14347件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

佐倉市議会 2019-07-10 令和 元年 6月定例会−07月10日-06号

なお、審査の過程において、防災井戸の整備を初め避難所の水の確保についても万全を期すよう研究していただきたい。地域まちづくり事業については、制度開始当初からの経緯も踏まえ、市民に対し、条例改正の趣旨を十分に理解していただけるよう、丁寧な説明と対応を行っていただきたいとの意見が出されておりますので、申し添えさせていただきます。  

佐倉市議会 2019-06-27 令和 元年 6月定例会-06月27日-05号

子育てタクシーなどの制度導入につきましては、多様なニーズを総合的に勘案する中で、必要とされるサービスについて近隣自治体の事例などを研究しながら、今後研究してまいりたいと考えております。  以上でございます。 ○議長(石渡康郎) 川口議員。 ◆2番(川口絵未) 今現在ではファミリーサポートといって、送迎、見守りをしてくださる方がいらして、とても好評だと思います。

佐倉市議会 2019-06-26 令和 元年 6月定例会−06月26日-04号

今後ともさまざまな機会を捉えて、若い世代の皆さんのご意見やアイデアを伺うとともに、より多くの若者が市政へ参画したくなる仕組みづくりについて研究をし、若者世代にとって魅力的なまちづくりに努めてまいります。  以上でございます。 ○議長(石渡康郎) 徳永議員。

白井市議会 2019-06-25 令和元年第2回定例会(第5号) 本文 開催日: 2019-06-25

柏市はまさに下総基地がある市だということで、下総基地特別委員会では、問題を調査研究したり、対応策を今でも立てていらっしゃるということでした。  そして、私が現地に行って調べたものが資料の5の写真になります。少し見づらいところもありますが、関わっていた全ての市に連絡しまして、今残っているという看板や広報などを調べてきました。  

佐倉市議会 2019-06-25 令和 元年 6月定例会−06月25日-03号

子供が生まれ育った環境に左右されることなく、健やかに育成できる環境を整備することは重要であると認識しておりますので、今後につきましても勉強会を継続する中で、今年度見直し予定である県の子どもの貧困対策推進計画や先進的な取り組み事例について調査研究を行ってまいりたいと考えております。  以上でございます。 ○議長(石渡康郎) 五十嵐議員。

佐倉市議会 2019-06-24 令和 元年 6月定例会-06月24日-02号

水道事業の広域化についてでございますが、平成29年度より、印旛地域7市1町1企業の水道担当部課長及び印旛郡市広域市町村圏事務組合の水道企業部長で構成する印旛地域末端給水事業統合研究会を設置し、検討を進めております。当市といたしましては、本検討を通して、佐倉市にとってどのようなメリットがあるかを検証し、周辺自治体とも積極的に議論してまいりたいと考えております。  

富津市議会 2019-06-24 令和 元年 6月24日議会運営委員会−06月24日-01号

実際、例えば2番目の市の目指す「子育て日本一」の実現に向けて、この中に欄外で括弧として、議会として具体的な支援策の拡充について、先進事例を調査・研究中ですというのは、これから視察行ったり何なりで、いろいろ具体的に詰めていきますよ。  それから、3番なんですけども、今後設置予定の(仮称)地域交流支援センターというのは市がやることですよね。これはもう決定事項ですよね、ほぼ。

白井市議会 2019-06-24 令和元年第2回定例会(第4号) 本文 開催日: 2019-06-24

196 ◯和田健一郎議員 議席番号5番、会派しろい未来研究会、和田健一郎、今回笠井新市長になりまして初めての議会での質問となりますが、どちらかと申しましたら、累積的な以前からの私なりの問題を研究していた中での質問項目を、通告に従いまして2問させていただきたいと思います。  

茂原市議会 2019-06-20 平成31年 第5号 令和元年6月20日

次に、「現在のところ、県が認定し、県内市町村が返礼品として活用できる地域の産品はな いが、今後、積極的に活用を進めていく考えはあるのか」との質疑に対し、「県と協議の上、 対象産品について研究していく」との答弁がありました。

白井市議会 2019-06-19 令和元年第2回定例会(第2号) 本文 開催日: 2019-06-19

しろい市民まちづくりサポートセンターは、拠点機能、情報収集・発信機能、相談機能、資源の掘り起し・提供機能、交流・コーディネート機能、育成機能、調査・研究機能の7つの機能を令和2年度末までに段階的に拡充させることを目標に掲げ、平成30年度の開設初年度は施設の認知度向上を図る事業を実施するとともに、ホームページやフェイスブックの開設、まちサポ通信の発行など、拠点機能と情報収集・発信機能の2つの機能を重視

山武市議会 2019-06-14 令和元年第2回定例会(第3日目) 本文 開催日: 2019-06-14

市役所を利用する市民の方へのサービス向上のために、こういった手法の調査研究導入も検討していただければと思います。  続いて、業務の効率化について質問をさせていただきます。  先日、市の職員の方に、業務の効率化についてお話を伺っている際、6月3日発行の読売新聞にて、「行政システム全国統一へ」という記事が掲載されていることを知りました。

茂原市議会 2019-06-13 平成31年 第3号 令和元年6月13日

また、その過 程の中で議論された内容及び現在の進捗状況でございますが、小中一貫教育の導入に当たり、 既に小中一貫教育を導入している長生村、長南町、睦沢町などの近隣の市町村の取り組みや、 先進校の実践、文部科学省の調査結果を参考に、成果と課題を調査・研究しております。

富津市議会 2019-06-12 令和 元年 6月定例会-06月12日-02号

地域ブランドにつきましては、総合戦略において、地場産品のブランド化を施策に定め、ふるさとふっつ応援寄附、特産品開発調査研究事業等の具体的な取り組みを掲げ、取り組んでいるところであります。  次に、富津市の商工業対策についての御質問にお答えいたします。  

大多喜町議会 2019-06-01 令和元年第1回議会定例会6月会議

これだけの方だから、恐らく研究も非常にすばらしい研究をなさってい る。案の定、たまたま町の審議会で一緒になったことがありました。今のいわゆるiPS細 胞、山中先生のあの問題も、この先生は日胞学会の中で、具体的には臨床実験がない、治験 もやっていない、しかしそういうサジェスチョンをしてくださいました。だから、私ども、 当時の審議会の人たちは、この先生のお話を聞くのは非常にためになりました。

白井市議会 2019-05-16 令和元年第1回臨時会(第1号) 本文 開催日: 2019-05-16

次に、5月10日付で代表者、田中和八議員外2名をもって、会派「しろい未来研究会」結成の届出を受理しましたので、報告いたします。  次に、5月13日付で、代表者、伊藤 仁議員外3名をもって、会派「白井令和」結成の届出を受理しましたので、報告いたします。  次に、5月14日付で、代表者、血脇敏行議員外2名をもって、会派「政和」結成の届出を受理しましたので、報告いたします。  

船橋市議会 2019-03-26 平成31年第1回定例会−03月26日-10号

制度をもっと強化していくために、どうしたらいいのか、しっかり研究・検討することを要望し、賛成」との討論がありました。  採決の結果、全会一致で、可決すべきものと決しました。  議案第25号船橋市災害弔慰金の支給等に関する条例の一部を改正する条例については、主な質疑として、船橋市でこれまで保証人がいなかったがために、災害援護資金を借りられなかったというようなケースはあったのか。