運営者 Bitlet 姉妹サービス
189件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2018-03-09 市原市議会 平成30年  3月 予算審査特別委員会(総務分科会)-03月09日−06号 ◎福原秘書課長 交際費は、対外的に活動する地方公共団体の長またはその他の執行機関がその行政執行のために当該団体を代表し、外部との交際上要する経費で、交際費の予算科目から支出される経費として、行政実例において解されております。 もっと読む
2017-10-10 白井市議会 平成29年第2回臨時会(第1号) 本文 開催日: 2017-10-25 議会が否決しているんですから、そういう政治的な二元代表のもとで、行政はその補助金を支出してはいけないというのが普通の考え方なんだけれども、当時、昭和24年ごろでしたか、古い行政実例というのがあって、専決処分をした場合の政治的効果は別に失われないという規定があったものだから、そういうことに基づいて、当時の公務員諸君も市長に進言をして、市長はそのように政治行為をしたと。 もっと読む
2017-03-01 大多喜町議会 平成29年第1回議会定例会3月会議 ○総務課長(加曽利英男君) 三六協定、労働基準法の36条の協定だと思いますけれども、い わゆる一般行政職につきましては、労働基準法の36条は適用除外というふうには、明確には 書いてございませんけれども、いろいろ行政実例、そういうものを見ますと、一般職といい ますか事務職については、36条は適用除外という解釈をされております。 もっと読む
2017-02-23 大網白里市議会 平成29年  第1回定例会-02月23日−03号 そういうものがまとめて宅地だと、これは当然そうだと私も思いますし、このいろんな行政実例みたいなものももちろんあると思います。  先ほど私が、もう一つこんな場合どうなのか、例えばながた野にある隣り合った土地があります。 もっと読む
2016-09-09 木更津市議会 2016.09.06 平成28年総務常任委員会 本文 ◯議会事務局次長(今関 章君) 議場外の行為であっても、議会の、例えば秘密会の議事を外部に漏らすことは懲罰の対象となるという行政実例があります。また、議場外の行為であっても、議会の開会を阻止したり、また流会に至らしめるような議会運営に関する行為については、懲罰事由になるという判例もございます。 ◯委員長(近藤 忍君) ほか、ご質疑ございますが。三上委員。 もっと読む
2016-09-06 木更津市議会 2016.09.06 平成28年総務常任委員会 本文 ◯議会事務局次長(今関 章君) 議場外の行為であっても、議会の、例えば秘密会の議事を外部に漏らすことは懲罰の対象となるという行政実例があります。また、議場外の行為であっても、議会の開会を阻止したり、また流会に至らしめるような議会運営に関する行為については、懲罰事由になるという判例もございます。 ◯委員長(近藤 忍君) ほか、ご質疑ございますが。三上委員。 もっと読む
2016-06-14 習志野市議会 習志野市議会 会議録 平成28年  6月 定例会(第2回)-06月14日−08号 宮内議員の解雇予告手当に対することについてもう一回聞きたいんですけれども、1週間前の答弁では、国家公務員に係る行政実例、昭和32年で予告を受けない退職者の退職手当の規定が置かれ、予告手当に見合うものを退職手当に含ませる措置がされている場合には解雇予告を行う必要はないというのが、本件では解雇予告をした上で3月18日に支払っていると答えていますが、この認識で間違いないでしょうか。 もっと読む
2016-06-09 大網白里市議会 平成28年  第2回定例会-06月09日−02号 ◆黒須俊隆議員 そんなものじゃ、この地方自治法の179条第1項の3には該当しないということは、行政実例等にも書いてあるでしょう。前回、質問で、市長がいなかったから、副市長に試しに聞いてみたら、知らないと言っていたんですけれども、何が知らないかと言ったら、その179条の1項の3、これ平成18年に改正されているんですよね。  市長、どんなふうに改正されたか、お答えいただきたいと思います。   もっと読む
2016-06-07 習志野市議会 習志野市議会 会議録 平成28年  6月 定例会(第2回)-06月07日−03号 この根拠につきましては、地方公務員ではなく国家公務員に係る行政実例でございます。昭和32年に出ております行政実例に基づきまして、職員の退職手当に関する条例においては予告を受けない退職者の退職手当の規定が置かれ、予告手当に見合うものを退職手当に含ませる措置がなされている場合には解雇予告を行う必要はないというものになっております。 もっと読む
2015-12-01 船橋市議会 平成27年第4回定例会−12月01日-06号 最後に、逐条解説でございますが、これは条文ごとの意義、要件、効果等につきまして解説を付したものでありまして、また、必要に応じ、関連する条文、判例、行政実例、参考文献等が示され、条文の理解を深めるものであるという認識でございます。  したがいまして、いずれも法規・法令には該当しないと、このように考えております。  以上です。       もっと読む
