運営者 Bitlet 姉妹サービス
647件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-01 東庄町議会 平成31年3月定例会 議事日程第1号 続いて、保健衛生事業の平成31年度の事業計画でございますが、平成30年度 に実施した事業に加え、幼児の虫歯の罹患率が多いことから、幼稚園児を対象にフ ッ素物洗口事業を、風しん対策として1962年4月2日生まれから1979年4 月1日生まれの男性を対象とした風しん抗体検査及び予防接種、成人の風しんワク チン予防接種、助産師による母子保健相談、骨髄移植ドナー支援事業助成金事業、 不育症助成金事業 もっと読む
2019-01-22 野田市議会 平成31年 環境経済委員会-01月22日−01号 視察の際は、当然ながらこういった視点もあわせて現地調査の際に質疑をしていただくとともに、ここの欄では野田市に移植できるのかと、やるとすればどうなのかというような人、物、金、その他の環境を含めて分析を加えていただいた形のものを記述いただければありがたいのかなというふうに考えてございます。    もっと読む
2018-12-06 茂原市議会 平成30年会議録 第3号 平成30年12月6日 骨髄移植ドナー支援事業についてであります。現在、日本において毎年1万人の方が白血病 再生不良性貧血という重い血液の病気を発症しております。このような血液疾患は造血幹細胞 - 159 - に異常が起こり正常な血液をつくれなくなるため、貧血や免疫不全などが起こります。そのう ち、薬での治療がかなわない約2000人もの方が骨髄移植を希望されております。 もっと読む
2018-11-22 習志野市議会 習志野市議会 会議録 平成30年 12月 定例会(第4回)-11月22日−01号 1、骨髄移植ドナー支援事業助成金の支給方法を伺う。  1、災害医療事業費に係る報償費とは何か。  1、猫の不妊・去勢手術費助成金の手続方法について伺う。  1、狂犬病予防対策事業の実績を伺う。また、未接種の飼い主の方に対し、複数回にわたり勧奨すべきと考えるが、当局の見解を伺う。  1、犬の登録手数料の使途を伺う。  1、勤労会館で車両を購入した理由及び平成31年度以降の所管について伺う。   もっと読む
2018-10-04 千葉市議会 平成30年第3回定例会(第11日目) 本文 開催日: 2018-10-04 また、骨髄移植ドナー支援についても、会派の要望を受け、新規に実施され、評価をいたします。なお、代表質疑では、風疹、麻疹対策についても触れさせていただきました。予防策の具体的な検討について、重ねて求めておきます。   もっと読む
2018-10-03 千葉市議会 平成29年度決算審査特別委員会(第2日目) 本文 開催日: 2018-10-03 各施策につきましては、あんしんケアセンター及び認知症初期集中支援チームの増設や生涯現役応援センターの新設など、超高齢社会の到来を踏まえた取り組みがなされたほか、胃がん検診や骨髄移植ドナー支援といった健康づくり施策、母子健康包括支援センターの開設や児童相談所の人員増強に見られる子育て支援施策などは、会派の要望に沿うものでありました。   もっと読む
2018-09-28 習志野市議会 習志野市議会 会議録 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月28日−08号 次に、受理番号第195号臓器移植の環境整備を求める意見書の採択を求める陳情について申し上げます。  本陳情について、当局より参考意見を求めた後、一委員より、臓器移植に係る普及・啓発について伺うとの質疑があり、当局の答弁を受けました。  質疑終結の後、一委員より賛成の討論があり、採決の結果、賛成少数により、不採択とすべきものに決しました。   もっと読む
2018-09-27 鴨川市議会 平成30年第 3回定例会−09月27日-05号 続いて、第4款衛生費では、骨髄移植ドナー等支援事業について、これまでの鴨川市内での実績はとの質疑に対し、平成29年度末までのドナー登録者数は145名であり、骨髄提供した方は、平成3年からの統計では3名ですとの説明がありました。   もっと読む
2018-09-25 千葉市議会 平成30年決算審査特別委員会総務分科会 本文 開催日: 2018-09-25 例えば、平成29年度におきましては、保育士の処遇改善事業、あるいは骨髄移植におけるドナー支援事業、空き家対策等推進事業といった、新規の県単独事業補助金について、我々も交付対象となるなどしております。   もっと読む
2018-09-21 君津市議会 平成30年  9月 定例会(第3回)-09月21日−05号 次に、陳情第8号 臓器移植の環境整備を求める意見書の採択を求める陳情書を議題とし、審査いたしました。  討論において臓器移植のための環境整備は必要であると理解するものの、陳情者の説明を聞く中で、中国における国際問題の提起があるように思われたため、市議会として可否を判断するのは適当ではないと考えるとの反対討論がありました。   もっと読む
