6424件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

富津市議会 2021-03-23 令和 3年 3月定例会−03月23日-05号

加速する少子高齢社会を見据えて、社会保障の抑制も重要だと思うが、一方で受診を控えることにより、社会保障費そのものが増大してしまったら本末転倒だと思う。軍事費を削減し、国民の命と生活を守ることを優先してほしいと思うので、賛成するとの賛成討論がなされ、採決の結果、賛成少数で不採択すべきものと決しました。  以上が、教育福祉常任委員会に付託されました議案の審査結果です。

柏市議会 2021-03-12 03月12日-08号

市長 秋山浩保君登壇〕 ◎市長秋山浩保君) 私からは、少子高齢社会についての赤ちゃん誕生環境整備支援の御質問にお答えいたします。少子化高齢化が進行する中、柏市は将来にわたって活力を維持し、持続可能なまちであり続けるためには子育て世代を中心とする生産年齢人口維持、定着を図り、人口バランスの不均衡を解消していくことが必要であると考えております。

富津市議会 2021-03-10 令和 3年 3月10日教育福祉常任委員会−03月10日-01号

今後、少子高齢社会深刻化により、医療費増加が見込まれる中、後期高齢者医療制度維持していくための一定以上の所得がある方の2割負担の導入につきましては、これを支える現役世代への理解を求めていくとともに、急激な負担増に対する配慮を行った上で十分な説明と周知が必要であると考えております。  以上で、執行部参考意見とさせていただきます。

栄町議会 2020-12-10 令和 2年第4回定例会(第3日12月10日)

高齢者等集積所までごみを持っていくことが困難なかたのサービスにつきましては、本年度、環境省におきまして、高齢社会対応した、ごみ出しかた支援の試行また実証を行っております。こちらにつきましては、今後、一つの課題といたしまして、国の動向等を注視していきたいと考えております。  以上、答弁とさせていただきます。 ○議長(橋本 浩君) 石橋君。 ○2番(石橋善郎君) 自分の質問は以上なんです。

千葉市議会 2020-12-09 令和2年第4回定例会(第6日目) 本文 開催日: 2020-12-09

国が掲げる地域包括ケアシステム構築は、超高齢社会には必要不可欠なものではありますが、その構想は広範かつ壮大であり、それはそれとして進めていかなければならないことではありますが、身近な地域課題としては、その構築を待っていられる状況にないというのが私の肌感覚であり、現実だと思います。  

鎌ヶ谷市議会 2020-12-09 12月09日-一般質問-06号

現在高齢社会が進行し、運転者数が減ってきていると言われています。国も県も市も高齢者免許証返納を推奨し、実際返納者も増えてきております。これからの時代は、全体として自動車の台数は確実に減ってくるのではないかと考えますが、市の認識を伺いたいと思います。 ○議長森谷宏議員) 答弁を求めます。 ◎都市建設部長貞方敦雄君) 議長都市建設部長。 ○議長森谷宏議員) 都市建設部長

東金市議会 2020-12-08 12月08日-05号

少子高齢社会進展いたしまして、本格的な人口減少社会を迎えようとしている社会情勢におきまして、本市が持続的に発展し続けるために、地域コミュニティー維持活性化は大変重要な課題であると認識しております。 現在策定中であります第4次総合計画基本構想におきましても、市民力地域力まちづくりの基礎、土台として位置づけておるところでございます。 

大網白里市議会 2020-12-08 12月08日-02号

目の前に来る高齢社会5年後、2025年には団塊の世代方々が75歳前後を迎えます。多種多様な市民ニーズが求められるんではないんでしょうか。熟慮のほどよろしくお願いいたします。 最後に、新型コロナウイルス感染拡大で、都市部から地方への移住の関心が高まっております。また、3密回避への意識の高まりやテレワークの普及が追い風となっております。 そこで、本市においても空き家問題も喫緊の課題でございます。

千葉市議会 2020-12-08 令和2年第4回定例会(第5日目) 本文 開催日: 2020-12-08

今回の方針案は、老朽化の進行に伴い、公立保育所全体の建て替え等による施設改善を図るものでございまして、今後、超高齢社会への対応をはじめとする社会保障費の増大が見込まれる中、20年間で40か所以上の公立保育所建て替えを進めていくためには、民営化や統廃合についても実施していく必要があると考えております。  

袖ケ浦市議会 2020-12-08 12月08日-03号

令和元年度袖ケ浦決算審査意見書の中で、扶助費物件費は大きく増加し、その影響経常収支比率は上昇し、厳しい財政状況となっていることをはじめ、今後訪れる人口減少高齢社会に移行する中で、市税収入減少社会保障費増加などが見込められており、歳入においては、自主財源の確保、歳出においては経費削減基本とした効率的な行財政運営に努めることが重要であることを意見として付したところでございます。 

市原市議会 2020-12-07 12月07日-02号

ケアラーとは、介護や看病、療育が必要な家族近親者をサポートする人のことであり、高齢社会が進む中、さらに増えていくことが見込まれています。ケアラーケア対象者は、高齢者だけではなく、障がい者や難病患者病児、障がい児、またはアルコールなどの依存症やひきこもりなど、何らかの事情で日常生活を送ることが困難な人のケアを担う人を総括してケアラーと呼んでいます。

松戸市議会 2020-12-07 12月07日-02号

高齢社会、障害を持つ方も増え、利用が増加する制度に対し、早急な体制強化が必要と考えます。 そこでお伺いいたします。 (1)松戸市成年後見支援センターの今後の役割について、中核機関である支援センターが10月より稼働し、1か月で相談件数が10件とお聞きしました。今後の中核機関役割についてお伺いいたします。 (2)後見人等報酬助成金の増額について。 

袖ケ浦市議会 2020-12-07 12月07日-02号

往診のですね、制度普及することについてですけども、外来だけであれば次々と患者の診察などが可能ですが、往診となれば、医師在宅医療に対する考え方や医療提供体制影響を受けることは分かりますが、超高齢社会にこれから向かっているわけでございますので、医師会などに出向くことがあると思いますけども、その場でですね、お話はしていただけるとか、相談してみるとか、もし少し市民に寄り添った答弁を私いただきたいんだけれども

睦沢町議会 2020-12-07 令和2年第4回定例会会議録 12月7日

限られた財源職員数の中で、質の高い、そして効率 的に行政サービスを実施していく必要があり、急速に高齢社会が進む中、包括的な支援体 制を強化し、また、地域経済の振興を図るため、事務事業所管替えや課の統合など、来年 度の機構改革に向け、準備を進めているところでございますので、ご理解を賜りますようお 願いをいたします。 次に、道の駅についてでございます。

東金市議会 2020-12-04 12月04日-03号

そこで、総務省の消防庁は、高齢社会進展で、高齢者方々により細かく防災情報を行き渡らせる上で有効な戸別受信機普及の検討が必要だと推進し、さらに、戸別受信機は、大雨や台風など屋外スピーカーからの音声が十分に聞こえにくい状況スマートフォン携帯電話を保有していない世帯に特に有効であり、高齢者等防災情報が届きにくい方々によりきめ細かく防災情報を行き渡らせるために、住居内の戸別受信機が有効で、その