5642件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

柏市議会 2026-06-18 06月18日-05号

震災時の医療機能確保安全性に不安がある。これはこれまでも何度も議会でも示されました。病棟は、特に限界に近いとまで言われているわけですよね。つまり老朽化を放置していることこそ、私はこれ市民の理解得られないんじゃないかと思います。これ放置していていいんですか。市長、何にもこれ感じませんか。どうですか。

四街道市議会 2024-12-09 12月09日-05号

次に、③、今回の風水害によるオートバイ偵察隊活動状況についてですが、いわゆる防災バイク隊はその機動性から主として震災時の活動を想定したものであり、今般のような暴風雨では活動に危険を伴うことから、今回当初から都市部消防本部消防団中心にパトロールを開始しており、今回の一連の災害において出動はありませんでした。  

流山市議会 2024-09-10 09月10日-02号

阪神震災、東日本大震災九州熊本地震では上下水道の使えなくなったトイレの便器内はあっという間にし尿であふれて使えなくなったトイレが数多く見られました。東日本大震災では、生活インフラは概ね電気、ガス、水道の順で仮復旧し、上水、下水道管復旧が1カ月ほどかかりました。下水処理場し尿処理場の仮復旧は、最も日数を要した自治体で1年以上を要しました。

柏市議会 2022-12-10 12月10日-05号

また、避難に当たっては、浸水想定区域外にある避難所を開設し、震災と同様に消防団消防局警察等の誘導により避難することとしているところでございます。次に、田中調節池周囲堤かさ上げに関する御質問でございます。議員質問塩辛樋管部周囲堤は、本市が管理する塩辛樋管を整備した際に国土交通省が今後予定している高さまでかさ上げしたものでございます。

銚子市議会 2021-12-10 12月10日-05号

このうち銚子市の負担金総額は76億2,350万1,000円、これに対しまして震災復興特別交付税が50億5,696万9,000円見込まれています。これによりまして、市の実質負担額は25億6,653万2,000円となりますけども、このうち19億7,020万円については市債を活用できるのではないかということで、差し引き一般財源といたしましては5億9,633万2,000円と見込んでいるところです。  

銚子市議会 2021-12-06 12月06日-03号

次に、広域ごみ処理施設震災復興特別交付税について伺います。  1つ、広域処理施設震災復興特別交付税ですが、以前の説明では広域ごみ処理施設建設費総額は288億円、そのうち国の補助は震災復興特別交付税129億円を含めて234億円、残りの54億円を3市で負担し合うと聞いていますが、そのとおりですか。  2つ、銚子市における令和元年震災特別交付税は、当初予算で12億7,900万円です。

銚子市議会 2021-09-12 09月12日-03号

震災復興特別交付税や起債の借り入れなどを除いた一般財源として2億円から3億円が今の状況にプラス必要になるという見込みであります。厳しい財政状況でありますけれども、令和2年度以降も赤字を生じさせないよう財政運営に当たっていきたいというふうに思っております。 ○議長岩井文男君) 健康づくり課長。 ◎健康づくり課長石井倫宏君) では、私から病院事業会計の関係の数字について答弁させていただきます。  

四街道市議会 2021-09-09 09月09日-05号

阪神震災のとき、火災が起こっても消防車は近づけない中で、隣近所の救い出しもかなりあったと聞きました。千葉市を中心に直下型大地震が起こる可能性が最近発表されています。人の命を第一に考えるとき、耐震化によって救える命があるわけですから、広げ知らせていただきたいものだと思います。  大きい9番の意見を言って終わりにします。

流山市議会 2021-07-10 07月10日-06号

記  1 震災からの教育復興にかかわる予算の拡充を十分にはかること  2 少人数学級を実現するため、公立義務教育諸学校の教職員定数を改善する計画を早期に策定・実現   すること  3 保護者教育費負担を軽減するために義務教育教科書無償制度を堅持すること  4 現在の経済状況を鑑み、就学援助奨学金事業に関わる予算をさらに拡充すること  5 子どもたち地域活動できる総合型地域クラブ育成等環境

館山市議会 2021-06-13 06月13日-02号

もともと防災放送につきましては電波法に基づいて許可を得ているところでございますけれども、平成23年の東日本震災があったときに一度全市民を対象としたアンケートをさせていただいておりまして、その中では防災行政無線放送は頻繁に放送すると耳なれし、緊急性が損なわれるので、警報や大規模停電等の緊急の情報のみでよいとする方のアンケート結果が9割を占めてございます。

四街道市議会 2020-12-12 12月12日-08号

その中で、市民への情報発信等の課題が明らかとなり、今後改善をしてまいりますが、他方では市民の命に直結する甚大な被害が予測される震災の危機が迫っております。  震災の大きな教訓は、避難所体制が整わず、劣悪な環境の中で被災者が体調を崩し、亡くなる災害関連死の多発であり、その要因の一つが避難所運営にあります。

館山市議会 2020-12-10 12月10日-02号

今後の台風豪雨教訓にいたしまして、次は大震災に備えていくということになれば、さらに自主防災組織市民安全確保をするという作業が重要になってまいりますので、しっかりと検証して市民の声を聞きながらいい活動計画を立てることを要望いたしまして、質問を終わります。 以上でございます。 ○議長石井信重) 以上で12番龍﨑 滋議員質問を終わります。