1728件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

船橋市議会 2019-07-03 令和 元年第1回定例会−07月03日-10号

公園体操したり町でジョギングするぐらいで我慢しなさいと。  こういう冷たい市政を推進することに、やはり私はつながるんじゃないかなというふうに思いますので、国からの副市長人事というのは、やはりやめるべきだと思います。  内部からの登用で、もちろん行財政改革を、私どもはこういう考えから反対ですけれども、これとまた特に女性の副市長が今求められているんではないかというふうに思います。

佐倉市議会 2019-06-26 令和 元年 6月定例会−06月26日-04号

先日も近隣小学校で運動会があり、玉入れや組み体操などでグラウンドの内側を使った競技の際には、足をとられてしまう児童も見受けられました。グラウンドは屋外のため風雨などの影響を受けやすく、表土がかたくなったり、でこぼこなども生じやすく、常に子供たちが活動しやすい環境を整えることは大事だと思います。今後のグラウンドの整備計画についてはどのように考えているのか、お伺いいたします。

白井市議会 2019-06-19 令和元年第2回定例会(第2号) 本文 開催日: 2019-06-19

1つの例を挙げて説明しますと、市では梨トレ体操となし坊体操を作成して健康づくりに取り組んでいますが、梨トレ体操介護予防を主な目的とし、高齢者層を中心に、一方では、なし坊体操は小学生低学年から実施できるように作成した体操で、小学生に不足していると言われる動きを取り入れたものとなっております。現在普及啓発を進めているところです。

富津市議会 2019-06-12 令和 元年 6月定例会-06月12日-02号

そして、飯野コミュニティセンターで待っている間は、いきいき百歳体操や放課後児童教室のような感じで、老若男女地域の方々が交流を育む。こんなビジョンを描いてもよいのかなと思います。  ただし、ここまでの規模の事業を行うには、それなりにしっかりとした管理運営体制をつくらなければならないと思います。なので、この計画を実現していくとしたならば、そのときには市の協力が絶対必要不可欠となります。

茂原市議会 2019-06-12 平成31年 第2号 令和元年6月12日

近年では、健康診査の受診やスポーツ活動、ラジオ体操やウオーキングなどの健康づくりへ の取り組みをポイント化し、健康づくりへの積極的な参加を促進する健康マイレージの取り組 みが、全国的にも広がりを見せております。本市では、健康寿命の延伸を図るため、平成29年 3月に健康もばら21を策定しましたが、その中に健康マイレージ事業導入の検討が明記されて おります。

船橋市議会 2019-06-12 令和 元年第1回定例会−06月12日-06号

例を挙げますと、住まい分野では、住まいるサポート船橋による単身75歳以上高齢者が転居できる体制づくりを、予防分野ではシルバーリハビリ体操公園を活用した健康づくりの普及、健康スケールや運動器チェック事業の開発等による元気の継続、生活支援分野では全地区に生活支援コーディネーターを配置し地域の支え合い体制づくりを、介護分野、医療分野におきましては、在宅医療支援拠点ふなぽーとの設置、船橋市在宅医療ひまわり

白井市議会 2019-03-22 平成31年第1回定例会(第7号) 本文 開催日: 2019-03-22

参加者に喜んでもらえるのでやりがいがあるとか、筋トレ体操を一緒にやっているうちに自分の体力もついたとの感想が多く、活動を通し自身の健康増進と介護予防にもつながっていると考えていますとの答弁がありました。  また、討論はありませんでした。  以上で、議案第29号に係る審査報告を終わります。  

船橋市議会 2019-03-20 平成31年 3月20日予算決算委員会全体会−03月20日-01号

また、東京2020オリンピックに向けた取り組みとパラスポーツの振興であるが、アメリカ男子チームの事前合宿の受け入れと、市民との交流イベントとして、一般公開や体操体験会を実施するようになっている。生涯スポーツの普及・啓発を図るための予算であり、評価したい。  以上述べたとおり、財政が厳しい中の予算であり、予算どおりに執行することを期待して、賛成討論とする。  

船橋市議会 2019-03-13 平成31年 3月13日予算決算委員会建設分科会−03月13日-01号

さらに、保健所健康づくり課で実施しているシルバーリハビリ体操教室に5回訪問して、そこで体操による介護予防とあわせた手すりの設置等による介護予防について、周知啓発を行った。  あと同じバリアフリーに関する類似の事業を行っている介護保険課や高齢者福祉課と事業内容の情報共有を図るとともに、連携して市民へ周知を努めているところである。

