201件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

大多喜町議会 2019-06-01 令和元年第1回議会定例会6月会議

おた ふく風邪の合併症、おたふく風邪そのものはかなり軽いのですが、年60万くらいの子供がか かって、合併症として無菌性、重度の難聴などがあります。無菌性は、接種を した人についての発症率は0.05パーセント、接種をしなくておたふく風邪にかかった人の場 合は2パーセントの割合で、50人に1人がになると出ています。

船橋市議会 2019-02-28 平成31年第1回定例会−02月28日-05号

おたふくはですとか難聴を700人から1,000人に1人の割合で引き起こしますけれども、予防接種によって防ぐことができます。ロタウイルスは毎年流行する胃腸炎の原因ウイルスで、重症化すると脱水や脳症を引き起こします。行革の折、難しい面もあるとは思いますけれども、未来への投資、また予防によって、逆に公的医療負担を軽減していくという考え方もあると思います。ぜひご検討をお願いをしたいと思います。  

柏市議会 2017-03-07 平成29年  第1回定例会(2 月定例会)-03月07日−質疑並びに一般質問−05号

日本では、1989年、はしか、おたふく風邪、風疹の3つの生ワクチンをあわせたMMRワクチンが定期接種として導入されましたが、その後すぐ副反応の無菌性か多発し、厚労省に認定されただけでも5名の死亡者を含む1,700名以上の被害を出し続け、4年後に定期接種から外されました。

習志野市議会 2016-12-06 習志野市議会 会議録 平成28年 12月 定例会(第4回)-12月06日−06号

今回の質問で、私も1点感じて思ったんですけれども、インフルエンザの子どもの公費助成をしてくれという意見が出まして、私も前々からおたふく、ロタウイルスなど公費助成というか、国が指定ワクチンしたら公費助成をと言っているんですけれども、言っている私、御存じの方いるかもしれないですけれども、10月におたふく風邪にかかりまして、そこからを併発して、死ぬ可能性があったそうなんですね。

鎌ヶ谷市議会 2015-12-09 平成27年 12月 定例会(第4回)-12月09日−一般質問−06号

◆7番(矢崎悟議員) 任意接種の中におたふく風邪ワクチンがあるのですけれども、おたふく風邪は子供のときになる感染症の一つとして有名で、合併症としてを引き起こす可能性もあるのですけれども、さらに大人にそれが感染すると重症化しやすいと言われております。おたふく風邪が任意接種となっているのですけれども、その理由について教えていただければと思います。 ○議長(原八郎議員) 答弁を求めます。

習志野市議会 2013-12-06 習志野市議会 会議録 平成25年 12月 定例会(第4回)-12月06日−06号

また、免疫力が低下した高齢者などが肺炎球菌に感染すると、肺炎、気管支炎等の呼吸器感染症や中耳炎、など、さまざまな病気にかかる可能性があります。  そこで、高齢者が肺炎球菌による感染症を予防するワクチン接種を行うことによりまして、肺炎球菌の90種類以上の型のうち、23種類の型に対し、免疫をつけることができ、肺炎球菌による感染症のおおむね8割に効果があると言われております。

柏市議会 2013-09-12 平成25年  第3回定例会(9 月定例会)-09月12日−質疑並びに一般質問−02号

特に乳幼児は、等の重症化予防のために、柏市平成23年度から国の基金事業により公費接種を開始し、平成25年度には定期接種となりました。しかしながら、高齢者の肺炎球菌予防接種の公費接種につきましては、厚生労働省厚生科学審議会予防接種部会はその効果有効性、安全性を検証し、ワクチン供給体制の確保や必要な財源措置がなされてから定期接種化との方向性を示しております。

船橋市議会 2013-09-04 平成25年第3回定例会−09月04日-03号

ヒブが原因のは半分以下です。ヒブワクチンと肺炎球菌ワクチンで全てのを予防するわけではありません。  以上のように、全てのワクチンに言えることは、接種したい人だけが接種すべきだということだと私は理解しました。強制的に受けさせるべき意義は全くないのではないかと思いますが、これらのワクチンの必要性についてどのように認識をされていらっしゃいますでしょうか。      

南房総市議会 2013-09-02 平成25年第3回定例会(第1号) 本文 2013-09-02

ヒブ、小児用肺炎球菌ワクチン子供などの感染症を防ぎ、子宮頸がんワクチンは子宮頸がんを防ぐために大変有効ですので、国が2分の1補助し、残りを市が2分の1補助し、全額公費負担といたしました。  34ページをご覧ください。妊婦・乳幼児健診事業2,033万6,000円、国庫支出金570万5,000円、残りが一般財源でございます。

