6790件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

船橋市議会 2019-10-09 令和 元年10月 9日健康福祉委員会-10月09日-01号

住民等からの通告を受け、一般の子育て支援サービス等の身近な各種の資源を活用することで対応可能と判断されるケース、言いかえると、比較的軽微なケースは市が中心となって対応する。  なお、市には一時保護する権限等がないので、緊急性が高い場合や高い専門性が必要な場合には児童相談所にケースを送致するなどの連携を行うことになる。  次に、②県の役割は、市町村の対応について、技術的援助や助言を行う。

船橋市議会 2019-09-30 令和 元年 9月30日予算決算委員会全体会−09月30日-01号

環境部長登壇] ◎環境部長 市民の方の意見の1つには電話等によって、あるいは市民の声を通じて──それと今年度に入っても15回ほど市民説明会については、町会自治会、あるいはほかの団体の方からの要請によってごみの現状及び資源化の市民説明会ということで開催している。  

佐倉市議会 2019-09-25 令和 元年 8月定例会−09月25日-06号

最後に、今議会では、来月の消費税率の引き上げによる財源を活用し、子育て世代子供たちに大胆に政策資源を投入する幼児教育保育の無償化に関する補正予算条例を改正する議案が多数提出されました。20代や30代の若い世代が理想の子供数を持たない理由は、子育て教育にお金がかかり過ぎるからが最大の理由となっており、幼児教育の無償化を初めとする負担軽減措置を講じることは重要な少子化対策の一つです。  

船橋市議会 2019-09-20 令和 元年 9月20日予算決算委員会市民環境経済分科会-09月20日-01号

続いて、あわせて資源循環課のほうの136ページの西浦処理場し尿処理費、こちらについてご説明させていただく。  西浦処理場のほうでは、くみ取り便槽及び浄化槽汚泥の処理等をしているが、施設のほうで使用する電気、こちらについて電力供給会社平成30年度については変更に伴い単価が下がり、約300万円の減額が生じた。

船橋市議会 2019-09-20 令和 元年 9月20日市民環境経済委員会-09月20日-01号

主な内容としては、PTA、町会自治会子供会等が実施する有価物回収事業及び資源ごみ回収事業に対し協力金を交付するものである。  協力金の額としては、有価物、資源ごみともに回収重量1キログラム当たり3円となっている。  支給回数は、それぞれ年2回。4月から9月までの上半期分を11月ごろ、10月から3月までの下半期分を5月ごろに交付している。  

船橋市議会 2019-09-19 令和 元年 9月19日予算決算委員会総務分科会−09月19日-01号

防災推進費だが、やはりコミュニティー防災の担い手として挙げられていくのは、本当に団体としての自主防災組織と人的資源としての防災リーダーなどがあると思う。この基本計画においても、災害対応の目指すべき姿として、地域での相互協力体制の充実が図られることによって災害に対して備えのある安全で安心な暮らしが確保されている状態とされているところでもある。  

船橋市議会 2019-09-13 令和 元年第2回定例会−09月13日-08号

全国的にも今後高齢化が進み、医療需要がふえ、医師などの医療資源の不足が課題となっております。本市におきましても同様な状況が見られ、このような状況に対応するためには、軽症及び中等症の患者は、主に地域医療機関が担い、重症患者は三次救急を担う医療センターができる限り受け入れるという医療機関の機能分化及び相互連携が必要不可欠であると考えております。  

船橋市議会 2019-09-12 令和 元年第2回定例会−09月12日-07号

船橋市には多くの地域資源がありますが、それらは船橋市に何代にもわたり住み続けている住民や地域代表者たちの手によって今何とか守られています。  しかし、市内バス交通網は各地域資源へのアクセスと考えていないので、ふるさと意識、郷土愛が脆弱となるつくりであったと言えます。その結果、地元への意識や関心が薄い地域性ができ上がってしまった。

茂原市議会 2019-09-11 平成31年 第2号 令和元年9月11日

この道が開通しますと、茂原市最大の観 光資源でもある茂原七夕まつりが進化します。理由は、現在の交通規制では、迂回路がないと、 通行どめができないんです。まつりの行動範囲は現在に至りますが、開通しますと、駅の東側、 南側道路を大々的に通行どめができ、にぎやかになることは間違いないです。何より、茂原市 のまちづくりに大きな影響をもたらすことのある道路です。

