689件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

白井市議会 2019-07-11 令和元年第2回定例会(第7号) 本文 開催日: 2019-07-11

なお、審査の過程において質疑がなされましたが、主なものを要約して申し上げますと、歳出、4款衛生費、1項2目予防費において、骨髄移植ドナー支援事業補助金については、スポーツ選手や芸能人が白血病になったということで、骨髄ドナーについてのいろいろな質問が全国から寄せられていると聞いています。

白井市議会 2019-06-14 令和元年第2回定例会(第1号) 本文 開催日: 2019-06-14

次に、4款衛生費、1項2目予防費、補正額21万円の増につきましては、保健総務事務に要する経費としまして、骨髄移植の推進及び骨髄等の提供者の登録の増加を目的に、市がドナーとなった市民及びドナーの勤務事務所に対して補助金を新たに交付するため、所要額を計上するものです。  

茂原市議会 2019-06-05 平成31年 第1号 令和元年6月5日

本人の経済的負担の軽減と事業所の人的負担に対する助成を実施することで、ドナー登録者 の増加及びより多くの骨髄・末梢血幹細胞移植の実現を図ってまいります。 次に、生活環境について申し上げます。 水害対策につきましては、早野排水機場の建設に必要な用地の取得が完了し、現在は、機場 本体の下部工事及び排水樋管工事の準備を進めております。

長生村議会 2019-06-02 令和元年定例会6月会議(第2日) 本文

そのうち薬での治療がかなわない約2,000名の方が骨髄移植希望しています。しかしながら、家族以外から提供を受ける場合にはマッチングする方を探し出すのが著しく困難であることから、骨髄移植希望した患者の約6割しか移植を受けられていないとのことです。骨髄移植希望する全ての患者移植を受けるためには、1人でも多くのドナー登録が必要となります。

大多喜町議会 2019-06-01 令和元年第1回議会定例会6月会議

次に、大綱2、骨髄移植におけるドナー支援事業等の創設についてお伺いをいたします。 白血病と闘われている方のテレビ報道などもあり、関心を持たれる方も多くなられてきて いるように思っております。過日の新聞には、白血病の新薬としてキムリアという薬が保険 適用されたとの報道がございました。国内初の治療法とのことで、治療希望されておられ る方々にとって希望の持てるものと感じました。

睦沢町議会 2019-03-08 平成31年第1回定例会会議録 3月8日

また、麻しん等の問診、接種事業は、本町自治体の中で先駆けの一因となるものであり、 骨髄移植ドナー支援助成事業は血液疾患治療の一助となります。 介護分野においては、一般介護予防事業など意欲的な取り組みが多く見られます。 防災関連では、危険ロックの除去を通学路のみでなく、住宅リフォーム助成金を活用し て推進され、安全で安心なまちづくりに貢献します。

千葉市議会 2019-03-06 平成31年第1回定例会(第6日目) 本文 開催日: 2019-03-06

さらに、私どもが要望してきた骨髄移植推進のための取り組みとして、昨年度創設された骨髄移植ドナー本人の助成に加え、新たにドナーが就業する事業者への助成制度が実施されることになりました。骨髄移植でしか救えない命への力強い支援として評価いたします。  不育症・不妊症対策については、新年度、国制度に合わせた男性不妊治療の助成額が15万円から30万円へと引き上げられました。

佐倉市議会 2019-03-05 平成31年 2月定例会−03月05日-03号

骨髄等移植ドナーの支援についてでございます。こちらの議場配付資料なのですけれども、これは平成29年8月議会質問させてもらったときの資料でございます。ちょうど千葉県が支援制度を制定し、これからドナーに対する支援が始まるというタイミングでしたので、その当時、質問させていただきました。

佐倉市議会 2019-03-04 平成31年 2月定例会-03月04日-02号

                 │          │ │  │      │ (2)支援体制について                 │          │ │  │      │ (3)出入国管理法改正について             │          │ │  │      │ (4)今後について                   │          │ │  │      │4.骨髄等移植

東庄町議会 2019-03-01 平成31年3月定例会 議事日程第1号

続いて、保健衛生事業の平成31年度の事業計画でございますが、平成30年度 に実施した事業に加え、幼児の虫歯の罹患率が多いことから、幼稚園児を対象にフ ッ素物洗口事業を、風しん対策として1962年4月2日生まれから1979年4 月1日生まれの男性を対象とした風しん抗体検査及び予防接種、成人の風しんワク チン予防接種、助産師による母子保健相談、骨髄移植ドナー支援事業助成金事業、 不育症助成金事業

