運営者 Bitlet 姉妹サービス
1696件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-12 船橋市議会 平成31年 3月12日予算決算委員会市民環境経済分科会−03月12日-01号 私も以前農業委員をやり、農家の方からさまざまな悩みを聞いてきたが、特に、先に農業しているのに後から住宅が張りついてきて、それでいて、農薬の散布とか肥料のにおいとか、苦情を市役所のほうに言ってくる声があると。そうはいいながらも、地域住民の方ともめるわけにもいかないので、非常に配慮しながらやっているという話を聞いたことがある。 もっと読む
2018-12-14 野田市議会 平成30年 12月 定例会(第6回)-12月14日−05号 ◎自然経済推進部長(山下敏也) 対象外となります具体的な例として国から示されているのは、農業生産ではなくて販売のための施設、また育苗箱、パレット、コンテナなどの附帯器具、それとマルチ、燃料、農薬、肥料などの消耗品とされております。また軽トラックやパソコンなどの農業経営の用途以外に使用できます汎用性の高いもの、これも補助対象とはならないことが示されております。   以上でございます。 もっと読む
2018-12-13 千葉市議会 平成30年第4回定例会(第9日目) 本文 開催日: 2018-12-13 332 ◯都市局長(佐久間正敏君) 本市では、平成4年4月1日に施行された千葉県におけるゴルフ場等開発計画の取り扱い方針の新設ゴルフ場における農薬使用を禁止するとした規定を受け、以降、公園や街路樹の維持管理において薬剤による除草は行っておりません。 もっと読む
2018-12-13 野田市議会 平成30年 12月 定例会(第6回)-12月13日−04号 作成した資料のドローンの現状についてを見てみますと、国内の関連市場の規模は、2015年の16億円から2020年には186億円、2022年には406億円へと拡大すると予測されており、ドローンの用途も多様化して、2015年には農薬散布が全体の70%を占めていたものが、2015年以降は整備、点検、測量などの市場が大きく伸び、ことしは農薬散布の需要を上回ると見込みとされています。 もっと読む
2018-12-11 千葉市議会 平成30年第4回定例会(第7日目) 本文 開催日: 2018-12-11 具体的には、肥料、農薬などの生産資材価格の引き下げ、戦略的輸出体制の整備、収入保険制度の導入などの項目に取り組み、さらなる農業の競争力強化の実現を図っているところであります。 もっと読む
2018-12-07 千葉市議会 平成30年第4回定例会(第5日目) 本文 開催日: 2018-12-07 また、ドローンの農業分野への活用については、国家戦略特別区域法に基づき、国と市が共同で設置したちばドローン実証ワンストップセンターの相談を通じて実証実験が行われたと伺っており、今後も適量な農薬散布、農作物の生育状況の把握、病害虫の早期発見などの効果が期待されており、個人的には、ほかの機器との組み合わせなどにより、現在問題となっている有害鳥獣対策などにも効果的に使えるのではないかと考え、提案してまいりたいと もっと読む
2018-12-04 野田市議会 平成30年 12月 定例会(第6回)-12月04日−01号 堆肥センターで生産される堆肥につきましては、自然にやさしい、人にやさしい農業の実践のために、農家の皆様に利用を促し、化学肥料と化学農薬の利用低減に役立てております。 もっと読む
2018-11-30 成田市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-11月30日−05号 主な取り組みを具体的に申し上げますと、食品安全では、食品事故を未然に防ぐため、異物混入の防止や農薬の適正な使用と保管などを行い、安全・安心な農産物を提供しなければなりません。   もっと読む
2018-11-30 袖ケ浦市議会 平成30年 第5回 定例会(11月招集)-11月30日−議案説明−01号 次に、議案第6号 袖ケ浦市小櫃川流域に係る水道水源の保全に関する条例の一部を改正する条例の制定については、農薬取締法の一部が改正されたことに伴い、条文の整備を行うため、条例の一部を改正しようとするものであります。  次に、議案第7号 袖ケ浦市立幼稚園設置条例の一部を改正する条例の制定については、袖ケ浦市立今井幼稚園を廃園するため、条例の一部を改正しようとするものであります。   もっと読む
2018-11-12 八千代市議会 平成30年 11月 定例会(第4回)-11月12日−02号 強めの農薬・除草剤をまけば、畑としての価値がなくなってしまうというような切実な声でした。  本市の農業政策ビジョンは、たしか平成14年に策定されたままとなっていると思いますが、現在の社会情勢と農業従事者のニーズを考えれば、農業振興計画の見直しが必要だと考えます。  まず、農業振興計画策定のスケジュールについて、お聞かせいただければと思います。 ○林隆文副議長 青井憲治産業活力部長。 もっと読む
