5385件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

佐倉市議会 2019-06-26 令和 元年 6月定例会−06月26日-04号

まず、岩富・寺崎線についてでございますが、現在、東関東自動車の南側の未整備区間約2.2キロメートルの事業を進めております。進捗状況といたしましては、現在進めている用地測量が今年度に完了する予定でございます。来年度からは用地取得に着手してまいりたいと考えております。  

茂原市議会 2019-06-13 平成31年 第3号 令和元年6月13日

我が茂原市は、成田や羽田の国際空港からも近く、また圏央道による利便性から、関東を含 む他県からの旅行客も期待でき、地方創生事業の中心産業として観光事業に力を注ぐべきと私 は考えますが、いかがですか。お伺いします。 ○副議長(中山和夫君) 経済環境部長 大橋一夫君。

富津市議会 2019-06-12 令和 元年 6月定例会-06月12日-02号

地域の政策が専門の関東学院大学の牧瀬稔という先生がいるんですけども、著書の中で、「現代は人口減少に闘いを挑んでいる時代」と分析しています。「しかし、一方で、国民は人口減少という大きな波に太刀打ちできないことに気がつき始めている。事実、地方創生が始まっても人口減少の速度は全国的には緩やかになっていない。そこには必然的に自治体間競争が出てくる。

茂原市議会 2019-06-12 平成31年 第2号 令和元年6月12日

次に、沢井製薬関東工場増設の着工時期と稼動開始時期について、お尋ねいたします。沢井 製薬については、工場増設工事が今もって見られず、それも不安の種であります。そこで質問 をいたします。沢井製薬関東工場増設の着工時期と稼動開始時期について、お伺いいたします。 これで最後の質問となりました。新規企業誘致活動の現状についてお尋ねします。

長生村議会 2019-06-02 令和元年定例会6月会議(第2日) 本文

4、調停案の内容でございますが、(1)千町村建築研究所、りんかい日産建設及び東関東工業(以下合わせて「被告ら」という)は、原告に対し長生中学校の管理棟の屋根(以下「本件屋根」という)が平成29年10月23日に飛散したこと(以下「本件事故」という)によって原告に生じた被害、補償費用を除く応急処置費用等、合計815万6,000円について、次のとおりの金額に分割して支払う義務のあることを認める。

栄町議会 2019-03-15 平成31年第1回定例会(第4日 3月15日)

しかし、昨年7月7日に初めて関東農政局の地域整備課の担当者に具体的な協議を行ったところ、該当しそうなメニューは限られるが、申請するには、まず、「栄町活性化計画」を策定して、国の承認を得ることが必要であるとのことでした。そこで、現在、関東農政局のご指導を得ながら、活性化計画の策定に取りかかっているところでございます。

富津市議会 2019-03-13 平成31年度予算審査特別委員会−03月13日-02号

また、今年度プロポーザルを行った結果、来年度は株式会社インタラック関東北という別の会社と契約を結ぶような方向で今進んでおります。 ○委員長(福原敏夫君) 渡辺 務委員。 ◆委員(渡辺務君) 日本人の英語指導員とALTとうまく連携というんですか、有効につながっていただければと思います。  

木更津市議会 2019-03-07 平成31年建設経済常任委員会 本文 2019-03-07

ですから、私は県の議長会と関東の議長会で同じ話をしているんですけれども、県の議長会で3番目の案として却下されてしまったわけなんですよ。ですから、改めてこの話を議会に出したんですけれども、秩序ある開発ということでお願いをしております。そして、農業以外に使えないのであれば農業観光でもいいじゃないかと。

佐倉市議会 2019-03-07 平成31年 2月定例会-03月07日-05号

2月26日、国の地震調査委員会は、東北から関東地方沖の日本海溝沿いの海域を震源とするマグニチュード7から8の大地震が今後30年以内に起きる可能性が高いと公表しました。マグニチュード7級で見ると確率90%以上の場所もあり、東日本大震災から間もなく8年を迎えますが、今回の公表結果は東北から関東地方の沖で大きな地震が起きる危険性を警告する内容となっています。

千葉市議会 2019-03-06 平成31年第1回定例会(第6日目) 本文 開催日: 2019-03-06

道路ネットワークの形成については、渋滞の緩和など移動や物流の円滑化を図るため、東関東自動車道の東京方面へのアクセスを向上する新たなインターチェンジの設置検討や環状道路として塩田町誉田町線や磯辺茂呂町線などの街路整備のほか、企業誘致や設備投資のためのアクセス改善を図る東寺山町山王町線の整備、交通渋滞の緩和を目的とした交差点改良など、我が会派が要望する道路整備へ幅広く効果的な予算が確保されていることは評価

佐倉市議会 2019-03-06 平成31年 2月定例会−03月06日-04号

都市計画道路岩富・寺崎線につきましては、佐倉・根郷地区と国道51号を南北に結ぶ重要な幹線道路であり、未整備区間となる東関東自動車道の南側約2,200メートルの事業を進めております。進捗状況といたしましては、現在用地測量を進めており、今年度末までに約1,260メートルが完了する見込みでございます。来年度につきましては、引き続き用地測量を進めるとともに、用地取得にも着手してまいりたいと考えております。

栄町議会 2019-03-05 平成31年第1回定例会(第1日 3月 5日)

東日本大震災をはじめ、平成27年9月に発生した関東・東北豪雨など、近年、大規模な災害が発生し、私たちに多くの教訓をもたらしました。  また、国においても、平成29年7月に利根川洪水浸水想定区域が見直されました。

船橋市議会 2019-03-05 平成31年第1回定例会−03月05日-08号

企業庁が埋め立てをして、そして、またそこにいろいろな湾岸道路であるとか、東関東自動車道であるとか、すさまじい変化が起きたんですけれども、その変化に船橋市は、きちんと対応をしたと思いますか。少なくとも、私がかかわってる範囲で言えば、埋め立てた土地をどう利用するかだとかについても、若松公園とか、大きな公園もできました。

富津市議会 2019-03-05 平成31年 3月定例会−03月05日-03号

本年度、国では魅力ある公共施設、インフラの公開、開放に向けた取り組みを進め、第二海堡上陸ツーリズム推進協議会が、国土交通省関東地方整備局を事務局とし発足、第二海堡上陸トライアルツアーが、昨年8月から11月の間で22回実施され、上陸延べ人数は1,029名でありました。  

佐倉市議会 2019-03-04 平成31年 2月定例会-03月04日-02号

佐倉市では、市内や近隣の関東圏に工場や事業所がある事業者と災害時応援協定を締結しておりますが、協定先には全国各地に工場や事業所があり、災害時に市内の工場が被災した場合でも、他の工場から物資の調達が可能な事業者もございます。

大多喜町議会 2019-03-01 平成31年第1回議会定例会3月会議

かつて今井兼次先生は、当町を訪れたときに、関東の大和であると表現しました。斑鳩の 里であると、深く心に刻み、斑鳩の里であると深く心に刻んだんです。この町のシンボルと なるべく、この役場の庁舎建築に取り組んだんです。現在も中庁舎として、今日に至るまで 使用されており、町の中核を担うすばらしい資産であります。

南房総市議会 2019-02-25 平成31年第1回定例会(第2号) 本文 2019-02-25

その後、館山日東バスが国土交通省関東運輸局千葉運輸支局に、白浜亀田線の廃止届を2月4日付で提出したところでございます。  また、JR千倉駅の下り電車に1番線から乗れる体制にできないかといったことについては、JR館山駅に確認したところ、1番線で上りと下り電車を一緒にするのは安全対策上できないとのことでしたが、引き続き協議してまいりたいと思います。