運営者 Bitlet 姉妹サービス
61件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-12-13 千葉市議会 平成30年第4回定例会(第9日目) 本文 開催日: 2018-12-13 当初は、ICTの技術を活用してエコロジーやサステーナブルな都市を目指したものでしたが、IoTやAI技術の進展によりソサエティ5.0を実装した社会を指す概念に変化しております。混同を避けるために、内閣府では、国家戦略特区を活用したスーパーシティ構想を掲げられ、11月26日に有識者会議の中間報告が公表されたところです。この絵のとおりですね。   もっと読む
2018-12-13 野田市議会 平成30年 12月 定例会(第6回)-12月13日−04号 そこでは、地域経済に好循環を生み出す新たな成長分野としてIOTやAI、人口知能、環境エネルギー、ヘルスケアなどに加え、スポーツや観光と位置づけられています。 もっと読む
2018-12-06 千葉市議会 平成30年第4回定例会(第4日目) 本文 開催日: 2018-12-06 次に、災害時のSNS情報分析システムを活用する国の社会実装推進事業に参画している背景と概要及び実用化に向けた今後の展望についてですが、平成27年に独立行政法人情報通信研究機構が保有する技術を本市が有効活用するため、同機構と協定を締結し、当該機構が保有するツイッター分析技術を用いた総務省の実証事業であるIoT、BD、AI情報通信プラットフォーム社会実装推進事業に参画しているものであります。   もっと読む
2018-12-05 千葉市議会 平成30年第4回定例会(第3日目) 本文 開催日: 2018-12-05 さらに、捕獲業務を担う猟友会員の高齢化やわな免許所持者の不足に対応したわな免許講習及び試験費用に対する助成の拡充や捕獲従事者の巡回監視等に係る労力削減を図るため、IoTを活用した効率的な機器の導入に向けての検討など、引き続き、農作物の被害対策の強化に努めてまいります。  次に、オオガハスの普及啓発についてお答えします。   もっと読む
2018-12-03 千葉市議会 平成30年環境経済委員会 本文 開催日: 2018-12-03 33 ◯委員(段木和彦君) 農業者、今個人経営ではなくて、やはり法人の参入などもふえていて、大分それがふえているということであったり、あとやはりAIやIoT、ロボットなどを駆使した、スマート農業の推進なども、国を挙げて行われていると思います。 もっと読む
2018-11-22 千葉市議会 平成30年議会運営委員会 本文 開催日: 2018-11-22 ソサエティ5.0時代の到来に伴いまして、これまでの日本の教育のよさを生かしつつ、AI、IoT等の革新的技術を初めとするICT等の活用による新たな教育の展開が不可欠であると考えております。  そのような中、世界各国の教育現場では、一人一人の興味関心や習熟度に対応した構成に個別最適化された学びを可能にするといったエドテックイノベーションの波が起きております。 もっと読む
2018-11-01 千葉市議会 平成30年環境経済委員会 本文 開催日: 2018-11-01 捕獲業務を行う市猟友会員の高齢化やわな免許取得者が不足していることなどから、IoTわな通知システムを検証し、活用について検討をしているところであります。IoTわな通知システムとは、イノシシ狩猟用わなの作動状況をセンサーで感知いたしまして、インターネットを経由して、電話、メール等で通知するシステムで、巡回の負担軽減につなげたいと考えています。   もっと読む
2018-09-28 柏市議会 平成30年  第3回定例会(9 月定例会)-09月28日−委員会報告、質疑、採決−08号 今後はAIやIOTといった新しい成長分野を活用しながら生産性を向上させる取り組みを中心に考えていきたい。また、AIやIOTに関係するような企業が持っている技術を市内の既存事業者に活用してもらうこと、あるいは事業として協力できる部分をつないでいくことを考えているとの答弁がありました。また、委員から、河川改修の補正での計上だが、当初の予測はとれなかったのか。 もっと読む
2018-09-27 千葉市議会 平成30年第3回定例会(第6日目) 本文 開催日: 2018-09-27 ソサエティ5.0とは、これまでの人類社会の歩みを狩猟社会、農耕社会、工業社会、情報社会と定義した上で、それに続く5番目の新しい社会として位置づけたもので、IoTやロボット、AI、ビッグデータといった先端技術を産業や生活に取り入れ、経済発展と社会的課題の解決を両立していくというものであります。   もっと読む
2018-09-18 千葉市議会 平成30年第3回定例会(第4日目) 本文 開催日: 2018-09-18 さらに、次期基本計画の策定に当たっては、第2次実施計画期間中に生じた社会変化である地方創生及びオリンピック・パラリンピックへの対応はもとより、人口減少、少子超高齢社会における都市の活力の維持向上、SDGsを含む持続可能なまちづくりといった中長期的なまちづくりの課題への対応のほか、ソサエティ5.0に象徴されるAI、IoTなど、先端技術の進展、資源の効果的、効率的活用につながるシェアリングエコノミーの浸透 もっと読む
