613件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

佐倉市議会 2019-12-16 令和 元年11月定例会-12月16日-06号

また、全国初の取り組みを始めた熊本天草市においては、公明党秋野公造参議院議員と赤木武男市議の連携で支援が実現したという経緯もございます。ぜひとも千葉初の試みとして、佐倉から暗所視支援眼鏡の日常生活用具認定がされることを願いまして、本陳情を採択することに賛成します。  今11月議会は、たび重なる台風や豪雨による被害に対する復旧、復興に向けた予算が多くありました。

船橋市議会 2019-12-16 令和 元年12月16日予算決算委員会全体会−12月16日-01号

再来年の1月から上水道下水道の徴収の一元化を実施することに伴う千葉に払う負担金である。  市民からすれば、これまでばらばらに来ていた下水道料金と上水道料金を一緒に払うことができるという説明を受けて、利便性が増すということであったが、この補正予算の大部分はシステム開発費、機器等調達費の4億4700万円である。

栄町議会 2019-12-12 令和元年第4回定例会(第3日12月12日)

千葉も同じ傾向です。教育委員会は、教員の研修によって、いじめなどを認知する感度が上がっていることが要因と結果を分析しています。確かにそういう面はあると思います。しかし、暴力行為が218件増加で2,103件、過去最高など、重大案件や不登校自殺者の増加など、教育委員会の分析は切実感に欠けていると言わざるを得ません。  そこで、質問です。

鴨川市議会 2019-12-05 令和 元年第 4回定例会−12月05日-03号

同センターは愛知大府市にあり、市の協力を受け、介護を受けない65歳以上の住民を対象に、2011年から調査を実施しています。  そして今回、初回調査から追跡している約3,500人をフレイル、兆しが見えるプレフレイル、兆候なしの3つのグループに分け、5年間の介護保険の利用状況などを分析しました。

佐倉市議会 2019-12-02 令和 元年11月定例会−12月02日-02号

近年では毎年日本のどこかで大きな災害が発生しており、ことしは千葉においても大きな災害が発生してしまいました。9月9日に台風15号が千葉を直撃し、千葉県内では最大約64万戸の大規模な停電が発生し、佐倉市においても2万軒以上の停電が発生したほか、建物被害、農業被害が発生しております。この台風の影響により南房総市や鋸南町など、千葉南部も含めて今でも被災生活を送っている方が多くいらっしゃいます。

白井市議会 2019-09-11 令和元年第3回定例会(第5号) 本文 開催日: 2019-09-11

本年8月、千葉と友好都市協定3周年を迎えた台湾の桃園市、特別行政市でに相当いたします、の市長である鄭文燦氏が白井市を表敬訪問された際、千葉と桃園市はともに国際空港があり、隣に大都市があるなど、非常に類似した点があり、まちづくりに関してともに研究していくことなど話題に上がりました。  私としても、現在語学力を生かした白井のPRにも取り組んでおります。

佐倉市議会 2019-09-04 令和 元年 8月定例会−09月04日-04号

愛知豊川市では、2017年から公立小学校で性的マイノリティーの児童にも配慮したトイレ改修を進めています。そのポイントは、1つ、男女トイレのほかに、性差にかかわらず利用でき、車椅子にも対応したみんなのトイレを設置する。2つ目、それらのトイレの入り口に前室を設けて、どのトイレを利用したか、外からはわからないようにするというものです。

富津市議会 2019-09-04 令和 元年 9月定例会−09月04日-02号

出生、死亡外との移動、県内間の移動、全体の増減数につきましては、住民基本台帳の数値でお答えをいたします。  当市の平成30年の出生者は188人で、死亡者は712人であります。外との移動は、富津市から外へは534人、外から富津市へは699人です。県内間の移動は、富津市から県内へは958人、そのうち木更津市、君津市、袖ケ浦市の3市へは624人です。

佐倉市議会 2019-09-02 令和 元年 8月定例会−09月02日-02号

次に、愛知尾張旭市では、親子会話し、考えながら防災手帳に記入し、対策しているこども防災手帳がございます。いざ災害時にどう行動するのかを家族で話し合うものとのことです。我が家の防災手帳にもなりますし、地区防災計画策定の意識づけにもなると思いますが、佐倉市版こども防災手帳の作成について提案をしたいと思いますが、市のお考えをお聞きいたします。 ○議長(石渡康郎) 危機管理室長。

船橋市議会 2019-07-03 令和 元年 7月 3日広報委員会-07月03日-01号

3番目の市民フリースピーチは、昨年度のマニフェスト大賞で大賞をとった愛知犬山市の取り組みである。ここの議長さんがビアンキ・アンソニーというまさに民主主義の国、米国から帰化された方だが、議場において市民の皆さんから5分以内で、1年に1回、7人を上限に、このような自分たちには意見がある、市に対して提言があることを、我々が行っている一般質問のような形で行う機会を設けている。

船橋市議会 2019-06-19 令和 元年 6月19日健康福祉委員会-06月19日-01号

残りの者についても、本年度千葉が開催する研修会で修了する見込みとなっている。 ◆石崎幸雄 委員  研修の状況だが、今まではが把握していたということであるが、どういう人がどのように受けたかというデータは千葉から市は受領しているのか。 ◎地域子育て支援課長 千葉では認定研修を受けたかどうかということでシステム管理をしている。