25件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

佐倉市議会 2019-12-03 令和 元年11月定例会−12月03日-03号

◆20番(萩原陽子) 当初は、城下町商店会の会長さんも神社宮司さんも市営住宅跡地に建てることを望んでいたのです。8月議会でご理解いただきましたと答弁がありましたが、どのような説明で理解を得たのでしょうか。 ○副議長爲田浩) 資産管理経営室長。 ◎資産管理経営室長小菅慶太) お答えいたします。  

佐倉市議会 2019-09-04 令和 元年 8月定例会-09月04日-04号

神社宮司さんも、芝を張るだけの公園より、図書館を建てることに賛成だと伺いました。中高生の利用増加が見込める場所であり、城址公園やくらしの植物苑に続く自然環境の中の図書館は、市民の憩いの場所にぴったりで、駐車場問題も解決します。佐倉市の魅力を発信できる場所になると思いますが、いかがですか。 ○副議長爲田浩) 教育長。 ◎教育長茅野達也) お答えします。  

佐倉市議会 2018-03-14 平成30年 2月定例会予算審査特別委員会-03月14日-01号

一方、佐倉秋祭りにつきましては、確かに佐倉市で一番集客のある大変大きなイベントという認識でおりますけれども、私どもとしては、その中で安心安全の部分であったり皆さんのおもてなしの部分ということで、神社祭礼という側面もございますので、できる限りのところを側面協力させていただくという考え方でおります。  以上でございます。 ○委員長押尾豊幸) 橋岡委員

佐倉市議会 2018-02-27 平成30年 2月定例会-02月27日-03号

また、ベルギーチーム神社を見学し、大会の役員にはひよどり坂から武家屋敷までを散策していただきました。今回の参加選手からは、千羽鶴やウエルカムボードを「日本の佐倉での大切な思い出にします」との喜びの言葉をいただき、母国に持ち帰っていただきました。今後もさまざまな工夫を凝らしながら、佐倉市の魅力をアピールしてまいります。  以上でございます。 ○議長櫻井道明) 岡村議員

佐倉市議会 2017-09-05 平成29年 8月定例会−09月05日-03号

山車産業振興に貢献すると考えるならば、おはやし館を拡充するのが妥当ではないかと思いますし、また神社前の保健所跡を整備して山車を展示すれば、非常に多さんの前であり、回遊性も生まれてよいのではないかという市民の提案がありますがいかがですか。 ○議長櫻井道明) 資産管理経営室長。 ◎資産管理経営室長増澤文夫) お答えいたします。  

佐倉市議会 2017-06-19 平成29年 6月定例会総務常任委員会−06月19日-01号

委員五十嵐智美) そうすると少し差額が出るということですが、あと、私、この間、産業まつりだったと思うのですが、そのときに、神社のお祭りの山車が焼けてしまって寄附を募っているという、どこでしたか、並木町ですかね。並木町の寄附金ということでされていらっしゃる方々がいたのですが、こういう助成金があるということですが、そういったものにこういう助成金が使えるということはないのでしょうか。

佐倉市議会 2016-03-16 平成28年 2月定例会予算審査特別委員会-03月16日-01号

産業振興課長岩井克己) 委員ご指摘のとおり、既に秋祭りは一神社祭礼という範疇から少し離れて、佐倉のシンボル的なところもございますけれども、これがまた完全にそこを脱却するというところと、地元皆さんのお考え、現に多様のみこしは鏑木在住皆様限定で担がれるという風習はまだ厳然として残る。

佐倉市議会 2015-03-05 平成27年 2月定例会−03月05日-05号

ひよどり坂を上り、武家屋敷を見学し、神社を参拝し、そして歴博に見えました。歴博に着いて驚いたのは、興味深いものが大変多くあり、昼食も歴博でとり、もう閉館まで私はそこで過ごすと、JR佐倉までは戻れないだろうというふうにおっしゃっていました。この方は、あくまでも最初の目的はハイキングでした。しかしながら、歴博という大変興味深いものを初めて知ったわけです。

佐倉市議会 2013-12-02 平成25年11月定例会−12月02日-02号

都市計画道路の整備につきましては、景観を重点的に検討している新町地区の町並みや旧平井家住宅神社境内などの文化的な資産への影響もございますし、ほかに早急に進めるべき道路の路線も多いことから、早期の着手は難しいものと判断いたしております。また、武家屋敷は、藩の役職等により屋敷の規模や場所が決まっていた可能性があり、文化財といたしましては周囲の土塁を含む屋敷全体の保存が重要でございます。

佐倉市議会 2012-09-05 平成24年 8月定例会-09月05日-04号

具体的な地域素材としては、忠霊塔神社戦没者の石碑や佐倉連隊跡などであり、地域人材としては、佐倉在住戦争体験者や空襲や疎開などを体験された方々でございます。加えて、国立歴史民俗博物館での学習地域施設有効活用と考えております。一方、学校教育から生涯教育への視点で考えますと、地域の公民館や図書館など、地域とのつながりの中で学び続けていくことも可能であると考えております。

富里市議会 2012-02-23 02月23日-02号

それから、新橋観音堂の川を挟んだ向こう側に、かなり古い神社があります。そういうように、ふるさとというイメージがかなりあります。ですから、そういう散策道ですか、そういうのをつくってささやかな、都会の人から見たらかなりふるさとにできると思います。前に、遠野市のほうに行ったときに、かっぱ伝説のところがありましたが普通の小川でした。

成田市議会 2008-09-11 09月11日-04号

っちゃうかもしれませんけれども、丁寧につくっているんだということのお話を聞いていたら、すごく丁寧につくっているということなんで、「ていねい米」という言葉でいこうじゃないかということで、いろいろ消費者の関係の人とか何人もといろいろな話をして、これは大体こういう名前ですから、主婦の方のアイデアだったんですけれども、何でこういう直接的な気持ちが伝わるような名前のお米にしないのだろうかと言われて、農家の方の中から神社

成田市議会 2004-02-23 02月23日-02号

初日の出に成田山新勝寺に、宗吾霊堂に、台方の神社に詣でて、この1年も平穏な何事もない無事なすばらしい1年になりますようにと手を合わせて祈りましたが、世の中は日々走馬灯のようにめまぐるしく変わっております。成田市においても、既に4月1日に向けましてカウントダウンが始まり日々その数を減らしております。

佐倉市議会 2000-03-08 平成12年 3月定例会−03月08日-03号

神社を始めかなり市民地元で行われる行事参加していることがわかりました。私が地元の古老に聞いてみますと、例えば佐倉に古くから住む人々は決して成田山へはお参りに行かないのだそうです。私や家内は何も知りませんので、平気で成田山にお参りをしておりますが、成田山新勝寺は平将門を討つために建立された寺で、その名も新しく勝つ寺。

  • 1
  • 2