運営者 Bitlet 姉妹サービス
13070件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-14 船橋市議会 平成31年 3月14日予算決算委員会文教分科会−03月14日-01号 こういうやり方を、まず船橋市としても研究してみていただきたい。新年度、ほかのこういうことで就学援助の利用率が高い自治体が、どういう工夫をしているのか、まず調べていただきたいのだが、いかがか。 ◎学務課長 議員から話をいただいた件については、確かに東京で、そういうことをやっていることは、こちらも確認はとっている。   もっと読む
2019-03-13 山武市議会 平成31年第1回定例会(第4日目) 本文 開催日: 2019-03-13 本特別委員会は、東日本大震災による災害の復旧及び、今後の本市の防災対策についての調査研究を目的として、平成27年第1回臨時会において、委員7名をもって設置され、本日までに13回の会議及び研修を開催いたしました。  主な内容は、本市復旧・復興計画の内容及び進捗状況等について、執行部より報告を受け、協議を重ねてきました。   もっと読む
2019-03-12 船橋市議会 平成31年 3月12日市民環境経済委員会-03月12日-01号 ◎クリーン推進課長 確かにそういう考えはあるかと思うが、現在の船橋市の条例においては、過料とか、過料を科すための手続とか、その他の行為と言っているが、これを行える者が市長の指定する職員と規定をしているので、現行の条例においては、他市はちょっとつくりが違う部分があるかもしれないが、職員でなければでないので、これはもちろん今後研究していく課題ではあるかと思うが、現行のつくりとしてはそうなっている。 もっと読む
2019-03-12 船橋市議会 平成31年 3月12日予算決算委員会市民環境経済分科会−03月12日-01号 なお、ちょっと考えづらいが、標準値より少ない結果が出た場合、成分に関してはPRを控えることになるが、栄養素を多く含むにはどうしたらいいかということで、今後どのような農産物をつくっていけばいいかというところを、うち農業センターという試験機関持っているので、農業センターで研究するなどして、今後の農産物の品質向上に努めてまいりたい。   もっと読む
2019-03-11 船橋市議会 平成31年 3月11日予算決算委員会健康福祉分科会−03月11日-01号 ぜひどうやったら改善できるのか、研究していただいて、しかるべきところに発信をしていっていただきたいと、これは要望する。 ◆松崎佐智 委員  国保で、もう1点だけ伺う。  今、40代から50代の方々が就職氷河期で相当苦労されて、今、低所得の人が多いという話があったが、私も同世代として、実感している。  子供の均等割だが、やはり減免を独自にやっている自治体が今25にも広がっているという状況がある。 もっと読む
2019-03-11 船橋市議会 平成31年 3月11日健康福祉委員会−03月11日-01号 ◎地域福祉課長 今また委員の質問の件について、やはり私どもも昨年度民生委員の下部組織でつくった研究等をさせていただく中で、やはり行政からの依頼分が多いだとか、そういった部分を軽減して、やっぱり少しでも負担を軽減していかなきゃいけないと……今、民生委員の協議会とやっているところなので、そういった部分を少しでも変えていかなきゃいけないというのは、一応私ども研究させていただいているので──その1つとしては もっと読む
2019-03-08 船橋市議会 平成31年 3月 8日総務委員会-03月08日-01号 また、35%は企業の研究開発部門からの参加、12%が産業部門、そして、学術アカデミアからの参加は3%に過ぎない。そのような参加構成の行事が学術目的のものであるということは到底考えられないように思われる。   もっと読む
2019-03-08 船橋市議会 平成31年 3月 8日予算決算委員会総務分科会−03月08日-01号 将来の大規模災害が発生したときの財源としてあらかじめ積んでおくという財政運営については、今後、31年、32年、行財政改革の集中取り組み期間ということで、どうあるべきかについても検討していく必要が出てきているので、その取り組みの中で、今後どうあるべきかということについても研究していく必要があると考えている。 もっと読む
2019-03-06 船橋市議会 平成31年 3月 6日広報委員会−03月06日-01号 さまざまな賛否を明らかに本当にしているのかということを伺ったら、しているということだったので、やっぱりここは大きな……人口も多いし、大きな議会なので、ここでやるとしたらもっと研究はいるのかなとは思った。  あと、議員間討議を3市ともやっていた。一般質問だとか、議案について話し合いたいものを話し合っている。それはすごくおもしろいと思った。 もっと読む
2019-03-05 船橋市議会 平成31年 3月 5日会派代表者会議−03月05日-01号 ……………………………………………… C委員長報酬について(報告) ○議長(鈴木和美) 昨年の会派代表者会議において、平成31年度予算要望の議題として、議会交際費について議論したが、最終的には議会交際費は難しいとの結論に至り、今後は委員長報酬について事務局に研究をさせることとしていた。このたび他市の状況等について調査結果がまとまったので、本日資料を配付している。報告は以上である。   もっと読む
