23件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

横芝光町議会 2018-12-01 平成30年12月定例会

大変厳しい状況の中でありながらも今、東陽病院で 2人の内科医師名誉院長もまだやっていただいているわけでありますけれども、そうした 中でいる中で、千葉大学からの内科医の先生の招致が非常に厳しい、実際の千葉大学病院医局の中でも医師が確保できていない状況だというような、千葉大院長等々に陳情していき ますと、そういう状況でありますが、そうなってきますと、名誉院長以外の2人の内科医は、 今現在、自治医科大学

横芝光町議会 2018-09-01 平成30年9月定例会

小泉政権のときに、研修医制度がフリーになってからは都市部の学生 が、例えば千葉大に来るとまた戻っちゃうというようなことで、これは医師の偏在ですから、 その辺は現在強制的といいましょうか、縛りがあるのは今現在だと各自治体予算を拠出し ている自治医科大学栃木県下野市にありますけれども、現在内科医の先生2名はそちらか ら来ていただいております。

富津市議会 2016-09-01 平成28年 9月定例会-09月01日-02号

ただ、昨年7月、自治医科大学人事異動になったことから、会議に出席が困難になったためということで、残念ながら辞任をされました。  次に、現副会長でございます大塚成男副会長でございますが、この方は千葉大学大学院教授でございます。また、総務省地方公共団体財政分析等に関する調査研究会、こちらの委員もされております。

横芝光町議会 2015-12-01 平成27年12月定例会

次に、2点目の医師確保はどのように行っているのかとのご質問でございますが、外川院 長の招聘時には、次期院長の人事にとどまらず、大学へ出向き、医師派遣について直接お願 いをしてきた経緯もあり、自治医科大学卒業生の確保については、県へ直接出向き、東陽病 院の現状を伝え、強い要望活動により、今年度もう一人の派遣をいただいたところでござい -44- ます。

横芝光町議会 2015-03-01 平成27年3月定例会

この4月からは、常勤の内科医が自治医科大学からもう一人男性の医師が 入る予定でございます。必ずやその約束を守ってくれるような状況になるのではないかと思 っておりますが、今後も町民の健康、またそれぞれ安心・安全のための部分の介護保険にし ろ、国民健康保険にしろ、後期高齢者にしろ、その部分についても今後しっかりとした運営 ができる努力を進めてまいりたいと考えております。

横芝光町議会 2013-06-01 平成25年6月定例会

高齢者が多い当地域では、内科系の患者が最も多い状況にあり、内科医師の充実が急務で あることから、千葉大学や旭中央病院、さらには千葉県医療整備課などに働きかけによる医 師確保をしてまいりました結果、千葉大学医局員1名、自治医科大学卒業医師1名を迎える ことができました。また、脳神経外科では新たに医師1名の確保により2名体制となり、外 科医師1名、整形外科医師2名は変更ありませんでした。

東庄町議会 2011-09-01 平成23年9月定例会 議事日程第1号

最後に15ページ目、東庄病院関係でございますが、自治医科大学生の地域 医療実習ということで、4名の学生の受け入れをしております。自治医科大学 とのパイプをしっかりと築き、今後とも医師の確保に努めてまいりたいと考え 以上で、行政報告を終わらせていただきます。 ております。 議長(勝野暢一君) 小澤教育長。 -4- 教育委員会行政報告を申し上げます。

茂原市議会 2010-12-08 平成22年会議録 第2号 平成22年12月8日

また、長生病院における医師確保については、民間の医師紹介機関を積極的に活用すると ともに、主に自治医科大学の卒業生で組織されている地域医療振興協会からの医師派遣につい ても粘り強く交渉を続けております。さらに、市内の民間病院に対し、規模の拡充による医師 の増員を積極的にアプローチし、地域全体の医師数の増員に努めているところでございます。

船橋市議会 2010-06-16 平成22年第2回定例会−06月16日-06号

子宮頸がんに詳しい自治医科大学のさいたま医療センターの今野良教授によると、「HPVは100以上の型に分かれる。そのうち発がん性のあるハイリスクのHPVは、特に16、18型が世界中の子宮頸がんの発症原因の7割を占める。ワクチンは、この2つの型の感染を防ぐもので、約20年は一定の予防効果がある」と言われております。

