243件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

横芝光町議会 2019-06-01 令和元年6月定例会

旧石器時代から縄文時代にかけての遺跡が発掘され発見され ています。古墳時代の遺跡としては、殿塚・姫塚の中台古墳群は国指定史跡として発掘され 保存されています。遺跡発掘、その多くが、町の北西部と栗山川流域で発見されていて、町 の歴史を知る上で興味が広がるものです。この遺跡を多くの町民に知っていただくことは、 大きな郷土愛を育むことにつながるものだと思います。

千葉市議会 2018-10-24 平成30年教育未来委員会 本文 開催日: 2018-10-24

次に、加曽利貝塚の史跡整備としまして、博物館史跡外へ移転し、史跡内は縄文時代景観を復元していく考えです。  また、史跡史跡周辺の整備・活用方針について、現在策定しておりますグランドデザインの中で、方向性を定めまして、平成31年以降の整備につなげてまいりたいと考えております。  

船橋市議会 2018-10-05 平成30年10月 5日予算決算委員会全体会−10月05日-01号

昨年度の成果としては、畑地の東半分全体に、約1万年前の縄文時代早期前半の集落跡が広がっていたことが判明したとのことである。  また、現地を視察した文化庁担当官、県文化財課からは、日本列島の中でも希少な価値のある縄文時代早期前半の大規模な集落跡と貝塚であるという評価を受けたとのことで、今後、国指定史跡の期待が持てる成果が得られたものと高く評価するものである。

千葉市議会 2018-09-25 平成30年決算審査特別委員会総務分科会 本文 開催日: 2018-09-25

加曽利貝塚のほうも発掘は今やっておりますけれども、先行していますので、それをいかに整理をしながら、学術的、あるいは市民の皆さん方の関心を引くような形で整理をしていくということが大事なことでしょうし、将来的には、どっちがどうだということよりは、やっぱり東京湾全体のそういう縄文時代の遺跡ということですから、共同して、それこそ市民の皆さん方から、単に加曽利貝塚というだけじゃなくて、東京湾全体の貝塚を一つの

千葉市議会 2018-09-19 平成30年第3回定例会(第5日目) 本文 開催日: 2018-09-19

教育委員会は、加曽利貝塚の史跡保存活用計画を策定しており、その中の縄文時代植生を復元した景観に関する課題では、史跡内には景観にそぐわない建築物があり、施設外でも送電線の鉄塔があることなどが課題とされております。さらに加曽利貝塚周辺を取り巻く特徴として、戸建て住宅等が隣接していることもあります。  

船橋市議会 2018-09-14 平成30年第3回定例会−09月14日-06号

未調査の畑地である約5万平米を対象に、昨年は東半分を調査し、東半分全体に約1万年前の縄文時代早期前半の集落跡が広がっていることが判明いたしました。ことしは6月から9月末までの予定で、西半分を調査中でございます。  今年度の調査成果についてでございますが、昨年度の東半分に引き続き、西半分においても約1万年前の集落跡が広がっていることが判明いたしました。

千葉市議会 2018-09-12 平成30年都市建設委員会 本文 開催日: 2018-09-12

292 ◯委員(佐々木友樹君) 他の自治体の状況といいますと、やはり特別史跡に指定されている縄文時代だとか、あとは弥生時代のそういった施設も含めて、その周辺の環境に配慮するような施設施設そのものも、例えば、茅野市の尖石遺跡、そういった部分についても、例えば、樹木よりも高く建物を整備しないだとか、もちろんそれは景観計画に基づいて整備をする、その大もとには

船橋市議会 2018-06-22 平成30年 6月22日予算決算委員会全体会−06月22日-01号

ところで、この取掛西貝塚は、縄文時代早期前半の約1万年前の遺跡であり、全国的に有名な三内丸山遺跡あるいは吉野ヶ里遺跡よりはるかに古く、関東地方最大級の縄文時代早期・前期の集落跡地として評価されている。  この我が船橋市にある大きな可能性を秘めた取掛西貝塚を保存整備していくことは大変重要であり、国の史跡指定を早期に受けることを強く期待している。

船橋市議会 2018-06-21 平成30年 6月21日予算決算委員会全体会−06月21日-01号

取掛西貝塚保存事業だが、この事業は、全国でも貴重な1万年前の縄文時代早期の貝塚である取掛西貝塚を、国指定を目指すに当たり、開発行為に先んじて保護するために土地を取得、管理するものである。  私は、国指定遺跡を目指すことも、必要な用地買収を行うことには反対ではないし、大いに期待をしているところであるが、先ほど船橋市が発行した「船橋市の遺跡」を読んで、幾つかの疑問が生じたので、お尋ねをしたい。  

