1273件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

習志野市議会 2021-03-23 03月23日-07号

また、長年交流がない方や70歳以上の高齢者であるなど、個別の理由から援助が期待できないと判断できる方につきましては、調査対象から除外しております。これらの取組については法令及び国の通知に基づいて適正に実施しているものであります。 続きまして、(2)対象者との関わりについて、お答えいたします。 

野田市議会 2021-03-09 03月09日-03号

調査につきましては、調査対象区域内地権者88名のうち70名の方から回答をいただきました。79.5%と、多くの回答をいただきました。  本事業への賛否については、事業実施賛同するが30.0%、土地を売却できること、売却または貸付けの価格税控除などの適用等条件としてつけての賛同が65.7%、賛同しないが2.9%、無記入が1.4%であり、条件つきも含めた賛同回答が95.7%となりました。

船橋市議会 2021-01-13 令和 3年 1月13日健康福祉委員会-01月13日-01号

今言ったものを短い言葉で言い、調査対象は、α調査は無作為、β調査は子供がいる世帯γ調査全国47万世帯に住む15歳以上の100万人、国勢調査5,500地区、この調査票のうち30万世帯というような全国規模調査なので、こういった数字にはなっているが、これが調査対象になっている。  問題はダブルケアの概念、α調査小学校以下の子プラス家族の介護・介助、同別居は問わない。

習志野市議会 2020-12-22 12月22日-09号

また、NHKが毎年度実施しているテレビ等受信機設置状況調査において、放送受信料免除分調査対象外とされておりましたが、令和2年度分から調査対象とするとともに、令和3年度分から、調査票放送受信契約書放送受信料免除申請書を兼ねることとなったとのことであります。 今後は、調査票を毎年度提出することで放送受信契約を締結し、または既に締結されている放送受信契約の変更を行ってまいります。 

栄町議会 2020-12-09 令和 2年第4回定例会(第2日12月 9日)

空家等対策計画策定に当たり、町全域調査対象として現地調査を行い、建物の外観、敷地の状況電気メーターの稼働などを確認し、空き家と思われる建物を抽出しています。  次に、抽出した空き家と思われる建物所有者に対し通知を行い、空き家であることの確認を行っていますので、町全域空家情報を把握しています。  

四街道市議会 2020-12-09 12月09日-05号

そのケアラー自身の心身の状態、生活の状態、社会とのつながりなどの調査項目拡大とともに、調査対象拡大が必要ではないかと考えております。より広範な市民対象実態把握をする必要があると考えておりますが、いかがでしょうか。 ○森本次郎議長 福祉サービス部長齋藤千裕さん。 ◎福祉サービス部長齋藤千裕) お答え申し上げます。  

千葉市議会 2020-09-29 令和2年第3回定例会(第6日目) 本文 開催日: 2020-09-29

178 ◯18番(松井佳代子君) コアジサシ生息実態調査業務内容ですが、1つに、定点観測調査として、調査対象地域においてコアジサシ生息及び繁殖の有無を確認し、市内のコアジサシ生息数繁殖数調査すること。2つに、暫定繁殖地モニタリングとして、営巣が確認された地点において繁殖状況モニタリングを継続して実施することとされています。  

習志野市議会 2020-09-29 09月29日-08号

次に、土地に係る価格といたしましては、公示価格及び千葉県の基準地価については、当該土地調査対象ではなく、また、近隣において参考となる同じ商業地域調査対象土地がありませんことから分かりません。 令和2年度の相続路線価につきましては、1平方当たり43万円、固定資産税評価額につきましては、基準日令和2年1月1日におきまして民有地であることからお答えできません。 

船橋市議会 2020-09-24 令和 2年 9月24日文教委員会−09月24日-01号

なお、塚田南小学校隣接地には新築マンションが建設され、9月から入居開始、その後も今年度末に賃貸マンション入居開始とのことなので、この調査対象の人数にこれから転入してくる児童数が加わることとなる。  その上で、塚田南小学校の開校時の児童数は800人程度となる見込みである。学級数は25〜27学級になると想定され、教室数に余裕が生じる見込みとなった。  ここで、資料3をご覧いただきたい。

習志野市議会 2020-09-23 09月23日-04号

東京湾内におきましても、平成30年度に環境省が国内10地点海洋ごみ調査を行い、令和2年3月に公表した結果によりますと、調査対象地点であります千葉県の富津におきまして、漂着ごみの9割が人工物、いわゆる人の手で製造したものであり、そのうちの8割がペットボトルやボトルのキャップ、ストローなどのプラスチックごみでありました。