6803件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

柏市議会 2021-03-22 03月22日-09号

子育て世帯負担軽減策として盛り込みました国民健康保険料子供均等割軽減学校給食費無償化は大きな流れとなっています。国保の子供均等割については、2022年度から国の施策として、未就学児子供均等割が半額になります。こういった内容に対応した条例案も今回提案されています。どうか全議員の皆さんの御賛同で可決していただきますようお願いいたしまして、趣旨説明といたします。

習志野市議会 2021-03-18 03月18日-05号

この条例により、令和3年、今年の1月1日から市内の店舗などでのプラスチック製レジ袋提供が、有償・無償を問わず禁止されております。国では、容器包装の使用の合理化排出抑制促進に関する基準などが定められている省令によりまして令和2年7月からレジ袋有料化を義務づけておりますが、この亀岡市の条例は、それより一歩踏み込んだ全国で初めての取組であると認識しております。 

白井市議会 2021-03-17 令和3年第1回定例会(第4号) 本文 開催日: 2021-03-17

人口減少を食い止めるためにも、教育費無償化の充実も急務でしたし、そのための財源確保が必要であることから、消費税率の引上げが実施されたようです。  私は日頃よく思ってることがあります。今の世の中はじっくりと考える暇を与えてくれないということです。だから、考えることは専門家に任せ、私たちは他人の出した答えに従うという毎日を送っています。これでは主体的に生きているとは言えません。

習志野市議会 2021-03-17 03月17日-04号

また、このプログラムは、上野村に住んでいる子どもたちには無償で受けられるプログラムとして、ほかの自治体に住んでいる子どもたちでも、有料ではありますが受入れをしているという、大変貴重な事業を展開しているなということを知りました。こうした場での体験も、子どもたちにとっては自然に触れるよい機会だと思っております。 

習志野市議会 2021-03-16 03月16日-03号

1、幼児教育保育無償化対応事業のこれまでの経緯を伺う。また、無償化に当たっての課題はどうなったのか伺う。 1、幼児教育無償化は、戦後最大保育教育改革で、歳入・歳出面でボリュームがあると考えている。大阪府守口市では、1.5倍も待機児童数が増えたという説明があった。習志野市における幼児教育無償化の効果課題についての丁寧な資料を作成して提出されたい。 

富津市議会 2021-03-16 令和 3年度予算審査特別委員会−03月16日-02号

こちらは9月議会のほうでいろいろ質問させていただきまして、高等教育無償化に伴う措置だけか分かりませんが、拡充いただきましてありがとうございました。  その中で、本市の予算額は昨年の2億8,700万8,000円に対しまして、1,527万8,000円増額の3億228万6,000円が計上されておりますが、その内訳、ちょっと確認したいんですけれども。

柏市議会 2021-03-12 03月12日-08号

高校への進学率が98%を超える現代におきましては、2010年から始まりました高校授業料無償化の支援がさらに改正をされつつ、就学の道への強い支えとして開かれたものと認識しております。ただ、2019年、平成30年、文科省児童生徒の諸課題データ調査分析があり、そのうち経済的理由で2%の退学者があると分析報告がされています。

野田市議会 2021-03-09 03月09日-03号

また、新型コロナウイルス感染症対応地方創生臨時交付金については、現時点における野田市の交付限度額の総額は19億528万3,000円となっており、具体的な活用例としまして、児童手当及び児童扶養手当上乗せ給付金飲食店等協力金個人事業者等協力金医療従事者支援金医療機関経営支援金水道基本料金の減免、新生児に対する特別定額給付金地域公共交通運行継続支援金高齢者等インフルエンザ予防接種費用無償

鎌ヶ谷市議会 2021-03-09 03月09日-一般質問-05号

健康福祉部長菅井智美君) 配布しております意思表示カードは、わけがありますくプロジェクトから50枚を無償提供いただいたもので、なくなった際の追加の予定はございません。 なお、意思表示カードの窓口での交付令和3年3月5日現在で1件でございますが、市ホームページからダウンロードして利用されている方もいらっしゃるのではないかと考えております。

鎌ヶ谷市議会 2021-03-08 03月08日-一般質問-04号

そのため、今年度は帳票等コピー機スキャナー機能を活用して読み取り、その結果をAIが補正した上でデータ化するシステムであるAIOCRや電子申請サービス提供している企業と連携し、無償実証実験を行った結果、経費的な効果や時間的な効果が得られたことから、令和3年度当初予算に必要な経費を計上したところでございます。