数部落あります。また、通報についても、区長 -36- さん初め、先ほど言われました町民の方、部落の人、いろんな人から、今、携帯電話が普及 していますので、即電話がかかってくることがあります。

南房総市議会 2017-02-22 平成29年第1回定例会(第2号) 本文 2017-02-22

118: ◯高木幹男議員 そして、もう学校が、和田中も閉校になりまして2年から3年目に入って、今まで毎年のように人口が増えていた私の部落和田町では私の部落だけでした、人口が増えているのは。これが、初めて人口減少が始まりました、学校が閉校と同時に。新しく地元に家を建ててくれる人がいなくなった、若い人が。やはり、学校が一つ消えるだけで、人口の増減に非常に大きな影響を与えております。  

白井市議会 2017-02-21 平成29年第1回定例会(第3号) 本文 開催日: 2017-02-21

何度も農家の中には枝を運べないうちもおられると御質問ございましたけれども、これにつきましても、議員、「結」という言葉、御存じかと思いますけれども、いわゆる農家の共同作業、助け合い、この精神が当然まだ農家に生きていると思いますので、例えばどうしても自分のうちの枝が運べない場合につきましては、悪いけれども、お隣のおやじさんに、運んでくれるかと言ってくれれば、当然運んでくれるものと思いますので、そういった部落

長柄町議会 2017-01-06 平成29年 第3回定例会 1月6日8MB

高山180、大庭114人、1年に1つ部落がなくな っていっちゃうんですよ。そのくらい危機的な状態だということです。まして、社会減、町 から出ていっちゃう人が多いんじゃないかなというふうに思うんですよね。 やはり地元で生活して結婚できるには、ある程度の定職について所得を持って、初めて家 庭生活が築けるものだと思うんです。

千葉市議会 2016-06-13 平成28年保健消防委員会 名簿 開催日: 2016-06-13

田舎へ行くと、部落全体がなっているというのがあるので、それが地域コミュニケーションになったりしている。都会ではどんどん減ってきているわけ。女性でも大分出そうとしていると、こうあるんですけど、もっとそこに合わせた形でこういう制度をもう一回再構築しなきゃいけない段階じゃないのかなということを申し上げておきたいと。これはもう待遇改善のことですから、反対する理由は全くありません。

船橋市議会 2016-03-22 平成28年 3月予算特別委員会−03月22日-03号

飯山満町の部落の中には歴史ある旧家が立ち並び、その町並みそのものが保全すべき文化遺産自然遺産だと感じた。今現在も区画整理なんてやらないでくれと言っている地権者はたくさんいる。強引に事業を進めるようなことは絶対にあってはならない。  この地域には、ゆるぎ地蔵やお堂やお寺がある。ゆるぎ地蔵の脇には、江戸時代にのみで掘ってつくられたという石段もある。

千葉市議会 2016-03-07 平成28年予算審査特別委員会教育未来分科会 名簿 開催日: 2016-03-07

それから、有害鳥獣ですけども、おとといも話したんだけども、我々は私は決してイノシシが憎いわけではないけど、イノシシがメーンですけども、やはり今、市原市と千葉市の境、やはりこのイノシシというのは、やっぱり草ばっかにみんなすんでいるということで、たまたま市原市のほうで、そういう広いイノシシ部落があったんだけども、そこが残土や何かでイノシシの集落を荒らしてしまったということで、イノシシが慌てふためいて隣近所

大多喜町議会 2016-03-01 平成28年第1回議会定例会3月会議

そのとき に品川役所にちょっと用があったので、私も女房と一緒に行ったんですが、そのときに乗 ったお客が、八声部落の女性が旅行に行くということで3名、それから、そのほかはちょっ とよくわからないですが、男の人が1名、これは出張だと思います。それから若い女性が2 人、計8名乗りました。空港目的があったので空港でおりまして、品川までは私と女房と 2人でした。