2963件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

船橋市議会 2019-03-20 平成31年 3月20日予算決算委員会全体会−03月20日-01号

その中で、行財政改革への取り組みとして、財政調整基金繰り入れ額の確保や市債発行の抑制、普通建設費の昨年並みの調整に取り組みながら行われた予算編成には一定の評価をするものであるが、歳出予算における土木費、消防費、商工費、農林水産費の抑制は、船橋の交通環境の改善や防災対策に対する環境の整備、また、本市が誇る商業等の活性につながる事業実施の停滞などにつながらないよう、限られた財源の中でも積極的かつきめ細

東庄町議会 2019-03-01 平成31年3月定例会 議事日程第2号

次に、5款・農林水産費、1項3目・農業費、農業振興費の19節・農産産地 支援事業補助金373万4,000円。農業機械の購入の補助金となり、全額県補 助金となります。 次に、9款・教育費、4項1目・幼稚園費の7節・臨時職員賃金マイナス240 万円、幼稚園の臨時職員の減により減額補正するものとなります。

睦沢町議会 2019-03-01 平成31年第1回定例会会議録 3月1日

農林水産費国庫補助金は、国の配分により追加いたしました。 16款財産収入については、基金利子を実績見込みにより計上いたしました。 17款寄附金については、主にふるさと納税に関して、総務省の制度見直しの影響や実績か ら減額いたしました。 18款繰入金については、歳出の決算見込みから加減いたしました。

大多喜町議会 2019-03-01 平成31年第1回議会定例会3月会議

款5農林水産費、項1農業費、目3農業振興費107万1,000円の減額補正、目5農地費87 万9,000円の減額補正は、事業実績及び実績の見込みによる増減でございます。 項2林業費、目4都市農村交流施設運営費93万6,000円の減額補正は、たけゆらの里で使 用するイノシシ解体時に必要な金属探知機購入の実績による減額でございます。

横芝光町議会 2019-03-01 平成31年3月定例会

歳出でございますが、5款農林水産費の1項3目農業振興費282万4,000円は、被災農業 者向け経営体育成支援事業として、平成30年台風24号で被災した農家5軒、パイプハウス7 棟の再建や修繕に対する補助金282万4,000円を交付し、早期に農業生産の再開を図るべく計 上したものでございます。

南房総市議会 2019-02-22 平成31年第1回定例会(第1号) 本文 2019-02-22

農林水産の振興では、有害鳥獣被害対策事業、農業振興法人に対する支援、収益向上型輪採漁場整備促進事業、あわび稚貝放流及び増産総合対策事業などを継続実施してまいります。  観光業の振興では、温泉組合が実施する配湯施設建設工事等に対する温泉郷活性化事業補助金のほか、地域おこし協力隊による自然体験活動推進事業や観光地域づくりプラットフォーム整備事業を推進してまいります。  

船橋市議会 2019-02-19 平成31年第1回定例会−02月19日-02号

議案第11号平成30年度船橋市一般会計補正予算につきましては、総務費、民生費、衛生費、農林水産費、土木費、教育費の歳入歳出予算を補正するほか、継続費、繰越明許費及び地方債を補正するものでございます。  その主な内容といたしまして、まず、総務費につきましては、国庫負担金等の受け入れ超過額を返還するため、所要の経費を補正するものでございます。  

長柄町議会 2019-02-15 平成31年 第1回定例会 2月15日MB

農林水産の農林水産省も850万人 になりましたと。過疎地帯も含めて、これだけの人たちが買い物難民でいるということです。 ですから、特に65歳以上の人は380万人いるわけです。 この中で皆さん免許は返します。バスがありません。自分の要するに停留所まで行くには なかなか大変です。こういった問題もバス検討委員会じゃなくて、交通対策として検討して 欲しいということです。

南房総市議会 2018-12-20 平成30年第4回定例会(第4号) 本文 2018-12-20

5款農林水産費、1項農業費、3目農業振興費の被災農業者向け経営体育成支援事業補正額831万3,000円の追加で、当該事業は、平成30年台風24号により被災した農業者に対し、農産物の生産、加工に必要な施設の復旧及び施設の撤去を緊急的に支援し、被災農業者の農業経営を維持しようとするものです。  

白井市議会 2018-12-17 平成30年第4回定例会(第6号) 本文 開催日: 2018-12-17

主な質疑を要約して申し上げますと、まず、農林水産費県補助金に関して、「輝け!ちばの園芸」次世代産地整備支援事業補助金の金額が増額となりましたが、予算のときに比べ希望する方が増えたということですか。という質疑に対して、予算のときに比べ認定農業者等整備型を申し込む方が1名増えたことから発生しているものですとの答弁がありました。  