2018-09-20 千葉市議会 平成30年決算審査特別委員会保健消防分科会 本文 開催日: 2018-09-20 次に、4の骨髄移植ドナー支援です。  これは平成29年度から実施しており、骨髄バンク事業において骨髄等の提供をしたドナーに対し助成金を交付することにより、ドナーの負担を軽減し、ドナー登録の増加を図ることを目的にしております。平成29年度の助成対象者は、8人でございました。  次に、5のエイズ対策推進です。   もっと読む
2018-09-19 鎌ヶ谷市議会 平成30年  決算審査特別委員会-09月19日−02号 ◎公園緑地課長(大塚勝彦君) 桜の植樹には、植樹箇所により条件は異なりますが、植栽帯の整備、既存樹木の移植、伐採、抜根、防根シートの設置などさまざまな費用を要します。さらに、施肥、剪定、消毒なども市が行っており、植樹後においてもさまざまな経費を要するものでございます。参考までに過去3年間の実績といたしまして、植樹工事にかかる費用の平均となりますが、1本当たり約42万円となっております。 もっと読む
2018-09-19 習志野市議会 習志野市議会 会議録 平成30年  9月 文教福祉常任委員会-09月19日−01号 臓器移植の普及によって薬剤や機械では困難であった臓器の機能回復が可能となり、多くの患者の命が救われている。  一方、臓器移植ネットワークが構築されていない外国における移植は臓器売買等の懸念を生じさせ、人権上ゆゆしき問題となっている。   もっと読む
2018-09-12 野田市議会 平成30年  9月 定例会(第5回)-09月12日−05号 現在残っている1本のヒマラヤスギについては、残してほしいとの意見もございますが、事業の整備後には道路の中心に位置することから、この位置に残すことができないため、市といたしましては移植が可能かについて専門家である樹木医に相談することといたしました。樹木医の診断結果では、移植に関しては50年以上経過した老木であることから、枯れ木補償もつけられず、移植は非常に難しいと考えられるとのことでした。 もっと読む
2018-09-11 野田市議会 平成30年  9月 定例会(第5回)-09月11日−04号 次に、清水公園駅前線については、桜の里から清水郵便局前の交差点までの道路整備が完了しており、この交差点から清水上花輪線までの延長91メートルの区間では用地買収や桜の移植がほぼ終了し、県道の交差点部の重複地権者など、3地権者のみとなっていることから、県事業にあわせて用地買収をする予定となっております。 もっと読む
2018-09-11 栄町議会 平成30年第3回定例会(第1日 9月11日) 「臓器移植の環境整備を求める意見書の採択を求める陳情」及び「核兵器禁止条約の署名締結を求める意見書の提出に関する要望書」が提出されましたので、写しをお手元に配付いたしました。    ―――――――――――――――――――――――――――――――――――――― ◎会議録署名議員の指名 ○議長(大野 博君) 日程第1、会議録署名議員の指名を行います。   もっと読む
2018-09-07 八千代市議会 平成30年  9月 福祉常任委員会-09月07日−01号 それでは、陳情第3号臓器移植の環境整備を求める意見書の採択を求める陳情書を議題とします。  本件について発言ありますか。−−発言なしと認めます。  これより討論を行います。  討論ありませんか。 もっと読む
2018-09-06 睦沢町議会 平成30年第3回定例会会議録 9月6日 初めに、骨髄移植ドナー支援制度についてであります。 現在、白血病など、血液疾患の病気に対して、骨髄末梢血幹細胞移植が有効な治療法とし て確立しております。骨髄を提供するドナーは骨髄バンクに登録し、患者との白血球、HL A型が適合した場合、移植が可能になります。本町におけるこれまでの骨髄バンクドナー登 録者数と骨髄提供者数はどのようになっているでしょうか。 もっと読む
2018-09-06 富津市議会 平成30年 9月定例会-09月06日-03号 しかし、近代的なノリの漁法の一つでありますノリのひびたて移植法、これによって飛躍的にこのノリの養殖というのが発展してきたわけなんですけれども、こちらが行われたのが旧大堀村、そちらにいる平野武治郎という方が開発したということで、こちらのほうが富津。   もっと読む
2018-09-03 千葉市議会 平成30年議会運営委員会 本文 開催日: 2018-09-03 国は、埋め立て申請書の添付図書を変更して実施する場合は、承認を受けることとしていながら、一切事前に協議を行わず、サンゴの移植など定められた環境保全措置をしないまま工事を進めており、環境保全、災害防止に十分配慮するとの基幹的な要件が満たされていないと沖縄県は指摘しております。また、埋め立て部分が地質調査報告書では軟弱地盤とされていたのに、2年間も隠して工事を続けていたことも重大視しております。 もっと読む