1007件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

茂原市議会 2019-03-15 平成31年 第5号 平成31年3月15日

また、森林を整備して温室効果ガス排出削減の目標達成に資することも、その大きな目的と されています。この森林環境税創設には二重の問題があります。 まず、森林の荒廃を招いたのは1964年の木材輸入自由化による海外産の安価な木材の流入 に対しての対策を怠り、林業を衰退させてきた責任は歴代政府にあります。

南房総市議会 2019-03-14 平成31年第1回定例会(第4号) 本文 2019-03-14

最初に、森林環境譲与税創設に係る背景についての質疑があり、当局から、過去において京都議定書による温室効果ガスの排出削減目標達成のための財源として要望され、平成27年のパリ協定や昨今の山地災害の激甚化からの国民森林に対する期待の高まりから創設に至ったとの答弁がありました。  

千葉市議会 2019-03-06 平成31年第1回定例会(第6日目) 本文 開催日: 2019-03-06

蘇我石炭火力発電所計画は、事業性が見込めないとして撤退に至り、温室効果ガスを大量に排出する石炭火力発電所建設は、千葉県内全ての計画が中止となりました。電力は現在不足しておらず、今後、液化天然ガスの火力発電所建設も必要ないことを強調しておきます。  経済農政局。  

東庄町議会 2019-03-01 平成31年3月定例会 議事日程第1号

この法律は、地方税制改正において、国の温室効果ガス排出削減目標の達成、災 害防止等を図るため、森林整備等に必要な地方財源を安定的に確保する観点から、 森林関連法令が見直しされることを踏まえて創設されるものでございます。 今回、上程した条例は、この目的を果たすための財源となる譲与税の受け皿を基 金として整備するものでございます。

茂原市議会 2019-02-27 平成31年 第2号 平成31年2月27日

○企画財政部長(鶴岡一宏君) 新規事業といたしましては、骨髄・末梢血幹細胞提供者の増 加を図るため、提供者となった方や提供者が従事している事業所への助成を行う骨髄移植ドナ ー助成金として21万円を、老朽化している市役所庁舎の空調照明設備を省エネ機器に改修する ことによりコストの軽減、温室効果ガスの排出抑制を図るカーボンマネジメント強化事業とし て1485万円などを予算措置いたしました。

白井市議会 2019-02-27 平成31年第1回定例会(第6号) 本文 開催日: 2019-02-27

森林環境譲与税はパリ協定の枠組みのもとにおける温室効果ガス排出削減目標の達成や災害防止を図るため、森林整備等に必要な地方財源を安定的に確保する観点から、森林環境税とあわせて平成31年4月に創設される予定で、現在国会において審議中です。  森林環境税は国内に住所を有する個人に対して課される国税で、平成36年度から課税されることとされています。

富津市議会 2019-02-22 平成31年 3月定例会−02月22日-01号

平成31年度税制改正において、我が国の温室効果ガス排出削減目標の達成や災害防止を図るための地方財源を安定的に確保する観点から、森林環境税及び森林環境譲与税が創設されることとなり、平成31年度から森林環境税税収を財源として、市が行う森林整備及びその促進に要する経費に充てる基金を設置するため、条例を制定するものでございます。  6ページをお開きください。  

千葉市議会 2019-02-21 平成31年第1回定例会(第3日目) 本文 開催日: 2019-02-21

また、液化天然ガスの火力発電所も大量の温室効果ガスを排出するものであり、市長は、今度こそ建設中止を求めていくべきではないのか。  さきの北海道胆振東部地震で起きた全道停電、ブラックアウトの教訓に学び、大規模集中発電から分散型への転換が必要と考えないのか。  さらに、野党4党が共同で提出している原発廃止、エネルギー転換を実現するための改革基本法、原発ゼロ基本法の道を選択しようとは考えないのか。  

松戸市議会 2018-12-25 松戸市議会 会議録 平成30年 12月 定例会-12月25日−07号

しかしながら、日本温室効果ガス削減目標は2030年度に2013年度比26%削減にとどまっている。そればかりか、「第5次エネルギー基本計画」においてもこれまで通り、石炭火力発電を「基幹電源」として位置づけ、千葉県千葉市中央区石炭火力発電所である(仮称)蘇我火力発電所建設計画も進めている。  今、脱炭素・脱石炭は世界の大きな流れになっている。

松戸市議会 2018-12-25 松戸市議会 会議録 平成30年 12月 定例会-12月25日−資料

しかしながら、日本温室効果ガス削減目標は2030年度に2013年度比26%削減にとどまっている。そればかりか「第5次エネルギー基本計画」においてもこれまで通り、石炭火力発電を「基幹電源」として位置づけ、千葉県千葉市中央区石炭火力発電所である(仮称)蘇我火力発電所建設計画も進めている。  今、脱炭素・脱石炭は世界の大きな流れになっている。

松戸市議会 2018-12-13 松戸市議会 会議録 平成30年 12月 定例会-12月13日−06号

この太陽光発電を始めとするエネルギー対策事業の目的は、予算書等には、松戸市地球温暖化対策実行計画に基づき、温室効果ガス、これは主にCO2ですけども、排出量削減を推進するとしています。この目的と照らし合わせ、本市の行っている事業は本当にCO2削減を推進しているのか。  そういった視点から再質問1点目。

千葉市議会 2018-12-13 平成30年第4回定例会(第9日目) 本文 開催日: 2018-12-13

温室効果ガスの増加による地球温暖化の問題に加え、現在の足元の大気汚染問題にも向き合う必要があると考えます。  そして、本年7月、千葉市環境審議会環境保全推進計画部会の中に、大気環境保全専門委員会が設置されました。この委員会について、第3回定例会市民ネットワークの岩崎議員の一般質問に対し、設置の意義は効果的な粉じん対策を検討していただくためとの答弁がありました。  

柏市議会 2018-12-12 平成30年  第4回定例会(12月定例会)-12月12日−質疑並びに一般質問−06号

改定作業中の第3期柏市地球温暖化対策計画につきましては、柏市環境審議会において活発に御議論、御審議いただいているところであり、現時点での計画の骨格案となる主な事項といたしましては、まず温室効果ガスの削減目標値につきましては、国が掲げる2030年度までに、2013年度比で26%削減とする目標値に関して、それを単純に目標とすることではなく、柏市の現状や対策案を十分に比較検討した上で、適切に設定していくこととしております

野田市議会 2018-12-12 平成30年 12月 定例会(第6回)-12月12日−03号

ただし、現在は、老朽化した火力発電に頼っており、稼働停止による経済への影響とリスクも非常に高いことや温室効果ガスを大量に排出するデメリットもあります。この温室効果ガスを大量に排出することで、地球温暖化による地球環境の悪化が進んでおり、この問題の解決も急務となっております。

松戸市議会 2018-12-11 松戸市議会 会議録 平成30年 12月 定例会-12月11日−04号

本市におきまして地球温暖化対策は喫緊の課題と捉え、市役所が一事業者として温室効果ガスの削減に取り組み、その御努力に感謝申し上げます。本市の温室効果ガスの削減では、基準年と比較し、近年では産業部門が大きく貢献しております。その要因は、省エネルギー機器の導入と事業者の省エネ意識の高まりとのことです。  本市は、クリーンエネルギー自動車導入補助金はありますが、電動バイク導入補助金はありません。