348件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

館山市議会 2020-12-04 12月04日-02号

次に、第2点目、館富トンネル車線化後における今後の対応についてですが、館山市ではこれまで東関東自動車道館山線一般国道127号富津館山道路建設促進期成同盟会において、国土交通省などの国をはじめとした関係機関に対し、館山自動車及び富津館山道路の4車線化整備に関する要望活動を継続して行ってきました。長年の要望が実を結び、令和2年3月に館山自動車全線の4車線化が実現したところです。

富津市議会 2020-06-18 令和 2年 6月定例会−06月18日-03号

次に、「まち創生」については、館山自動車の4車線化に併せ、富津浅間山バスストップ及び駐車場整備し、東京千葉横浜方面へのアクセスが飛躍的に向上しました。  交通弱者対策としては、自ら運転することが困難な高齢者等移動手段一つとして、タクシー利用を促進し、費用負担を軽減するため、タクシー利用料金の助成などを実現しました。  

富津市議会 2019-03-05 平成31年 3月定例会−03月05日-03号

しかしながら、平成31年1月25日に、館山自動車車線化工事完成が、平成31年内に延期されるとNEXCO東日本から発表がございました。  そのようなことから、引き続き、市南部交通利便性向上を図るため、バスストップ早期完成を、NEXCO東日本に強く要望してまいります。  利用者駐車場につきましては、バスストップ完成と同時に、利用できるように整備してまいります。  

君津市議会 2019-02-12 02月19日-01号

道路ネットワークのさらなる充実強化に向けて、君津インターチェンジへのアクセス強化周辺道路混雑緩和、さらに館山自動車の4車線化による観光客増加など、ストック効果が期待される八重原線については、橋梁橋台築造などの工事を促進してまいります。 また、亀山ダムを経由し大型観光バス等により、多くの来訪者利用する笹藤林線については、観光支援の観点から拡幅工事に着手してまいります。 

館山市議会 2018-12-14 12月14日-03号

次に、大きな第3、JRダイヤ改正における課題についてですが、JR内房線沿線人口の減少や東京湾アクアライン及び館山自動車全線開通による高速バスネットワーク充実、ライフスタイルの変化などにより、鉄道利用者が年々減少する中、ダイヤ改正があるたびに列車の減便などが行われるという悪循環に陥り、沿線住民来訪者が不便を強いられる結果になっていると認識しています。 

富津市議会 2018-12-06 平成30年12月定例会−12月06日-02号

館山自動車建設当時にもバスストップの設置を当時の道路公団から打診されたが断ったというような話も聞いておりますが、その結果、今回のバスストップ建設に高額な整備費がかかったのではないかと思います。その辺はどのようにお考えか、お聞かせいただきたいと思います。 ○議長平野明彦君) 建設経済部長宮崎一行君。 ◎建設経済部長宮崎一行君) お答えいたします。

館山市議会 2018-08-29 08月29日-02号

◆10番(今井義明) 館山市においては、東京湾アクアライン料金引き下げ館山自動車及び富津館山道路効果により、県内はもとより他府県からも多くの観光客が来訪しております。船形バイパスは、この観光客海岸部へ誘導する重要な道路でございます。また、地域活性化観光振興につながる道路であり、地元も早期完成を望んでおります。 そこでお伺いをいたします。

富津市議会 2018-06-11 平成30年 6月定例会−06月11日-02号

加えて、館山自動車、富津中央インターチェンジを有する交通利便性の高い地域となっていることから、歴史的資源交通利便性を生かして、新たな地域活力を創造することで活気ある地域を目指したいと考えております。  次に、南部地域については、地域の大半が山地となっており、鋸山やマザー牧場ゴルフ場など、この環境を生かした観光資源が分布しております。

富津市議会 2018-03-23 平成30年 3月定例会−03月23日-05号

次に、労働費から土木費及び災害復旧費関係では、鳥獣被害防止総合対策交付金対象施設予算増額の理由について、富津岬荘管理運営事業の今後の予定について、経営体育成支援事業における補助割合と内容について、農作物被害対策事業における有害鳥獣処理技術実証実験について、二間塚地域排水整備事業における歩道の敷設について、館山自動車車線化に伴うバスストップ整備事業について、水産物供給基盤機能保全事業の具体的

南房総市議会 2018-03-08 平成30年第1回定例会(第4号) 本文 2018-03-08

南房総地域では、館山自動車平成19年7月に全線開通し、国道127号富津館山道路東京湾アクアライン首都圏中央連絡自動車道等一体となり、高規格幹線道路網が形成され、半島性が解消し、自動車等一体となり観光客増加地場産業活性化など、ストック効果があらわれてきています。

館山市議会 2018-02-23 02月23日-01号

また、休日等における慢性的な渋滞を解消し、高速道路としての機能充実を図るため、現在工事が進められている館山自動車君津インターチェンジから富津竹岡インターチェンジにおける4車線化事業早期完成と、これに接続する富津館山道路富津竹岡インターチェンジから富浦インターチェンジの4車線化早期事業化についても、関係機関に対し、要望活動を実施します。 

富津市議会 2018-02-21 平成30年 3月定例会−02月21日-01号

仮称浅間山バスストップ及び駐車場については、館山自動車の4車線化に合わせ、着実に整備してまいります。これにより、市民東京千葉横浜方面へのアクセスが飛躍的に向上するものと考えております。  消防体制につきましては、消防団員の確保や車両施設等整備を図り、消防活動に関する訓練や研修を通じて、消防職団員の連携を深めます。