2018-09-26 佐倉市議会 平成30年 8月定例会−09月26日-06号 9点目、水稲害虫広域防除事業の農薬空中散布は、散布された農薬が何日間も滞留することで、知らずに農薬に暴露する危険性があります。ことし4月、EU加盟国ではミツバチ減少の原因とされているネオニコチノイド系農薬3種類の屋外使用が全面的に禁止されました。  次に、意見を申し述べます。 もっと読む
2018-09-26 千葉市議会 平成30年決算審査特別委員会環境経済分科会 本文 開催日: 2018-09-26 制度の創設当時は、生産履歴の記帳、直売所のはやりでしたので、農薬取締法に基づいた農薬をきちっと使っていますよと、ちゃんと履歴を記帳しましょうと。履歴を記帳していると、何か検査でひっかかった際も自分の身の安全になるのでという、そういう記帳を個々の農家にしていただこうという主眼がございました。 もっと読む
2018-09-26 野田市議会 平成30年  9月 定例会(第5回)-09月26日−06号 農林水産業費では、農薬のかわりに黒酢散布で育てた黒酢米や、もみ殻牛ふん混合堆肥による環境保全型農業の取り組み、農産物ブランド化推進事業などであります。   商工費では、起業家支援事業を初め、野田市の観光のメーンイベントである春の関宿城さくらまつり、夏の野田夏まつり躍り七夕、関宿まつり事業費などであります。    もっと読む
2018-09-21 佐倉市議会 平成30年 8月定例会決算審査特別委員会−09月21日-01号 10点目、水稲害虫広域防除事業の農薬空中散布は、飛散した農薬による市民への健康被害が懸念されます。  それと引き続き、議案第5号は社会保障・税番号制度のシステム改修費用が入っていることから反対いたします。詳細は、閉会日に討論いたします。  以上で終わります。 ○委員長(山口文明) ほかに討論はございませんか。  萩原委員。 ◆委員(萩原陽子) 反対する議案は、1号、2号、5号です。 もっと読む
2018-09-20 佐倉市議会 平成30年 8月定例会決算審査特別委員会−09月20日-01号 次は、主要施策の成果203ページ、グリーンリサイクルなのですけれども、このチップ材なのですけれども、確かにランニングコース等でたくさんまかれていて、いいものなのですけれども、最近無農薬農業でチップを使っている農家さんが市内で出てきまして、日本で初めてということで、この間東京大学の教授とかも見に来ていたのですけれども、確かに無農薬、無肥料、有機ですよね。それにチップを使うらしいのです。 もっと読む
2018-09-20 柏市議会 平成30年  第3回定例会(9 月定例会)-09月20日−質疑並びに一般質問−06号 柏市は、平成20年から農薬等薬剤使用に係る基本方針を定め、各公共施設において環境や健康に悪影響を与えるおそれのある農薬使用の実態調査を行い、削減について市民へ啓発していますが、環境や健康に悪影響を与えるおそれのある化学物質は農薬だけではありません。ほかの化学物質削減の啓発に関して、どのように考えていますでしょうか。  次に、中原ふれあい防災公園の隣接地について伺います。 もっと読む
2018-09-19 鎌ヶ谷市議会 平成30年  決算審査特別委員会-09月19日−02号 剪定枝の回収総量約325トンのうち、バイオマス発電の試行で活用する約108トンを除き、約217トンを堆肥化用といたしまして、水分調整、切り返し作業を経て、残留農薬や放射能物質検査等を行い、全て良好との結果を得ております。なお、果樹剪定枝等リサイクル事業推進協議会において実施いたしました販売実績につきまして、個人向けの販売は販売量が約13.3トン、販売額が1万2,540円でございました。 もっと読む
2018-09-12 野田市議会 平成30年  9月 定例会(第5回)-09月12日−05号 人に優しく、自然に優しくを基本として改良され、生まれたパークゴルフは、農薬を使わない自然に近い形の公園で、1本のクラブと1個のボール、1個のボールを置くティーがあれば誰でも簡単にプレーができ、1ホールは100メートル以内で、ハーフ9ホール、1ラウンド18ホール、おおむね2時間以内で楽しめるスポーツとなっております。 もっと読む
2018-09-12 千葉市議会 平成30年保健消防委員会 本文 開催日: 2018-09-12 ただ、全国的に、こういった残留農薬等の食品の安全確保とか、それから殺虫剤などの化学薬品の散布の際の健康への影響、こうしたところの適正使用を推進するため、指針やマニュアル、それからガイドラインを定めて推進しているということで聞いております。  以上でございます。 もっと読む
2018-09-06 白井市議会 平成30年第3回定例会(第2号) 本文 開催日: 2018-09-06 薬剤の使用においては、農薬取締法など関係法令の遵守はもとより、周辺住民、施設利用者に影響を及ぼさないよう薬剤の使用を行っているところです。公共施設の敷地内や公園、街路樹など、樹木管理においては、害虫駆除のため殺虫剤などを使用し、トイレや給食室などの施設の内部においては、コバエ、ゴキブリなど、害虫駆除のため、殺虫剤や殺菌剤の散布を行っております。   もっと読む