運営者 Bitlet 姉妹サービス
4451件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-13 柏市議会 平成30年  第4回定例会(12月定例会)-12月13日−質疑並びに一般質問−07号 一方で、少子高齢化社会への対応や公共施設の老朽化対策など、喫緊の行政需要への対応も重要な取り組みであります。このため、毎年度の予算編成では、教育や福祉を初めとする経常的経費の需要予測を踏まえた上で、政策的に実施する事業の財源を確保しております。続いて、米軍基地に係る全国知事会の活動に関する御質問についてお答えをいたします。 もっと読む
2018-12-12 柏市議会 平成30年  第4回定例会(12月定例会)-12月12日−質疑並びに一般質問−06号 ふるさと納税による住民税の減収分の75%は、これは調べた範囲ですけど、市のほうはそうじゃないと言われるんだけども、基準財政需要額に算入されることになるということで報道している例が多いですね。しかしながら、この基準財政需要額に算入されるというのは、あくまで数字上のことでありまして、同額の交付税が入ってくることを意味しません。地方交付税の不交付団体であれば、一円も入ってこないわけですね。 もっと読む
2018-12-11 柏市議会 平成30年  第4回定例会(12月定例会)-12月11日−質疑並びに一般質問−05号 柏市健康福祉審議会からいただいた答申では、市立柏病院に期待する役割の一つに小児二次救急の体制整備が挙げられました。本市における小児二次救急の受け入れ態勢につきましては、平成25年度から二次病院が可能な範囲で夜間や休日に小児科医を待機させる小児科二次病院待機事業を行っており、市立柏病院は毎週火曜日及び休日当番日を担当しております。 もっと読む
2018-12-06 茂原市議会 平成30年会議録 第3号 平成30年12月6日 このシステムでは、通報を受けたオペレーターが 事前に登録をしている協力委員への連絡や、救急の要請を行い、対応を図るものでございます。 私からは以上でございます。 ○議長(三橋弘明君) 企画財政部長 鶴岡一宏君。 (企画財政部長 鶴岡一宏君登壇) ○企画財政部長(鶴岡一宏君) 企画財政部所管にかかわります御質問に御答弁いたします。 もっと読む
2018-12-01 長生村議会 平成30年定例会12月会議(第2日) 本文 次に、長生郡市の中核病院であり、急性期入院医療、救急医療を担う長生病院の医師不足は深刻でございます。外科医は1人、産婦人科医はゼロという非常事態となっていますが、どうお考えですか。深刻な経営状態を立て直す最重要課題は医師の確保と考えますが、村長のお考えをお聞きします。   もっと読む
2018-11-30 成田市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-11月30日−05号 プレーワーカーのいる管理棟内には、ミーティングルームや熱中症セット、救急治療セットなどもありました。管理棟の前には、当日のプレーワーカーの紹介として似顔絵が張ってありました。  本市においては、市民団体成田おむすびプレーパークが、赤坂公園、閉校した中郷小学校の敷地などを利用して、これまで81回のプレーパークを開催し、およそ延べ4,700人が参加しております。 もっと読む
2018-11-29 成田市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-11月29日−04号 次に、重点施策の決定についてでありますが、重点施策はNARITAみらいプランで示された施策の方向性や主要事業をもとに、新年度において取り組むべき施策を明確化したものであり、これらは実施計画のローリングを通じて翌年度以降の行政需要や事業展開を勘案しながら決定しております。  次に、自転車とまちづくりについてのご質問にお答えいたします。   もっと読む
2018-11-27 成田市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-11月27日−02号 市民のくらし・福祉を重点とした施策でありますが、これまでも市民サービスのさらなる向上のための休日窓口の開庁や総合窓口の開設、及び証明書のコンビニ交付、子育て、医療・福祉対策として中学生までの医療費助成拡大、夜間救急医療体制の確保、看護師確保のための修学資金貸付、オンデマンド交通高齢者移送サービス、独居高齢者の見守り支援の充実、さらに小中学校へのエアコン設置、児童ホームの整備のほか、公共施設やインフラ もっと読む
2018-09-28 柏市議会 平成30年  第3回定例会(9 月定例会)-09月28日−委員会報告、質疑、採決−08号 次に、議案第10号、財産の取得について(災害対応特殊救急自動車)、議案第11号、訴えの提起について、議案第12号、和解についての3議案を一括して議題といたしました。 もっと読む
2018-09-28 松戸市議会 松戸市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月28日−07号 第9款消防費では、救急救命士育成業務において、高齢化による高度救命処置の状況は、また、救命士の人数は充足しているか。消防団管理業務における消防団員の貸与被服の状況は。また、消防団員からの反応は。中央消防署建設の進捗状況は。防災意識普及啓発業務の不用額が多い理由は。自主防災組織育成強化業務の制度改正をしているが、その成果は。また、訓練の状況を把握しているか。 もっと読む