千葉市議会 2018-06-19 平成30年第2回定例会(第6日目) 本文 開催日: 2018-06-19

加曽利貝塚の短期的な対応についてですが、来場者の増加に合わせた駐車スペースの確保やわかりやすい説明板や案内板の充実、バリアフリー多言語化などについて、地元の方々や利用者の御意見も伺いながら利便性の向上を図っていくほか、縄文時代景観と人々の暮らしを理解するための体験プログラムや展示を充実し、加曽利貝塚の魅力向上に努めてまいります。  

船橋市議会 2018-06-18 平成30年 6月18日予算決算委員会文教分科会−06月18日-01号

文化課長 調査検討委員会のメンバーは、縄文時代を中心に研究する考古学専門家が3名、それと動物考古学が1名、植物考古学1名の計5名となっている。考古学はもちろん重要なのだが、1万年前の人類の生活、社会自然環境などを多角的に解明するために、動物考古学植物考古学専門家もメンバーに加えている。  こうしたメンバーの皆さんは、いずれも日本における各分野の第一人者と言える方々である。

船橋市議会 2018-06-07 平成30年第2回定例会−06月07日-07号

飛ノ台史跡公園博物館は、縄文時代を中心とした展示を行っており、この取掛西貝塚へ高まっている関心を満たす場として、大いに活用すべきであると考えております。取掛西貝塚の予備調査では、多くの埋蔵文化財が出土しており、その管理が大変になってきているほどです。ぜひ、これらの出土品を多くの市民に見てもらうためにも、飛ノ台史跡公園博物館で展示を行う企画展を実施してもらいたいと思います。  

習志野市議会 2018-06-07 習志野市議会 会議録 平成30年  6月 定例会(第2回)-06月07日−03号

なものも含めていろいろあるというならば、ここの倉庫みたいなところにしまっておくのではなくて、そういうところでなるべく活用できるものは活用して、市民に、習志野市は縄文の時代からこういうふうに人が住んでいる形跡があったし、こういう土器が実籾からも出ているんですよとか、そういうことを17万市民の中で知らない人が多いわけですから、そういうものを紹介して、習志野市は何か昭和40年代ごろから大きくはなったけれども、縄文時代

袖ケ浦市議会 2018-06-06 平成30年 第2回 定例会(6月招集)-06月06日−議案説明−01号

また、2月25日には市民会館でシンポジウム「山野貝塚から縄文時代の貝塚を探る」を開催し、専門家などの発表を363名の参加者が熱心に聴講されました。今後は、郷土博物館常設展での山野貝塚のコーナーの拡充を図るとともに、活用方策を検討してまいります。  次に、農畜産物直売所ゆりの里のリニューアルについてでございます。

船橋市議会 2018-03-15 平成30年 3月15日予算決算委員会文教分科会−03月15日-01号

文化課長 新年度予定の調査検討委員会のメンバーは、一昨年度から調査顧問として指導をいただいている、縄文時代を専門とする大学教授を初め、考古学専門家が3名、ほかに動物考古学専門家1名、植物考古学専門家1名、合計5名で構成したいと考えている。  また、文化庁の担当調査官と県文化財課の担当者にも、オブザーバーとして参加をいただく予定となっている。

市原市議会 2018-03-15 平成30年  3月 予算審査特別委員会-03月15日−07号

市原市には、縄文時代からの数多くの遺跡があると評価されております。その中でも、古墳前期から古墳後期に至るまでの約1,500基に及ぶ膨大な古墳群があります。これらは、関東より北部には存在していないとのことでもあります。また、この古墳群は、国の指定史跡に認定される価値があるとのことです。私は国の認定も受け、市の活性化に大きく活用できるものであると考えます。

袖ケ浦市議会 2018-03-14 平成30年 第1回 定例会(2月招集)-03月14日−一般質問−04号

これはラムサール条約への登録目指して、これ全国的にいっても非常に貴重な干潟で、まさに縄文時代からのですね、景色が唯一残っている地域だということで、高く評価されております。そこでも広く生息している水生生物、特に貝類については30度前後で半数以上の稚貝が、貝の子供ですね、赤ちゃん、これが死滅すると言われています。

市原市議会 2018-03-09 平成30年  3月 予算審査特別委員会(総務分科会)-03月09日−06号

2つ目には、市原市の中央に母なる養老川がありますので、縄文時代からの数多く分布する遺跡があります。そしてまた、上総国の中心地でもあった。国分寺があります。こういった中で特に私は古墳前期のものから後期に至るまでの古墳群が数多く残っていて、しかもこれは関東より北のほうには例がないぐらい多数残っていると言われていますし、残っている状況は、国の指定遺跡に指定されるような価値があるとも聞いております。