2096件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

佐倉市議会 2019-07-10 令和 元年 6月定例会−07月10日-06号

原子力規制委員会をはじめ、東電、政府は「希釈しての海洋放出」を想定しているが、地元漁業関係者の反対意見が強く、また昨年福島東京で開催した公聴会においても「タンクでの長期保管」を求める意見が相次いだところである。一方、処分法を議論する経済産業省の有識者会議も半年以上開かれていない。  

木更津市議会 2019-06-24 令和元年建設経済常任委員会 本文 2019-06-24

午前中の閉会中の継続調査についての審査の中で、斉藤委員より、農振農用地と東京湾漁業に関する項目の追加についてご意見をいただきました。これを踏まえ、案といたしまして、「(4)産業振興について」の次に、「(5)農林水産業について」を追加し、農業漁業を取り巻く環境についても調査を行うことを明確に記載しまして、5番以降、番号を繰り下げたいと思います。  

船橋市議会 2019-06-10 令和 元年第1回定例会−06月10日-04号

三番瀬環境漁業にも影響を与える第二湾岸道路を含めた千葉県湾岸地域の新たな道路ネットワークの具体化に向けた検討会が3月28日に設置されたと報道されております。湾岸地域交通量が減りながら、新たな巨大道路建設そのものに私は疑問を持っております。この計画から三番瀬の豊かな自然環境を守ることが、今、私たち船橋の市民に課せられた使命だとも思います。  

鴨川市議会 2019-03-20 平成31年第 1回定例会−03月20日-05号

放流量や藻場の制限等、また漁業協同組合からの要望や負担等の調整により、ここ数年の補助金額は同額を継続的に計上しています。また、アワビの放流量の例ですが、漁港数や内房・外房等での地域事情や面積の違いはありますが、本市は東安房地区を含めて580キロ、南房総市は市全域で1,540キロ放流していますとの説明がありました。  

船橋市議会 2019-03-19 平成31年 3月19日予算決算委員会全体会−03月19日-01号

こうしたことから、2月14日付で、この京葉広域行政連絡協議会からは千葉県知事宛てに、まずは関係市へ十分に情報提供や説明を行うこと、また、関係市の意見や要望を聴取、しんしゃくすること、さらには、漁業者を初め利害関係者へ十分な情報提供や説明を行うこと、以上3点について、要望書を提出した。   

茂原市議会 2019-03-15 平成31年 第5号 平成31年3月15日

一方、国保加入者は以前のような農林漁業者や自営業者が激減し、無職や非正規雇用が8割 近くになるなど、低所得傾向が進んでいます。国の責任交代とともに加入者の貧困化の進行に よって引き起こされた国保の構造的危機を打開するには、国庫負担を増やす以外に道はありま せん。加えて、昨年から国保の財政運営が市町村から都道府県に移行されました。

木更津市議会 2019-03-12 平成31年予算審査特別委員会 本文 2019-03-12

924 ◯議長(斉藤高根君) 私は、過去には統計調査員もやったし、特に煩雑なのが、ここにはないんですけれども、漁業センサスで、このセンサスをやると、理解し切れない人がいるわけ、みんな。あなたたちは複雑な統計をとって、それをやれば仕事になるわけだけれども、私が何をやったかというと、では、私が聞くから言いなよと、全部聞き取りをやって書き込むと。

船橋市議会 2019-03-12 平成31年 3月12日予算決算委員会市民環境経済分科会−03月12日-01号

スズキやホンビノスガイなど、水産物についても子供たちに食してもらう機会を設けたいと考えているが、水産物は特に供給方法──生ものなので配送に課題もあるので、漁業組合などと慎重に協議し、農産物と同様に進めたいとは考えている。 ◆藤代清七郎 委員  了解した。  

船橋市議会 2019-03-08 平成31年 3月 8日予算決算委員会総務分科会−03月08日-01号

なおかつ、私ども船橋市の場合は、以前から漁業の再生とか三番瀬環境についてということで本会議でもお話しさせていただいているので、3市が、いろいろ意見がある。浦安市、市川市船橋市、3市あるが、統一的な見解として、漁業の再生とまではあれだが、そういった漁業とかそういった関係権利者にもしっかりと情報が行くように県知事宛てに要望を出したところではある。ということで、企画財政部も参加する。

富津市議会 2019-03-06 平成31年 3月定例会−03月06日-04号

水産業については、富津漁業協同組合が来年度から新たに富津岬地先で貝類資源確保のために行う漁場改良事業について支援してまいります。 ○議長平野明彦君) 4番、高木一彦君。 ◆4番(高木一彦君) 御答弁ありがとうございます。さまざまな取り組み、これをさらに推進していただきたいと思っております。  

千葉市議会 2019-03-06 平成31年第1回定例会(第6日目) 本文 開催日: 2019-03-06

続いて、稲毛海浜公園のリニューアルに関しては、地元住民の理解を十分に得ないままで事業を進めようとしていること、また、本事業に投じられる多額の予算は、本来市民生活や福祉の増進に充てられるべきであることから、賛成しかねるとの意見が述べられる一方、賛成の立場からは、本事業は、砂浜改修を初め、多額の費用を費やすものであることから、地元の漁業関係者とも意見交換を重ね信頼関係を築くとともに、事業費についても十分精査

千葉市議会 2019-03-05 平成31年第1回定例会(第5日目) 本文 開催日: 2019-03-05

166 ◯都市次長(峯村政道君) 漁業への影響を避けるため、中断していた潜堤の工事を、関係機関との調整が整いましたことから、先月20日より再開いたしました。現在は、潜堤の完成予定である来月末以降、速やかに白い砂浜への改修に着手できるよう、必要な手続を進めているところでございます。  

茂原市議会 2019-02-27 平成31年 第2号 平成31年2月27日

さらに、政府が新自由主義的な企業優先政策を展開し、小規模な家族農業家族漁業を衰退 させている中で、国連は昨年末に小規模農民の権利宣言を国連総会で採択、2019年から2028年 までの10年間を「家族農業の10年」とすることを全会一致で決議いたしました。そして国連は、 持続可能社会をつくるため、各国政府に対し家族農業への支援を求めています。

船橋市議会 2019-02-26 平成31年第1回定例会−02月26日-03号

入管法改正の中身について簡単に触れると、ことしの4月以降に入ってくる外国人の方々は、介護建設、外食、農業漁業、宿泊などの14業種です。特定技能1号・2号という在留資格を新たにつくって、5年間で最大34万5000人の移民を受け入れることが可能になります。  それでは、移民の受け入れに際して、必要になってくることは一体何でしょうか。

山武市議会 2019-02-26 平成31年第1回定例会(第2日目) 本文 開催日: 2019-02-26

自然体験活動指導者とは、自然体験活動には、キャンプ登山、ハイキング、カヤック、自然観察、農林漁業体験など、多様なフィールドで、さまざまな活動があります。自然の中で感性を磨いたり、土地の伝統文化食文化に触れたりと、専門的な知識技術をもって、自然体験活動の普及や振興に貢献するのが、自然体験活動指導者です。  

南房総市議会 2019-02-25 平成31年第1回定例会(第2号) 本文 2019-02-25

平成31年2月1日時点での市の外国人人口は369人、うち農業漁業に従事できる技能実習の在留資格を持つ人数は208人となります。農業漁業の関係団体に聞き取りをしたところ、経営形態別に、農業では花卉19人・畜産5人・果樹2人で合計26人、水産加工業で86人が従事しているとのことでした。