593件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

長生村議会 2020-03-03 令和2年定例会3月会議(第3日) 本文

ただし、これは主任技術者が今別の工事にかかわっていても、うちの村が行う工事にそれが間に合えばいいですよというようなただし書きがございますので、それ以外が、過去10年間において同種工事、同種工事といいますのは鉄筋コンクリートづくり、鉄骨鉄筋コンクリートづくりまたは鉄骨で、1棟の延べ面積が1,000平方メートル以上の建築物の新築、増築、改築または改修に係る建築工事一式を元請として施工管理実績があるということが

木更津市議会 2019-12-10 令和元年総務常任委員会 本文 2019-12-10

建物は無償譲渡するものでありまして、譲渡する建物の種類は作業所、所在は木更津市潮見2丁目13番地5、13番地6、構造は鉄筋コンクリート造平家建て、延べ床面積は738.95平方メートルでございます。譲渡の相手方は、社会福祉法人佑啓会、理事長、里見吉英で、譲渡する日は令和2年4月1日を予定してございます。  

長生村議会 2019-12-03 令和元年定例会12月会議(第3日) 本文

最初に、交流センターについては鉄筋コンクリートということではなくて、鉄骨づくりということで、この間、聞いておりますので、まず、耐用年数について確認をしておきたいと思います。鉄筋コンクリートの場合と鉄骨づくりの場合と、耐用年数はそれぞれ何年なのかお聞きします。

船橋市議会 2019-11-11 令和 元年11月11日総合計画に関する調査研究特別委員会建設分科会−11月11日-01号

いつもあそこを通るのだが、要するに駅の……本町通りのところは、駅前通りはカバーがかかっていて、きれいに、見えないようになっているが、あそこだけね、周りが全部新しくビルなんか建て替えて、鉄道の橋梁だけがそのまんまの状態にあって、まさに、何というか、鉄筋コンクリート構造物がむき出しなので、あれ、カバーしないと格好悪いよなと思ってるわけである。いつもあそこ通るたびに感じる。

船橋市議会 2019-09-12 令和 元年第2回定例会−09月12日-07号

また、既存鉄筋コンクリート建築物耐震診断基準につきましては、これまでに改訂は行われておりますけれども、これは診断基準の従来の基準・骨格は維持しつつ、診断を行う技術者がより利用しやすいように充実を図った改訂であると認識しております。  以上でございます。      [三橋さぶろう議員登壇] ◆三橋さぶろう 議員  答弁ありがとうございました。  

千葉市議会 2019-09-12 令和元年環境経済委員会 本文 開催日: 2019-09-12

施設構造は鉄骨鉄筋コンクリートづくりで、地下1階地上6階となっており、新耐震基準に適合しております。居室構成は、宿泊室として4人部屋が36室のほか、食堂、トレーニング室などがございます。  (2)の今後の改修概要でございますけれども、令和2年度から6年度までの5カ年において、記載の3項目についての改修などを計画しております。  

茂原市議会 2019-09-11 平成31年 第2号 令和元年9月11日

○1番(飯尾 暁君) その校舎は鉄筋コンクリート3階建て、9教室と聞いています。どの ような形なのかということです。敷地ぎりぎりいっぱいで、ベランダもないようなものができ - 57 - てしまうようなことには、なりませんでしょうか。 ○議長(ますだよしお君) 教育部長 久我健司君。

船橋市議会 2019-09-10 令和 元年第2回定例会−09月10日-05号

一般的に更新の目安としましては、プールサイドが鉄筋コンクリートづくりで60年、鉄骨づくりで40年、プール循環浄化装置で30年となっております。  本市では、人口の急増に伴いまして、昭和40年代から50年代にかけまして、多くの小中学校建設いたしましたことから、各学校に設置されておりますプールにつきましても、校舎と同様に老朽化が進行し、今後順次、大規模な改修が必要になると見込んでおります。

