2214件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

木更津市議会 2021-02-10 令和3年議会運営委員会 本文 2021-02-10

議案第7号 木更津市きさらづオーガニック給食基金条例の制定についてにつきましては、地域有機農業推進し、木更津市立小学校及び中学校における学校給食地産地消の促進及び推進のための事業に要する経費の財源に充てる基金を設置するため、新たに条例を制定しようとするものでございます。  続きまして、資料2ページをご覧ください。  

船橋市議会 2020-12-21 令和 2年第4回定例会−12月21日-09号

本市でも女性委員の増加の取組を強めるべきと指摘して、賛成」、  無所属の委員1名から、「今回の候補者の方は認定農業者ということで、その立場で農業委員としての活動をお願いしたいという考えから、賛成」、  公明党の委員から、「農業委員会農業経営の安定や、担い手育成などに加えて、最近では地産地消の推進についても、かなり重きを置いて積極的な活動意見具申をされていると認識している。  

富津市議会 2020-12-04 令和 2年12月定例会−12月04日-03号

は古来より食べて育つの字のごとく、子供成長過程において大変重要なことと考えております。私も、子供時代給食が楽しみな生徒の一人でした。そこで、の観点より質問をさせていただきます。  中期財政計画に計上されておりました学校給食共同調理場整備進捗状況について教えてください。 ○副議長(平野英男君) 教育部長相澤智巳君。 ◎教育部長相澤智巳君) お答えします。  

船橋市議会 2020-12-04 令和 2年12月 4日総務委員会−12月04日-01号

松嵜裕次 委員  【同意】農業委員会農業経営の安定とか、担い手育成とかに加えて、最近では推進とか、地産地消の推進とかについても、かなり重きを置いて積極的な活動意見具申をされていると認識している。  課題はまだまだ解決のめどは立っていないが、この識見を生かして、ぜひ現場の声を伝える重要な役割を果たしていただきたい。    

船橋市議会 2020-11-26 令和 2年第4回定例会−11月26日-04号

文科省が主に外部講師活用したがん教育推進してきましたけれども、各都道府県がん対策課長と、都道府県指定都市教育委員会学校保健課長宛てに、4月24日に、文科省初等中等教育局健康教育課長厚労省健康局がん疾病対策課長との連名で出された、「学校におけるがん教育への協力の推進について」と題した通知の内容には、国が地域の実情に応じて外部講師活用体制整備し、がん教育充実に努めることを目標としていると

白井市議会 2020-09-30 令和2年第3回定例会(第7号) 本文 開催日: 2020-09-30

学識経験者については、1名は学校給食などに見識のある方、もう1名は市町村等地方行政見識のある方、もう1名は実際に市行政に携わった経験のある有識者の方を想定しておりますとの答弁がありました。  1つ委員会からの提言書がほぼ最終決定と考えていいですかという質疑に対して。  答弁検討委員会で提出されます提言書をもって委員会は終了します。

松戸市議会 2020-09-28 09月28日-06号

第4款衛生費では、推進事業について、具体的な事業内容と成果は。女性健康診査業務について、骨粗しょう症健診の受診率向上しているが、その取り組み状況は。自殺対策事業について、松戸市自殺対策計画に基づき予防を図っているが、実績は。エネルギー対策事業における事業所対策業務不用額の理由は。不法投棄防止事業におけるパトロールの実施件数実績、基準は。 

富里市議会 2020-09-25 09月25日-05号

一つ給食事業について、推進給食内容充実、また給食費など、給食管理運営充実を図り、引き続き安全安心学校給食提供に努めること。 一つこども園運営充実を図り、子育て家庭子育て安心感充足感を得られるような環境づくり推進すること。 一つ包括的支援事業について、地域包括支援センター充実を図り、引き続き高齢者福祉施策推進に努めること。 

鎌ヶ谷市議会 2020-09-23 09月23日-一般質問-04号

また、消費者側メリットは、1つ目として、新鮮、安全な農産物等を安定的に購入できること、2つ目として、農業体験子供に効果的であることなどが挙げられます。ほかにも地産地消の推進消費者農業への理解浸透農業者消費者移動範囲が限定されていることにより、地球温暖化防止につながることなどもメリットとして挙げられております。

柏市議会 2020-09-17 09月17日-07号

なお、献立作業衛生管理を行い、子供へのについて重要な役割を担う栄養士育成につきましては、定期的に研修会等を開催し、衛生管理知識習得、バラエティー豊かな献立の立案、だし等のうまみの活用をした調理工夫などを勉強し、互いに刺激し合いながらスキルの向上に努めております。引き続き安全、安心でおいしい給食提供に努めてまいります。私からは以上でございます。