3083件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

船橋市議会 2019-06-12 令和 元年第1回定例会−06月12日-06号

がん患者介護保険申請に関して、その認定審査から認定結果が出るまでの平均日数は何日だったでしょうか。そして、最短何日、最長は何日だったのでしょうか。認定が間に合わず、認定申請中に亡くなった方はいらっしゃいますでしょうか。      [健康・高齢部長登壇] ◎健康・高齢部長(野々下次郎) お答えいたします。  がん末期等による平成30年度中の申請件数は734件でございました。

船橋市議会 2019-06-10 令和 元年第1回定例会−06月10日-04号

次に、がん教育についてお伺いをいたします。  外部講師を活用したがん教育について、何度か取り上げてまいりました。がん教育の目標は、がんを正しく理解する、健康と命の大切さを深く考えられるようにすることです。第3期がん対策推進基本計画に、国は、全国での実施状況を把握した上で、地域の実情に応じて外部講師の活用体制を整備し、がん教育の充実に努めるとあります。

船橋市議会 2019-03-26 平成31年第1回定例会−03月26日-10号

討論に入ったところ、原案反対の立場で、日本共産党の委員から、「遺伝性乳がん、卵巣がん症候群と大腸がんの対象としての遺伝カウンセリングの開始については賛成する。  しかし、母乳育児支援料、予防接種料、医師紹介状がない場合の初診料など、消費税率引き上げに伴う各種引き上げについては反対する。増税前にすでに景気悪化の可能性が出ており、増税の強行は、日本経済自殺行為と言える。  

船橋市議会 2019-03-12 平成31年 3月12日予算決算委員会健康福祉分科会−03月12日-01号

次の質問をするが、補正予算で高額な抗がん剤で支出が増加するという、キイトルーダの拡大で出ているが、オプシーボのときも同じようなことがあった。それで、オプシーボは、その後4割ぐらい薬価が下がったでしょ。このキイトルーダの関係は、そういう見通しはないのか。そういうのは医療センターじゃわからないのか。 ◎医療センター医事課長 確かに、オプシーボについてはそういうことがあった。  

船橋市議会 2019-03-12 平成31年 3月12日健康福祉委員会-03月12日-01号

医療センター医事課長 疾病というか、がんによって違うが、乳がんと卵巣がんについては約20万円程度、大腸がんについては約12万円程度と考えている。 ◆松崎佐智 委員  この遺伝子検査は医療センターで行われるのか。 ◎医療センター医事課長 採血については医療センターで行うが、それを外部の検査機関に受託して検査を出してもらう。 ◆松崎佐智 委員  外部の検査機関というのは、具体的にどういうものか。

船橋市議会 2019-03-11 平成31年 3月11日予算決算委員会健康福祉分科会−03月11日-01号

同じこの医療センターでは、事前に病院職員が、例えば看護師さんが神戸市医療センターとか兵庫県加古川医療センターの救命救急センターに視察に行ったり、それから医師看護師岩手医大の附属病院施設見学だとか、有明のがん研の施設見学を行ったりということもして、現場の医療スタッフの声を反映させるために大分努力を重ねてきているが、そのような現場スタッフの声を反映させるというようなステップは、基本設計に入るに

船橋市議会 2019-03-05 平成31年第1回定例会−03月05日-08号

がん対策は、1億総活躍社会の実現に向けて、取り組むべき課題の1つとなっております。2018年3月に閣議決定された第3期がん対策推進基本計画においては、がん国民生命健康にとって、重大な問題であることから、国のがん対策の全体目標として、がん予防、がん医療の充実及びがんとの共生の3つの柱が掲げられました。

千葉市議会 2019-03-04 平成31年第1回定例会(第4日目) 本文 開催日: 2019-03-04

その中では、人の細胞や組織を活用する再生医療について、あるいは、自身の免疫を活性化させてがんに挑む免疫チェックポイント阻害薬など、人生100年時代を見据えた医療技術テクノロジー期待度ランキングの上位を占めていました。外的な力で治す医療から、内なる力、内的な力を生かす医療を人々が期待していることがわかります。  

船橋市議会 2019-03-01 平成31年第1回定例会−03月01日-06号

しかし、平均寿命健康寿命の間には10年の差があると、このようなことも指摘をされまして、がん、脳卒中、糖尿病など生活習慣病への健康課題が残っていると、このように思います。  そういう中で、私たちの食生活を考えた場合、伝統的な日本食はしょうゆ、みそ、漬物──しょっぱいものが多くて、濃い味になれていると、このようなことが私たちの日本食には言えるんではないかと思います。

流山市議会 2019-02-27 平成31年  市民経済常任委員会-02月27日−01号

◆植田和子委員 生命保険の差し押さえなのですが、平成29年度もがん保険の差し押さえが3件あったのですが、今回の生命保険26件、この差し押さえ中、多分がん保険あると思うのですが、がん治療中に差し押さえということは絶対にしていないですね、これは確認です。   それから、年金が8件、年金生活者の年金を差し押さえというのは、これは大丈夫なのでしょうか。お答えください。

船橋市議会 2019-02-27 平成31年第1回定例会−02月27日-04号

また、特定健康診査と肺がん、大腸がん、前立腺がん健診との同時受診を可能としており、さらに平成28年度より人間ドックの導入、平成30年度からは脳ドックを導入するなど、受診者の選択肢をふやすなど、受診率の向上に努めております。  しかしながら、受診率は48%台で頭打ちとなっており、国が定める受診率60%に到達しておりません。

山武市議会 2019-02-26 平成31年第1回定例会(第2日目) 名簿 開催日: 2019-02-26

成東総合運動公園について        2.個人質問 公明党 本 山 英 子 議員                1) 日向の森について                2) いじめ・虐待の防止について                3) 改正健康増進法について        3.個人質問 公明党 市 川 陽 子 議員                1) 市政について                2) がん

山武市議会 2019-02-26 平成31年第1回定例会(第2日目) 本文 開催日: 2019-02-26

次に、項目2のがん対策がん検診受診率の向上について伺います。  がん死因の第1位を占めて、2人に1人ががんとなり、3人に1人ががんで亡くなると言われております。2006年6月にがん対策基本法成立し、ここから日本がん対策が本格化しました。新たな課題に対応するために、改正法が2016年12月に成立し、治療と就労の両立支援、緩和ケアの強化、がん教育の推進などが盛り込まれました。  

流山市議会 2019-02-26 平成31年  教育福祉常任委員会-02月26日−01号

まず、1点目の構音障害者、失語症の方への対応の部分ですけれども、この部分に関しては、今回の手話言語条例とは別物になるというように認識していますので、この部分については特にお答えできないのですけれども、ただ構音障害、あと失語症、場合によっては失語症の問題になる、原因になるのが脳血管障害だったりすることもあったり、あと咽頭がんだったりする方がいらっしゃいます。

船橋市議会 2019-02-26 平成31年第1回定例会−02月26日-03号

遺伝性乳がん・卵巣がんについては4枚、そして、大腸がんについては3枚……済みません、遺伝性乳がん・卵巣がんについては5枚ですね。大腸がんについては4枚の説明書の後に、最後に同意書というのが配られております。それがお手元に配付されたとおりです。この説明書そのものはお配りしなかったんですが、やはり初めての方にはなかなか難しい内容があると思います。