白井市議会 2019-09-11 令和元年第3回定例会(第5号) 本文 開催日: 2019-09-11

本市の地域特性としましては、しろいの梨が当然有名ですが、地元の農業商業工業における各事業所、各商店街や店舗など、地域全体を活性化させることとして、新たな地域資源の発掘や加工品などの創出が必要であるとは考えております。  行政主体となるにはもう限界でありますが、全国の各地域では御当地グルメやB級グルメの開発、創出により地域おこしを実施している地域が各地区にございます。  

船橋市議会 2019-09-11 令和 元年第2回定例会−09月11日-06号

電子化というときに、やっぱり役所内部の事務処理の話っていうのもあるんではないかと思っておりまして、これ、国も全然人のことを言えないんですけれども、やっぱり役所の仕事とかを見てますと、そこにこの貴重な人的資源を振り分けるのかねっていうような仕事に人が従事してるっていうことがあるような気がします。  

白井市議会 2019-09-10 令和元年第3回定例会(第4号) 本文 開催日: 2019-09-10

景観法を活用するためには、県との協議を経て、景観行政団体に移行した後に、市街地景観や田園景観歴史的・文化的重要建造物などの白井市の景観特性を生かした景観資源の調査や、これらを保全・育成するための課題の整理のほか、景観地区の範囲や、届出対象行為として建築物の形態、色彩、意匠などの制限に関する事項を検討した上で、景観条例を策定していかなければならないなど、相当の期間が必要であり、また、応分の費用や人事配置

船橋市議会 2019-09-10 令和 元年第2回定例会−09月10日-05号

当市では、廃棄物の減量、資源化及び適正処理に関する条例があり、「土地若しくは建築物の所有者又は占有者等は、当該土地又は建築物を生活環境の保全上支障が生じ、又は生ずるおそれがある状態にしてはならない」との規定があり、これに従わない場合は、「期限を定めて、必要な改善その他必要な措置を講ずるよう勧告することができる」と定められていますが、土地もしくは建築物の所有者または占有者が、状況を把握する能力を欠いていて

船橋市議会 2019-09-09 令和 元年第2回定例会−09月09日-04号

使用済み紙おむつの再資源化をすることの3つのメリットとして、焼却ごみの処理量の削減ができ、処理の長期安定化とその費用の軽減が図れる。紙おむつの資源循環により、少子高齢化社会適応した地域社会が形成できる。紙おむつエネルギー地産地消により資源循環型地域社会が形成できる、が挙げられます。  

白井市議会 2019-09-06 令和元年第3回定例会(第3号) 本文 開催日: 2019-09-06

また、ごみの中には多くの資源物が含まれており、分別の徹底などによる再資源化の推進が求められています。  このようなことから、さらなる減量化、資源化を推進するため、これまで市が取り組んできた取り組みに加えて、家庭系ごみの有料化を考えており、現在白井市廃棄物減量等推進審議会に諮問し、審議をお願いしているところです。  

船橋市議会 2019-09-06 令和 元年第2回定例会−09月06日-03号

そして、社会保障にも入れてあげなきゃいけないというところで、小さな企業は、小売店などは従業員を支えるための資源が足りないと。自分たちも必死に営んでいるのに、なかなか従業員まで手だてができない。国としてどういうふうに考えているのかということを以前、お話しいただいたことがありました。具体的に中小企業の支援強化とは何が求められるかとお考えでしょうか、お伺いします。      

船橋市議会 2019-09-06 令和 元年 9月 6日予算決算委員会全体会−09月06日-01号

こうした中で、限られた経営資源有効活用し、事業の効果検証や見直しを行う必要があることから、現在、行財政改革の取り組みを推進しているところである。今後、行財政改革を着実に推進し、行政運営の効率化と財政の健全化を図り、必要とされる市民サービスの維持・向上を目指すことを要望するという意見を付している。  以上が総括意見である。  

佐倉市議会 2019-09-05 令和 元年 8月定例会-09月05日-05号

現在佐倉市には、町内会自治会子供会など204団体資源回収団体がございます。資源回収事業は、市内から排出される新聞雑誌、段ボールなどの資源有効活用し、ごみの総量を減量化するために、佐倉市に登録して資源回収を行っている資源回収団体に対して、キロ当たり3円の資源回収協力報償金を支出しております。

佐倉市議会 2019-09-04 令和 元年 8月定例会−09月04日-04号

小規模特認校につきましては、弥富小学校の複式学級を解消するため、市内全域から児童を受け入れ、少人数によるきめ細かい指導地域人材地域資源を生かした特色ある教育活動を推進し、子供たちに確かな学力と豊かな心を育てることを目的として現在取り組んでいるところであります。今年度弥富小学校には学区外から15名の児童が在籍し、これは全体の約3割になると思います。学校の活性化にも大きな役割を果たしております。