331件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

成田市議会 2021-03-18 03月18日-06号

これらのほかにも、執行部及び成田国際空港株式会社から騒防法告示により防音工事工法変更になった場合の空調機器更新工事の特例について、成田国際空港株式会社から成田空港離着陸制限カーフュー)の弾力的運用実施状況並びにA滑走路の発着時間変更に係る運用状況について、執行部から成田空港離着陸制限カーフュー)の弾力的運用(令和元年度)の検証結果について報告がありました。 

成田市議会 2021-03-02 03月02日-05号

また、航空機騒音に対する損害賠償金制度法整備をとのことでありますが、成田空港における騒音対策法整備の枠組みといたしましては、騒防法に基づく防音工事や、騒特法に基づく移転補償が行われておりますが、本市ではこれまでにも、騒音地域における生活環境改善のため、関係機関と連携し防音工事の推進や工事内容充実に努めるほか、民家防音家屋等維持管理費補助金航空機騒音地域補助金の交付、さらには合併浄化槽設置

成田市議会 2021-03-01 03月01日-04号

次に、騒音地域における今後の騒音対策についてでありますが、昨年4月以降、騒防法及び騒特法都市計画決定の新たな告示に伴い、第1種区域や内窓設置区域拡大され、防音工事対象となる住宅が大きく増加するとともに、空港会社が新たに実施する防音工事においては、既存施工内容に加えて、ペアガラスへの助成や、これまで対象外であった浴室・トイレ等を含めた外郭の防音工事を新たに認めることなど、施工内容充実が図られているところであります

成田市議会 2021-02-25 02月25日-02号

そのような中、騒防法騒特法に基づく、新たな対策区域が昨年4月1日より施行されましたことから、更なる機能強化に対応した防音工事移転補償環境対策がスタートしています。 昨年4月7日時点において、感染症に係る緊急事態宣言が発令されたことから、ダイレクトメールによる制度の周知、その後、感染症対策を行った上で、地区別説明会実施されております。

成田市議会 2020-12-02 12月02日-03号

本年4月1日の騒防法告示に伴い、騒防法1種区域内でC工法B工法になったり、谷間地区隣接地区などが騒防法1種区域となったり、防音工事工法騒音区域変更されました。 今までの騒音対策は、防音工事実施し、定められた計画遮音量を満たしている家屋に対して空調機器設置するとなっていますので、あくまでも一体としての工事で、どちらか一方を実施することはできません。

成田市議会 2020-09-24 09月24日-06号

また、「隣接区域での防音工事に伴う地域格差についての考えは」との質疑があり、執行部から「隣接区域での防音工事は、法律に基づく第一種区域防音工事に対し、法律では対応できない地域を補完する対策であるので、一定の原則の中で均衡を保ちながら、関係機関と十分に調整を図った上で、きめ細やかに対応していく」との答弁がありました。 次に、成田空港運用状況と更なる機能強化の取組について報告がありました。 

成田市議会 2020-09-01 09月01日-02号

これらの説明会や他市町における説明会での意見を踏まえ、夜間における運用時間の見直し移転対象区域拡大、さらには防音工事施工内容改善や内窓設置工事実施など様々な対策が行われることとなり、本市といたしましてはこれまでの議論などと併せて総合的に判断し、平成30年3月の四者協議会において成田空港のさらなる機能強化実施することに合意をいたしました。 

松戸市議会 2020-03-05 03月05日-05号

これらのうち、議員御指摘の3市は、連名により基地に対しまして要望活動実施や国からの住宅防音工事助成対象区域を有するなど、本市とは取り巻く環境が異なります。 また、現在の本市基地に関する市ホームページにつきましては、環境基準類型指定を受けている地域を有する当該3市以外の近隣市と提供している内容は大きく変わらない状況でございます。 

成田市議会 2020-03-03 03月03日-05号

これらの説明会や他市町における説明会での意見を踏まえ、夜間における運用時間の見直し移転対象区域拡大、さらには防音工事施工内容改善や、内窓設置工事実施など、様々な対策が行われることとなり、本市といたしましては、これまでの議論などと併せて総合的に判断し、平成30年3月の四者協議会において、成田空港のさらなる機能強化実施することに合意をいたしました。 

成田市議会 2020-03-02 03月02日-04号

本市といたしましては、今後、新たな展開として騒防法騒特法騒音対策関係法令告示がなされましたら、騒音区域変更となる地区を中心に関係機関と共に説明会を開催し、防音工事移転に関する手続や流れなど、一人でも多くの方々に理解していただけるよう、丁寧に説明してまいります。 ○議長秋山忍君) 鬼澤議員。 ◆10番(鬼澤雅弘君) ご答弁ありがとうございました。それでは、自席から質問を続けていきます。 

成田市議会 2020-02-28 02月28日-03号

また、機能強化に伴う騒音移転への対策といたしましては、今後、所定の手続を経て騒防法騒特法騒音対策関係法令告示がなされましたら、新たな騒音対策区域での防音工事移転補償が開始されることとなりますが、これにより新たな移転対象区域において、1戸だけが移転対象外となることや、内窓設置区域により分断される集落があることなど、いまだ解決に至らない課題が残されており、これらの地域からは将来に対する不安の声

成田市議会 2019-12-05 12月05日-04号

これらの説明会や他市町における説明会での意見を踏まえ、夜間における運用時間の見直し移転対象区域拡大、さらには防音工事施工内容改善や内窓設置工事実施など、様々な対策が行われることとなり、本市といたしましては、これまでの議論などとあわせて総合的に判断し、昨年3月の四者協議会において、成田空港のさらなる機能強化実施することに合意をいたしました。

成田市議会 2019-12-04 12月04日-03号

本市といたしましては、今後、新たな展開として、騒防法騒特法騒音対策関係法令告示がなされた場合には、騒音地域にお住まいの皆様からは、既に防音工事移転に関する相談や問い合わせを多くいただいておりますことから、今後も引き続き、空港会社とより一層緊密に連携をとり合いながら対応してまいりたいと考えております。 ○議長秋山忍君) 星野議員。 ◆9番(星野慎太郎君) ご答弁ありがとうございました。