74件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

九十九里町議会 2019-12-03 平成31年 令和元年第4回定例会

まず台風15号によります農業関係被害でございますが、水稲秋冬ネギ等農作物にお いては57.7ha、金額にしまして7,801万9,000円、これ災害直後、県のほうで調査した金額で、 それから、施設につきましては、パイプハウスを含めて158件、被害額にして3億2,513万 これが確定報となっております。 5,000円となっております。

香取市議会 2019-09-05 09月05日-04号

香取市には、水田、畑を合わせて1万1,000haを超える耕地面積があり、平成30年度末、担い手への集積率は23%となっております。その集積については、香取農地利用集積円滑化事業として約1,200ha、農地中間管理事業、いわゆる農地バンク事業分が約450haと、県内トップ取り組み面積となっており、これまでの香取市における先進的な取り組みが果たしてきた役割は大きなものがあると考えます。

東庄町議会 2019-09-01 平成31年 令和元年9月定例会 議事日程第1号

まちづくり課長(林 栄壽君) 2番目の人口ビジョン2060年推計から見る当町の産業構造自然環境につい ての中で、耕作放棄地増加していると思いますが、2060年にはどのように想 定しているかとの質問でございますが、当町の耕作放棄地の状況は、平成26年度 は水田で69ha、畑が77haで、合わせて146haとなっております。

香取市議会 2019-03-20 03月20日-05号

処理区域与倉、鳥羽、大戸それぞれの一部で約13ha現在の利用者数は約400人です。これまで施設維持管理等は『与倉汚水処理施設処理施設利用者組合』が行い、大規模修繕等機能維持は市が担い、利用者と市の共同運営を行っていますが、平成31年4月1日から維持管理等も市が引き継ぎ、条例に基づき全てを市が行うこととなるため、維持管理に係る予算を計上しています。

香取市議会 2019-03-07 03月07日-04号

また、水稲でございますけれども、作付面積としまして国がおおむね50ha以上、県が30ha以上となっております。事業によりまして、補助対象者対象事業補助率等が異なっているほか、成果目標として生産コストの削減、収益の増加など厳しい条件が求められてきます。 市の単独でございますけれども、香取集落営農推進事業がございます。

香取市議会 2019-03-06 03月06日-03号

駅前の10.7ha土地は、まち財産、つまり町民自身財産で、町長の私が勝手に公民連携のプロジェクトを進めることはできない」と、町長はぶっかれテープレコーダーとなって、徹底して住民と対話をして、丁寧に説明することで、今まで10年も塩漬けになっていた駅前町有地を、何とか企業行政町民とが一緒になって、オガールエリアを開発していくことになったのです。 

香取市議会 2018-06-22 06月22日-05号

当初予算では、事業面積が県の採択要件である30ha規模であったため、県の補助事業を予定していましたが、その後、規模が拡大され、国の採択要件50haをクリアすることが可能となったことから、国の補助事業に変更したことにより、補助率については3分の1から2分の1となり、香取市の負担額についても上限額が100万円から400万円に増額となりました」との答弁がありました。 

香取市議会 2018-06-14 06月14日-04号

1点目としましては、事業費が200万円未満、それと受益面積が3ha以上、3つ目としまして、受益戸数が5戸以上。この3点の要件を満たした土地改良区、また耕地整理組合に対しまして、補助金要綱に基づき事業費の50%を市が補助しております。 それともう一つ適正化事業につきましては、実施主体がこの事業に加入しまして、必要な工事経費の30%を拠出金として、5年間均等に分割して積み立てをいたします。

香取市議会 2018-02-28 02月28日-03号

次に、転作作物に対します交付金でございますが、平成29年産実績としましては、飼料用米ホールクロップサイレージ用稲を中心といたしまして、約1,319ha、取り組みが行われております。国から交付されております戦略作物助成産地交付金が約11億4,028万円、県補助金が3,950万8,000円、市の奨励金が約1億2,682万円、助成金額合計といたしまして約13億660万円となっております。 

香取市議会 2018-02-22 02月22日-02号

平成29年度当初予算では継続予定となっておりましたが、活動を終了した5組織取り組み面積180.07haが減少したことから約1,192万円の減額、さらに新規に設立を予定しました10組織のうち、6組織が設立されなかったため、取り組み面積432.75haが減少したことから、約4,453万円の減額となっております。 以上でございます。 ◎建設水道部長木内勝司君) 私からは3点ほどお答え申し上げます。 

長柄町議会 2018-02-01 平成29年 第4回定例会

伐採面積に伴う提出様式 0.3ha未満 伐採面積 0.3ha以上1.0ha以下 町に伐採届 千葉北部林業事務所小規模林地開発届 町に伐採届 伐採及び伐採後の造林の届出書提出について 届出書提出期限 伐採を開始する日の前90日から30日までの間 提出先 長柄町役場産業振興課 農林振興係 問い合わせ先 千葉北部林業事務所 ☎0475-82-3121        産業振興課

香取市議会 2017-09-21 09月21日-05号

米政策改革事業の米の直接支払交付金平成28年度の実績は、交付対象者607人、面積は1,120ha、交付額は8,400万円、経営所得安定制度、いわゆる飼料米等への補助合計額が12億5,340万円、米どころの香取市で主食米への補助金飼料米への補助金のこのような実態は、国の農業政策のゆがみが如実にあらわれています。

長生村議会 2017-06-01 平成29年定例会6月会議(第1日) 本文

同意第2号は、長生村七井土1841番地1、阿井道雄氏 昭和25年4月13日生まれの67歳、乳牛35頭を飼育する酪農家で、水稲を2.1ha作付けする認定農業者です。  同意第3号は、長生村本郷3195番地、宮本敏夫氏 昭和30年9月24日生まれの61歳、現農業委員であり、水稲を15ha作付け、育苗ハウスでのストック栽培を家族経営する認定農業者です。