17792件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

富津市議会 2021-03-23 令和 3年 3月定例会−03月23日-05号

初めに、市長から追加議案1件の提出があり、これを受理したので報告します。受理しました議案につきましては、本日の日程第4としてありますので、御了承願います。  次に、発議案2件の提出があり、これを受理したので報告します。受理しました発議案については、本日の日程第5としてありますので、御了承願います。  

富津市議会 2021-03-23 令和 3年 3月23日全員協議会-03月23日-01号

まず、1の改定趣旨についてですが、今回の改定は、第2期総合戦略に掲げる施策を推進するに当たり、2021年度における新規事業で、当該施策の推進に資するものを追加するというのが趣旨でございます。その中で、市の独自施策、また、取組に対する目標が設定できるものを今回追加をしております。  次に、2の改定内容についてですが、今回、4つの事業新規追加しています。

四街道市議会 2021-03-19 03月19日-06号

市長から議案追加が1件送付され、お手元に配付してあります。  次に、発議案3件が提出され、お手元に配付してあります。  次に、各常任委員会委員長議会運営委員会委員長及び予算審査特別委員会委員長から委員会審査報告書提出され、お手元に配付してあります。  次に、監査委員から令和2年度監査報告書第1回が提出され、お手元に配付してあります。                       

富津市議会 2021-03-16 令和 3年度予算審査特別委員会−03月16日-02号

あと、すみません、ちょっと追加で、答えられたら教えてください。これ、最初から折半でしたっけ。解体費。 ○委員長佐久間勇君) 介護福祉課長池田剛和君。 ◎介護福祉課長池田剛和君) お答えいたします。  こちらの負担割合は、均等割30%、人口割70%という設定でやっておりまして、富津市の総合事業負担割合は16.7%となっております。 ○委員長佐久間勇君) 委員外議員千倉淳子君。

栄町議会 2021-03-12 令和 3年第1回定例会(第4日 3月12日)

従来、その対象税目は、市町村民税法人税割、それから利子割交付金、そして、法人事業税交付金ということの対象でありましたけれども、このたび、新型コロナウイルス感染症影響で通常を上回る減収が生じるという、特に消費や流通に関わる税目を新たに今年度、令和2年度に限って、特例として対象税目追加されたということでございます。  

栄町議会 2021-03-11 令和 3年第1回定例会(第3日 3月11日)

そこで、感染者情報公表項目追加、改善に至るまでの経緯についてだけはお聞きします。  2点目のワクチン接種については、これも新聞報道や、先ほどの野田議員の質疑でも取り交わされたように、住民の知りたい情報ケース・バイ・ケースで多岐にわたり、事細やかに住民の一人一人に伝え、理解してもらう必要があります。この住民への伝達の徹底のためには、どのような方法を考えられているか、お聞きします。  

富津市議会 2021-03-10 令和 3年 3月10日教育福祉常任委員会−03月10日-01号

下から3行の改正部分では、改正後の第11条で、65歳以上の公的年金等控除最低額である110万円が明記されたため、15万円を加算した125万円に読み替える規定追加したものでございます。  恐れ入りますが、議案等つづりの16ページをお開きください。  附則第1項の施行期日でございますが、公布の日から施行するものでございます。  

野田市議会 2021-03-10 03月10日-04号

また、近年の気象変動による水害対策では、これまでの河川管理者が行う治水対策だけでは限界があるため、流域全体の市町村が協働して対策を実施する、いわゆる流域治水への転換が求められる中、今回くり堀川への大幅な追加補正が認められたことも大きな成果だと考えております。  以上です。 ◆木村欽一議員 市長、詳細な御答弁ありがとうございました。  1点目の施設整備のところでお聞きしたいことがあります。

柏市議会 2021-03-09 03月09日-05号

全体的に追加排出削減が求められます。特に排出量の多い業務部門家庭部門産業部門での大幅な追加削減が必要です。どのように改定するのか、お示しください。昨年度計画策定したばかりで、最善を尽くしたはずの計画ですが、計画変更が求められています。昨年度の最善とは一体何だったのかという指摘がされようとも速やかに計画変更すべきです。計画変更は、遅れれば遅れるほど後年度の削減が厳しくなります。

四街道市議会 2021-03-08 03月08日-05号

今年度行っております深度調査地下水モニタリング調査地下水モニタリング調査はまだ全部、四季を通じてやりますので、秋口、冬口ぐらいまでしかデータがなかったわけでございますけれども、そのデータを秋から冬口、直近では昨年の12月24日に県のほうに報告というか、報告がてらご相談に行きましたところ、データ等を見て、埋め土層内に宙水があるのではないかということを言われまして、その結果の技術的助言として、新たに追加