155件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

船橋市議会 2018-11-26 平成30年第4回定例会−11月26日-02号

4点目、法第10条の許可で付することができる必要な条件についてでございますが、過去の行政実例などによりますと、例えば墓地等の造成工事完成時期に期限を付したり、計画的に永代使用料を原資とする管理基金を造成することなどが考えられるとされておりますが、一律の基準を満たしただけでは、十分に経営の適正化や周辺環境との調和、公衆衛生その他公共の福祉が果たせない場合において、個々の事例に応じて必要な措置の実施を附帯

船橋市議会 2018-10-04 平成30年10月 4日会派代表者会議-10月04日-01号

よって、交際費とは何かということは、法律ではなく、行政実例などの解釈に委ねられている現状がある。  国の行政実例によれば、交際費とは、一般的には対外的に活動する地方公共団体の長、その他の執行機関等、この中には議会も含んでいるという解釈だが、その行政執行のために必要な外部との交際上必要とする経費で、交際費の予算科目から支出される経費であると定義がされている。  

千葉市議会 2018-09-06 平成30年第3回定例会(第1日目) 本文 開催日: 2018-09-06

また、各選挙区別定数の具体的な算出方法については、行政事務の解釈指針である行政実例に基づき検討してきたこれまでの経緯がございます。  平成27年に実施した最新の国勢調査結果をもとに検証しますと、先ほど述べられた提案理由のとおり、二つの選挙区において偏りが生じていることは明らかであります。

白井市議会 2017-10-25 平成29年第2回臨時会(第1号) 本文 開催日: 2017-10-25

議会が否決しているんですから、そういう政治的な二元代表のもとで、行政はその補助金を支出してはいけないというのが普通の考え方なんだけれども、当時、昭和24年ごろでしたか、古い行政実例というのがあって、専決処分をした場合の政治的効果は別に失われないという規定があったものだから、そういうことに基づいて、当時の公務員諸君も市長に進言をして、市長はそのように政治行為をしたと。

茂原市議会 2017-03-03 平成29年会議録 第4号 平成29年3月3日

○教育部次長(豊田 実君) 市議会が審議会等の委員に就任することは、行政実例では違法 ではないが適当でないとされております。また、全国市議会議長会の研究会報告書では、立法 機関と執行機関との機関対立型をとる民主的な地方制度の趣旨に反する、このことは執行機関 による議員の事実上の取り込みが行われていることを意味するものであり、適当とは言えない とされております。

大多喜町議会 2017-03-01 平成29年第1回議会定例会3月会議

○総務課長(加曽利英男君) 三六協定、労働基準法の36条の協定だと思いますけれども、い わゆる一般行政職につきましては、労働基準法の36条は適用除外というふうには、明確には 書いてございませんけれども、いろいろ行政実例、そういうものを見ますと、一般職といい ますか事務職については、36条は適用除外という解釈をされております。

大網白里市議会 2016-06-09 平成28年  第2回定例会-06月09日−02号

◆黒須俊隆議員 そんなものじゃ、この地方自治法の179条第1項の3には該当しないということは、行政実例等にも書いてあるでしょう。前回、質問で、市長がいなかったから、副市長に試しに聞いてみたら、知らないと言っていたんですけれども、何が知らないかと言ったら、その179条の1項の3、これ平成18年に改正されているんですよね。  市長、どんなふうに改正されたか、お答えいただきたいと思います。  

八千代市議会 2015-12-22 平成27年 12月 定例会(第4回)-12月22日−06号

また、地方自治法第232条の2で、公益上必要がある場合においては、寄附または補助をすることができるとしていますが、行政実例では、公益性を認定するのは市長及び議会としているという重要な点も指摘しておきます。  そういう意味で、さまざまな問題があり、かつ議会で今回の補助金の公益性を審議、議決していないのにもかかわらず、一方的に募集要項にうたい、公募を行おうとしているわけであります。  

