2258件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

船橋市議会 2019-12-17 令和 元年12月17日予算決算委員会全体会−12月17日-01号

それから、インペラという補助循環ポンプカテーテルの普及、もう1つが、がんに対する免疫チェックポイント阻害剤のキイトルーダの増加に伴うものである。  3つともそれぞれ医療の進歩を反映させており、それが患者の福利につながる内容なので賛成するが、事前の予測が難しいとはいえ、できれば、この技術の進歩を事前に予測して、本予算のほうに事前に反映する努力をしていただくことを追加で要望し、賛成する。

佐倉市議会 2019-12-16 令和 元年11月定例会-12月16日-06号

第5次佐倉市総合計画におきましては、基本計画の策定ごとに誰一人取り残さないという国連アジェンダ、持続可能な開発目標SDGsとの関係性が整備されていること、またがん教育など健康教育に積極的に取り組み、健康寿命の延伸や女性も高齢者も生涯活躍できる場の提供を重点目標として取り入れるなど、公明党が主張する基本政策も数多く取り入れられていることを評価いたしまして、総合計画関連議案審査特別委員会の委員長報告のとおり

山武市議会 2019-12-13 令和元年第4回定例会(第5日目) 本文 開催日: 2019-12-13

次に、がん検診の割引クーポン券は、受診率増加に有効であると考えるが、今後の対応について伺いますという質疑に対して、過去にクーポン券を発行していた検診では、受診率が上がりました。現在は、がん検診の申し込みを簡易に行えるよう、はがきにて案内通知をしております。また、若い世代の方にも受診してもらえるよう、こども園や学校を通じ、保護者に、はがきを送付しております。

栄町議会 2019-12-12 令和元年第4回定例会(第3日12月12日)

三つとして、健康福祉に関する情報として、特定健康診査や各種がん検診などの受け方及び子育て支援制度や障がい者・介護支援制度紹介など。四つとして、病気災害時の情報として、町内の医療機関休日・夜間診療情報及び災害時の避難の仕方など。五つとして、教育関係の情報として、幼稚園保育園及び小中学校の入園・入学手続などを考えております。  

船橋市議会 2019-12-12 令和 元年12月12日文教委員会−12月12日-01号

もう1つは、がん教育というのは、ことしから始まるとなっていたんですよね、来年からかな。そういうところに、どこにも健康に関するがんの記録に対する何もないが、どの辺に位置づけたのか、それは。道徳はおおむね、それはそれで。 ◎保健体育課長 今、お話あったがん教育については、次の新しい中学校指導要領の中に、がんについても取り扱うということで、明記されている。  

茂原市議会 2019-12-05 平成31年 第3号 令和元年12月5日

子供死因の上位に位置する小児がんは、年間で約3000人の子供が発症していると言われて おります。現在、小児がん治療は進歩し、80%を超えて治る時代となりましたが、抗がん剤 を使った化学療法が行われるため、小児がんになる前に受けた予防接種の抗体が、弱くなるこ とがあるようであります。免疫がなくなり、予防効果が期待できなくなった場合、ワクチンの 再接種は任意となっております。

南房総市議会 2019-12-04 令和元年第4回定例会(第2号) 本文 2019-12-04

近年、農薬や除草剤の残留物、さらに遺伝子組みかえや遺伝子操作、いわゆるゲノム編集食材ががんやアレルギーといった身体への影響と自閉症などの精神やホルモン異常の疾病にかかわっているとの研究結果も報告されているように、食の安全性が不安視されております。  世界の給食がオーガニックに転換しようとしております。

長生村議会 2019-12-01 令和元年定例会12月会議(第1日) 本文

今現在は肺がんの方も進行しておらず、影は残っておりますけれども、このままで大きくならなければ、とりあえず一時抗がん剤の方はストップということで、ただ、現在脳に転移が見られまして、小さいんですけれども、6ミリか5.8ミリくらいだろうというような、それで4ヶ所脳に転移してございまして、また来週ぐらいから闘病生活に入らなくちゃいけないのかなということでございまして、非常に御迷惑をおかけしまして、このまま議長

船橋市議会 2019-11-29 令和 元年第3回定例会−11月29日-06号

当センター、国から地域がん診療連携拠点病院の指定を受けてございます。がんとたばこにつきましては、さまざまな関連が指摘されていることから、敷地内禁煙とし、喫煙所についても設置してございません。  以上でございます。      [市民生活部長登壇] ◎市民生活部長(杉本浩司) 所管事項につきましてお答えいたします。  

白井市議会 2019-11-29 令和元年第4回定例会(第3号) 本文 開催日: 2019-11-29

このような中、市民健康管理につきましては、各種がん検診や国民健康保険保険者を対象に、メタボリックシンドロームに着目した特定健診を実施するなど、市民の皆様に健康状態の確認を行う機会を提供するとともに、結果に応じた医療機関への受診勧奨や特定保健指導を実施し、生活習慣病の発症や重症化の予防を図っております。  

船橋市議会 2019-11-28 令和 元年第3回定例会−11月28日-05号

現在、医療センターでは、緩和ケアチーム、緩和ケア外来、緩和ケア病棟等を統合する緩和ケアセンターを設置し、副看護局長に緩和ケアゼネラルマネジャーを担っていただき、緩和ケア認定看護師を1名、がん性疼痛看護認定看護師を1名専任で配置していると伺いました。地域がん診療連携拠点病院である医療センターが、緩和ケアに力を入れてくださるのはありがたいと思います。  

船橋市議会 2019-10-01 令和 元年10月 1日予算決算委員会全体会−10月01日-01号

このように、この年度は非常に重要な年となっているとともに、2006年に法律が制定され、2007年から始まったがん対策基本法に基づくがん医療の飛躍の年でもあったと考えている。2007年にがん対策基本法ができた直後に、ほぼ同時期に、船橋市医療センターは地域がん診療連携拠点病院に認定され、翌々年、2009年には緩和ケア病棟がスタートした。