茂原市議会 2019-02-27 平成31年 第2号 平成31年2月27日

- 84 - 2点目に、骨髄移植ドナー支援事業についてであります。競泳の池江璃花子選手が白血病を 公表したことを受け、骨髄移植ドナー登録に問い合わせが相次いでいるなど、今、ドナー登 録に対する関心が高まっております。ドナー登録が増えることで、ドナーを待つ患者さんにと って大きな規模につながることから、今後も命をつなぐための支援の輪が広がること切に願っ ております。

流山市議会 2019-02-26 平成31年  教育福祉常任委員会-02月26日−01号

請願項目5については、腎臓移植の普及啓発を図ることや再生医療臨床研究を支援し、研究体制を推進するための事業を予算化しているとの説明内容となっています。   私からは本請願に対する説明は以上でございます。 ○森田洋一委員長 以上、執行部から見解を述べていただきました。ありがとうございました。   

白井市議会 2019-02-20 平成31年第1回定例会(第2号) 本文 開催日: 2019-02-20

骨髄移植は、白血病など、骨髄機能の不全による病気に最も有効治療法です。骨髄移植には提供者と患者のHLA、ヒト白血球抗原が一致する必要がありますが、適合率は極めて低く、家族で4分の1、それ以外は500人から1万人に1人の割合です。患者にとっては適合する提供者とめぐり合えるかどうか、これが最大の問題であり、骨髄バンクへのより多くの登録が必要とされているのはこのためだと思います。

野田市議会 2019-01-22 平成31年 環境経済委員会-01月22日−01号

視察の際は、当然ながらこういった視点もあわせて現地調査の際に質疑をしていただくとともに、ここの欄では野田市移植できるのかと、やるとすればどうなのかというような人、物、金、その他の環境を含めて分析を加えていただいた形のものを記述いただければありがたいのかなというふうに考えてございます。   

木更津市議会 2018-12-13 平成30年建設経済常任委員会 本文 2018-12-13

ちばの園芸」産地整備支援事業費508万3,000円につきましては、4名の認定農業者から新たに要望がございました、パイプハウス等の施設整備や規模拡大のための野菜移植機器などの省力化機械等の導入など、意欲ある農家に対し、経費の一部を支援するための予算でございます。  事業の内訳につきましては、資料01-2、2ページをご参照願います。  

茂原市議会 2018-12-06 平成30年会議録 第3号 平成30年12月6日

骨髄移植ドナー支援事業についてであります。現在、日本において毎年1万人の方が白血病 再生不良性貧血という重い血液の病気を発症しております。このような血液疾患は造血幹細胞 - 159 - に異常が起こり正常な血液をつくれなくなるため、貧血や免疫不全などが起こります。そのう ち、薬での治療がかなわない約2000人もの方が骨髄移植希望されております。

横芝光町議会 2018-12-01 平成30年12月定例会

経済的な理由で辞退する人が減ることで、患者にとっても移植のチャン スをふやすことができます。また、ドナーを支援していく環境づくりは重要であります。 -78- 白血病や再生不良性貧血などの患者希望する骨髄移植を推進するため助成制度の創設は 必須と考え、何としても切望いたしますが、当局の英断を求めるものであります。ご決意を お聞かせください。

習志野市議会 2018-11-22 習志野市議会 会議録 平成30年 12月 定例会(第4回)-11月22日−01号

1、骨髄移植ドナー支援事業助成金の支給方法を伺う。  1、災害医療事業費に係る報償費とは何か。  1、猫の不妊・去勢手術費助成金の手続方法について伺う。  1、狂犬病予防対策事業の実績を伺う。また、未接種の飼い主の方に対し、複数回にわたり勧奨すべきと考えるが、当局の見解を伺う。  1、犬の登録手数料の使途を伺う。  1、勤労会館で車両を購入した理由及び平成31年度以降の所管について伺う。  

船橋市議会 2018-10-10 平成30年第3回定例会−10月10日-09号

        を求める意見書に関する陳情書      │      │ 不採択 │ │  │陳情第25号   日本原発東海第二原発再稼働に反対する意見│  総務  │ みなす │ │  │        書提出に関する陳情           │      │ 不採択 │ ├──┼────────────────────────────┼──────┼─────┤ │ 24 │陳情第26号   臓器移植

船橋市議会 2018-10-05 平成30年10月 5日予算決算委員会全体会−10月05日-01号

平成29年度、骨髄移植ドナー支援事業で、ドナー2件と事業所1件を支援した。骨髄移植ドナー支援事業の周知拡大をお願いしたい。  同時にドナーそのものをさらにふやしていく必要があり、あわせて対応をお願いする。  次に、市民環境経済委員会所管の新事業創出型事業についてである。インキュベーション施設卒業企業は、できるだけ船橋に残り、恩返しをしたいという話を視察の際に聞いた。