111件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

船橋市議会 2020-03-25 令和 2年第1回定例会−03月25日-07号

ちょっともう1つあわせて確認しますけれども、25年に児童扶養手当を払っていたことが発覚したのは、長男さんのアルバイトによってわかったということなんですけれども、なぜアルバイトしたのか。高校生だというふうに聞いているんですけれども、この方が何でアルバイトをしたのか、その理由について、当時のケースワーカーさんは確認していますでしょうか。      

船橋市議会 2019-09-12 令和 元年第2回定例会−09月12日-07号

また、他市のお母さんの体験のお話をご紹介いたしますと、交流級に行くことで、支援級と通常級を行き来していた長男は通常級の先生の目から見てさほど違和感なく溶け込んでいたようですと。  また、支援級にいても、運動会などの行事では今までのクラスメートだった通常級の子たちと一緒でした。運動会の組み体操も林間学校での野外活動も支援級の先生に見守られながら、不安に思うことを一つ一つクリアしながら参加しました。

横芝光町議会 2019-06-01 令和元年6月定例会

50代の容疑者が、ひきこもり傾向であったと伝えられたことから、ひきこもりをどうにか しろなどという乱暴な声も出てくる中で、息子はひきこもりがちで家庭暴力もあった、川 崎の事件を知って、息子も人に危害を加えるかもしれないと思ったとして、長男を殺害した とされる元農水事務次官の供述も切実です。

長柄町議会 2019-02-15 平成31年 第1回定例会 2月15日MB

要は、相続が終 わっていないんですけれども、長男の方がもうそこの家なり土地をずっと管理している。ほ かの兄弟はよそに出ちゃっていて、相続だけ終わっていないんだけれども、代表者として長 男が出てきて境界立ち会いをするとか、そういうことは許されるというか、やっているんで しょうか。ほかの兄弟の委任状がなくて。 ○議長(月岡清孝君) 内藤建設環境課長

船橋市議会 2018-12-03 平成30年第4回定例会−12月03日-07号

と、私と夫、そして長男の3人で営む鍼灸接骨院を開業して5年、家族で心を合わせながら大好きな仕事ができる日々に感謝です。私は先天性の白内障で生まれました。顔にくっつきそうなぐらい近づければ何とか新聞文字が読める程度です。障害があることで幼いころから他人と深くかかわることを避けてきました。でも、性格は負けず嫌い。盲学校を卒業後、社会で頑張ろうと企業に就職しました。

船橋市議会 2018-06-07 平成30年第2回定例会−06月07日-07号

28年3月に最高裁は、同居の妻や別居の長男は、監督義務者に当たらず、賠償責任はないという判断を示しましたが、事情によっては家族に賠償責任が生じる余地が残りました。直後の7月に、神奈川県大和市で、認知症の方を対象に、SOSネットワーク登録制度をスタートしました。これは、市の職員に相談があると、地域包括支援センターの職員が自宅を訪問し、徘回歴等確認して、登録をすることになります。

船橋市議会 2018-06-05 平成30年第2回定例会−06月05日-05号

今回の出産は、5歳の長男を育てながら妊娠・出産をサポートしてきたので、第1子目の妊娠・出産とは違う大変さを実感しております。妊娠がわかったときには、2回目でもあるので、前回の経験や知識から、先々の見通しを明るく楽観的に考えておりましたけれども、実際にやってみると、第1子のときよりも大変だなというふうに感じております。

大多喜町議会 2018-06-01 平成30年第1回議会定例会6月会議

なぜならば、ここが恐らく、郷土史会の皆さん、研究しながら観光資 源に生かしていただきたいと思うんですけれども、いわゆる南総里見八犬伝の主人公の伏姫 のモデルは、大多喜城主正木大膳の長男、大太郎に嫁いだ種姫と言われています。この種姫 というのは、上総久留里城主里見義堯の長女です。

旭市議会 2018-03-01 平成30年第1回定例会会議録 定例会委員会会議録 3月1日

我々が高校 の時は、農家の長男はみんな地元の学校へ行って、跡を継ぎました。ですから、雇用の確保 ができたんですよ。今は後継者が十何人でしょう。十何人しか就農しない。我々のころは 100人以上やりましたからね。そういった面もあるんです。ですから、後継者対策。 それで2番目の兼業農家も大事だと思うんですよ。

