925件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

栄町議会 2019-12-11 令和元年第4回定例会(第2日12月11日)

初めに、利根川の出水状況ですが、台風19号の影響により、栗橋水位観測所において、10月13日の午前3時に9.61メートルと、氾濫危険水位の8.5メートルを超える水位に達し、取手水位観測所において約14時間後の同日午後5時に7.34メートルと、氾濫危険水位に迫る水位に達しました。  さらに、須賀水位観測所においては、その約2時間後の同日夜7時に6.77メートルと氾濫注意水位を超える水位に達しました。

佐倉市議会 2019-12-03 令和 元年11月定例会−12月03日-03号

また、市が管理する排水ポンプ、内水氾濫を起こさないように河川道路の水を流すものですが、老朽化などで交換などの予定はありますでしょうか。 ○議長(石渡康郎) 土木部長。 ◎土木部長(豊田和正) お答えいたします。  ポンプ施設は、耐用年数を目安に交換をしております。  以上でございます。 ○議長(石渡康郎) 川口議員

船橋市議会 2019-11-28 令和 元年第3回定例会−11月28日-05号

台風15号、19号、21号と、この秋の連続した台風は、空き家の問題も浮き彫りになったと実感しております。  老朽化した空き家屋根や壁が暴風雨で吹き飛ばされ、周辺の住民を危険にさらす状況が起きました。台風19号が近づいた前日、15号で2階の外壁がめくれ上がってばたばた音を立て、今にも落ちてきそうな空き家のことで、市民安全推進課に連絡をとりました。

白井市議会 2019-11-28 令和元年第4回定例会(第2号) 本文 開催日: 2019-11-28

場合によっては命の危険もあり、毎年20名前後が犠牲となっております。これはマムシやクマなどの犠牲者よりも多く、野生では最大の危険生物といっても過言ではありません。  スズメバチは民家にも大きな巣をつくることがあり、軒下や雨戸の戸袋、天井裏に営巣しているケースも散見されます。スズメバチの針はハチ用の防護服を貫通するほど強く、刺さなくても毒液を飛ばしてくることがあります。

千葉市議会 2019-09-30 令和元年決算審査特別委員会都市建設分科会 名簿 開催日: 2019-09-30

2、空き家募集は221戸の募集に対し、応募件数は1,723件、倍率は7.8倍でした。3、修繕は7億2,000万円で、内訳は記載のとおりでございます。4、既存民間賃貸住宅借り上げは130万円で、元特定優良賃貸住宅の借り上げ契約終了に伴い、入居者の移転先として借り上げたものでございます。5、その他諸経費は4億100万円で、入退去管理や施設保守点検等を行ったものでございます。  

千葉市議会 2019-09-25 令和元年決算審査特別委員会総務分科会 本文 開催日: 2019-09-25

次に、防災対策課の2、危険ブロック塀等改善補助518万2,000円でございますが、平成30年に発生した大阪北部を震源とする地震の教訓を受け、通学路などに設置されている倒壊の危険性が高く、早急に撤去が必要なブロック塀等の撤去及びブロック塀等にかわる軽量フェンス等の設置に係る費用の一部を助成いたしました。  

船橋市議会 2019-09-10 令和 元年第2回定例会−09月10日-05号

また、老朽化が進めば、大規模な改修も必要となってくると思われます。  そこで、お伺いいたしますが、他市では、老朽化によるプール改修に多額の財政負担が発生していると聞いておりますが、本市の状況はどうでしょうか。      [管理部長登壇] ◎管理部長(大竹陽一郎) お答えいたします。  

船橋市議会 2019-09-09 令和 元年第2回定例会−09月09日-04号

まず、空き家対策についてです。  倒壊等の危険性があり、周囲を不安、不快にさせている場合、特定空家に指定されることになりますが、固定資産税都市計画税住宅用地の軽減措置特例がなくなります。つまり、敷地面積200平米以下の場合、固定資産税は6倍、都市計画税は3倍に上がることになります。  先日、市内北東部の方から相談を受けましたが、約3割近くが空き家になっているとのことでした。

白井市議会 2019-09-05 令和元年第3回定例会(第2号) 本文 開催日: 2019-09-05

今後、今お話がありました、私の中では、体育館のエアコン整備よりも、もうインフラとか公共施設老朽化が進んでおります。これはもうニュータウンがまち開きをしてから30年以上たちますので、この辺の老朽対策長寿命化対策、特に学校につきましては、学校のトイレの洋式化のほうが私は優先度が高いと考えております。  

佐倉市議会 2019-09-04 令和 元年 8月定例会−09月04日-04号

◆11番(稲田敏昭) 非常に危険ですので、よろしくお願いしたいと思います。  続きまして、これは要望です。これも前回質問しました。県道65号佐倉印西線からふるさと広場に行く三差路、そして国道296号から上座公園入り口の三差路、同様な鋭角になった、平面交差になっていない三差路です。朝夕の交通量が多いところです。信号機の設置の要望が地元から出ていると思いますが、検討をよろしくお願いします。  

佐倉市議会 2019-09-03 令和 元年 8月定例会−09月03日-03号

人口減少による労働力不足や高齢化に伴う医療介護需要の増大、インフラ老朽化や空き家の増加など、2040年にかけて顕在化が予想されるこれらの社会変化に伴う課題への対応は、多くの自治体にとって避けて通れないものと認識をしているところでございます。今後とも国の動きを注視してまいりたいと考えております。  以上でございます。 ○議長(石渡康郎) 五十嵐議員

佐倉市議会 2019-06-25 令和 元年 6月定例会−06月25日-03号

市民体育館は昭和55年の開館以来、市民スポーツ活動を支える屋内スポーツの中心的な施設となっておりますが、開館から39年が経過し、施設老朽化や設備の更新など施設の維持管理における課題等が顕著になっております。今後、体育館につきましては、佐倉市公共施設等総合管理計画などと整合を図り、岩名運動公園への施設集約化を含め、検討を進めてまいりたいと思います。  私からは以上です。