運営者 Bitlet 姉妹サービス
1602件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

日付議会議事録名議事録内容
2019-03-08 船橋市議会 平成31年 3月 8日総務委員会-03月08日-01号 その中に戸籍の届け出、また埋葬火葬許可という業務が含まれているので、これらの業務についても委託は可能だと認識している。  なので、今後、それについて検討していきたいと考えている。 ◆渡辺ゆう子 委員  ご説明はわかったが、これまでの国の見解は、戸籍にかかわる事務は職員でなければならない。なので、その取扱員として、市の職員の位置づけをしてきたわけである。 もっと読む
2019-03-01 大多喜町議会 平成31年第1回議会定例会3月会議 目5火葬場費45万5,000円の増額補正は、斎場無相苑の身障者用トイレ自動ドアの修繕で ございます。 目6地域し尿処理施設管理費3万4,000円の増額補正は、城見ヶ丘団地のコミュニティプ ラントに係る電気使用料の実績見込みによる増額でございます。 項2清掃費、目1清掃総務費197万8,000円の減額補正は、実績見込みによる減額でござい ます。 もっと読む
2018-12-21 野田市議会 平成30年 12月 定例会(第6回)-12月21日−06号 市の斎場は、法に基づき火葬及び葬儀を行うための施設として、市民と国民の貴重な租税により整備をされました市民の財産であります。市民がひとしく利用でき、施設が生み出す益の還元を受けるべきものと考えます。それを一会社の利潤を生み出す道具にしてはならないと考えております。営利会社は利潤を上げるのが目的として会社がつくられております。 もっと読む
2018-12-20 富津市議会 平成30年12月20日全員協議会−12月20日-01号 火葬場はいたし方ないと思います。要するに木更津市の火葬場にお世話になるわけなんですが、その辺は、今、猪瀬議員が言いましたけど、やっぱり、富津市としてみれば、担当部課長会議のときにしっかりとした発言はしていただきたい。してないとは言えませんけど、要するにしていただきたい。そして、その結果が議会のほうに開示できなければ、余りにも情けない。 もっと読む
2018-12-13 富津市議会 平成30年12月13日教育福祉常任委員会−12月13日-01号 4款衛生費1項保健衛生費5目火葬場費11節需用費は、燃料価格の上昇に伴い不足する火葬場の光熱水費等215万4,000円を計上しております。  26ページをお願いします。   もっと読む
2018-12-12 柏市議会 平成30年  第4回定例会(12月定例会)-12月12日−質疑並びに一般質問−06号 それでも親族が見つからない、あるいは引き取りに応じていただけない場合は、市が葬祭費用を支払い、火葬後に協力寺院に安置をしているところでございます。また、御紹介のありました横須賀市の事例でございますが、行政が仲介となり、葬儀社や病院、御遺族等に情報提供することにより、御本人の御意思の実現を支援する仕組みでございます。 もっと読む
2018-12-10 君津市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月10日−04号 水道事業の広域化、火葬場の広域化、ごみ処理事業の広域化等は、市民不在で進められていると私は思っております。市民等に対して、事業計画の事前説明をなぜ実施してこなかったのか、今の段階で市民に知られて困るものなのでしょうか。その真意をお伺いいたします。  大綱2点目、医療福祉行政について3点お伺いします。  1点目は、国民健康保険税の引き下げについてでございます。   もっと読む
2018-12-07 習志野市議会 習志野市議会 会議録 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月07日−07号 そういった中では、習志野市はペットの埋葬事業、これ市川市は独自で交通事故で死亡した小動物を専従職員が引き取り、小動物専用火葬炉で火葬後、動物慰霊碑に埋葬する事業を実施しているんですね。これを別に実施してほしいとは、実施してほしいんですけれども、実施してほしいとは言わないですけれどもね、こういったことをやっているわけなんですよ。 もっと読む
2018-12-07 富津市議会 平成30年12月定例会−12月07日-03号 次に、(仮称)木更津市火葬場整備運営事業について、(仮称)木更津市火葬場整備運営事業の進捗状況についての御質問にお答えいたします。  当事業につきましては、現在、新火葬場の用地取得や工事用道路の調査・設計業務、新火葬場周辺市道整備事業に伴う路線測量等を、順次、実施しているところでございます。   もっと読む
2018-12-07 君津市議会 平成30年 12月 定例会(第4回)-12月07日−03号 このため、これまでに火葬場やごみ処理施設をはじめ、さまざまな分野で広域行政を進めている近隣4市において、対話を重ねることにより、さらなる連携を深め、かずさ四市一体となった取り組みを目指してまいります。  なお、今後の進め方につきましては、まずは近隣4市で開催する広域連携に係る意見交換会などを通じて、共通する課題の共有化を図ってまいります。   もっと読む