2018-09-26 千葉市議会 2018.09.26 平成30年決算審査特別委員会都市建設分科会 本文 非常に何か、わかりやすいなというのがありますし、見知らぬ、千葉に詳しくない方が来たときに、千葉駅が結構待ち合わせしづらくて、どこか行かれちゃうと、どこだか、迎えに行くと、どこにいるのかわからないなということがあるんですけれども、そういう表示があると非常に助かるなというのがありますし、また、これから高齢化ということで、不測の事態で救急車を呼ぶときに、例えばそこに表示があることで、非常にスムーズに呼べるかなとか もっと読む
2018-09-25 千葉市議会 2018.09.25 平成30年決算審査特別委員会保健消防分科会 本文 救急課長。 ◯救急課長 救急課長の中村でございます。  委員のおっしゃいました救急救命士129名というのは、現場で実際に救急隊として活動している人数だと思いますので、その場合にいたしますと、女性は6名、現状で勤務、救急隊として活動しております。 もっと読む
2018-09-21 栄町議会 平成30年第3回定例会(第3日 9月21日) これに鑑み、将来にわたって、その機能が十分に発揮されることにより、国民その他のものの交通に対する基本的な需要が適切に充足されることが重要であるという、この基本理論を第2条の中でうたっています。 もっと読む
2018-09-21 富津市議会 平成30年 9月定例会−09月21日-04号 期中での補正による予算化も含めて、弾力的な財政の運営をして、タイムリーな需要に応えていくことも市民の利益を守る上で重要な判断である。  そのことも踏まえて健全な財政運営に引き続き邁進してほしいとの賛成討論や、高橋市長就任以来の新規事業について、おおむね成果が出ている。これらの事業について、今後、費用対効果等を検証しながら、よりよいものにしてほしい。 もっと読む
2018-09-20 千葉市議会 2018.09.20 平成30年決算審査特別委員会保健消防分科会 本文 次に115ページ、2の休日救急診療所運営です。  これは、公益財団法人千葉市保健医療事業団を指定管理者として実施している事業で、1の休日救急診療では日曜、祝日、年末年始における急病患者に初期医療を提供しており、2の特殊歯科診療では、寝たきりの高齢者や心身に障害のある方などを対象に予約歯科診療を行っております。受診者数は、それぞれ記載のとおりです。  次に、3の救急医療体制整備です。   もっと読む
2018-09-20 栄町議会 平成30年第3回定例会(第2日 9月20日) さらに、北海道内の電力需要の半分以上を供給しています苫東厚真発電所が被災によって停止して、それで道内での電力の需給バランスが完全に崩れて、全道の発電所が自己防衛のために一斉停止するというブラックアウトと初めて聞きました。これも史上初の事態だそうでございます。  今まで申し上げたこの3か月の間に、史上初、史上最大、史上最高という文言が、確か私は7回申し上げたと思います。 もっと読む
2018-09-20 柏市議会 平成30年  第3回定例会(9 月定例会)-09月20日−質疑並びに一般質問−06号 これら民間事業者による対応が困難な場合につきましては、コミュニティ交通の導入等、地域の需要に合った最適な交通手段を検討いたします。ただし、市内の公共交通空白不便地域全てを一度に解消することは難しく、優先順位について整理する必要があると考えております。 もっと読む
2018-09-19 柏市議会 平成30年  第3回定例会(9 月定例会)-09月19日−質疑並びに一般質問−05号 日々の命を守る消防救急業務に当たる皆様に感謝申し上げます。近年AEDの設置が推奨されていますが、市においてもさまざまな施設、また救急隊なども利用されていると思います。そこで、質問します。AED設置場所、市内設置数、使用実績、AEDの1台に係る経費もあわせてお示しください。  次に、環境行政、ごみ集積所です。 もっと読む
2018-09-19 佐倉市議会 平成30年 8月定例会決算審査特別委員会−09月19日-01号 今後ますますこの認知症対策については需要が高まってくると思いますし、患者さんは当然予備群を含めて相当な数になっているということが懸念をされていますので、ぜひその辺をお願いしたい。特に市長が常々言っている認知症に優しい佐倉というのを目指しているということであれば、余計なおさらそういったことになってくるというふうに思います。 もっと読む
2018-09-18 成田市議会 平成30年  9月 決算特別委員会-09月18日−01号 内訳につきましては、土地では前年度比で2,000万円増で49億3,000万円、家屋では前年度比で1,000万円増で31億2,000万円、償却資産では前年度比で6,000万円増で38億円となっており、要因といたしましては、算定対象となった企業数が433社から451社に増加したことに加えまして、航空需要の高まりとともに、空港関連企業の設備投資が増加したものと考えております。 もっと読む