15221件の議事録が該当しました。
表示内容の正確性については最善を尽くしておりますが、それを保証するものではありません。

該当会議一覧

船橋市議会 2021-01-18 令和 3年 1月18日文教委員会−01月18日-01号

令和2年7月〜令和3年2月で、「校長リーダーシップを発揮し、校内研修リーダーとともに校内研修活性させる必要があります」と書いてあるが、校長先生方どうか。リーダーシップを発揮できそうな感じなのか。 ◎総合教育センター所長 今、研修とか校長会を通して、現状お伝えしてるところである。  

八千代市議会 2020-12-22 12月22日-05号

この過ちを繰り返さないためにも、労働者、国民の賃上げ、労働条件改善で、地域経済活性を促そうではありませんか。 以上を述べて、反対討論といたします。 ○木下映実議長 以上で討論を終わります。 これより議案第16号、令和2年度八千代市一般会計補正予算(第9号)を採決します。 本案に対する総務常任委員長及び福祉常任委員長の報告は可決であります。 本案賛成議員の起立を求めます。     

松戸市議会 2020-12-21 12月21日-06号

そもそも指定管理者制度は、1点目として管理運営費効率化、2点目に市民サービス向上、3点目が民間活力により経済活性目的としている制度でございます。 本常任委員会では、応募は1団体であるが、説明会への参加が9社であったことをもって競争性が担保されているとの御答弁でしたが、形式上公募したことで競争自体は一定働いていると捉えられます。ただ、その競争自体がフェアではないことが問題です。

習志野市議会 2020-12-21 12月21日-08号

本市では、この自主防災組織活性させるために、研修会の開催や出前講座実施活動助成金交付など、様々な取組を行っております。また、平成26年3月に、市内16地区ごと災害特性防災施設現況等を整理した地区別防災カルテを作成し、自主防災組織代表者に配布することにより、防災意識の啓発に努めてまいりました。 

南房総市議会 2020-12-18 令和2年第4回定例会(第4号) 本文 2020-12-18

事務所建設に当たっては、過疎債過疎対策事業債を充当することにより、市の財政負担も抑えられ、本市の喫緊の課題であります人口流出を防ぎ、若年層等移住定住を促すための雇用の場が創出されることは、地域経済活性を図る上で大変有効であります。  よって、議案第88号、財産の減額貸付について、賛成するものであります。  以上で賛成討論を終わります。 32: ◯青木正孝議長 次に、関壽夫君。

富里市議会 2020-12-18 12月18日-06号

次に、商工振興事業、富里市商店会連合会に対する商店会活性事業補助金200万円の増額補正について、具体的な事業内容はとの質疑があり、まず、新型コロナウイルス感染症拡大防止に係る事業として、衛生環境整備、マスクや消毒液等購入費用、次に、地域消費商店会売上げ回復に係る事業として、テークアウト事業デリバリー事業商品券発行事業新型コロナウイルス感染症収束後のイベント後の活動、次に、地域支援に係

白井市議会 2020-12-18 令和2年第4回定例会(第6号) 本文 開催日: 2020-12-18

議員がおっしゃるように、これまで、平成27年度から30年度までは国の地域活性地域住民生活等緊急支援交付金、こちら活用をしていたところです。それで、昨年度から、これは県の補助金で、早期成園省力化のためのナシ改植促進事業補助金を使っているところです。  具体的にこの早期成園のこの事業に関しましては、県の補助金で、補助対象経費というものが、1つは施設機械等整備費

袖ケ浦市議会 2020-12-18 12月18日-05号

本市議会においては、議事の公開、本会議録画映像の配信及びホームページなどを通じて議会情報発信に取り組んでおりますが、市民に身近な議会にするためには、さらに一歩進んだ情報発信が必要であり、議会運営活性及び効率化を図り、議会審議の質の向上及び事務の負担軽減に必要な議場等における情報通信技術活用を進めることが重要であると考えます。 

館山市議会 2020-12-17 12月17日-04号

議案第93号令和2年度館山市一般会計補正予算(第9号)に関して、債務負担行為補正の食のまちづくり拠点施設整備事業について、食のまちづくりの考え方や目的、特に地域の豊富な農水資源観光商工業で生かして、農水産業の六次産業化農商工連携地産地消、交流人口拡大などを推進すること、そして地域産業全体を活性すること、雇用の場や定住人口の増加まで目指すという点には賛同し、そのための事業検討を進めることには

習志野市議会 2020-12-17 12月17日-06号

そのため、臨時交付金の具体的な使い道に関しては、国の一律10万円給付対象とならない新生児への支給、事業者に対する独自の給付金家賃支援を含む雇用維持事業の継続、さらには新しい生活様式への対応など、新型コロナウイルス感染症拡大影響を受けた家計、企業などへの支援や、感染拡大に備えた医療体制整備、そしてポストコロナを見据えた地域経済活性など、より一層幅広く使えるようになっているわけであります。

流山市議会 2020-12-16 12月16日-06号

DMO制度支援を受けた民間法人管理体制となることから、文化観光拠点として地域活性できる体制づくりをしっかりつくることを強く要望する。  2 反対の立場で討論する。  観光費に関わるDMO推進事業は、県内でも7件しかなく、株式会社形式は1件しかない。国内でもDMOは293件中、株式会社形式は38%となっている。国も安易な組織の設立や運営を推奨していない。  

市原市議会 2020-12-16 12月16日-04号

次に、ちはら台駅前活性についてお伺いいたします。 市原市のこれまでのまちづくりについて、市原総合計画においては、コンパクト・プラス・ネットワークのまちづくりを進めているところであります。中でも、JR3駅については、地域対象とした勉強会など、具体的なまちづくりに取り組んでおられると聞いております。 

習志野市議会 2020-12-16 12月16日-05号

これに基づく施策の一つであります道路交通施策推進において、鉄道駅及びその周辺地区や主要な生活施設、再編後の公共施設など、市民本市を訪れる人々の移動利便性回遊性向上、そして地域活性等を図るために、新たな移動手段としてモビリティシェアリングの利用を促進することを目的とし、本事業実施をしようとするものでございます。 

佐倉市議会 2020-12-14 令和 2年11月定例会−12月14日-06号

ふるさと広場から佐倉印西線に抜ける道路を新設し、草ぶえの丘への回遊性高め観光活性するためとし、総事業費は9億8,000万円、道路開通のためには山林を切り崩す大がかりな工事となり、用地買収交渉の見通しが立たない中、これも不要不急の最たるものと言えます。計画の抜本的な見直しを求めます。  以下は賛成ですが、一言申し添えます。

千葉市議会 2020-12-14 令和2年第4回定例会(第9日目) 本文 開催日: 2020-12-14

まず、法改正計画策定に与えた影響についてですが、本年11月に施行された地域公共交通活性及び再生に関する法律の一部改正により、地域移動ニーズへのきめ細やかな対応として、既存の公共交通サービス改善や、地域における輸送資源の総動員による移動手段確保等についての検討が求められたところです。