佐倉市議会 2019-03-07 平成31年 2月定例会-03月07日-05号

西志津スポーツ等多目的施設用地につきましては、ジョギングやウオーキング、ラジオ体操、グラウンドゴルフなど地域住民の健康増進に広く利用されております。また、河津桜まつりや夏祭りなどにも利用され、地域住民の憩いの場として、さらには地域コミュニティーの場としても幅広く利用されており、年間7万人以上のご利用がございます。  

富津市議会 2019-03-06 平成31年 3月定例会−03月06日-04号

本市では、富津市いきいき百歳体操といった地域による健康づくり介護予防、富津市食生活改善推進委員と連携し実施する高齢者のための食生活教室及びフレイル予防といった地域で活動するさまざまな担い手との協働、また、保健福祉部門にとどまらない多様な関係機関との連携など、それぞれの立場における役割を結びつけ総合的に高めていく仕組みづくりに取り組んでいます。

船橋市議会 2019-03-05 平成31年第1回定例会−03月05日-08号

次に、高齢者の肺炎球菌予防接種の延長に伴う再度の周知方法についてでございますが、まず平成31年4月から、年間を通じ、ふなばしシルバーリハビリ体操など、65歳以上の市民参加するイベントにて、肺炎球菌予防接種のチラシを配布し、制度の周知を行います。また、平成31年5月以降に、市内の協力医療機関へポスターの掲示を依頼いたします。

船橋市議会 2019-03-05 平成31年 3月 5日会派代表者会議−03月05日-01号

こちらは、前回ナンバー12の市立高等学校体操競技部の功績として、第73回国民体育大会の優勝が挙げられていたが、このチームを構成するメンバーが市立船橋高等学校体操競技部のみではなく、市内在学、在住ではない生徒も存在していることが判明したため、団体ではなく各個人の功績として捉えた結果、追加となったものである。  本件については、以上だが、何かあるか。大丈夫か。      

千葉市議会 2019-03-05 平成31年第1回定例会(第5日目) 本文 開催日: 2019-03-05

そういった中、特色のある取り組みとしては、プログラミン教室体操教室など、児童保護者のニーズに応える企業等が提供するプログラムが導入されています。これは継続プログラムの名称で年間を通して実施されるものであり、有料ではありますが、学校施設を活用することで、市場価格より安価で、保護者の送迎を要しないことから、保護者の負担が軽減されております。

船橋市議会 2019-03-01 平成31年第1回定例会−03月01日-06号

27年度からシルバーリハビリ体操に力を入れていますが、私も何度か体験をしました。保健師、作業療法士理学療法士の皆さんは大変ユーモアがあり、また指導士の皆さんも明るく、来場者の皆さんは大変楽しそうに体操に取り組んでいると率直に思いました。体操は1時間かけて行いますけども、正直、私の年齢でもきついと思いました。

東庄町議会 2019-03-01 平成31年3月定例会 議事日程第1号

また、65歳以上の方を対象に、自宅でも実践出来る介護予防に効果のある運動 や体操を行うげんき教育、はつらつ教室を実施しております。社会福祉議会では、 各地区の公民館や集会所に出向いて、いきいきサロンを、またひとり暮らしの高齢 者を対象とした日帰りのバスハイキングを実施しております。 続いて、質問要旨の2番目、高齢者のひとり暮らしの安否確認について、お答え いたします。

大多喜町議会 2019-03-01 平成31年第1回議会定例会3月会議

しかし、2倍になっても、ランドセルや制服体操服購入と、入学時に必要な経費を十分 賄えるかというと、それは賄えているとは言えません。せめて、国の基準に引き上げる考え はありませんか、お伺いいたします。 ○議長(野村賢一君) 教育課長。 ○教育課長(古茶義明君) 支援金額を国基準に引き上げについて、教育課のほうからお答え させていただきます。

茂原市議会 2019-02-28 平成31年 第3号 平成31年2月28日

○5番(平ゆき子君) これは私ごとなんですけれども、私の住んでいます新八幡原では、週 2回定期的に、高齢者福祉課のほうで奨励していますもばら百歳体操を大体12、3人で行って 楽しんでやっております。また、自治会館のグランドでは、グランド・ゴルフを楽しんでいる グループもあります。積極的に自治会館を利用して運動を行っている状況です。

船橋市議会 2019-02-28 平成31年第1回定例会−02月28日-05号

次に、地域包括ケアシステムの各分野の目標達成状況とのご質問ですが、パンフレット記載の新規事業の取り組み等、例えば居住支援協議会の設立、住まいるサポート船橋の開設、シルバーリハビリ体操指導士養成、生活支援コーディネーターの配置、介護施設の整備、在宅医療支援拠点ふなぽーとの開設や船橋在宅医療ひまわりネットワークによる医療介護の連携など、各分野の取り組みは2025年の目標に向けて道半ばであり、ものによって