887件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

船橋市議会 2019-12-09 令和 元年12月 9日健康福祉委員会-12月09日-01号

10月29日から31日まで、奈良県奈良市大阪茨木市滋賀県彦根市、そして三重県津市への行政視察を行ったので、本日はその振り返りについて行いたいと思う。  まず、具体的には、最初に委員の皆さんから視察を行ってのご所感について、順番にご発言をいただきたいと思う。また、当日、ご同行いただいた執行部の皆さんにもお越しいただいているので、執行部の皆さんのご所感も伺いたいと思っている。  

佐倉市議会 2019-12-04 令和 元年11月定例会−12月04日-04号

平成23年の東日本大震災の犠牲者において、内閣の資料によりますと、65歳以上の高齢者の死者数は約6割、障害者死亡率は被災住民全体の死亡率の約2倍と、避難行動要支援者の犠牲者は自立避難行動が可能な方と比較して多いことがわかります。また、支援者側の犠牲者は、消防職員消防団員の死者、行方不明者は281名、民生委員の死者、行方不明者は56名と多数の犠牲者が出ました。

船橋市議会 2019-12-03 令和 元年第3回定例会−12月03日-08号

大阪佐野市では、民生委員の活動費を天引きして、視察2時間の研修旅行費、強制参加のシンコン会費(後刻「懇親会費」と訂正)に充ててるというような報道がありました。本市では、まさかこんなことはないと思いますが、ちょっと状況を教えていただけますか。(「懇親会費じゃないのか。シンコン会費って言ったよ」と呼ぶ者あり)あ、間違ったか。懇親会か。      

船橋市議会 2019-11-28 令和 元年第3回定例会−11月28日-05号

内閣高齢者白書には、「我が国は世界のどの国も経験したことのない高齢社会を迎えている」との見出しで始まる項目があります。よく知られているのが、2025年には団塊の世代が75歳になり、人口の18%、5.5人に1人が75歳以上の後期高齢者となります。そして、その後も2040年のピークまで高齢化は急速に進んでまいります。

船橋市議会 2019-11-27 令和 元年第3回定例会−11月27日-04号

こうした世界遺産に登録された事実を、孫から借りた中学校社会歴史を見てみると、仁徳天皇陵の記述はなく、大阪にある大仙古墳──伝仁徳天皇陵とあり、「伝」とは伝聞のことで、また、前方後円墳の挿絵写真が大仙古墳と記述してあるのみでしたが、これから、どうした教え方をするのか、ご見解をお尋ねいたします。  

船橋市議会 2019-09-18 令和 元年 9月18日健康福祉委員会−09月18日-01号

日程については事前にメールで案内したとおり、10月29日の午後に奈良県奈良市へ「児童相談所について」をテーマに、翌30日の午前に大阪茨木市へ「放課後児童クラブと放課後子ども教室の連携について」をテーマに、同じ30日の午後には、滋賀県彦根市へ「「彦根市子どもの貧困対策計画」の事業・施策の推進について」をテーマに、その次の日の31日の午前に三重県津市へ「低栄養防止に着目した高齢者のフレイル対策について

茂原市議会 2019-09-12 平成31年 第3号 令和元年9月12日

本市と人口の類似都市であります大阪貝塚市北海道室 蘭市では、がん対策推進条例を制定し、がん予防や総合的ながん対策を推進しております。 平成30年4月に条例施行した大阪貝塚市では、条文に財政上の措置を盛り込み、検診等 の予算確保に努めております。さらに、集団検診予約インターネット予約の導入や、健康管 理システムを導入し、検診の受診勧奨に取り組んでおります。

船橋市議会 2019-09-05 令和 元年第2回定例会−09月05日-02号

昨年6月18日に発生しました大阪北部を震源とする地震によりブロック塀が倒壊し、犠牲者が出たことを受け、本市においてもコンクリートブロック塀危険度調査を実施いたしました。その結果、津田沼第四駐輪場につきましては一部安全確保が図れていない箇所が存在しましたことから、改修に向けて準備を進めてきたものでございます。  以上でございます。      

佐倉市議会 2019-09-05 令和 元年 8月定例会-09月05日-05号

大阪茨木市吹田市の約80の小学校に2017年1年間で5.3トンを超える有機野菜を導入しました。ここ4年で30%導入量がふえるなど、少しずつ拡大しています。今治市は、地元産の農産物を給食素材として利用し、有機野菜の割合も年々高めています。パンや大豆も給食への供給を契機に、国産小麦や大豆の生産を始め、今ではその加工品が一般に販売されるなど、マーケットを形成するまでになっています。

富津市議会 2019-09-04 令和 元年 9月定例会−09月04日-02号

本年3月29日、内閣は、2018年12月7日から24日にかけて実施した、40歳から64歳までの5,000人を対象とした生活状況に関する調査報告書の中で、中高年の引きこもりの数を、推計61万3,000人と公表しました。また、内閣は、2015年12月には、15歳から39歳までを対象とした同種の若者の生活に関する調査報告では、若者の引きこもりの数を、推計54万1,000人と公表しています。

南房総市議会 2019-09-04 令和元年第3回定例会(第2号) 本文 2019-09-04

ちなみに内閣のホームページよりの引用をさせていただきました。  それで、以上のことを踏まえて、ご答弁のほうをよろしくお願い申し上げます。  以上です。 5: ◯市長 それでは、鈴木議員のご質問にお答えいたします。  私のほうからは、まず、2問目と3問目について先にお答えをさせていただきます。  2問目の合併効果検証と今後の展望について、お答えいたします。  

佐倉市議会 2019-06-27 令和 元年 6月定例会-06月27日-05号

あすから開催されるG20大阪サミットでも大きな課題の一つです。そこでごみ処理状況と廃プラスチックの今後について質問させていただきます。  まずは、佐倉市のごみ焼却処理施設の現状について伺います。平成28年度から始まった焼却炉長寿命化工事は、平成30年度に終了しました。4つの炉の耐用年数等現状を伺います。  この質問以降は自席にてさせていただきます。

佐倉市議会 2019-06-25 令和 元年 6月定例会−06月25日-03号

内閣は、液体ミルクについて粉ミルクにかわる新たな選択肢との認識を表明、2019年度に改定予定の男女共同参画の視点からの防災復興の取組指針において、物資備蓄を行う自治体に対し、災害時の早い段階から乳幼児に必要になる物資として液体ミルクを例示する方向で検討していくと説明しております。  そこでお尋ねします。液体ミルクを災害備蓄品とすることについて、市長のお考えを伺います。  

佐倉市議会 2019-06-24 令和 元年 6月定例会-06月24日-02号

内閣の2018年度の調査によりますと、半年以上にわたり家族以外とほとんど交流せず、自宅にいる40歳から64歳のひきこもりが全国で61万3,000人いるとの推計が出され、高齢の親とひきこもり中高年への対策が急務となっています。  そこで、佐倉市における中高年のひきこもりに関する相談の現状、支援の体制についてお伺いいたします。まず、ひきこもりに関する相談件数について伺います。

船橋市議会 2019-06-14 令和 元年第1回定例会−06月14日-08号

皆さんもご存じだと思いますが、内閣のリーフレットによりますと、この法律は障害のある人もない人も互いにその人らしさを認め合いながら、ともに生きる社会をつくることを目指しております。正式名称は、「障害を理由とする差別の解消の推進に関する法律」という名称で、非常にわかりやすくなっております。