120件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

船橋市議会 2020-09-09 令和 2年第3回定例会−09月09日-05号

広域道路ネットワークの出入口となる小室エリアに、新たな産業集積の受皿としての可能性も意識していく必要があるのではないかと考えますが、船橋市の都市計画マスタープラン策定の中で、インターチェンジが立地する本市としては、このエリアをどのように位置づけていくのかお伺いいたします。      [都市計画部長登壇] ◎都市計画部長高橋潤弐) お答えいたします。  

松戸市議会 2020-03-03 03月03日-03号

(3)都市計画マスタープラン策定の進捗について、こちらもスケジュールをお伺いいたします。◇次に、質問事項4.子育て・教育・文化を軸とした都市ブランドつくりについてお伺いします。 (1)少子化対策について。ア.少子化対策の全体像について。イ.本市独自の少子化対策について。ウ.第3子以降の出生に対する支援策について。 (2)子育て支援について。ア.中長期的な保育需要施設供給の見通しについて。

船橋市議会 2019-06-21 令和 元年 6月21日建設委員会−06月21日-01号

都市計画マスタープラン策定骨子の説明は以上である。 ◎都市計画部長 都市マスタープラン立地適正化計画、これ一体的なものなので、引き続き説明させていただいてよろしいか。 ○委員長(三橋さぶろう) よろしいか。      [「はい」と呼ぶ者あり] ○委員長(三橋さぶろう) じゃ、お願いする。 ◎都市計画部長 続いて、船橋市立地適正化計画についてご報告する。また資料のほうをごらんいただきたい。  

松戸市議会 2019-06-14 06月14日-04号

現行の松戸都市計画マスタープラン策定時に比べて、東京外環自動車道が開通するなど、矢切耕地を取り巻く状況は大きく変化してきております。そのような中で、矢切耕地は、都市計画法上は市街化調整区域と定められており、無秩序な開発を防ぐために土地利用が制限されておりますので、より一層耕地全体の方向性を見据えながら、ふさわしい土地利用を検討していく必要があると考えております。 

船橋市議会 2019-03-13 平成31年 3月13日予算決算委員会建設分科会−03月13日-01号

具体的に言うと、例えば馬込町なんかで新しくできた戸建ての連担があるが、公共交通が不足しているという形になるので、今は若い世代中心に入っているとはいえ、一部高齢者世帯もいるし、車を乗らなくなったときに、そこの立地の方々は、いわゆる新しい交通不便地区になり得るんじゃないかと思うので、まず都市計画マスタープラン策定費の中で、このようなところについて、どのような位置づけで今後検討されていこうとしているのか。

富里市議会 2018-09-04 09月04日-02号

現状と今後につきましては、現在、都市計画マスタープラン策定委員会において、全体構想とこれまでの懇談会内容を精査いたしまして、まちづくりの実現に向けての案を作成したところでございます。 今後は、有識者懇談会の意見を伺いながら、次期都市計画マスタープランの素案の作成を進めてまいります。 以上でございます。 ○議長櫻井優好君) 岡野耕平君。

松戸市議会 2018-09-03 09月03日-02号

新しい都市計画マスタープラン策定に向けて、今年度から計画を進めていくとお聞きしています。松戸総合計画では「住んでよいまち・訪ねてよいまち まつど」を掲げてきました。それを受けて都市計画マスタープランでは、どのようなまちづくりを行ってきたのでしょうか。 私たちが住んでよいまちとしては、便利さや快適さとともに、水辺や緑地などの自然環境まちの中にバランスよく配置されていることが望ましいと思います。

流山市議会 2018-06-15 06月15日-05号

都市計画マスタープラン策定時にかかわった方も当初の思いがきちんと達成されているのかどうかも含めて検証した上で、総合計画とずれている、例えば地域の分け方なども整合性をとって、実情に合った内容で改訂していただきたいと要望します。  次に、(2)についての再質問をしたいと思います。  資料1をごらんください。都市計画道路は現在37路線あるとホームページに掲載されています。

船橋市議会 2018-03-02 平成30年第1回定例会−03月02日-05号

新年度におきましても、子供の貧困対策実態調査都市計画マスタープラン策定のための調査行財政改革推進に関するアンケート総合計画策定アンケートなど、重要な調査が予定されていますので、ぜひ綿密・適切な調査設計と高度な分析を行い、政策判断に役立てていただきたいというふうに思います。  

袖ケ浦市議会 2018-02-23 02月23日-01号

第2表、継続費でございますが、上から固定資産評価替え土地評価資料作成委託事業については3カ年の継続事業として、その下、袖ケ浦道路網整備計画策定事業については2カ年の継続事業として、その下、都市計画マスタープラン策定事業について2カ年の継続事業として、それぞれ継続費を設定しようとするものでございます。 次に、12ページをごらんください。

袖ケ浦市議会 2017-12-05 12月05日-02号

しかしながら、議員御指摘のように計画的に進める開発ではないことから、特に道路網周辺土地利用等、将来に向けて課題が残ることも考えられますので、次期都市計画マスタープラン策定の中で市街化区域縁辺部開発についても課題と捉えまして、解決に向けた方策について計画に盛り込んでまいりたいというふうに考えております。 以上でございます。 ○副議長榎本雅司君) 13番、前田美智江君。

成田市議会 2016-12-06 12月06日-02号

そこで、都市計画マスタープラン策定考え方計画の進め方について4点質問を行います。 その質問の1点目は、都市計画マスタープラン策定の中で、空港周辺産業集積医療産業集積の市の考え方を伺います。 その質問の2点目は、都市計画マスタープラン策定の中で、医療学園都市構想による大学大学病院周辺整備の市の考え方を伺います。 

流山市議会 2016-02-23 02月23日-02号

続きまして、イの提案調整会議の仕組みについてですが、都市計画マスタープラン第5編第2章に、(仮称)提案調整会議行政職員とともに、パートナーシップ協定を結んだまちづくり市民団体から選出された委員で構成されることと記載されていますが、残念ながら都市計画マスタープラン策定以降パートナーシップ協定の対象となるまちづくり市民団体が設立されないまま現在に至っており、この提案調整会議は設置されておりません。  

香取市議会 2015-09-18 09月18日-05号

都市計画総務一般事務費として、都市計画マスタープラン策定費として2,524万3,464円が支出されています。山田区、栗源区の多くの住民都市計画区域指定反対の運動を続けています。住民思いをくんだ行政執行を強く求めるとともに、都市計画区域指定事業は直ちに中止すべきであります。 小見川総合病院運営負担金として2億8,982万円が支出されています。

木更津市議会 2015-09-01 平成27年9月定例会(第4号) 本文

次に、都市計画マスタープラン策定の効果でございますが、都市計画マスタープランは、都市計画法の規定により県が策定する、都市計画区域整備開発及び保全方針や市の基本構想に即して定めることとされており、西暦2030年、平成42年を目標年次とし、本市の都市計画の基本的な方針を示すものであり、土地利用都市施設整備などの指針となるものです。