2019-03-01 大多喜町議会 平成31年第1回議会定例会3月会議 やはり、ここの町でも給食の外部委託の話が出たとき、議会が特別委員会を つくって研究しました。特に、委託に出したとき、職業安定法の縛りをクリアできないので はないか。具体的に言うと、こういうことです。 職業安定法施行規則4条では、請負または請負を受けた業者は、以下の要件の全てを満た す必要があると。1つは、作業の完成について事業主として財政及び法律上の全ての責任を 負う。 もっと読む
2019-02-26 山武市議会 平成31年第1回定例会(第2日目) 本文 開催日: 2019-02-26 AYA世代とも、この年齢は言われるわけですが、国立がん研究センターが、15歳から39歳のAYA世代ということで、思春期また若年成人で発症しやすいがんの詳細な集計を、初めて公表しました。15歳から19歳の1位が白血病、20歳から29歳は、胚細胞腫瘍、性腺腫瘍、また30歳から39歳は、女性は乳がんとなっています。 もっと読む
2019-02-19 船橋市議会 平成31年 2月19日議会運営委員会−02月19日-01号 具体的には、日程の1、議席の一部変更の件、予算決算委員会の委員定数変更の件を処理した後、発議案の提案理由説明、それから海老川上流地区のまちづくり調査研究特別委員会報告の件を議題としてはどうかと考えている。   もっと読む
2019-02-19 船橋市議会 平成31年 2月19日広報委員会−02月19日-01号 議会運営委員会散会後                                      第4・第5委員会室 [議題] 1.平成31年第1回定例会市議会だより237号の紙面構成について 2.改選時発行予定の市議会だより臨時号について 3.市議会だよりの全戸配布について 4.市議会ガイドブックについて(報告) 5.会派代表者会議記録のウエブサイト掲載について 6.海老川上流地区のまちづくり調査研究特別委員会報告書 もっと読む
2019-02-18 船橋市議会 平成31年 2月18日健康福祉委員会-02月18日-01号 子どもの虹情報研修センターは、児童虐待対応職員の研修や児童虐待に関する情報の提供、研究を行っている機関だが、そのセンター長及び専門相談室長にアドバイザーを依頼し、児童相談所に関する意見聴取を行ってきた。  「5.家庭児童相談スーパーバイザーからの意見聴取」である。 もっと読む
2019-02-12 船橋市議会 平成31年 2月12日議会運営委員会−02月12日-01号 ────────────────── 4.海老川上流地区のまちづくり調査研究特別委員会報告書について ○委員長(日色健人) この報告書については、7日付で特別委員長から議長宛てに提出され、紙資料の配付及び議会会議システムの配架については既に行われている。 もっと読む
2019-02-04 船橋市議会 平成31年 2月 4日会派代表者会議−02月04日-01号 ちなみに、この政務活動費の交付に関する条例を、もし再度会派で検討するようなら、もう一度読んでいただいて、よく研究をしていただけると助かる。よろしくお願いする。 ◆日色健人 代表  議長は、何かもう少し議論を喚起したいんだろうと思って、最後、尻尾がついたと思うが、どこの部分について議論してほしいということなのか。   もっと読む
2019-01-30 船橋市議会 平成31年 1月30日海老川上流地区のまちづくり調査研究特別委員会−01月30日-01号 平成31年 1月30日海老川上流地区のまちづくり調査研究特別委員会−01月30日-01号平成31年 1月30日海老川上流地区のまちづくり調査研究特別委員会                                   平成31年1月30日(水)                                          午前10時                                      もっと読む
2019-01-25 野田市議会 平成31年 建設委員会-01月25日−01号 したがいまして、視察の際にはそういった視点での説明を受けた際の質疑でも、そういった点での確認をしていただきたいと思っておりますし、そういったやりとりを踏まえた中で、視察した事業について、野田市にとってしばらく研究をしながら動向を見定めないとなかなか実現が難しいのかなとか、あるいはこういう点を工夫すれば直ちに実施できるのではないかと、そういった部分を分析したものをここの項目で書いていただきたいとするものでございます もっと読む
2019-01-23 野田市議会 平成31年 総務委員会-01月23日−01号 続きまして、3番目として同じく愛媛県なのですが、西予市、ここでの窓口改革モデル事業について、西予市では総務省業務改革モデルプロジェクトの一環として標記の事業において民間事業者、大学研究者らと連携し、BPRのみならず、空間最適化も考慮に入れ、以下の検討を行っています。 もっと読む