船橋市議会 2017-09-11 平成29年第3回定例会−09月11日-04号

私ごとでございますが、7月31日に第3子、長男が誕生いたしまして(拍手)、ますます議員活動、子育てにと頑張っていきたいなと、心新たにしているところでございます。  本日、通告に従いまして質問させていただきますが、4番目と5番目については次回以降にしたいと思っております。それと1番目と2番目の順番を入れかえて質問をさせていただきます。  

栄町議会 2017-06-15 平成29年第2回定例会(第2日 6月15日)

多分、町長はじめ皆さん長男のかたが多いと思うんですけどね。ここに栄町に来ている人たちというのは、私たちといっても、世代で来ている人たち、新しく来た人はみんな次男、三男が多いんです。だから、みんな長男の墓から追い出された人たちなんです。そういう意味では、何かそういう人たちにやってやれないかなという考えは私はあるんですが、それがものすごく今、私たちの間では話題になっております。

千葉市議会 2017-02-28 平成29年予算審査特別委員会総務分科会 本文 開催日: 2017-02-28

そうしたら、その長男の方が私のところへ来て、うちの母が亡くなって、中島さんとこういう何か約束をしていたそうですねということで、生実町の土地なんです。それも市街化の土地、1,000坪ほど。それを寄附してくれて、今、公園建設課のほうで整備してくれているんですよ。そういうのはどうなんでしょうか。

睦沢町議会 2016-12-09 平成28年第4回定例会1号 12月9日

なぜかと申しますと、どちらか夫婦で40歳未満の方がということ で、居住条件、今回は老人についても受け入れるという方向性を出しておりますが、町内に 住む方についても当然、せがれさんだけではなくて次男坊さんも、長男の方が自宅の敷地内 に新たに作るという場合には全く同じ補助制度を使っております。

富津市議会 2016-06-13 平成28年 6月定例会-06月13日-02号

私、長男が24歳になります。私ごとですがきょうは孫も来ておりますが、こうやって孫がまた富津市で育ってほしいと思ったときに、長男24歳です。小学校6年生のときに12歳、12年ぐらい前になりますね。ちょうど3期、今、市長さまがやられているときと重なるような気がしているのですが、そのとき竹岡小学校が100人を割りました、その小学校にいるときに。

白井市議会 2016-06-09 平成28年第2回定例会(第3号) 本文 開催日: 2016-06-09

平成3年に行為者が死亡して、長男土地相続したという経緯があります。  平成4年ごろです、長男土地相続した相前後したころに、その産廃の上に今の薩摩工業事務所を建てました。その後も、廃棄物関係では町が撤去を指導してくださいとかいうことをずっと上の方に、県の方に上げたりしています。  

八街市議会 2016-06-03 平成28年 6月定例会 第2号 平成28年6月3日

これは、これまで子どもができましたら、その 長男が必ず家を継ぐというようなことが言われてまいりましたけども、最近兄弟みな権利は 同等だということで、必ずしも長男が家を継がないケースも多くなって、別に家を設けて出 ていくというケースもあるというふうに聞いております。これらが複合して、やはりそうい った原因になっているのではないかというふうに考えています。

船橋市議会 2016-03-03 平成28年第1回定例会−03月03日-05号

内容は、認知症の男性が徘徊して、列車にはねられた事故をめぐり、家族が監督義務を怠ったなどとして、妻と長男損害賠償を求めた訴訟上告判決がありました。妻と長男は、監督義務者ではなかったとし、一審、二審の賠償命令を破棄して、請求棄却され、家族側の逆転勝利が確定いたしました。きのうの先番議員の方もおっしゃっておりましたが、私も、この判決に胸をなでおろしました。  

山武市議会 2016-03-01 平成28年第1回定例会(第2日目) 本文 開催日: 2016-03-01

判決の結果、1審の名古屋地裁は、男性の介護にかかわった妻(当時85歳)とその長男に、ほぼ請求どおりの約760万円の損害賠償の支払いを命じました。  2審の名古屋高裁では、1審の判決を変更し、妻のみに夫の監督責任を認め、賠償額を359万円に減額し、支払いを命じました。この判決に多くの関係者は驚き、また、怒りを覚えた人も少なくありません。

八街市議会 2015-12-02 平成27年 12月定例会 第2号 平成27年12月2日

もう本当に25年以上、もっともっと前になりますが、また私事になりますが、長男が多 分ロタウイルスだと思います。1歳半のときにかかりまして下痢と嘔吐でした。とても1歳 半でも体格のいい子だったので、私もついついそのままにしておいたのですが、とうとう歩 けなくなりまして、1歳半でもはいはいをするようになりました。それで、私はこれは危な いなと思って、夜でしたが病院救急で連れていきました。