1150件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

佐倉市議会 2019-09-04 令和 元年 8月定例会−09月04日-04号

この調査は、土壌汚染対策法及び四街道市の残土条例に基づきまして、フッ素及びその化合物以外の物質も調査するものでございます。用地内69カ所の表層部分の土砂を採取いたしまして、汚染されているエリアの概要を特定するものでございます。さらに、用地内の4地点を任意で選定し、今まで調査をしていない深さごとの土砂を新たに採取いたしまして、汚染物質を調査するとのことでございます。

鴨川市議会 2019-06-05 令和 元年第 2回定例会−06月05日-03号

植生の種類だったり野生動物の種類などについては示すことが厳しいのかなというような認識を受けましたけれども、緑地面積であったり緑地率、表土の利用及び残土処理についても、同様に示すことができないのか。また、これまでのメガソーラー計画に関する質問の中で、事業計画地内の文化遺産等への言及もありましたけれども、細目書内の郷土記念物についても示すことができないのか、お伺いいたします。

佐倉市議会 2019-03-14 平成31年 2月定例会建設常任委員会−03月14日-01号

◆委員(萩原陽子) 建設、そういう残土というか、そういうものも再生するようにという国の方針に基づいて変わったということなのですね。再生するようになりましたよね。それに基づいてそこには入れなくなった。埋めるか、再生工場というか、ありますよね、そういうところへ搬入するのですか。 ○委員長(爲田浩) 土木管理課長

富津市議会 2019-03-13 平成31年度予算審査特別委員会−03月13日-02号

本来ならば、10年たてばもっと大きな木になってきれいに桜並木が出ると思うんですけども、竹岡の高速道路の入り口のところもそうなんですけど、多分道路工事のときに、残土とか産廃とかが埋められているんじゃないかと思われます。  本当に生育が悪いんです。そういう生育が悪いところの土を掘り返して、そういう手当てをするということは、この中に入っているんでしょうか。

佐倉市議会 2019-03-06 平成31年 2月定例会−03月06日-04号

また、撤去作業におきましても、その撤去した様子の写真を皆さんに見せていましたけれども、撤去した場所の採取の写真、埋め立ての写真というふうに同じ場所を指定しているのにもかかわらず、背景が違う写真とか、またこの場所でこの車に残土を積みまして撤去、中間処分場に持っていきましたという写真を撮っていますが、積んでいる車のナンバーと捨てている車のナンバーが違うと。

木更津市議会 2019-03-01 平成31年3月定例会(第6号) 本文

1つは、工事用車両がどうなるのか、ルートはどうなのかということなんですけれども、羽鳥野ルートから進入するのはいいんですけれども、造成します都市計画道路部分、それから本体の建設部分、それから出る残土等を運ぶためにも、この羽鳥野ルートを使うということになると、ちょっと耳にしましたけれども、金田西土地区画整理事業のところに残土を、公共残土になりますかね、持っていくと、そういうふうな土砂の搬入道路にもなるということで

佐倉市議会 2018-12-10 平成30年11月定例会総務常任委員会−12月10日-01号

たくさんありまして、埋め立て自体も相当量既に行われているというご答弁だったのですけれども、このタイミング的に平成21年より開発が始まったということですので、佐倉市残土条例での再生土禁止という、時系列的には、それには当たらない行為が行われてきているのですね。いかがですか。 ○委員長(村田穣史) 資産管理経営室長。 ◎資産管理経営室長(小菅慶太) 資産管理経営室、小菅でございます。  

睦沢町議会 2018-12-06 平成30年第4回定例会会議録 12月6日

そうした場合には、公共 事業の残土を使いまして、もうそれに合ったような土ということで、最近では長生土木事務 所も非常に厚意的にいい土を優先的に睦沢町に回してくれているということもございますん で、そういうことも考慮に入れながらしていただければ、農家にとっては非常にプラスにな -45- るのかなと。

香取市議会 2018-11-12 平成30年 12月 定例会-11月12日−04号

1つ、残土処理費用が追加されたこと。2つ、地盤改良材の添加量が想定よりも少なかったため減額されたこと。3つ、地下水の水位対策工事が掘削した結果必要になったため、費用が追加されたこと。4、その他の交通安全対策のための交通誘導員が必要になったため、費用が追加されたことです」との答弁がありました。  

香取市議会 2018-11-01 平成30年 12月 定例会-11月01日−03号

次に、古内残土処分場の違法状態の現状と指導方針について伺います。  府馬の古内地区の残土処分場については、生活道路農地、水路まで土砂が流出して生活への影響や農地が全面的に覆土された状態になり、農作業ができないなど多大な被害が出されております。千葉県地元住民は、県知事へ要望書を出したり、4月25日には古内青年館で千葉県香取市の担当者が出席して地元住民説明会が開催されるなどしてきました。  

香取市議会 2018-10-23 平成30年 12月 定例会-10月23日−01号

一部を改正する条例の制定について 議案第15号 工事請負契約の変更について(調整池整備工事) 議案第16号 専決処分承認を求めることについて        (専決処分第4号 平成30年度香取市一般会計補正予算(第4号)) 議案第17号 字の区域の変更について                一般質問通告 宇井正一議員  1.再生土処分場禁止・規制条例の制定について 市長 生活経済参事  2.古内残土処分場

千葉市議会 2018-09-21 平成30年決算審査特別委員会環境経済分科会 本文 開催日: 2018-09-21

最後に、19の残土対策事業ですが、決算額は62万2,000円です。  本事業では、土砂等の埋め立て等の許可4件、552回の立入検査及び委託パトロールによる監視を行うなど、土砂埋め立て事業者に対し、適正指導、適正処理の指導に努めました。  以上が、資源循環部の決算状況でございます。

佐倉市議会 2018-09-20 平成30年 8月定例会決算審査特別委員会−09月20日-01号

ページ中段の4、不法投棄対策事業1,122万336円でございますが、こちらにつきましては不法投棄や残土による埋め立てなどの不法行為に対する指導等を行うための経費でございまして、不当行為防止指導員の賃金が主なものとなってございます。  その下、5、減量化推進事業2,257万5,116円につきましては、ごみの減量化のため、資源回収協力団体並びに協力業者への謝礼金が主なものとなってございます。  

船橋市議会 2018-09-14 平成30年第3回定例会−09月14日-06号

例えば、市内の他の資材置き場を見る限り、一般的には残土や廃材置き場的使用であり、この結果、隣接する住民の生活環境を大きく悪化させるのみで、何らの得策もなく、市営馬込霊園や製袋工場、そして再生センターの立地に、過去永年協力と我慢を強いられてきた町民や町会の善意に対し、配慮貢献することは皆無と言わざるを得ないものであります。  

四街道市議会 2018-09-11 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月11日−06号

この施設用地については、埋め立てられた建設発生土安全性や全体数量、さらには砕石購入費と残土搬入量との埋め立て事業収支など、いまだ事業全体に多くの不安や不透明さが残されています。さらには、本年3月での地質調査からはフッ素の基準値超えが確認されるとともに、遺跡の存在に伴う発掘調査や新たに土壌汚染対策法に基づく土壌調査が求められることとなりました。