2018-09-14 千葉市議会 平成30年第3回定例会(第3日目) 本文 開催日: 2018-09-14 さらに、AIやIoTなどの先端技術の活用が市民サービスの向上及び業務効率化の双方に大きな効果を発揮するとの認識のもとで、幅広い情報収集に努め、活用方策を検討してまいります。  次に、統合型GISの整備の考え方についてですが、現在、本市ではハザードマップを初めとした危機管理、防災に関する情報や道路工事情報等に係る地図情報をインターネットを活用して市民の皆様に提供しております。 もっと読む
2018-09-11 四街道市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月11日−06号 人工知能、AI、IoT、ビッグデータ、ロボットなど、先端技術が産業や身近な生活の中に徐々に入ってくるようになりました。今国では、このような社会のあり方が大きく変革するソサエティー5.0時代を見据えた社会のあり方について議論されているようです。とりわけ教育については、優先順位を高くして取り組むべきだと言われています。 もっと読む
2018-09-06 松戸市議会 松戸市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月06日−05号 特に、人口減少・超少子高齢化社会に突入し、労働人口の減少が顕著である我が国では、働き方改革、生産性向上の取り組みが急務とされ、AI、人工知能やIoT、物のインターネット化など先端技術の応用での生産性向上は避けて通れないものであると考えております。  日本の生産労働人口が減少局面にある中、労働力を維持しつつ国際競争力を強化するためには、労働力の有効活用や生産性を向上させるための方策が必要です。 もっと読む
2018-09-06 佐倉市議会 平成30年 8月定例会-09月06日-05号 小型無人航空機、ドローンの活用につきましては、国においてもロボットやAI、IoTといった近未来技術とともに生産性革命に資するツールとして期待されており、農業分野や物流分野など、さまざまな局面での利活用が研究されておりますことから、本市におきましてもその動向を注視してまいりますとともに、利活用方策の研究に努めてまいりたいと考えております。  以上でございます。 ○議長(櫻井道明) 敷根議員。 もっと読む
2018-09-05 佐倉市議会 平成30年 8月定例会−09月05日-04号 こうした状況を踏まえますと、産業界には設備投資や人材育成等を通じた従業員1人当たりの生産性の向上が求められておりまして、その上でAIやIoT等の新技術の導入や企業の大半を占める中小企業のIT化等の推進が鍵になっていくと考えているところでございます。 もっと読む
2018-09-04 松戸市議会 松戸市議会 会議録 平成30年  9月 定例会-09月04日−03号 それは、IoT、ロボット、人工知能、ビッグデータ等の先進技術を活用することで新たな価値を創造し、地域、年齢、性別、言語等による格差なく、多様なニーズ、潜在的なニーズにきめ細かに対応した物やサービスを提供することができる新たな時代、Society5.0を迎えようとしています。   もっと読む
2018-09-01 横芝光町議会 平成30年9月定例会 人工知能(AI)、ビッグデータ、IoT(インターネット・オブ・シングス)等の先端 技術が高度化して、産業や社会生活に取り入れられ、社会のあり方が大きく変革するソサエ ティー5.0時代が今後、訪れてくると言われております。 もっと読む
2018-06-21 千葉市議会 平成30年第2回定例会(第8日目) 本文 開催日: 2018-06-21 問題点は、1、前提となる生産性向上特別措置法は、AIやIoTなどの新たな技術を活用し、急激に生産性を向上させなければ国際競争力を失うとして、生産性の高い設備へ投資を促すとともに、サンドボックスと呼ばれる企業提案による新たな実証のための規制の特例制度を創設するものです。サンドボックスは、米国で実証実施中に重大な事故が発生したなど危険性が高いのです。   もっと読む
2018-06-20 市原市議会 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月20日−02号 第4次産業革命は、あらゆるものや情報がインターネットを通じてつながるIoTや、人工知能であるAI、ロボットやビッグデータなどの新たな技術を多面的に活用することで、産業の高度化や効率化、最適化等を図るとともに、新たな市場創出を促進させるものであり、本市産業の中核的役割を担っている臨海部企業や、本市事業所の9割以上を占める中小企業に大きな影響を与えるとともに、ビジネスチャンスになるものと期待されます。 もっと読む
2018-06-15 松戸市議会 松戸市議会 会議録 平成30年  6月 定例会-06月15日−03号 社会の変化のスピードは加速度を増し、IoT、ビッグデータ、AIを始めとする技術革新やグローバル化の一層の進展が予想されます。  そうした中で、将来の自律に向け長い準備期間の中で教育活動を組み上げていく小中学生に比べますと、高校生は実社会に近い距離にあります。しかしながら、これまでの高校教育は、その対応力の弱さを課題として持っていました。 もっと読む