2015-11-18 四街道市議会 平成27年  議会運営委員会-11月18日−17号 第65条、発言の取り消しまたは訂正の3につきましては、掲載内容を昭和38年4月11日の行政実例に差しかえます。別紙2、20ページ左側の3の下線部分でございます。   続きまして、第138条、改正後は第145条でございますが、これの陳情書の処理の1につきましては、平成27年2月12日適用の「陳情の取扱いについて」に変更いたします。 もっと読む
2015-09-25 四街道市議会 平成27年  議会運営委員会-09月25日−15号 第65条の発言の取り消しまたは訂正の部分の運用3につきましては、資料のほうに記載の昭和38年4月11日の行政実例に差しかえをいたします。   続きまして、提要の58ページをごらんください。第138条、陳情書の処理につきましては、平成27年2月12日から適用しています陳情の取り扱いについてに変更いたします。運用1の部分でございます。   済みません。戻りまして、37ページをごらんください。 もっと読む
2015-09-14 船橋市議会 平成27年 9月14日市民環境経済委員会-09月14日-01号 ◎総務課長 あくまでも自治法の解釈上のことだが、行政実例で、議会の承認が得られなかったとしても、当該処分の効力そのものには影響がないというような行政実例が出ている。  理由としては、議会の承認がないため、その処分が無効になれば、既に行われた処分に関係する者の利益を害し、行政の安定を損ないかねないと。当該処分の目的を達成することも不可能となる場合が考えられるためというような解釈がなされている。 もっと読む
2015-09-07 松戸市議会 松戸市議会 会議録 平成27年  9月 定例会-09月07日−05号 質問事項1.議会対応についてでございますが、議員からの御質問への答弁者を誰にするかは、行政実例にもございますように、執行権の代表であります市長の裁量権に属しておりますので、執行部として、質問を真摯に受け止め、さらに、質問の趣旨などを踏まえ、答弁者を決定しております。   もっと読む
2015-06-26 四街道市議会 平成27年  議会運営委員会-06月26日−11号 ◎事務局主幹(森田智裕) 議会運営の実際という解説本がございまして、その中に行政実例として委員の定数は明確に規定すべきであるというふうに記述されております。議運委員の定数を何人以内と規定するのは適当でないというふうに解説をされております。   以上です。 ◆山本裕嗣委員 議員の定数、委員の定数。 ◎事務局主幹(森田智裕) 議運委員の定数です。 ◆山本裕嗣委員 委員の定数ね。 もっと読む
2015-06-18 成田市議会 平成27年  6月 定例会(第3回)-06月18日−04号 なお、時間的余裕の有無の認定については、一応長に委ねられていますが、行政実例昭和26年8月15日のものによると、これは自由裁量ではなく覊束裁量に該当されることから、長の認定には客観性が求められることになります。  過去にも、東日本大震災の際に指摘した経緯がありますが、有事のときにはなおさら、法の正しい執行が求められるわけであります。 もっと読む
2015-05-18 四街道市議会 平成27年  議会運営委員会-05月18日−08号 ○吉本貴美子委員長 基本的には行政実例というのがありますので、ですけれどもそれがとても、それよりもやはり以内のところのほうが有効だということもご意見としていただければ、またそれは柔軟に考えていかないといけないというふうに思います。   ほかにございますか。   森本委員。 もっと読む
2015-03-03 木更津市議会 2015.03.03 平成27年議会運営委員会 本文 議事運営上の会派というのは、それぞれの議会の判断に任されておって、議事運営をスムーズかつ円滑に行うためのものであるというふうな、行政実例の中ではあると。なので、何人以上が交渉会派、いわゆる会派であるかというものの決まりはございません。  基本的に今、本市の中では、本市の今の長年の状況の中では多数会派、3人以上の会派の方で議会運営委員会の組織がなされておるというふうな状況になっております。 もっと読む
2015-03-02 流山市議会 平成27年  市民経済常任委員会-03月02日−01号 これらは、行政実例により示されているところです。   資料2の中段の星印のところをごらんください。出産費資金貸付基金については、医療機関への直接払い制度ができてから貸付資金の利用がほとんど利用されないと先ほど説明いたしましたが、ここで未収金が全て精算できますので、基金の金額を減額する措置をとりたいというように考えています。すなわち運用基金の額を700万円から300万円に条例改正するものです。 もっと読む
2015-02-12 印西市議会 平成27年  第1回定例会( 3月定例会)-02月12日−議案説明、質疑、委員会付託−01号 これは、こういう解釈をされているわけですけれども、ここの部分の根拠、例えばどういった法令に基づいてこういう解釈をされて、またどういった行政実例もしくは判例に基づいてこういう除斥に該当しないと主張しておられるのかをまず第1点目で伺います。   これ次のところもそうです。 もっと読む