2649件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

船橋市議会 2020-01-06 令和 2年 1月 6日会派代表者会議−01月06日-01号

────────────────── 5.議員等出退表示システムについて(報告) ○議長(日色健人) 前回の会派代表者会議において、現在の出退表示器の老朽に伴い、ICカードを利用した議員等出退表示システムを今年度新たに導入する旨報告したところである。このことについて、事務局より報告がある。

船橋市議会 2019-12-20 令和 元年第3回定例会−12月20日-09号

広場の持つ特徴を捉え、多くの市民が利用できるよう、周知と施設の整備を図ることを要望し、賛成」、  真政会の委員から、「改定理由が受益者負担の適正と言っていながら、特定の利用者のみが無償自由に使える制度存在することには全く納得がいかず、整理する必要がある。施設設立の目的等勘案した上で、整理をお願いする。  しかし、議案第16号と基本的な考え方は同じであるため、賛成」との討論がありました。  

船橋市議会 2019-12-18 令和 元年12月18日文教委員会-12月18日-01号

これらの取り組みを推進するため、所要の改正を行うものであり、安定的なサービスを提供していくためには施設を利用する人と、利用しない人の適正な負担を考慮した見直しが必要であり、使用料改正することで受益者負担の適正を図るとあるので、各議案に対する総論的な意見をここで述べさせていただく。  

佐倉市議会 2019-12-16 令和 元年11月定例会-12月16日-06号

議案第1号 令和元年度佐倉市一般会計補正予算について、消費税増税を財源として10月から実施された幼児教育無償では、当初から無償によって逆に負担がふえる世帯が生じると指摘されていました。保育料は、収入によって定められていますが、給食費を無償の対象から外したことによって、公立で月5,000円ほどの給食費を支払うことになったのです。

船橋市議会 2019-12-12 令和 元年12月12日文教委員会−12月12日-01号

この教育基本法だが、科学技術の進歩、情報、グローバル、少子高齢など教育をめぐる環境が大きく変化し、家庭地域社会での教育力、子供の学ぶ意欲や問題行動など、教育に対する課題が指摘される中、国民一人一人が豊かな人生を実現し、我が国が一層の発展を遂げ、国際社会平和と発展に貢献できるよう、平成18年に改正された。  

茂原市議会 2019-12-12 平成31年 第5号 令和元年12月12日

1.実質収支の黒字は評価できる。引き続き財政健全に努め、住民生活向上のためにさら 1.固定資産税法人市民税等が落ち込み、扶助費、長生病院等の負担金が増加する中、茂原 にいはる工業団地の整備による雇用の増加、茂原長柄スマートインターチェンジ設置事業等の 社会基盤の整備、及び地球温暖対策事業への取り組みは評価できる。引き続き取り組まれた い。 たい。

船橋市議会 2019-12-06 令和 元年12月 6日健康福祉委員会-12月06日-01号

第1期計画と異なる部分だが、10月から幼児教育保育無償が始まっている。2段目の囲いのところ、子育てのための施設等利用給付の部分である。こちらは本年10月から創設されているもので、これは一番上の子供のための教育保育給付に加えて、これまで給付対象ではなかった施設等の利用について無償に関する給付を行うということで始まっている給付である。こういったものを記載している。  

佐倉市議会 2019-12-05 令和 元年11月定例会-12月05日-05号

教科書無償措置法にありますが、それに基づいて佐倉市はその理由も明示しております。それも公開の大きな一つだと私は思っています。  以上です。 ○議長(石渡康郎) 五十嵐議員。 ◆19番(五十嵐智美) 少しずつですが進んでいるというような認識も私は持っております。ただ、静ひつな環境が必要と千葉県教育委員会はそうずっと言ってきております。

茂原市議会 2019-12-05 平成31年 第3号 令和元年12月5日

災害に対するさまざまな業務は、 正規職員が対応されていると思いますが、温暖などの影響で災害の規模が拡大し、多発して いる中、現在の職員体制で、今後も対応が可能であるとお考えでしょうか。見解を伺います。 次は、子育て支援についてです。保育無償について、2点伺います。 幼児教育無償がこの10月から実施されました。

鴨川市議会 2019-12-05 令和 元年第 4回定例会−12月05日-03号

近年、地球温暖に伴う各種の自然災害の大規模、高齢進行による災害時に配慮を必要とする方々の増大などが懸念されております。一方で、公共施設の老朽人口減少による過疎が進み、これらを勘案した防災対策は、喫緊の課題であると認識をいたしております。  一般的に防災対策は、ハード対策とソフト対策が一体となった対策が望ましいとされております。  

佐倉市議会 2019-12-04 令和 元年11月定例会−12月04日-04号

これまでは無償が当たり前だった行政サービスにめり張りをつけ、収支意識を前提に状況に応じて有償する施策、あるいはデジタルにより受益者の裾野を広げつつ、中期的には印刷費用を削減させる施策など、僭越ながら私が幾つか提案を通じてお伝えしたかったのは、個々の具体的な提案内容とあわせて、あるときには思い切って前例主義を捨てて、これからの佐倉市にとって必要と思われる新しいことにチャレンジしようという点でした。

白井市議会 2019-12-04 令和元年第4回定例会(第4号) 本文 開催日: 2019-12-04

農用地区域は平成27年現在で816ヘクタールとなっていますが、計画の目標年度である平成37年度、令和7年度は現状維持の816ヘクタールとし、この面積基準として、水田では低コストや省力を可能とする大区画水田への再整備や、基幹農道の整備、樹園地では近代施設の整備推進や経営規模の拡大、栽培技術の向上による良好な産地形成を図ることなどで土地利用の高度を推進し、農業上の効率的な活用の促進を図ることとしています

佐倉市議会 2019-12-03 令和 元年11月定例会−12月03日-03号

◆20番(萩原陽子) 温暖対策を話し合う国際会議COP25が昨日からスペインで始まりました。危機的な状況から引き返し、今後の自然災害を減らすためには、温暖を防ぐ具体的な計画と速やかな実行が唯一の対策です。基本計画に包含する地球温暖対策実行計画区域編では、温暖最大の要因である温室効果ガス排出量の削減について、これまでに実施した施策の効果検証していますか。 ○副議長(爲田浩) 環境部長。

栄町議会 2019-12-03 令和元年第4回定例会(第1日12月 3日)

次に、「消防の広域について」ご報告させていただきます。  消防の広域については、「千葉県消防広域推進計画」に基づき、県が先頭に立って、自治体間の仲介、合意形成等、消防の広域の推進を積極的に図るよう県に対し強く要望したところであります。  そのような中、11月20日に印西地区消防組合正副管理者会議において、町から正式に広域協議の申し入れをいたしました。

佐倉市議会 2019-12-02 令和 元年11月定例会−12月02日-02号

しを           │市長、       │ │  │      │ (1)河川整備などについて               │上下水道事業管理者、│ │  │      │ (2)道路のかさ上げなどについて            │関係部長      │ │  │      │3.消費税10%の影響                 │市長、関係部長   │ │  │      │ (1)幼保無償