長生村議会 2019-09-03 令和元年定例会9月会議(第3日) 本文

屋根津波浸水などに有効鉄筋コンクリートづくりの平らな屋根にすべきですけれどもどうですか。  駅前整備の問題で、駅前のラウンドアバウト化による改善は安全対策上重要です。地権者、利害関係人の理解、協力を得るために、さまざまな関係者の力を借りて納得のいく条件を示して進めるべきですがどうですか。  

大多喜町議会 2019-07-01 令和元年第1回議会定例会7月会議

こ ちらは、そもそも昭和41年に今の校舎の前の鉄筋コンクリート3階建てのものが建ったと思 います。そちらが、そのときに浄化槽も一緒にできたんですけれども、その平成6年に、こ れは単独浄化槽だったわけです。昭和41年に設置したときです。それを平成6年の大規模改 修時に合併浄化槽にかえた、それが今現在のものになっております。現在までですと、24年 経過していることになります。

佐倉市議会 2019-06-24 令和 元年 6月定例会-06月24日-02号

当時、建築後44年の庁舎も建てかえではなく耐震補強を行い、65年と言われる鉄筋コンクリート建築の耐用年数まで大切に使い続けるという判断は現在の施設長寿命化の流れに沿った非常に合理的で適切な判断であったと思います。  しかしながら、いかんせん建築後50年近くがたっていますので、建物自体の老朽化が進んでおり、残念ながらいまだ雨漏り等が何カ所も見受けられます。

富津市議会 2019-06-12 令和 元年 6月定例会-06月12日-02号

また、具体的には施設の構造ごとに定められました耐用年数、例えば、鉄筋コンクリート造の建物であれば、50年がたった時点で同じ床で建てかえると仮定しまして、現在の床面積施設の用途ごとに定められました1平方メートル当たりの更新単価を乗じることにより、更新費用を機械的に算出しております。  

南房総市議会 2019-06-10 令和元年第2回定例会(第2号) 本文 2019-06-10

あれは鉄筋コンクリートでできてまして、ご答弁だと面積が足りないと。増設するスペースがないというようなことでお答えになっていますけども、果たして、建物は多分耐震とかそういうものは全然問題ないはずなんですね。期間が足らないということもお答えになっていますけども、改修で、例えば、夏休みを活用して設備の改修。建物をつくらないわけですから、中の設備の改修、こういうことができないのかどうか。

横芝光町議会 2019-06-01 令和元年6月定例会

ここは、印旛高校、旧印旛高校、この 移転に伴って廃校になった跡地を払い下げてもらって、市民歴史及び文化に対する理解と 認識を深めるとともに、市民のふるさと意識の醸成と相互理解を図ることを目的に、約500 平米の鉄筋コンクリート、改築して鉄筋コンクリート1階建てにした施設なんですが、この 施設、非常に市の、要するに印西市合併しましたが、市の、要するに、何ていいますかね、 市民の憩いの場にもなるし

佐倉市議会 2019-03-05 平成31年 2月定例会−03月05日-03号

これは地下階だから特別に多いということではなく、通常の中層階の鉄筋コンクリート造の建築と比べ同程度の柱の間隔となっております。書架の配置につきましては、今後詳細設計で決定することとなりますが、書架の間の通路車椅子利用者と歩行者がすれ違える幅を確保いたします。  以上でございます。 ○議長(櫻井道明) 萩原議員。 ◆12番(萩原陽子) では、ベビーカーの利用も考えているということですね。

富津市議会 2019-02-13 平成31年 2月13日全員協議会-02月13日-01号

数千万円かかる鉄筋コンクリートのやつを、地元が壊すんですか。今後この計画が進むに当たっては、壊すときは市が責任を持って壊すとかっていう条項が入ると思いますけどね。例えでいえば、国道が県道に、県道が市道に変更されるときに、その道路というのは上部団体、国が整備をしてお金をかけたものを県に払い下げる、県が整備したものを市に払い下げるというのは、これは必然なんですね。