1658件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

船橋市議会 2020-03-25 令和 2年第1回定例会−03月25日-07号

次に、議案第23号船橋市特定教育保育施設及び特定地域保育事業の運営に関する基準を定める条例の一部を改正する条例は、主な質疑として、連携先に求められるのは、保育内容の支援、職員病気の際の代替保育の提供、卒園後の受け皿であると思うが、今、幼稚園だけが連携先というところが9施設ある。保育の提供や保育の支援がこの幼稚園でできるのか。

佐倉市議会 2020-03-24 令和 2年 2月定例会-03月24日-06号

それを景気の悪化する中、政権主導の補助金頼みに複合施設と一体したら、学習権、よりよい図書館、これらが犠牲になるのは当然ではないでしょうか。(仮称)佐倉図書館等新町活性複合施設整備事業への予算に反対いたします。  そして、昨年幼保無償により、新たに発生した給食費がもともとの保育料よりも負担増になる世帯への市補助がされたことはすばらしい判断でした。

白井市議会 2020-03-23 令和2年第1回定例会(第7号) 本文 開催日: 2020-03-23

ただただ長寿ということではなくて、あり方を検討していこうという位置づけです。  それは、社会情勢の経済が逼迫した背景というものから来ているわけですけれども、先ほど来から経済財政再建という側面からの見方に対しての批判が出ておりますけれども、市が行っているサービス事業の全ての基点に財政の健全、健全な財政というものがあるはずです。

船橋市議会 2020-03-09 令和 2年 3月 9日予算決算委員会健康福祉分科会−03月09日-01号

まず、無償による影響というのはどのように認識されているか。 ◎保育認定課長 無償の事業、10月に始まり、まだ5カ月ちょっと……事業自体が今年度確定していないので、かつ、なかなか増減の事由はいろいろな要因によって変化してくるので、その無償の影響部分を算出していくというのは難しい面もある。

船橋市議会 2020-03-05 令和 2年 3月 5日総務委員会-03月05日-01号

3つ目の民間保育所建物改修費等補助金については、補助事業保育所整備においてかなり有効に働いている。建物の賃貸による保育所の整備が主流になっているという事情を考慮して、また、国の補助制度が拡充され、市の一般財源の負担が軽減されているということで、制度的には継続とさせていただいた。  4つ目だが、学校開放運営費については、学校プールの開放事業だが、令和元年度に開放校の見直しを行った。

佐倉市議会 2020-03-04 令和 2年 2月定例会-03月04日-04号

幼児教育保育無償の課題について、消費税10%への引上げを前提とした施策で、幼児教育保育無償になりました。政府は、2020年度に待機児童ゼロにすると言ってきましたが、2020年度4月からの保育施設への申込みが昨年と比較してどうでしたか。昨年度と今年度の定員数と申込者数をお伺いします。 ○副議長(爲田浩) 健康こども部長。 ◎健康こども部長(織田泰暢) お答えいたします。  

佐倉市議会 2020-03-03 令和 2年 2月定例会−03月03日-03号

◆19番(五十嵐智美) 次は、昨年10月から始まった3歳、5歳児を対象とした幼保無償についてですが、無償に係る予算総額を伺います。 ○議長(石渡康郎) 企画政策部長。 ◎企画政策部長(岩井克己) お答えいたします。  幼児教育保育無償の影響を受ける経費は、保育所入所委託等事業、幼稚園奨励事業などがございます。これらの経費は、令和2年度予算歳出ベースで約36億7,200万円でございます。

栄町議会 2020-03-03 令和 2年第1回定例会(第1日 3月 3日)

次に、「消防の広域について」ご報告させていただきます。  消防の広域については、県に対し、印西市及び白井市の両議会の理解が得られるよう積極的に関与するよう要請しており、県も前向きに対応するとのことです。  一方、印西市長及び白井市長は、広域には協力するということですので、県の指導力を背景に、早期に両市の理解が得られるよう取り組んでいるところであります。  

長生村議会 2020-03-02 令和2年定例会3月会議(第2日) 本文

項目としては、1番目が保育料等の軽減、2番目が村道側溝の泥上げ、3番目が災害対策、そして、最後が障害者控除対象者認定書の問題です。  1点目であります。保育料等の軽減と私立幼稚園就園奨励金についてであります。  第1に、昨年10月から始まった保育料の無償、これは軽減でありますが、村が支出する一般財源がこの国の施策によってどの程度節約になったのかについて、村の見解をまず伺います。  

佐倉市議会 2020-03-02 令和 2年 2月定例会−03月02日-02号

歳出では、会計年度任用職員制度による人件費の増や幼児教育保育無償に伴う社会保障関係の扶助費が増加し、義務的経費は前年度比約18億8,000万円の増となっております。普通建設事業費につきましても、教育施設災害復旧関連の整備事業などの増加により前年度から約14億9,000万円の増となっております。  

睦沢町議会 2020-03-02 令和2年第1回定例会会議録 3月2日

2、給食費無償について、現在の学校給食無償における財政負担と完全無償にした 場合の財政負担はとのことですが、これまでも給食費の無償については、食育という観点 と、給食費の無償保護者の給食に対する関心と子育てに対する意識をも低下させてしま うのではないかという懸念から、無償をしないと教育委員会の考えをお答えをさせていた だきましたが、食育や郷土愛の観点から、おいしいお米の育つふるさと

長生村議会 2020-03-01 令和2年定例会3月会議(第1日) 本文

平成30年に改定された保育指針において、幼児教育を積極的に取り入れた魅力ある保育所づくりが求められております。幼児教育の推進として、保育所で専任講師による英語教室と運動教室を新たに実施いたします。英語は、令和2年度から小学3年生に外国語活動として導入、5年生以上では必修科目となり、村としてもグローバルが進む時代を生きていく子供たちに対して、幼児期から英語に親しむ機会を増やします。  

船橋市議会 2020-02-26 令和 2年第1回定例会−02月26日-03号

保育行政についてということで、保育無償人材確保についてということで副題をつけさせていただきました。  昨年の10月より幼児教育保育無償が始まりました。開始前からさまざまな議論がなされてきたこの政策ですが、開始から半年を待たないうちに少しずつ問題が生じてきているようでございます。