32件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

佐倉市議会 2000-12-08 平成12年12月定例会-12月08日-03号

戦後のGHQの指導により、1951年(昭和26年)に社会福祉事業法が制定され、同年に全国社会福祉協議会都道府県社会福祉協議が結成され、1955年には全国市町村社会福祉協議会が結成されました。佐倉市でも同年に社会福祉協議会が結成されております。その後地域福祉活動運動体及び国、地方自治体の事業委託先としての性格を社会福祉協議会は強めてきました。

八千代市議会 2000-09-14 09月14日-04号

ちょっと横道にそれますが、成年後見制度に似た制度で、厚生省は、都道府県社会福祉協議に対する権利擁護事業のための補助金を新設し、平成11年10月に地域福祉権利擁護事業をスタートさせております。これは痴呆性高齢者等日常生活における社会的対応が必要な課題が顕在化し、利用者主体となって福祉サービスを受けることが有効に機能するための本人支援をする仕組みを整備する必要から生まれたものなのであります。 

千葉市議会 2000-06-21 平成12年第2回定例会(第7日目) 本文 開催日: 2000-06-21

成年後見制度が,財産管理及び身上監護に関する契約等法律行為全般を行う仕組みであるのに対し,この制度を補完して,福祉サービス利用援助やそれに付随した日常的な金銭管理等援助を行うことを目的とした地域福祉権利擁護事業都道府県社会福祉協議実施主体とし,昨年10月からスタートいたしました。  

千葉市議会 1999-09-17 平成11年第3回定例会(第3日目) 本文 開催日: 1999-09-17

現在,国会では,新たな成年後見制度を創設する民法改正案継続審議とされておりまして,この10月からは成年後見制度を補完します地域福祉権利擁護事業において,都道府県社会福祉協議実施主体としまして,福祉サービス利用援助や日常的な金銭管理等援助を行うこととしております。  

松戸市議会 1999-06-21 06月21日-04号

特に福祉が措置から契約にと大きく変わり、介護保険実施を目前に控え、在宅による日常生活支援事業目的とした地域福祉権利擁護事業国庫補助事業として、全国組織を有する都道府県社会福祉協議実施主体として行われることになりました。千葉県におきましても、県内の基幹的市町村社会福祉協議会に再委託をして行うとしています。 

佐倉市議会 1999-06-18 平成11年 6月定例会-06月18日-05号

この事業実施主体は、都道府県社会福祉協議となることから、千葉県におきまして県社会福祉協議会が本年10月から業務開始に向けて準備を進めているところでございます。実施体制といたしましては、千葉権利擁護センター県全域を管轄をすることになりますが、このセンター事業補完的役割を担う機関として、(仮称)市町村権利擁護センター郡単位で設置することとしております。

木更津市議会 1998-06-01 平成10年6月定例会(第1号) 本文

また、その運営については、国の生活福祉資金貸付制度要綱により、財源負担を国3分の2、県3分の1として、都道府県社会福祉協議主体となりまして、申請書の受付及び調査などを市町村社会福祉協議会が行っているものでございます。  お尋ねの65歳以上の高齢者のいる世帯数でございますが、平成10年1月現在で1万 2,128世帯、うち65歳以上の2人高齢者世帯は 2,044世帯でございます。  

鴨川市議会 1994-09-12 旧鴨川市 平成 6年第 3回定例会−09月12日-03号

学童生徒ボランティア活動普及事業目的についてのお尋ねでございますけれども、これにつきましては、全国社会福祉協議会から示されました実施要綱によりますと、この事業目的は小中学校及び高等学校学童生徒を対象として、社会福祉への理解と関心を高め、社会奉仕社会連帯の精神を養うとともに、学童生徒を通じて家庭及び地域社会の啓発を図ることを目的とするというふうに明示されておりまして、この事業実施主体都道府県社会福祉協議

  • 1
  • 2