2018-12-01 大多喜町議会 平成30年第1回議会定例会12月会議 目5火葬場費2万 7,000 円の増額補正は、会葬許可申請書の印刷経費でございます。 目6地域し尿処理施設管理費9万円の増額補正は、コミュニティプラントに係る電気料で ございます。 次のページをお開きください。 もっと読む
2018-11-29 富津市議会 平成30年12月定例会−11月29日-01号 1項の保健衛生費は、燃料価格の上昇に伴い不足する火葬場の光熱水費等が215万4,000円、2項の清掃費は、老朽化や経年劣化等による環境センター及び最終処分場の修繕等583万円、燃料価格の上昇に伴い不足する環境センターやクリーンセンター等の光熱水費等及び君津地域広域廃棄物処理事業委託料1,237万8,000円などを計上するものでございます。   もっと読む
2018-11-22 白井市議会 平成30年第4回定例会(第1号) 本文 開催日: 2018-11-22 火葬場・斎場・墓園に要する経費、補正額28万円の増につきましても、印西地区環境整備事業組合への負担金を補正するものです。負担金として平岡自然公園外周道路の補修工事後に外周道路を印西市に引き継ぐための必要書類の作成を委託するための増額分、及び特別負担金として合葬式墓地の設置を検討するに当たり住民アンケートを実施するため、その増額分を計上しております。   もっと読む
2018-09-26 袖ケ浦市議会 平成30年 第3回 定例会(9月招集)-09月26日−委員長報告、質疑、討論、採決−04号 審査の過程において、特別職2人分の人件費減額の内訳について、一般職人件費増額の内訳及び財源について、政策調整室の人件費の補正時期等について及び所管事務調査を踏まえての計上について、子育て短期支援事業の利用者増の状況について、法面・盛土・擁壁等修繕事業の進捗状況について、ごみ処理事業の増額理由及び次期広域廃棄物処理事業を進める中での4市の関係について、火葬費助成事業の今後の予算計上の見込みについて、中学校運動部活改革 もっと読む
2018-09-21 富津市議会 平成30年 9月21日全員協議会-09月21日-01号 しかしながら、老朽化した公共施設の更新事業のほか、火葬場やごみ処理施設などの広域処理事業が見込まれ、その財源として地方債の発行は今後避けられない状況となっております。   もっと読む
2018-09-21 千葉市議会 平成30年決算審査特別委員会環境経済分科会 本文 開催日: 2018-09-21 あと一つ、それから、公的な証明書類の性別記載欄というのが廃止というのが進んでいて、千葉市も幾つか対応されていて、あともう一つだけ、予定しているうちの残りの埋火葬許可証明書というのがあと一つ残っているというふうに聞いていたんですが、この制度の変更の予定というのはありますか。 もっと読む
2018-09-21 富津市議会 平成30年 9月定例会−09月21日-04号 次に、民生費及び衛生費関係では、要援護者地域見守り事業における高齢者見守り事業との連携について、市立保育所運営事業における定員充足率向上の方策について、生活保護扶助費における生活保護者数及び生活保護者の医療費について、後期高齢者健康診査事業における健康診査の内容及び受診率について、浄化槽設置促進事業における助成対象浄化槽設置事業について、火葬場管理運営事業における業務委託の内容及び施設の維持管理等について もっと読む
2018-09-20 千葉市議会 平成30年決算審査特別委員会保健消防分科会 本文 開催日: 2018-09-20 次に、2の斎場事業ですが、(1)火葬状況については、記載のとおりでございます。表の総数の計の欄にありますように、市内外合計で8,833件の火葬を行っております。  (2)から(5)の式場使用件数等につきましては、記載のとおりです。  健康部の説明は以上でございます。 もっと読む
2018-09-20 佐倉市議会 平成30年 8月定例会決算審査特別委員会−09月20日-01号 その下、3、佐倉市・四街道市・酒々井町葬祭組合負担金1億1,557万9,000円につきましては、さくら斎場における火葬や式場の貸し出しなどを行う葬祭組合の管理運営費負担金のうち佐倉市分の負担金でございます。  次に、182ページをお願いいたします。 もっと読む
2018-09-20 野田市議会 平成30年 決算審査特別委員会-09月20日−04号 また、火葬場の小動物の利用がふえています。受益者負担の法則を考えた形も検討されることを希望いたします。   粗大ごみ運搬委託についてですが、終活事業などの啓発により、運べなくなる前に処分するような啓発活動もお願いいたします。   労働費についてですが、雇用状態がいい環境にあるためなのか、事業全体で見ると来所者が減っているようです。 もっと読む