松戸市議会 2013-06-12 松戸市議会 会議録 平成25年  6月 定例会-06月12日−02号

また、おたふく風邪は1歳ぐらいでかかった場合、軽く済むことも多いようですが、、脳炎などが起こり、命を落とすこともまれにあるようです。一般に4、5歳が一番かかりやすい時期で、幼稚園保育園では、流行するとあっという間に広がり、おたふく風邪では無菌性が発症し、難聴になることもあるとのことです。  

習志野市議会 2013-06-12 習志野市議会 会議録 平成25年  6月 定例会(第2回)-06月12日−05号

さらに、免疫力が低下している高齢者などがこの肺炎球菌に感染すると、肺炎や気管支炎等の呼吸器感染症や中耳炎、などさまざまな病気を併発する可能性があります。そこで、高齢者が肺炎球菌による感染を予防するワクチン接種を行うことにより、肺炎球菌の90種類以上の型のうち23種類の型に対し免疫をつけることができ、肺炎球菌による感染症の8割に効果があると言われております。

船橋市議会 2013-03-04 平成25年 3月 4日議会運営委員会−03月04日-01号

もう1点は、議会事務局に対して、平成19年から24年までの間の野田議員の発言録──本会議また委員会での発言の記録の提出を求めて、今回参考人からの事情聴取の中で出てきた幾つか、ヒブワクチンのお話ですとか、細菌性の話とか幾つかありましたけれども、そういったものが、本当に野田議員の発言に反映されていたのかどうか、1つの証左として資料を収集してはどうかと思っております。  

船橋市議会 2013-02-27 平成25年 2月27日議会運営委員会−02月27日-01号

あるいは、野田議員の次女の方が細菌性というのが生まれたときにかかっておりまして、ヒブワクチンあるいは小児肺炎球菌ワクチンなどを、市のほうで少しワクチン代を出せないかというようなことをずっと──まあ、公明党さんなんかも随分やっておりましたけれども、そういうような提言をやった覚えがあります。 ○委員長(長谷川大) その作成された資料の控えについては、保管されていますか。

南房総市議会 2012-09-05 平成24年第3回定例会(第1号) 本文 2012-09-05

ヒブ、小児用肺炎球菌ワクチンは子どものなどの感染症を防ぎ、子宮頸がんワクチンは子宮頸がんを防ぐ大変有効なもので、国が2分の1、残り市が2分の1といたしまして、全額公費負担として実施いたしました。  35ページをご覧ください。妊婦・乳幼児健診事業2,105万9,000円、国庫支出金572万5,000円、残りが一般財源でございます。

茂原市議会 2012-02-29 平成24年会議録 第2号 平成24年2月29日

ワクチ ン接種によって、20代女性の一番発症率が高い子宮頸がん、子供の早期発見が難しく、重い障 害が残ったり死亡する場合もある細菌性子供の細菌による感染症の二大原因の一つと 言われ、重い後遺症を残す小児用肺炎球菌などが予防でき、ワクチン接種助成は多くの住民の 願いであり、公費による定期接種化が求められてきました。

富津市議会 2012-02-21 平成24年 3月定例会−02月21日-01号

子宮頸がん及び乳幼児の細菌性等の発症予防のため、子宮頸がん予防ワクチン、ヒブワクチン、小児用肺炎球菌ワクチン予防接種を引き続き無料で実施します。  母子保健については、母子の健康の保持、増進、健全な発育を支援するため、乳幼児健診や母親学級、乳幼児教室などを開催し、きめ細やかなサービスを提供します。また、母体や胎児健康確保を図るため、妊婦健康診査を14回実施します。  

習志野市議会 2011-12-05 習志野市議会 会議録 平成23年 12月 定例会(第4回)-12月05日−03号

小児感染症の細菌性の場合も、肺炎球菌が原因と言われております。両者はいずれも初期症状がインフルエンザと類似しているために感染しやすく、この実態から見ても決して楽観視できない重篤な病気であります。  次に、介護の問題であります。全国で、介護施設の整備が追いつかず、入所できない高齢者が増加しており、施設待機者は本市においても約460人の方が入所待ちをしている状況であります。

東庄町議会 2011-12-01 平成23年12月定例会 議事日程第1号

その対策の二つ目が細菌性の原因の80%とも言われる肺炎球菌とH ibワクチンの接種の予防接種費用を全額公費助成するという施策であります。 1回、1万円で年齢によっては最大4回まで必要なので、4万円を無償にする ということであります。接種可能医療機関、接種人数などの今までの実績をお 聞かせ願いたいと思います。