2792件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

習志野市議会 2021-03-24 03月24日-08号

これは思い切った新しい官民連携人材の在り方として考えると、例えば、ITベンダー企業職員を派遣させることで企業ノウハウを吸収できたり、ITベンダーが何を考えているのかを、その現場で職員が知ることができます。というふうに私は考えております。また、その逆もありです。ITベンダーの社員を習志野市役所に招いて、その人材からノウハウを吸収していくと。これは、その逆ですね。

習志野市議会 2021-03-18 03月18日-05号

それからもう1つは、最近、特に政治家の大変なる不祥事といいますかね、最初、首相の関わる事件というかね、森友問題、加計学園問題、そして今回のIT関係の問題等、みんな政治家が絡んでるように見えます。やっぱり襟を正してですね、我々も本当に、市民のため、国民のために一生懸命、習志野市議会が頑張っていかなきゃいけないだろうというふうに思いますので、私もその努力をしてまいりたい。申し上げて質問に入ります。 

鎌ヶ谷市議会 2021-03-08 03月08日-一般質問-04号

総務企画部長笠井真利子君) 正確な要因は把握できておりませんが、近年IT化の著しい進展により、各種の情報発信メディアも多様化しており、大量で様々な情報社会に発信される中で、紙媒体新聞購読世帯減少に伴い、広報かまがやの新聞折り込み部数減少傾向にあることも要因の一つにあるのではないかと考えております。

君津市議会 2021-03-05 03月05日-03号

そこでお伺いいたしますが、変革と創造を積極的に取り組んでいくためにも、職員皆様お一人おひとりの知恵と意識改革、さらに人材確保が欠かせないものと認識をいたしておりますが、かかる観点から、さきの12月定例会一般質問において、公明党の野上議員から質問され、パソコンとインターネットを中心とするIT活用した教育システムであるeラーニングを導入していくと見解が示されましたが、導入の時期、カリキュラムメニュー

富津市議会 2021-03-03 令和 3年 3月定例会−03月03日-03号

私が若いときにこういった科学やITが進んでいたら、また別の人生を歩んでいたのではないかなと思う今日この頃でございます。  それはさておき、令和2年度も残すところ、あと28日で終了となります。そして3月は、何といってもお別れの季節でございます。富津市では、今月末をもって15名の方々が定年を迎えられるとお聞きしております。

白井市議会 2021-02-24 令和3年第1回定例会(第3号) 本文 開催日: 2021-02-24

それからGIGAスクール構想についても、国は初動費用は出したけど、活動活用の経費については何も言ってこないから、しようがない、こちらで一般財源としてやったということで、確かに他市の状況を見ても、小・中学校のIT整備というのが、大きな対策の次年度の予算として結構出ているようです。それはそういうことなんだろうなと思います。これは分かりました、仕方がないですよね。  

南房総市議会 2020-12-18 令和2年第4回定例会(第4号) 本文 2020-12-18

市の第2期総合戦略の中でも、子育て世代の増加を図るための施策として、IT産業を推進雇用の創出を図ることが重点的な位置づけとしております。  貸事務所建設に当たっては、過疎債過疎対策事業債を充当することにより、市の財政負担も抑えられ、本市の喫緊の課題であります人口流出を防ぎ、若年層等移住定住を促すための雇用の場が創出されることは、地域経済活性化を図る上で大変有効であります。  

野田市議会 2020-12-09 12月09日-04号

コロナ感染が収束していない状況において経済を拡大させるためには、IT化などコロナと共存できる分野への投資を強化するやり方と、感染拡大のリスクについてある程度受け入れた上で消費一般を喚起するやり方の2種類があり、緊急対策の後、政府は飲食と旅行で消費を喚起するGo To キャンペーンを実施しております。

我孫子市議会 2020-12-08 12月08日-03号

質問1、ア、小中学校のIT端末の現状についてお教えください。 イ、インターネット及び無線LAN整備状況についてお教えください。 ウ、ICT教育支援員確保現状についてお教えください。 エ、デジタル教材、アプリの選択状況についてお教えください。 ○議長(西垣一郎君) 椎名幸雄議員質問に対する当局の答弁を求めます。倉部俊治教育長。     

大網白里市議会 2020-12-08 12月08日-02号

まして、国においてはIT化にかじは切っております。こういう市民皆様の喜ばれる市民サービスの提供は必要かなと思います。改めて、本市として進むべき方向を見据えた上で、時代の流れや変化をする市民ニーズに即応する柔軟な指向が大事かと思います。 次に、本市においても、今も言ったとおりですが、少子高齢化高齢化率が高くなっております。これはどこの自治体もだと思います。提案としてお聞きいただければと思います。

野田市議会 2020-12-08 12月08日-03号

その中で安倍総理は、有識者委員の提言を踏まえ、テレワーク推進に向けて、押印書面提出等の制度、慣行の見直しについて、緊急の対応措置を早急に方針を取りまとめ、IT総合戦略本部と連携しつつ、着手できるものから順次実行していただきたいと思うと発表があり、押印廃止の議論が高まりだし、その後安倍政権より菅政権に移行し、新内閣では行政改革担当大臣かじを取り、脱判こを推し進める形となり、行政手続上の押印義務廃止

四街道市議会 2020-12-08 12月08日-04号

次に、デジタルトランスフォーメーション部の新設についてですが、デジタルトランスフォーメーションには、ITの浸透により、人々の生活をあらゆる面でよりよい方向変化させるという概念があり、この実現に向け、現在国において各府省地方公共団体民間デジタル化を牽引する強力な司令塔機能を有する組織として、デジタル庁の創設に向けた準備が進められております。