26件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

  • 1
  • 2

横芝光町議会 2015-06-01 平成27年6月定例会

そもそもクールアースデーは、福田康夫元総理が洞爺湖サミット開幕初日の7月7日、七 夕の日を、温暖化防止についてみんなで考え行動するとして創設し、ライトアップ施設や家 庭の電気を消していただくよう呼びかけた取り組みであります。そのCO2削減、ライトダ ウンの取り組みは、現在も広がりつつあります。我が町でも行った年がございましたが、継 続に至らず、残念でなりません。

船橋市議会 2008-06-13 平成20年 6月13日議会運営委員会-06月13日-01号

また、福田康夫首相は、2009年度から全額一般財源化するとの画期的な決断を下した。このことと、道路特定財源を10年間維持するのと矛盾するのではとの指摘に対しては、今後与党道路財源等に関する協議会を設置し、一般財源化の法案をつくり、成立させることとなっており、何ら矛盾するものではない。よって、我々公明党は、このことを支持したいと考えるので、この意見書の提出には賛同できないので、反対する。

大網白里市議会 2008-06-10 平成20年  6月 定例会-06月10日−03号

そこで、我が公明党は、このたび、「女性の応援団 公明党」といたしまして、女性自らが納得する生き方ができる社会を目指すため、特に健康子育て、仕事という女性のライフサイクルに大きな影響を与える分野を中心に、すべての女性が安心と希望を持って暮らせる社会づくりを推進する女性サポートプランの実現を目指す要望書を5月14日に福田康夫首相に提出いたしました。  

松戸市議会 2008-03-03 松戸市議会 会議録 平成20年  3月 定例会-03月03日−04号

まず、福田首相施政方針演説における国際平和協力活動のための一般法について市長の見解はについてでございますが、第169回国会におきまして、福田康夫首相施政方針演説の中で、国際平和協力活動を実施していくための、いわゆる一般法の検討を進める旨の発言をされたということにつきましては、承知をいたしております。

松戸市議会 2007-12-20 松戸市議会 会議録 平成19年 12月 定例会-12月20日−07号

また、かつて福田康夫官房長官(当時)も海外自衛隊が活動する場合に関しては「国会承認を頂くのは必要なこと(2003年10月7日参院委)」と認めているように、国会承認規定が削除されることで、国民の民意が途絶されることは、大変な問題であると指摘されている。これは、これまで政府が掲げていた文民統制をも投げ捨てることに他ならない。  

松戸市議会 2007-12-20 松戸市議会 会議録 平成19年 12月 定例会-12月20日−資料

また、かつて福田康夫官房長官(当時)も海外自衛隊が活動する場合に関しては「国会承認を頂くのは必要なこと(2003年10月7日参院委)」と認めているように、国会承認規定が削除されることで、国民の民意が途絶されることは、大変な問題であると指摘されている。これは、これまで政府が掲げていた文民統制をも投げ捨てることに他ならない。  

松戸市議会 2007-12-01 松戸市議会 会議録 平成19年 12月 定例会(資料)-資料

また、かつて福田康夫官房長官(当時)も海外自衛隊が活動する場合に関しては「国会承認を頂くのは必要なこと(2003年10月7日参院委)」と認めているように、国会承認規定が削除されることで、国民の民意が途絶されることは、大変な問題であると指摘されている。これは、これまで政府が掲げていた文民統制をも投げ捨てることに他ならない。  

千葉市議会 2007-09-26 平成19年第3回定例会(第7日目) 本文 開催日: 2007-09-26

いよいよ、国の方では、安倍総理が退陣され、福田康夫氏が総理大臣と、昨日報道がありましたけれども、多分、きょう認証を受け、新たに、正式に91代の総理大臣に御就任されるのかなというような感じがいたします。特に内外の中では、特に党の役員等の中では、いろいろな御意見が出ているというところはありますけれども、やはり背水の陣を敷かれた布陣ではないのかなというように感じる次第であります。

松戸市議会 2004-09-02 松戸市議会 会議録 平成16年  9月 定例会-09月02日−02号

さて、政府では前内閣官房長官福田康夫氏は、この法律は男らしさ、女らしさを否定するものではないと見解を示し、本年1月に都道府県男女共同参画担当者に対し、性差否定ではない、つまりジェンダーフリーを目指すものではないことの趣旨を徹底するよう求める文書を配布しました。

松戸市議会 2003-12-04 松戸市議会 会議録 平成15年 12月 定例会-12月04日−02号

昨年11月に、福田康夫内閣官房長官が、男女共同参画基本法において、政府の見解として、決してジェンダーフリーを目指すものではないし、そういう言葉も使っていないし、男らしさ、女らしさを否定するものでもない。専業主婦も否定はしないと発表してから、ここに来て、ジェンダーフリーとは男らしさ、女らしさの違いは、社会的、文化的につくられたものであるという考え方であります。

  • 1
  • 2