船橋市議会 2015-12-01 平成27年第4回定例会−12月01日-06号

最後に、逐条解説でございますが、これは条文ごとの意義、要件、効果等につきまして解説を付したものでありまして、また、必要に応じ、関連する条文、判例、行政実例、参考文献等が示され、条文の理解を深めるものであるという認識でございます。  したがいまして、いずれも法規・法令には該当しないと、このように考えております。  以上です。      

四街道市議会 2015-11-18 平成27年  議会運営委員会-11月18日−17号

第65条、発言の取り消しまたは訂正の3につきましては、掲載内容を昭和38年4月11日の行政実例に差しかえます。別紙2、20ページ左側の3の下線部分でございます。   続きまして、第138条、改正後は第145条でございますが、これの陳情書の処理の1につきましては、平成27年2月12日適用の「陳情の取扱いについて」に変更いたします。

四街道市議会 2015-09-25 平成27年  議会運営委員会-09月25日−15号

第65条の発言の取り消しまたは訂正の部分の運用3につきましては、資料のほうに記載の昭和38年4月11日の行政実例に差しかえをいたします。   続きまして、提要の58ページをごらんください。第138条、陳情書の処理につきましては、平成27年2月12日から適用しています陳情の取り扱いについてに変更いたします。運用1の部分でございます。   済みません。戻りまして、37ページをごらんください。

船橋市議会 2015-09-14 平成27年 9月14日市民環境経済委員会-09月14日-01号

◎総務課長 あくまでも自治法の解釈上のことだが、行政実例で、議会の承認が得られなかったとしても、当該処分の効力そのものには影響がないというような行政実例が出ている。  理由としては、議会の承認がないため、その処分が無効になれば、既に行われた処分に関係する者の利益を害し、行政の安定を損ないかねないと。当該処分の目的を達成することも不可能となる場合が考えられるためというような解釈がなされている。

松戸市議会 2015-09-07 松戸市議会 会議録 平成27年  9月 定例会-09月07日−05号

質問事項1.議会対応についてでございますが、議員からの御質問への答弁者を誰にするかは、行政実例にもございますように、執行権の代表であります市長の裁量権に属しておりますので、執行部として、質問を真摯に受け止め、さらに、質問の趣旨などを踏まえ、答弁者を決定しております。  

四街道市議会 2015-06-26 平成27年  議会運営委員会-06月26日−11号

◎事務局主幹(森田智裕) 議会運営の実際という解説本がございまして、その中に行政実例として委員の定数は明確に規定すべきであるというふうに記述されております。議運委員の定数を何人以内と規定するのは適当でないというふうに解説をされております。   以上です。 ◆山本裕嗣委員 議員の定数、委員の定数。 ◎事務局主幹(森田智裕) 議運委員の定数です。 ◆山本裕嗣委員 委員の定数ね。

成田市議会 2015-06-18 平成27年  6月 定例会(第3回)-06月18日−04号

なお、時間的余裕の有無の認定については、一応長に委ねられていますが、行政実例昭和26年8月15日のものによると、これは自由裁量ではなく覊束裁量に該当されることから、長の認定には客観性が求められることになります。  過去にも、東日本大震災の際に指摘した経緯がありますが、有事のときにはなおさら、法の正しい執行が求められるわけであります。

四街道市議会 2015-05-18 平成27年  議会運営委員会-05月18日−08号

○吉本貴美子委員長 基本的には行政実例というのがありますので、ですけれどもそれがとても、それよりもやはり以内のところのほうが有効だということもご意見としていただければ、またそれは柔軟に考えていかないといけないというふうに思います。   ほかにございますか。   森本委員。

木更津市議会 2015-03-03 平成27年議会運営委員会 本文 2015-03-03

議事運営上の会派というのは、それぞれの議会の判断に任されておって、議事運営をスムーズかつ円滑に行うためのものであるというふうな、行政実例の中ではあると。なので、何人以上が交渉会派、いわゆる会派であるかというものの決まりはございません。  基本的に今、本市の中では、本市の今の長年の状況の中では多数会派、3人以上の会派の方で議会運営委員会の組織がなされておるというふうな状況になっております。