山武市議会 2010-06-10 平成22年第2回定例会(第3日目) 本文 開催日: 2010-06-10

今日のテレビにも出ておりましたけれども、自治医科大学さいたま医療センターの今野良教授によれば、12歳の女子にワクチンを接種した場合、がんの発生者数、死亡者数ともに約73%も減らすことができ、30歳の女性に接種した場合でも、約50%の発症を抑えることができるそうです。ところが、受診率80%の欧米に比べて、日本は20%台と低く、既に世界100カ国近くで予防ワクチン承認されております。  

船橋市議会 2010-03-10 平成22年第1回定例会−03月10日-05号

それでは、女性特有のがんについて、自治医科大学付属さいたま医療センター産科婦人科教授の今野氏は、子宮頸がん予防ワクチンの公費助成について、早期に実現の前提として、国内ワクチンの開発を検討しているが、国内のワクチン開発はこれから臨床試験に取り組むので、使用できるまでに10年から15年以上はかかる。

茂原市議会 2009-12-09 平成21年会議録 第2号 平成21年12月9日

病院の話を先ほどしましたけれども、例えば長生病院が今のところにありますが、果たして それで1市6町村の広域でやっている病院としてふさわしいのかどうかという、そういうよう な問題も考えますと、また地域振興協会、いわゆる自治医科大学から医者を送ってもらうとい うようなことを考えたときに、向こうからの条件づけで300床以上というような話も出ており ますので、そういった意味でのとらえ方をしますと、やはり

船橋市議会 2009-07-09 平成21年第2回定例会−07月09日-06号

自治医科大学感染症専門医師である五味晴美医師は、日本における予防接種行政の姿勢は諸外国に比べて非常に消極的、国民任せ、情報提供不足ということを指摘し、最も重要で最優先に解決しなければならない点として、世界でスタンダードになっているワクチンの一部の未施行を挙げております。日本予防接種の常識は世界の非常識であるようでございます。

船橋市議会 2009-07-08 平成21年第2回定例会−07月08日-05号

また、自治医科大学附属さいたま医療センター産科婦人科教授の今野氏は、子宮頸がんについて、  子宮頸がんは子宮の入り口にできるがんですが、原因のほぼ100%がヒトパピローマウイルスの感染によるものです。80%以上の女性が一生のうちに一度は感染しますが、感染は一時的で、多くの場合、免疫力によってウイルスは自然に消えてしまいます。しかし、まれに感染が長く続き、がんに進行する場合があります。

長生村議会 2008-03-07 平成20年第1回定例会(第2日) 本文 開催日:2008-03-07

なお、4月1日には自治医科大学出身の内科医を新しい院長に迎える見込みとなりましたので、これを機に関係機関と一層厳密な連携を図り、安定した医師の確保ができるよう努めていきたいと考えております。その上で、地域要望の強い救急医療体制と充実と民間医療機関では対応できない医療の提供など、地域の民間病院診療所との機能分担と連携を図り、地域医療の充実に努めてまいりたいと考えております。  

茂原市議会 2008-03-07 平成20年会議録 第4号 平成20年3月7日

おか げさまで、申し上げておりますように、4月1日から内科医の新院長を迎えて、また、そのこ とによって自治医科大学関係の機関の方から特別な配慮があって、医師確保の見通しが大変明 るくなってきた。4月1日には現在の内科医は3名でございますけれども、5名ないし6名が 4月1日から内科医が充足できると、こういう状況になってきております。

南房総市議会 2008-03-07 平成20年第1回定例会(第4号) 本文 2008-03-07

次に、3番目の欠員であった医師の補充でございますけれども、昨年5月に医師1名が退職いたしまして欠員となり、医師確保に向けまして千葉県自治医科大学卒業生と協議をしてまいりました。協議の結果、自治医科大学卒業生配属先選定委員会におきまして、4月より医師1名の配属が決定し、医師4名体制となる見込みでございます。  以上です。 91: ◯12番(川名晴作君) ありがとうございました。

茂原市議会 2008-03-05 平成20年会議録 第2号 平成20年3月5日

また話は戻りますけれども、医師の確保につきましては、御案内のように、今まで千葉大 オンリーでございましたけれども、今度の新たな内科の院長は自治医科大学の出身でござい ます。したがいまして、これからは千葉大はもちろんでございますけれども、自治医科大学 ともさらなる連携をとりながら医師の確保に努めると、また、医師の確保がそのことによっ て明るい見通しができてくると、このように思っております。

  • 1
  • 2