栄町議会 2018-12-14 平成30年第4回定例会(第3日12月14日)

〔「なし」の声あり〕 ○議長(大野 博君) 19ページから20ページ、5款農林水産費について。戸田君。 ○12番(戸田栄子君) 20ページの農林水産費、農業振興費、これ3,777万円で、これ金額、負担金が大変多いのでね。ただ、事業としては、負担金や補助金の交付金ですが、金額が多いので、少し内容を膨らませて教えてください。 ○議長(大野 博君) 奥野産業課長。

習志野市議会 2018-12-13 習志野市議会 会議録 平成30年 12月 一般会計予算特別委員会-12月13日−01号

4目農林水産費県補助金、1節農業費補助金は、千葉県の単独事業補助金を財源とする新「輝け!ちばの園芸」産地整備支援事業において、県の追加募集が実施されたため、平成31年度予定事業を前倒しで行うことから増額となる県補助金であります。  次のページをお開きください。17款1項1目繰入金は補正額270万円を追加し、補正後の額を36億3,767万3,000円、構成比5.9%にしようとするものであります。

木更津市議会 2018-12-13 平成30年建設経済常任委員会 本文 2018-12-13

30款農林水産費、5項農業費、15目農業振興費の説明欄1、新規需要米拡大事業費46万6,000円につきましては、主食用飼料用米の作付面積の減少、単価の引き下げにより、減額となっておりますが、新たに飼料用専用品種の生産拡大と、5ヘクタール以上のまとまった農地での生産が進み、全体で予算が不足したことから、稲作農業者に対する飼料用米等拡大支援事業補助金の増額補正をするものでございます。  

富津市議会 2018-12-12 平成30年12月12日総務産業常任委員会−12月12日-01号

6款農林水産費、3項水産業費、2目水産業振興費、水産振興事業の19節負担金補助及び交付金ですが、塩害及び老朽化により使用不能となった大佐和漁業協同組合の乾ノリ製造施設海水取水ポンプ改修工事に特認事業補助金48万円を計上するものでございます。  次に33ページをごらんください。  

野田市議会 2018-12-11 平成30年 12月 定例会(第6回)-12月11日−02号

農林水産費には大規模な農地集積・集約化の申し出に伴う地域農政推進事業費を増額計上し、土木費には県事業の進捗に伴う都市計画道路整備事業負担金等を増額計上しております。   歳入の主なものとしましては、決算見込みに基づく市税の増額のほか、滞納繰り越し分の徴収率向上に伴い諸収入の諸税滞納延滞金を増額計上しております。

睦沢町議会 2018-12-06 平成30年第4回定例会会議録 12月6日

1人当たりの療養費が年々増加をしていることが ありますが、特に国保加入の世帯での職業構成と平均所得が、以前は農林水産と自営業が 多数でしたが、現在では、年金生活者などの無職と非正規労働者など被用者が全国的には8 割を占めると言われるほど、所得の減少が進んだことにあります。

流山市議会 2018-12-06 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月06日−04号

その当時の構成は7割が農林水産と自営業者でしたが、今では43%が無職、34%が非正規雇用などの被用者で、合わせて8割近くになっており、財政力が低い者同士で支え合わなければならない制度となっています。また、加入者の高齢化、疾病の重症化が進むことに加え、国民健康保険にしかない均等割、平等割という保険料算定があります。

茂原市議会 2018-12-06 平成30年会議録 第3号 平成30年12月6日

○企画財政部長(鶴岡一宏君) 予算を組む段階では、歳入は、充当するものは確定しており ますので、あくまでも歳入にあって歳出が遅れるということではなくて、工事等を執行するに 当たりまして、例えば農林水産費であれば秋の収穫が終わってから、ため池ですとか農道等 の工事は、どうしても上半期にはなかなか執行できないような状況もございますし、土木工事 関係につきましては、入札にかかわります日数ですとか

習志野市議会 2018-12-05 習志野市議会 会議録 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月05日−05号

国保加入者の構成は、かつては7割が農林水産と自営業でした。今では43%が無職、34%が非正規雇用などの被用者で、合わせて8割近くになっています。そして、国保に対する国の責任後退と国保加入者の貧困化、高齢化、重症化が進む中で、保険料の高騰がとまらなくなりました。