5894件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

銚子市議会 2030-09-13 09月13日-04号

次に、子育て支援若者支援新規経済支援でございますけれども、基本的には、緊急財政対策の中で今さまざまな福祉事業を休止しているという状態の中では、現行の子育て支援事業をまず継続させるというところに全力を注ぎたいというふうに思っております。新規事業につきましては、財政状況の回復を待って検討すべきものだというふうに考えております。  

柏市議会 2023-09-20 09月20日-06号

文京区にビーラボという青少年センターがあり、たくさんの若者が集まって、その若者たちの中からプロジェクトが立ち上がり、社会的な活動が動き出しています。この施設の中には、若者が参加したくなるような音楽施設であったり、絵を描いたり、ゲームをしたり、そんな幾つもの仕掛けが施されています。今後若者活動や人生を後押しするような、そんな青少年センターユースセンターが求められているのではないでしょうか。

柏市議会 2023-06-19 06月19日-06号

かしわ若者サポートステーションでのひきこもり、ニート対応は39歳までとなっており、40歳以上の対応についてはどのような相談体制をとられているのかお聞かせください。 安全安心なまちづくりについて伺います。振り込め詐欺対策についてです。全国初となる柏市振り込め詐欺等被害防止等条例平成28年4月より施行されています。条例制定による効果についてお聞かせください。

流山市議会 2022-06-28 06月28日-05号

ハローワークにも専門窓口担当者を設置する、個別支援生活支援も行う、さらには運輸とか建設、人手不足業界ですけれども、こういう業界とも連携していく、あるいはまた地域若者サポートステーション、これは都道府県とか政令指定都市に設置をされていると思うのですけれども、この地域サポートステーション利用年齢、これは現在の15歳から39歳までなのですけれども、その年かさを引き上げていくという、そんなことがこの厚生労働省

柏市議会 2021-12-11 12月11日-06号

また、近年長い年数をかけて技術を学ぶためか、若者職人離れが進んでいます。このままでは技術、技能の承継が危ぶまれます。また、職人の世界においては、さまざまな基準は地域によって違いますので、全国一律が難しいということは既に何度も述べたとおりです。地方自治体が発注する公共工事については、それぞれの自治体がコントロールすべきだと考えますが、いかがでしょうか。以上2点お聞かせください。

銚子市議会 2021-12-06 12月06日-03号

たち若者は、これからの銚子市を考えています。これからというのは、すぐ先も、50年、100年先まで考えていかなければなりません。全て先送りされ、解決される時期も明確でなく、全て若者世代に降りかかってきます。銚子市から若者が離れていくのは、そこに理由があるのではないでしょうか。銚子市の現状、雰囲気が若者に対して将来の夢と希望をなくしているのではないでしょうか。

銚子市議会 2021-09-12 09月12日-03号

誰もが考える政策は、働く場があるまちづくり、また若者が住みたくなるまちづくり産業振興まちづくり福祉教育まちづくり等々、財政危機からの脱却とあわせて、いろいろな施策というものが考えられるわけなんですが、当面は人口をこれ以上減少させない政策が求められていると思います。そのためには、人口増を具体的な目標に定めた政策展開が必要だと思います。

館山市議会 2021-09-05 09月05日-03号

最近は、春休みや土日などにレンタサイクルを利用する大学生や社会人若者もふえてきている。また、年間を通じて外国人観光客がふえているとのことで、観光客のニーズが買い物など、物の所有に価値を見出すモノ消費から経験や体験、人との交流などに価値を見出すコト消費に変化してきていることもあり、幅広い客層が訪れているものと思われます。

柏市議会 2021-06-17 06月17日-04号

特殊詐欺に受け子として協力している若者もそのことは知っているはずであります。特殊詐欺に関与しているとやがて自分犯罪組織に組み込まれることに気づかない若者はいないはずです。これらの若者は、最初から俺は犯罪組織の人間になりたくて特殊詐欺に参加しているのでしょうか。そうじゃないと思う。犯罪組織に組み込まれることなく簡単に小遣い稼ぎと思って、1回きりの気持ちで始めているのでないでしょうか。

流山市議会 2020-12-18 12月18日-06号

青少年への施策を拡大し、若者が住みやすいまち若者を応援する、若者支援策を推進することを要望します。流山市での年少人口増加は、今後青年人口若者人口増加をもたらします。  東京都世田谷区では、基本計画分野別政策子ども若者教育の中で、若者が力を発揮する地域づくりを掲げ、若者交流活動の推進、若者社会的自立の促進、生きづらさを抱えた若者支援を進めています。

四街道市議会 2020-12-12 12月12日-08号

地域学校の連携ができる環境づくり地産地消のグルメのまちをつくりたいという意見がありまして、これは若者たちが参加しづらいのですか、しないのですけれども、そこのところをちょっとお聞きしたいのですけれども。 ○戸田由紀子議長 経営企画部長永易正光さん。 ◎経営企画部長永易正光) お答えいたします。  決して若者が参加しづらいということはないと考えております。

柏市議会 2020-09-24 09月24日-07号

記事は、広島、長崎に平和大使として派遣された若者のコメントです。その一人、瀬戸さんは次のように語っています。「被爆した方の体験談は、私の想像をはるかに超えていました。知っていると思っていた戦争の恐ろしさが身にしみて伝わってきて、原爆は二度と使ってはいけないと実感させられました。被爆者の思いを肌で感じたことで、平和の大切さを伝えていきたいと考えるようになったんです。」